月別アーカイブ: 2020年10月

半沢サリ樹。第15話。秘密書類に隠された新たな秘密!


またまた、料亭「穂利富」である。




またまた、「サリー部長」が悪巧みを企てていたのである。

「おい、越後屋。」

「はい。お呼びで。」

「どういたしました?」

「ところで、このお話の作者のサリーの父ちゃんはどうしている?」

「サリーの父ちゃんですか。」

「うむ。」

「また検査でした。」

「それで?」

「前の晩からまた、行きたくないよん💧」

「行きたくないよん💧」

「泣いていました。」

「仕方がないやつだな。」

「まあ、明日でなくてもいいか。来週でもと思ったそうです。」

「まったく、自腹なやつだな。」

「自腹でございますか?」

「ほら、だらしなくて、不精で、約束を守らないやつだよ。」

「。。。。。」

「それはもしかして、ずぼらではございませんか?」

「そうとも言う。」

「それで、前の晩にどうしたら明日の検査を先延ばしできるか考えたそうです。」

「浅漬か。」

浅知恵でございます。」

「それで?」

「熱が出たというのはどうかと。」

「熱はこのご時世まずいだろう。」

「14日間自宅訪問だぞ。」

自宅待機です。」

「14日間も誰が自宅に訪問してくるのでございましょう?」

「それで、父ちゃんも流石にこれはまずいと思い。」

「親族に不幸があったというのはどうかと。」

「でも、父ちゃんには家族いないだろう。」

「そうでございます。」

「唯一の家族のサリーもいなくなりました。」

「それで、そのことに気がついた父ちゃんは。。。」

「父ちゃん?」

「サリーが居ないことを思い出し、泣き崩れたのでございます。」

「それで?」

「検査を先延ばしする言い訳が思いつかず。」

「思いつかず?」

「嫌々、支度して外に出たのです。」

駄菓子菓子(作:盆姉)!

「どうしたのだ?」

「自宅のエレベーターが。。。」

「エレベターが止まっていたのです。」

「なぜだ?」

「定期点検です。」

「父ちゃんの点検とエレベーターの点検が同日だったのか。」

「ダブル点検でございます。」

「父ちゃん、腰痛で自力では階段を降りることができません。」

「以前のエレベーターの定期点検は買い物から元って来て、止まっていることに気がついたのです。」

「それで、階段を秘技。」

階段後ろ座り!

「階段に腰掛け後ろ向きで、一歩、一歩登ったのでございます。」

「しかし、それも2階までが限界。。。。」

「それでどなったのだ?」

「父ちゃん仕方なく病院に連絡したのです。」

「すいません。」

「エレベーターが点検でそちらにお伺いできません。」

「さぞや病院も困惑しただろうな。」

「タワーマンションにお住まいですか?」

「はい。」

「6階建てですが。。。。。」

「しかし、だんだん面白くなってきたな。」

「なにがでございます?」

「なんで父ちゃんにこんなお間抜けなことが起こるのか。」

「もう楽しくなってきたぞ。」

「で、だ。」

「例の秘密書類はどうなった?」




「凪が発見したのだった!」




「それで。。。。」




「フィーユ!」










「秘密書類を奪いに来るかもしれない敵を警戒しているのだった。」

本当はパパさんのゴルフ見ているんだけどね。




「怪しい袋をチェック!」




「COCOは相変わらずテントの中で、半沢サリ樹を待っております。」

「それで、サリー部長?」

「なんだ?」

「秘密書類の中身は、怪盗猫だましと、謎の東洋人。そん・たく(ひなた)の正体でしたね。」

「そうだがそれだけではい。」

「それだけではない?」

「そうだ。」

「秘密書類にはもうひとつの重要な情報が記されているのだ。」

「もうひとつの重要な情報?」




教祖様の名言集だ!










ご参加わんこ達に感謝!!!

ご参加わんこ募集中なのである!

つづく!!!

