「日本もんぺの会」カテゴリーアーカイブ

船乗りフィーユの冒険。第2話。出航の準備は整った!?


フィーユは嬉しかった。

船乗りフィーユとなってあの大海原の向こう。

向こうにあるまだ見ぬ世界への冒険にわくわくしていた。

「嬉しいなあ。」

「楽しいなあ。」

「楽しいですね。大富山沙里吉教授?」




大富山沙里吉教授は大富山藩の歴史執筆に忙しかた。

「日本書紀に記されている大富山藩は大洪水の被害にあい、たった一人しか生き残らなかった。」

「大富山藩藩主とその妻だった。」

「教授。それじゃ二人です。」

「戦国時代には藩には、60歳から70歳の若者たちがおった。」

「それ若者ですか?」

「戦であった。対するのは、今川家。」

「今川家の武将の中でももっとも武勇伝の多い今川焼元。」

「通称、元祖今川焼元と言った。」

「今川焼元軍は3万の精鋭部隊であったが、2万が大富山藩の捕虜となり、4万が戦場に取り残され、12万が逃亡した。」

「教授。数が。。。。数が。。。。」

「今川焼元は、結局、自害した。」

「自害しなければ、もう少し長生きしたであろう。」

「あたりまえじゃん!」




「なんなんだ!」

「今川フィーユ!」

「ただのフィーユです。」

「ただじゃ売れん。」

「ひとつ、100円だ。」

「今ならお得な6個パックがあるぞ。」




「教授。ですから、私はどうやって船乗りになれるんですか?」

「なんだ、そんなことか。」

「そんなことって。。。」

「ちゃんと話はつけてある。」

「つけてあるから、後で返さんといかん。。。。」

「で、なんの話ですか?」

「リッキーに会え。」

「リッキー?」

「今なら浜辺におるじゃろう。」

ということで、フィーユは浜辺に向かった。

「リッキーさんですか?」




「なんか用か?」

「あなたがリッキーさんですか?」







「ところで、リッキーさん。」

「なんだ。」

「船乗りになりたいんですけど。」

「おお、話は聞いている。」










「でも、どうやって船乗りになれるんですか。」




「いいかね。」













さて、これで自分も船乗りフィーユになれると思った時であった!




一人の若者が息を切らせて現れたのだ。

「あなたは?」

フィーユが訊ねた。

若者は答えた。




「ジャック・coco・ドーソン?」

「はい。画家です。」

「売れない。。。。」

「リッキー船長。。。」

「どうした。」

「ジャック・ドーソンって。」

「なんだ?」

「タイタニックのレオナルド・デカプリオの役ですよ。」

「つまり?」

「つまり、船は沈没する運命に。。。」

「大丈夫だ。」

「だって。」

「きっと、おばかな作者は読者の気をもんで、もんで。」

「結局。。。。」

「炊いた肉。くうんじゃねー。という落ちでごまかすのだよ。」




リッキー船長が言った。

「そろそろ乗客も揃った。」

「出航と行こうか。」

そのときであった!

声が聞こえた。




船乗りフィーユは訊ねた。

「あなたは?」







船乗りフィーユは、ひな子と名乗っているが、服にちゃんと「HInata」と書かれていることを見逃さなった。

「で、お連れさんですか?」







「二人で!」




船乗りフィーユは思った。

「どうみても。。。」




ということで、出航の準備は整った!

船乗りフィーユと謎を秘めた乗客達。

このあと、船乗りフィーユと仲間達にどんな冒険が待受ているのか!

こうご期待なのである!!!










ご参加わんこ大募集中!!!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

船乗りフィーユの冒険。第1話。いざ冒険の旅へ!


