月別アーカイブ: 2021年7月

船乗りフィーユの冒険。第7話。青森から来た長崎騒動。





「元気か?」

「はい。お陰様で。」

「それはよかった。」

「サリー先生。いよいよ始まりましたね。」

「なにが?」

「オリンピックですよ。」

「オリンピック?どこの?」

「どこのって、東京ですよ。東京。」

「そんなのやってんだ。」

「やってるって、昨日から始まったんですよ。」

「知らんかった。」

「開会式、見なかったんですか?テレビで?」

「見なかったなああ。」

「なにを見たんですか?」

「警察24時。大ファンなのだ。」




「オリンピックなああ。」

「あれ、開会式の前から試合始まってんのね。」

「なんだ、知ってるんじゃないですか。」

「知っとるよ。ソフトボールだろう。」

「そうです。日本勝ちましたね。」

「ニュージーランドを相手にコールドだな。」

「幸先いいですよね。」

「それが気に食わんのだ。」

「なんでですか?」

「わからんか。」

「わかりません。」

「相手は外国からわざわざ日本に来てくれた、いわば、客人だ。」

「はああ。」

「しかもこのご時世に。」

「それをだな、コールドとはなんなんだね。」

「考えてみたまえ。」

「遠路はるばるおいでいただいたお客様だ。」

「普通、まずはお疲れ様だろう。」

「和室にお通しする。」

「次に今は夏だ、冷たい麦茶をお出しするな。」

「で、和菓子。」

「お国のご家族はお元気かなどお話する。」

「蚊取り線香欲しいな。」

「風鈴がチリンと鳴って欲しいな。」

「和服の女将は”うちわ”でそっと客人に風を送るな。」

「客人、この辺も随分変わりましたねと言って欲しいな。」

「主人が亡くなって随分になりますから。。。。」

「で、お風呂だ。」

「お風呂で汗を流したところで、夕飯だ。」

「そうさな。まずは鯉の洗い。」

「ビールもいいが、冷酒なんぞもよかろう。」




「いったいなんのお話なんですか?」

「だからだ、大切なお客様に対してコールドゲームとは失礼だと言っておるのだ。」

「おそろく、選手の中には決して裕福ではない家庭の子もいよう。」

「北国の貧しい農家の娘だ。」

「兄妹が6人。」

「その子は末っ子だ。」

「唯一、運動神経に秀でていた。」

「ある日、遠くジャパンという異国の地で、オリンピックという大会が開かれると聞いた。」

「その子は、私、ぜひ参加したい。」

「と、思った。」

「だが、そんな金は工面できない。」

「娘は夢を諦めかけた。。。」

「だが、天は娘に味方した。」

「娘の才能を聞くに及んだ政府がジャパンに行かなかと言ったのだ。」

「娘は喜んだ。」

「そして出発の日の朝だ。」

「娘の母親が言った。」







「先生!ニュージーランドです。ニュージーランド!」

「母は、おしんにそっとある物を渡した。。。」

「母の手はあかぎれで痛痛しかった。」

「おしんは。。。。」

「母ちゃん。。。。」

「小さく呟いた。」

「それは、母の手編みの腹巻きだった。」

「先生!ですからニュージランドです!!!」

「おしんは、晴れてジャパンに到着した。」

「そして宿舎での夜だった。」

「おしんは、お腹を壊してはいけないと、母の手編みの腹巻きをした。」

「おしんは、違和感を感じた。」

「腹巻きに、小さなポケットがついていることを見つけた。」

「おしんは不思議に思いながらポケットに指を入れた。。。」

「そこには、小さく折りたたまれた。。。」




「先生!」

「なんだかわからいけど、涙がでてきました!!!」

「そうであろう。」

「そんな、おしん達にコールドゲームとはまったく礼儀を知らん!」

「お・も・て・な・し精神はどこにいったのだ!!!」

「それから、おしんの父親は俳優の伊東四朗に似ていた。」