多分。。。。。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

半沢サリ樹。第14話。父ちゃん、泣いてます。


またまた、料亭「穂利富」である。




またまた、「サリー部長」が悪巧みを企てていたのである。

「おい、越後屋。」

「はい。お呼びで。」

「どういたしました?」

「ところで、このお話の作者のサリーの父ちゃんはどうしている?」

「サリーの父ちゃんですか。」

「うむ。」

「手術を前に毎晩、飲んだくれて泣いているようです。」

「なぜだ。」

「どうせ、おいらは死んじまうんだ。」

「死んじゃうんだよ。」

「小心者だな。」

「ノミの心臓と呼ばれております。」

「それで?」

「死んだら、天国で猫のちびことサリーが待っているんだ。」

「ちびことサリーに再会するのはまだ早いだろう。」

「そうなんですが、でもちびこもサリーも父ちゃんのこと覚えてないだろうなあああ。」

「で、また飲んだくれるのです。」

「困ったもんだな。」

「それで、性懲りもなく。」

「入院中はビールだめなんだよなあああ。」

「水分はOKみたいだなああ。」

「ノンアルコールビールも水分だよなああ。」

「どうしようもないヤツだな。」

「どうしようもないのです。」

「それで、どうしようもないヤツはどうでもいい。」

「例の秘密書類はどうなったのだ。」

「秘密書類ですね。」

「半沢サリ樹の仲間たちが探しております。」




「力樹でございます。」




「車に乗って捜索中です。」

「それで。」




「凪です。」




「ここかな?」




「これかな?」

「真剣に探しております。」

「なぜこんなに真剣なのだ?」

「どうも大学で学んだようです。」

「大学?」

「そうです。」

「真剣ゼミ。。。。。」

「くだらねーーーー!」

「で、秘密書類はどうなったのだ。」

「見つかりました。




「見つけた。」

「見つけられたか!」

「それで、謎の東洋人の、そん・たくひなたは?」




「魔女になっております!」

「なあ、越後屋。」

「なんでございましょう?」

「このお話はどうなっているのだ?」

「わかりませぬ。。。。。」
















ご参加わんこ達に感謝!!!

ご参加わんこ募集中なのである!

つづく!!!

多分。。。。。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

半沢サリ樹。第13話。サリーの父ちゃんの病院嫌い。


またまた、料亭「穂利富」である。




またまた、「サリー部長」が悪巧みを企てていたのである。

「おい、越後屋。」

「はい。お呼びで。」

「どういたしました?」

「どうも最近、世間では鍋が流行っているらしいな。」

「鍋でございますか。。」

「そうだ。」

コロナ鍋。

「サリー部長。それは、コロナ禍でございます。」

「コロナ鍋だろう?」

「違います。」

「あちらは鍋。こちらは災いの禍でございます。」

「あら、違うの。」

「コロナの卓上コンロでお外でみんなで、鍋をするのかと思った。」

「今、それ一番やってはいけないことでございます。」

「そんなにせめるな。」

「わしは、これでも神経がバリケードなのだ。」

「デリケート。」

「しかしな。」

「なんでございましょう。」

「この半沢サリ樹のお話、最近更新が途絶えてはいないかい?」

「そうでございますな。」

「なぜだ?」

「おしりになりたい?」

「なりたい。」

「仕方ありません。お教えしましょう。」

「作者のサリーの父ちゃんが引き込もりなのです。」

「引きこもり?」

「病院、行きたくない。」

「行きたくないよう。。。。」

「引きこもっております。」

「いい歳こいたおじさんが。」

「父ちゃんは、仕方ないだろう、こいちゃったんだからと申しております。」

「ばかか。」

「仕方ないでしょ、ばかなんだからと当人は申ししております。」

「それで、仕方がないので先日、嫌々行ってきたそうです。

「それで?」

「血をとられた。」

「レントゲンとられた。」

「最後にお金とられた。」

「と申しております。」

「担当のお医者さんが、女性だったのがよかったと。。。。」

「女性のお医者さんのほうが優しいからと思うしております。」

「まったく。」

「それで?」

「お話の最中、あのばかは。」

「サリーの父ちゃんだな。」

「他に誰かおりますか?」

「おらんな。」

「よせばいいのに、サリーが死んでしまってと言ったそうです。」

「言ったのか。」

「言ってしまったのです。」

「サリーが死んでしまったと言えば、優しくしてくれるのではないかと思ったそうです。」

「ばかだなあああ。」

「それで?」

「女性の先生は一言。」

「一言?」

「紹介状に書いています。」

「そうなのか!」

「最初の内科からここで3軒目だろう。」

「サリーが死んだことが伝わっておるのか。」

「紹介状恐るべしです。」

「それで?」

「結果は来週だそうです。」

「そうか。」

「それで、あの秘密書類はどうなっておるのだ。」

「急にお話が。。。」

「秘密書類ですが。」

しかし、その会話を聞いていた者が。。。




ジャン!




ジャン!ジャン!




ジャン!ジャン!ジャン!

「力樹」!!!!

「相変わらず、おまぬけな会話だなあああ。」

と思っていたのだ。

「で、ですね。」

「秘密書類のありかを探して、半沢サリ樹の仲間たちを追っております。」




COCOは相変わらず、半沢サリ樹を探して森の中でした。」




「意外と森の中を満喫しているようです。」

「それで。」




フィーユ副支店長







「とりあえず、半沢サリ樹を探しているようです。」

「ところで。」




「金融庁のビーユです。」




「半沢サリ樹が行方不明なのでつまらないそうです。」




「フィーユとビーユは二役だそうです。」

「それで、秘密書類に記されているという。。。。」







「そして。。。。。」




謎の東洋人。そん・たく。

「その正体が明かされるにはまだ時間がかかるのであります。」

「なにしろ、謎の東洋人。そん・たくは変装の名人。神出鬼没なのでありますから。




バレリーナひなた。という名前で活躍しているという情報もありますから。。。。」

ご参加わんこ達に感謝!!!

ご参加わんこ募集中なのである!

つづく!!!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......