フィーユと言った。




いつも立ち上がって遠くを見ていた。

海だ。

「あの先にはなにがあるのかなああ。」

「いつか行ってみたいなあああ。」

フィーユはいつも考えていた。

しかし、わんこのフィーユには叶わぬ夢であった。

今日もフィーユは遠くを見つめるのであった。

そんな時であった。




「海の向こうへ行きたいか。」

「あ、あなたは?」

「私は誰でもよい。」

「ただ、聞いておるのだ。」




「行きたいか?」

「行きたいです!」

「行って、海の向こうになにがあるのか知りたいです!」

「そうか。そうであったか。」

「で、私は行けるんですか!」

「うん?」

「うーん。」




「はああ?」

「いったい今のはなんだったんだ?」

その時であった。




「海の向こへ行きたいのか?」

「あなたは?」

「そんなことはどうでもいい。」

「行きたいのか?」

「行きたいです。」

「そうか、そうであれば。」

「そうであれば?」

「あの人に聞きなさい。」

「あの人?」

「大富山大学の大富山沙里吉教授だ。」

「大富山沙里吉教授?」

「知らんのか。」

「法螺の研究で有名だ。」

「法螺の研究?」

「そうだ。会って、海の向こうへ行きたいとお願いするのだ。」

ということで、フィーユは大富山沙里吉教授に会いに行ったのだ。













「大富山沙里吉教授ですか?」




「今、私は忙しいのだ。」

「大富山藩の歴史を執筆中なのだ。」

「大富山藩の復興の祖である、大富山政宗。」

「若くして生まれた。」




「大富山藩は、近隣の藩と比べても、小さいか大きいかのどちらかだった。」

「藩は戦で疲労していた。」

「わずかの農民が駆り出された。」

「あるいは、農民以外の侍だった。」

「しかし、藩には農民しかいなかった。」

「あの。教授。。。」




「なんだよ。」

「あのう、なんかよくわからないお話ですね。」

「うるさい!」

「わしはイライラしているのかイライラしていないかのどちらかだ。」

「はあ。まあ梅雨ですから気分も晴れませんよね。」

「梅雨に入って毎日毎日、雨ばかりだ。」

「そうですね。」

「これをなんと言うか知っているか?」

「知りません。」

「キッコーマンだ。」

「はああ?」

「キッコーマンの。」

「ほんつゆ。」




「うほほほほ!」




「で誰だね君は。」

「フィーユです。」

「なぜわしのことを聞く!」

「はああ?」

「しかも英語で。」

「Who Are You?」

「フィーユにかけたのだ!!!」

「。。。。。」

「あのう、私は海の向こうに行きたいのです。」

「海の向こう?」

「それは、自動車がたくさんありました。だな。」

「それはなんだい?」

「難題。。。。」




「で、どうしても海の向こうに行きたいだね。」

「はい。」

「わかった。大河原太蔵君。」

「フィーユです。」

「そうであった。」

「向島新之助君。」

「フィーユです。」

「そうであった。」

「燕 東海林太郎兵衛宗清君(つばくら しょうじたろべえむねきよ)」

「フィーユです。」

「そうであった。」

「根本 寝坊之助食左衛門君。(のもと ねぼうのすけくいざえもん)」

「フィーユです。」

「あのう、日本一長い名前シリーズ、前にもやりましたよ。」

「うるさい。」

「君がそんなに海の向こうに行きたいのなら行かせてあげよう。」

「本当ですか?」

「本当だよ。」

「わしは今まで嘘をついたことは一度もない!」

「法螺をついたことはたくさんあるが。。。。」

「で、私はどうやって海の向こうへ行けるんですか!」

「簡単だ。」







「船乗りとなって、海の向こうへ!」

「そしてある真実を見つけるのだ!」

「真実ですか?」

「そうだ。」

「それは?」

「おいおい、わかるであろう。」

「そして、今日からお前。」

「えーっとなんだたっけ?」

「沢井 麻呂女鬼久壽老八重千代子さん。(さわい まろめくすろやえちよこ)。。。」

「フィーユです。」

「そうそう。」

「今日から、船乗りフィーユとなって今はまだわからない。」

「作者が思いつかない、真実を探す旅に出るのだ!」




ということで、またまた思い付きで始まった、船乗りフィーユの冒険!

またまた、ご参加わんこ募集なのであります!

よろしくお願いいたします!




「ところで、フィーユ君。」

「オリンピックって本当にやるの?」

「それは知らないほうがいいと思います。」

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

サリー先生と愉快な仲間達。第55話。法螺の研究、ついに最終話!


諸君は、「走れメロス」をご存じだろうか?

太宰治の名作と言われている。

しかし、歯科医師!

ワクチン注射!

私はつねずね「おかしくない?」と思っていたのだ。

なぜななら、メロスは王様を殺そうとして捕まり、妹の挙式があるので終わったら必ず戻ってくる。

その間、親友のセリヌンティウスを自分の代わりとして差し出す。

もし、自分が戻ってこなければ、セリヌンティウスを自分の代わりに殺せと。

よくそんな理不尽な要求をするもんである。

しかも、セリヌンティウスは「わかった。」と承諾してしまうのである。

セリヌンティウス、人が良すぎる。

みなさんだったらどうするだろう?

馬鹿正直に戻るか?