「ニュージーランドの伊東四朗と呼ばれている。。。。」

ということで、サリー先生とフィーユのいつものお戯れでございました。。。。




フィーユは島の中をさ迷っていた。

その時であった。

「お若いの。」

声がした。

「どなたですか?」

「私は。。。」







「長崎さんですね。」

「違います。」

「青森から来た長崎です。」

「だから長崎さんでしょ?」

「青森から来た長崎です。」

「ですから、青森出身の長崎さんでしょ?」

「違うんです。」

「どう違うんですか!」

「名字が。。。。」




「青森から来た長崎cocoです!」




「で、青森から来た長崎cocoさん。」

「なんの用ですか?」




「このまま、この島でお宝探しを続けるか。」

「あるいは、東京に行って気象予報士になるか。」

「はいそうです。」

「しかし、東京に行って気象予報士になるというお話は、作者の父ちゃんの思いつきだ。」

「父ちゃんは朝の連続テレビなぞ見たことがない。」

「であるから、父ちゃんはできれば、このままフィーユを島に留まらさたいのだ。」

「その通りです。」

「悩むところだな。」

その時であった。

フィーユは先程から誰かに話しかけられている気がしていたのである。




「おかしいなああ。」

「誰かなにか言っている気がする。。。。」

「きのせいだ。。。。。」

「そうか、きのせいか。。。」

「だから、きのせいだって!!!」

「きのせいだよね。」

「だからーーーーー!」







「そうだ。私は!」




「秋田から来た島根の木の精の凪!!!」




混沌としてきたこのお話。

わけのわからない、名字の謎!

次回で明らかになる!!!

多分。。。。。




ご参加わんこ大募集中!!!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

船乗りフィーユの冒険。第7話。もう無茶苦茶ですがなあああ!





「先生お元気ですか?」

「元気は元気だが。。。。」

「どうしたんですか?」

「うむ。もう気が滅入ることが多くてな。。。」

「オリンピックですね。」

「あとワクチンな。」

「もうメチャクチャですね。」

「もう怒りを通り越して、笑ってしまうな。」

「ですよね。」

「選手村のことを知っているかね?」

「なんですか?」

「二人部屋と8人部屋があるらしい。」

「はああ。」

「で、お酒は持ち込みOKだそうだ。」

「そうなんですか。」

「でも、飲むのは部屋で一人飲みらしい。」

「知りませんでした。」

「フィーユ君。」

「なんですか?」

「二人部屋と八人部屋だぞ。」

「部屋に八人いるんだ。」

「で、八人、黙って壁を見つめてお酒を飲んでいるんだ。。。」

「そんなことあり得るのか?」

「知りません。。。。」

「こうして毎日、毎日、嫌なことばかりで、たまには「ほっこり」したいと思わんかね?」

ほっこりしたいですね。」

「君は、なぜほっこりと言うか知っているかね?」

「え、知りません。」

「飼い主、用があって外出するな。」

「はい。」

「わんこ、大丈夫かなああ。」

「寂しくしていないかなああ。」

「あいつ元捨て犬だからまた捨てられちゃったのかなああ。とか思ってないか。。。」

「もう、わんこが心配で心配で仕方がない。」

「はい。」

「で、用事も済ませ、慌てて帰るな。」

「はい。」

「わんこ、寂しそうに寝ている。」

「はい。」

「飼い主さんが戻ってきて、もう嬉しさ100倍で、飼い主さんの顔を舐める。」

「はい。」

「飼い主さん、わんこが無事で、ほっとするな。」

「はい。」

「で、にっこりするな。」

「はい。」

「これが、ほっこりだ!




