月別アーカイブ: 2021年1月

サリー先生と編集者。第7話。ライバル現る!


いつもの編集者フィーユである。




 

「なにかね?」

「原稿をお願いしますよ。」

「君はいつも原稿、原稿。」

「たまには自分でなんとかしようと思わんのかね。」

「自分でと言われましても。」

「あれだよ、あれ。まずは自分でなんとかする。」

「なんと言ったか。。。。」

「次女、三女、長女だよ。」

「。。。。。。。」

「もしかして、自助、共助、公助ですか?」

「そうとも言う。」

「しかし、なんで次女が先なんだろうね。」

「本来なら、長女が先だろう?」

「そう思わんかね?」

「先生。。。。。」

「で、フィーユ君。なんだったけ?」

「原稿ですよ。原稿。」

「仕方がないでしょう。わんわん書房のりょうが羨ましいです。」




触ったらダメ

だそうです。

なにを触ったら駄目なんだろう?




僕は毛布がないと寝られません。

だそうです。

「わしと一緒だな。」

「で、なんでだ?」

「わんわん書房はあの有名作家がいますから。」

「有名作家?」

「そうです。」




「ひなた先生です。」




「ひなた先生?」

「そうです。」

「知らん。どんな本を書いておるのだ。」

「ご存知ない。ロンドンを舞台に、名推理で難事件を解決する。」

「解決する?」




「名探偵シャーロック・ひなぽん!ですよ。」

「売れてるの?」

「もう100万部突破です。」

「100万!」

「で、私は?」

「10。。。。」

「10万部?」

「10冊です。」

「10冊!たったの?」

「なんでも、サリぽん運輸の会長が申し訳なさそうに買いに来たそうです。」

「領収書もらって、これ経費で落ちるかな?と呟いていたそうです。」

「ありゃりゃ。」

「ということで、先生、早く原稿を。」

「わかった。メラメラと対抗心が湧いてきたぞ。」

「フィーユ君。こんなのはどうだ?」

「なんですか?」

「ひなたが、名探偵シャーロック・ひなぽん!なら、こっちは、名探偵さりぽん!」

「。。。。。。」

「とある村で連続殺人事件がおこるのだ。」

「それって、犬神家の一族でしょ?」

「ちがいます。」

「可愛がっていた犬がご主人を噛むの。」

「そして、親類縁者みな驚愕。」

「題して、犬が噛み、け!一族びっくり!

「いまいちです。」

「だって思い浮かばなかったんだもん。」



















「先生。しっかりしてください。」

「ひなた先生なんて毎日、車ですよ。」




「車?」

「むこうが車なら。。。」



















「金!銀!」

「どうだですか。。。」

「そうだよ。フィーユ君。」

「フィーユ君。どうした?」




「ありゃりゃ。」

りょうちゃん、ままさん。ひなたとひなたママさんありがとうございました。

つづく!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

 

......

サリー先生とフィーユ編集者。第6話。編集者がいっぱい!


編集者フィーユである。




サリー先生の原稿を待っているのである。




待っていたのはフィーユだけではなかった。




凪もまた参加させてください❣️
いつもは暴れん坊ですが、たまに奇跡の一枚が撮れます。

とのことです。

「あ、あんたは、慎重社(しんちょう)の凪さんだね。」

「そうです。新潮ではなく慎重社の凪です。」

「凪さんもサリー先生の原稿を待っているの?」

「はい。締切はまだまだ先なんですが、万が一と思い。」

「なんでも慎重なんだね。」

「社風ですから。」

「そうか、サリー先生、おたくの「週刊慎重」で、”散歩のときなにか食べたくなって”だっけエッセイを連載してるんだっけ。」

”散歩のときなにか食べたくなって”は池波正太郎先生です。」

「サリー先生のは。」

「散歩のときに。。。。。」




です。

すると、別の編集者が駆け込んできたのである。




「あ、君は、文芸春夏のcocoではないか。」




頑張って1キロ散歩してドヤ顔してます😅

だそうです。

「これはフィーユさん。ご無沙汰です。」

「coco君。君も先生に用があるのか?」

「そうです。週刊春夏の連載の原稿を。」

「サリー先生、おたくにも連載しているの?」

「たしか、黒革のなんとかだったね。」

「それは、松本清張先生の”黒革の手帳”でしょ。」

「サリー先生のは、”黒川くんの手帳じゃない?」です。




「なんじゃそれ?」

「で、さっきからそこで寝ているのは?」




「わんわん書房の、りょうです。」




普段は可愛いのですが、寝るとすごい顔(笑)紙を咥えています。

とのことです。

「サリー先生の原稿を待っているんですか?」

「そうなの。」

「月刊わんわんに連載中の、”私はこうやって教祖様になった。”の原稿。」







もう編集者がいっぱいなのである。

しかも。




「アニマル出版のリッキー!」

サリー先生の原稿を待ちくたびれて、車で待機中😅

で、




2年ぶりに長崎にも雪がつもりました。
リッキーは大喜びで雪んぽ、楽しみました🐾

だそうです。

「サリー先生ですが、新作をお願いしているんです。」

「どんな?」

「家政婦は見た。みたいな。。。。」




フィユーは思った。

「サリー先生。本当に小説家の才能あるのかなああ。」




つづく!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリー先生とフィーユ編集者。サリーの父ちゃんのうひょうひょ散歩。