私だったら戻らない。

セリヌンティウスが処刑された頃を見計らい、のこのこと現れ、「あああ、セリヌンティウス!」、「遅かりし!!!」

と一世一代の演技をし、

「途中で、あの追い剥ぎに身ぐるみ剥がされ途方に暮れていた婆さん。」

「ふと、自分の年老いた母を思い出し、婆さんを遠い山奥の村まで連れていってしまった自分が悔やまれる。。。。」

とかでたらめを言うのである。

しかし、だが歯科技工士!

これでは、名作とはならないのである。

で、あるから。。。

セリヌンティウス・フィーユは待っていた。




「メロス遅いなあああ。」

「このまんまんじゃ、処刑されちゃうよ。」




その頃、メロス・サリーは。




「セリヌンティウス・フィーユの馬鹿。」

「自分が身代わりになるなんて、いわんでおけばよかったんだ。」

「これを、いわんの馬鹿というんだ。」

そのときであった。

メロス・サリーの目の前を1匹の亀がのっそり、のっそりと歩いてきたのである。




「おい、亀、お前なにやってんだ?」

「おいらかい?」

「今、うさぎさんと競争しているんだ。」

「うさぎと?」

「なにいってんだよ。」

「うさぎなら、もう随分と前にいっちまったぜ。」

「そうだろうな。うさぎさん早いからなああ。」

そんな亀を見ていて、メロス・サリーは思った。

「ああ、なんと俺はひどい人間なんだ。」

「セリヌンティウス・フィーユは俺を信じて馬鹿みたいに待っているんだ。」

「よし!今からでも遅くはない!」

「名前も変え、素性も変え、新しい土地で別人として暮らすことにしよう!」

どうであろう?

人間というのものは最後まで自分が可愛いのである。

で、なにを私は言っておるのだ?

そうだ。

五輪である。

五輪。

西洋ではオリンピックと言う。

あのとんでもない、IOC.

「いいとこだけ・おいらは・ちょうだいするぜ」

私はとんでもない事実を知ってしまったのである。

五輪。

IOCが商標登録を済ませていたのである!!!

商標登録。

Ⓡである。

IOCは五輪Ⓡを勝ってに使ってはいかん!と言っているのである!

しかし、五輪はれっきとした日本語である。

元を正せば仏教語である。

そうなると中国も巻き込む大問題に発展するのである!

それを日本人に無断で「五輪Ⓡ」はうちらのだからね。

無断で使ったら容赦しないよと言っているのである。

であるから、我々は日本語である五輪ⓇをIOC様に無断で使えなくなったのである!

では、五輪真弓はどうなる?

五輪Ⓡ真弓と表記しないといけないのであろうか?

それだけではない。

かの名著。

宮本武蔵の「五輪の書」はどうなる!

「五輪Ⓡの書」と表記しないといけないのであろうか!

事ほどさように、IOCはやりたい放題なのである。

しかも、今回の五輪Ⓡだけどね、たくさん問題があるから中止にしないと言っても巨額な賠償金をよこせと脅すのである。

四面楚歌。

そこで、私はみなさんに訴えたい。

この大問題を見事に解決する方法が一つだけあるのである。

「法螺」である。

「法螺作戦。」

ただし、この作戦には、日本全国民が目的のために一致団結する必要があるのだ。

では、その「法螺作戦」とは。。。。
















「やったことにする。」










そうなのである。

オリンピックをやったことにするのである。

朝である。

駅の売店にはスポーツ紙が並んでいる。

すべてのスポーツ紙の1面は、




「晴天の空にブルーインパルスの描く五輪Ⓡの輪!!」

「ああ、我が日本選手団、堂々と入場!」

とあるのである!

電車の車内では、人々が、

「昨日の開会式すごかったね。」

「感動したよ。」

「最初は日本書紀から始まって、退屈だなと思っていたら突然、会場が真っ暗になって。」

「場内に、ジャジャ・ジャン・ジャジャン・ジャジャジャン♪

「そして、ギャーグワーン!!!