「でな、フィーユ君。」

「なんですか?」

「オリンピックにワクチンだ。」

「またその話ですか。」

「もうメチャクチャだ。」

「いったいなんなんだ、この政府は!」

「お怒りはごもっともです。」

「私は学んだのだよ。」

「なにをです?」

「この国だ。」

「この国?」

「この国は。。。。。」




「先進国ではなかったのだ。」




「で、先生。船乗りフィーユの冒険の続きはどうなりました?」

「うむ。出来ているぞ。」

船乗りフィーユの冒険。第6話。

フィーユは島の中をお宝を探していた。




しかし、探しても探しても、お宝は見つからなかった。

それで、フィーユの胸にふと疑念が湧いたのである。

「リッキー船長。。。。」







 




「あの人、呑気にスイカ割りしている。。。。」

「お宝探しは自分に押し付けて。。。」

フィーユの胸の中に小さく灯った疑問であった。

しかも。。。







梅雨明け・力男・リッキーシェフの腕によりをかけた料理に舌鼓を打っているのである。

フィーユは思った。。。。




そうなのである。

「リッキー船長は一人でお宝を見つけたのだ。」

「それを黙っているんだ。」

小さなか猜疑心はどんどん大きくなっていくのである。。。

そんな時であった。




日本にキリスト教を広めに来たのに難破してフィーユ一行に助けられた、フランシスコ・凪エルではなく、高所恐怖症なのに吊橋門番でもない。。。。

フィーユの幼馴染の、凪ちゃんなのである。







フィーユは困惑した。

「なんなんだ?」

「だって東京に行って気象予報士になるんでしょ?」

「はあああ?」

またまたその時であった!




フィーユと大富山村立小学校からの友達なのである。




「フィーユ先輩がいなくなると寂しくなりますが。。。」

「先輩が天気予報士になる!と決めたんだ。」

「思い立ったが吉田さんです!」




「もしかして、それは。。。」







coco も、夕散歩は凉しくなってきてから毎日1キロ歩いてますよ!
まだまだ頑張る16歳です✨✨

「サリー先生!!!!」




「このお話はいったいなんなんですか!!!」

「知らんのかね。」

「これだよ。。。」







船乗りフィーユは驚いたのです。

突然、天気予報士になって東京に行くことになったのです。。。。

次回、予告。。。。

東京に行った、フィーユは不思議な友達に出会った。。。。
















船乗りフィーユの冒険!

どんどんお話が展開しています!

果たして今後の展開は!!!

ご参加わんこ大募集中!!!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

船乗りフィーユの冒険。第6話。フィーユと納豆問題。





「おう、フィーユ。元気かね。」

「はい。元気です。」

「あれ?先生、お買い物ですか?」

「うん。近所のスーパーに行ってきた。」

「なにを買ったんですか?」

「まあ、色々とな。でな、聞いておくれ。」

「なんでしょう?」

「色々とかごに入れてな。で、納豆を買おうと思ったんだ。」

「納豆ですか。」

「うむ。でな、ちょうど納豆の棚の前に、そうだな。」

「30くらいの女性がおった。」

「どんな方ですか?」

「まあ、美人の部類に入るな。」

「会社帰りのようだった。」

「それでどうしたんです?」

「その女性、納豆の棚の前で考え込んでいるんだ。」

「考え込む?」

「こっちは、はやく納豆を買って、うちに帰って風呂に入ってビールをプシュ!」

「いいですね。」

「したいんだ。したいんだが、その女性が納豆の棚の前で考え込んでいるんだ。」

「すいません。って言って横から納豆取ればいいじゃないですか。」

「このご時世、あんまり人に近づきたくないのだ。」

「そんなもんですか。」

「で、その納豆娘はどうなんったんです?」

「納豆娘。娘か。」

「ナットーウーマンにしよう。でな、そうさな、10分くらい考え込んでおった。」

「それで、突然、腰を屈めた。」

「屈めて、一番下の納豆。」

「その納豆の奥へ腕を入れた。」

「そうして、一番奥の納豆をひとつ掴んでかごに入れた。」

「なんなんですか?」

「恐らく、一番製造日が新しいものが欲しかったんだろう。」

「製造日って、そんなに違わないでしょう。」

「違わんだろう。違ってもせいぜい、1日か2日だ。」

「しかもだ。納豆はもともと腐っているんだ、気にすることはない。」

「腐っているではなく醗酵です。」

「どっちもおんなじだ。」

「でな、納豆ウーマンが去った納豆の棚に私は立った。」

「それで?」

「納豆ウーマンが手を突こんだためか、今まできれいに並んでいた納豆の列がめちゃくちゃになっていた。」

「例えて言うなら小学生の運動会で、前へならえ。」

「小さく前へならえしていた小学生の列に突然嵐が吹き荒れたような状態だ。」

「それはちょっと。。。」

「私はちょっと呆れたな。」

「フィーユ君。」

「はい。」

「いくら外見はこざっぱりとしていても、こういうことで、人は戸籍謄本でわかるというのだ。」

「は?戸籍謄本ですか?」

「わからんか。今回は難しいか。」

「はい。」

「戸籍謄本でなにがわかる。」

「本籍とかですか?」

「そうだ、その人の産まれた所、つまり田舎がわかるんだろう。」

「はい。」

「お里が知れる。。。。」

「どうだ!」

「どうだ!」

「うまいだろう!」

「先生、多分、それもう死語ですよ。」

「そうなの?」

「で、先生、その後どうしたんですが?」

「なんか、納豆たちが不憫でな。」

「直したよ。納豆の整列を。」

「うーん。なんなんでしょうね。」

「で、先生、船乗りフィーユの冒険の続きは?」

ということで。。。。。。

船乗りフィーユはお宝を探していた。




その時であった。

「お待ちなさい!」

声がした。







「君は、ラテだ!」




「モカだ!」

「違いますよ。」

「ふたり揃って!」




「青空らて&もかって漫才コンビみたい。」

「いかにも!」

「いいかね。この先は、この青空らて&もかの漫才を最後まで聞かないと通れないよ。」

「なんかまた変なのが現れたなあああ。」

「なあ、もか君。」

「なあに、らて兄さん。」

「餅あるだろう?」

「餅ね。」

「あれなんでカビがはえるか知ってる?」

「なんで餅はかびがはえるか?」

「それはな。」

「それは?」

「はやく食べないから。」




「でな。モカ君。」

「なんですか?」

「刑事ドラマが好きなのね。」

「刑事ドラマね、今、いろいろ放送されてますね。」

「でね、いつも不思議なんだよ。」

「なにが?」

「刑事が容疑者の家をたずねるはね。」

「たずねますね。」

「留守。」

「いないと。」

「すると必ず、近所の人が来るのよ。」

「来るわね。」

「で、あら◯◯さんなら旅行に行ってますよって。」

「あるわね。」

「あれなんで、いつも近所の人が通りががるんだろうね。」

「そうだね。」

「しかも、容疑者が旅行中ってのも知っているの。」

「田舎ならともかく、東京じゃ最近は近所の人がなにをしているかなんか知らんもんね。」

「な、おかしいだろう。」




「でな、もか君。」

「なあに、らて兄さん。」

「納豆。」

「納豆がどうしたの?」

「納豆てのは日本オリジナルじゃないね。」

「そうなの。」