「ゴジラだよ。」




「しかも等身大!」

「もう唖然としたね。」

「さすが円谷プロ。」

「本物だよ。」

「で、どうなることかと思ってたら。」

「聖火台に火を吹いて。」

「聖火点灯!」

「もう驚いちゃったよ。」

すると、隣で聞いていたサラリーマンが。

「え!開会式昨日だったんですか!」

「しかもそんな演出!」

「それだけじゃないんだ。」

「暴れるゴジラに。。。。」

「懐かしい音楽が流れると。」

「だぼシャツに腹巻きの。。。。」




「寅さん!」

「おい、ゴジラ。」

「相変わらず、馬鹿か。」

「あんまり壊しているとおっかさん悲しむぞ。」

「最高のコラボ!」

「円谷プロと松竹!」

「もう最高でしたね!」

これ、すべて「法螺」です。

にっくきIOCに一泡吹かせるために、もう国民は一致団結したのである。

口裏を合わすしたのである。

朝のワイドショーでは。

「小倉さん!」

「葛西君。私は感動したよ。」

画面には新国立競技場で各国からの選手団の入場行進が映し出される。




もちろんCGである。

あの、円谷プロダクションが勢力をあつめた一世一代のCG作品なのである!

ここまでくるには事前準備も大変だった。

まず、全国の小学校、中学校で生徒達は秘密裏に体育館に集められ前代未聞の「大法螺作戦の手引き」が配布され、五輪Ⓡが開催されたことにする練習が綿密に行われたのである。

しかし、どこからこの作戦を聞きつけたのか、ある秘密組織が動き出したのである。

ロシアのKGBならぬ、

KIK。

教育委員会であった。

やたら子供達に訳のわからぬ校則を押しつける血も涙もない組織なのである。

彼らは、どうも全国の学校でよからぬ計画が進められているという情報を得、密かに内偵していたのである。

そのため、何人かの純粋に子供達を愛する教員が消息を絶ったと言われている。

らしい。。。

爺さん、婆さんには、町内会で回覧板を使い、「大法螺作戦の手引き」が知らされた。

「いいかい。我々の親たちは昔、国に騙されて散々な目にあった。」

「今でも高齢者の医療窓口負担を2割に引き上げる医療制度改革関連法。」

「いいかい。」

「今度は、わしらが国を騙すんだ!」

これで爺さん婆さん達は一致団結した!

爺さん婆さんを怒らせたら怖いのである!

それから、一般人から日本人選手役が募集された。

外国人選手役も必要だ。

それは、稲川素子事務所に依頼された。

そして、主要な競技はそれら偽物選手達を使いすべてCGで加工され毎晩、テレビで放送されたのである。

IOCの役員達がやってきて、「五輪Ⓡやってないではないか!と大騒ぎになったが、とにかく目にする新聞、テレビ、ニュースがすべて「五輪Ⓡ」の話題なのである。

会う日本人。

老若男女すべてが、「五輪Ⓡ凄いですね!」と言う物だから、納得するしかなかったのである。

かくして、世紀の「大法螺作戦」は国民が一致団結した結果、見事に成功を収めたのである!

一部の政府の偉い人の間ではとんでもない大問題になったのであるが。

「ああ、五輪Ⓡ!」

「素晴らしい、スポーツの力!」

「国民の間に絆が生まれた!」

という報道で、「まあ、とりあえず、スポーツの力と絆な生まれたんんだからいいか。」

「これで今度の選挙も圧勝だな。」

「大げさにしないで、この問題は先送りしましょう。」

というお得意の「先送り」でうやむやとなったのである。

かくして、東京2020問題は見事、「秘策」により無事解決したのである。

ということで、フィーユの裁判である。

もちろん。

「無罪!」

晴れて、フィーユは自由の身に!!!










フィーユは晴れてシャバに!!!

そのときであった!







弁護士cocoであった!




リッキー教授!




忍びの凪も!!!

みな、セリヌンティウスならぬ、フィーユを待っていたのである!!!

そして、










まひなブラザース!も陰で活躍していたことを忘れてはいけないのである!

それから、人間は今回の騒動から学んだのである。

人間はなんと愚かな生き物なのであろうか。

五輪Ⓡはこのままでいかん。

人間の欲にまみれた五輪Ⓡは必要ないのである。

必要なのは、わんこの。

わんこぴっくなのである!

Ⓡなし!

教祖様も言った。




そして、わんこぴっくが開催されたのである!!!




凪!




はたして、この旗はどこから?

そして!
















リッキー・力雄・みんなのリッキー!

感無量なのである!

そうして、第一回わんこぴっくは開催されたのである!

ような気がする。。。。

そして気になる、大富山佐里吉教授による「法螺の研究」であるが、このほど開催されたG7 で世の中にあまりに危険だということで。。。。




誰も知らぬ秘密の保管庫に秘蔵されているのである。







皆さん、長々とお付き合いいただきありがとうございました!

次回からは、「サリー警部の犯人はこの中にいる!」

「かもしれない。。。」が始まります。

多分。。。。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。......