「どうもアジアには納豆のルーツみたいのがたくさんあるのよ。」

「知らなかった。」

「で、納豆はヨーロッパでも人気なんだよ。」

「そうなの。」

「あまりの人気で、各国で納豆をバク食いしないように条約が結ばれての。」

「なんていう条約?」

「納豆北大西洋条約!」

「あれ?フィーユはどこ行った?」







またまた、おかしな連中と出会ったフィーユであった。

「日本にキリスト教を広めに来たのに難破して我々に助けられた、フランシスコ・凪エルだったと思ったのに、なぞなぞ門番だし。」

「らて・もかが漫才師。。。」

「どうもおかしい。」

その時であった。

「一句、詠まんかね。」

という声が聞こえたのである。

「あ!君はレオナルド・cocoプリオ!」

「違うよ。私は。。。。」







「私と俳句バトルといこうではないか。」

「私に勝たぬと、これから先にはいけんぞ。」

「また、おかしな奴が現れたなあああ。」

「では、早速行くぞ。」

「卓袱台の上の土瓶に心中をうちあけてより楽になりたい。」

「どうだ!」

「一人ぐらしの私は話す相手もいない。」

「だが、私は一日の仕事を終え、土瓶に向かって胸のうちを語るのだ。」

「それで、土瓶に心中を打ち明け、少しは楽になったという意味だ。」

「さて、次はお前の番だ。」

「そんなこと急に言われたって。。。。」

「仕方がない。もう一句。」

「こんなにも湯呑み茶碗はあたたかく、しどろもどろに吾(われ)はおるなり。」

「どうだ!」

「今度は湯飲み茶碗に話をしておるのだ。」

「なんか、土瓶に湯飲み茶碗ってお手軽ですね。」

「やかましい!」

「お前は一句できたのか!」

「うーん。。。。。」




「梅雨あけて。。。。」













「じゃあ、次はあなたの番だよ。」

「任せなさい。。。。」

「梅雨明けて、」

「洗濯ばかり。」

「人間だもの。」




「しかも俳句になってないじゃん!」







「えらい目にあったなああ。」

その時であった。

「この先はへは行かせないよ。」




「あなたは?」

「最初に言っておくぞ。日本にキリスト教を広めに来たのに難破して我々に助けられた、フランシスコ・凪エルだったと思ったのに、なぞなぞ門番だったではなく。」

「吊橋門番だ!」




「吊橋門番って、怖がってるんじゃん。」

「高所恐怖症なのだ。」

「なんなのそれ?」

「いいんだ。」

「私は高いところは苦手だが、相棒がいるのだ。」

「相棒?」

「兄ちゃんだ。」




「兄ちゃん。」

「そっくりだな。」

「双子だもん。」

「腹違いのな。」

「はあああ?」

「でも兄ちゃん。」

「なんだ弟。」

「腹違いの双子って変じゃない?」

「そうかなああ。」

「腹違いってことはお父ちゃんは一緒だけど、お母ちゃんは違うんだよね。」

「そうだな。」

「ということは双子と言わないんじゃない?」

「そうなのか?」

「そうだよ。」

「となると、相続の時、もめるな。」

「もめるよね。」

「長い間、母親の世話をしたのは私よ。」

「だからたくさんもらえる権利があるは!」

「だって、姉ちゃんは一人もんだろう。」

「こっちっは育ち盛りの子供が3人もいるんだ。」

「そんなの関係ないは。」

「関係あるだろうが。」

「なに言っているのよ。」

「困ったもんだよな。」

「そうだよね。」

「でもさああ、兄ちゃん。」

「なんだ?」

「わんこでも相続できるのかなああ?」

「うーん。わからんなああ。」




「本当になんなんだ、この島は!」

その時であった!




「あれれ?」

「あなたは?」










「どう見たって、まんまるまるっちとひなっちのまるっちブラザーズかまるっちシスターズだろう!」




「しかも、ひなっち。」

「うちの子記念日とサリーの父ちゃんの誕生日同じなんだって?」




「父ちゃんが言っていたよ。」

「まるっちと父ちゃんは他人じゃないって。」

ということで、船乗りフィーユはこの島はなんなんだろう。

自分の本当の目的はどうなってしまうのだろう。

悩んでいたのである。

そこで、船のシェフに相談したのだった!

「ねえ、ようやく梅雨明け・力男・リッキーシェフ!」




「この島はなんなんでしょう?」

「お宝って。。。」

「果たしてお宝は見つかるんでしょうか?」

「フィーユよ慌てるな。」

「意外と簡単に見つかるものだ。」

「今頃、リッキー船長が。。。。」







ということで、お宝は見つかりそうなのである!

容易と言えば容易である。

しかし、仕方がないのである。

人生とはそういうものなのである!!!




待て次号!!!

注:俳句は、山崎方代先生。

ご参加わんこ大募集中!!!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......