編集者のフィーユが私の書斎に駆け込んで来たのである。




「どうした?」

サリー先生は言った。

「参加わんこがありません!」

「なんの?」

「なんのって。」

「このブログは参加わんこで成り立っているのです。」

「参加わんこがないとお話が進まないのです。」

「なにを言っておる。」

「人様に頼っていてはいかん。」

「築地本願寺か!」




「他力本願だった。。。。」

「先生。。。。。」

「つかみはOK!。」

「で、なんの用だ?」

「編集部。」

「大富山出版に!」

「大富山出版とは。」

「やれ、ご近所のわんこの飼い主が愛犬の💩をそのままにして立ち去った!」

「愛犬が病気になったのが、国会議員なので無理やり愛犬を入院させたとかの記事の週刊。。。。」

「週刊。。。」

「。。。。。」

「思いつかなかったんですね。」

「情けない。。。。」

「で、先生!我が編集部に原稿が送られて来たのです!」

「原稿?」

「これです。」

「父ちゃんは病院に行った。」


病院に行ったのである。

週に一度の定期検診なのである。

行きたくないなあああ。

本当行きたくない。

予約は11時なのである。

前回は間違って8時に行ってしまって大失敗だったのである。

11時だから8時くらいに起きてこぶ茶でも飲みながら、ぼた餅でも食べながら新聞でも読んで時間をつぶそうと思ったのでる。

フランス人は、朝は近所のカフェでクロワッサンとカフェオレだと聞くが我が家はこぶ茶とぼた餅なのである。

が、目が覚めたのが朝の4時。

4時。

どうすればいいのであろう。

寝てしまおうかと思ったのであるが、寝られないのである。

仕方がないのでビールでも飲んでしまおうかと思ったのであるが、これから診察に行く人がやることではないと思い、こぶ茶でお茶を濁したのである。

こぶ茶で「お茶を濁した。」

うひょうひょ!

父ちゃんは朝からなにをやっているのであろう。

サリーがいたらなああ。

冬はサリー朝起きなかったなあああ。

布団の真ん中を占拠していびきかいて寝ていたなあああ。

ほっておくと起きるまで寝ていた。

起きるまで寝ていた。。。

文章としていいのか?

まあ、いいや。

そういえば、サリーが我が家に来た翌朝だったか。

父ちゃん仕事していたら、玄関から靴を加えて布団の上で嬉しそうに舐めていたなああ。




気持ち悪いからスリッパを舐めさせていたんだ。

あれはいったいどういう意味があったんだろう?

そんなことを考えながら父ちゃんは病院に行ったのである。

で、帰り道であった。

父ちゃん、なにか妙に元気で病院の近所の商店街を散策したのである。

いつもは近所のコンビニでサンドイッチかおにぎりなので、なにか別のものを買って帰ろうと思ったのである。

すると、ラーメン屋があった。

ラーメン食べたいなああ。

でも、まだ胃が受け付けないので通り過ぎるのである。

蕎麦屋があった。

蕎麦食べたいなああ。

でも胃が受け付けないので通り過ぎるのである。

でも、立ち止まったのである。

そうだ、天抜きは?

大晦日に天抜きを作ったではないか。

蕎麦屋にふらっと入り、「天抜きひとつ。」

「あと、板わさとビール。」なんて粋ではございませんか。

でも、板わさの「わさび」は胃が受け付けないので、「板わさ、わさび抜きで。」

「あと、厚焼き卵ね。でも、大根折おろし胃が受け付けないので、おろし抜きで。」




どんどん「抜き」ばかりになるのである。

多分、お店の方は「面倒な客だな。」と思うのである。

父ちゃんはお勘定を払い、「抜き」足差し足忍び足で退散するのである。

ということで蕎麦屋も通り過ぎたのである。

「いいんだ。いいんだ。」

「蕎麦屋で天抜きなんて、池波正太郎みたいに和服じゃないと粋じゃないではないか。」

「今の私は帽子に襟巻きぐるぐる。重たいオーバーのもこもこ星人なのだ。まったく粋ではないのだ。」

しばらく行くと魚屋さんがあった。

父ちゃんは魚屋さんが好きなのである。

父ちゃんはふらふらと入ったのである。

魚屋があるとふらふらと入ってしまい、魚や刺し身を購入してしまうのである。

しかし、驚いた。

この魚屋で売っている魚はすべて冷凍なのである。

魚屋と言えば新鮮である。

新鮮であるがこの魚屋は新鮮を拒否しているのである。

「うちはなにがなんでも冷凍なの!」

というある意味、斬新なのである。

父ちゃんは無言で立ち去ったのである。

まあ、どうせ刺し身も胃が受け付けないので「冷やかし」なんだよね。

うん?

冷凍の魚と父ちゃんの「冷やかし。」

これを冷戦と呼ぶのである。

父ちゃんはなんだか楽しくなったのである。

で、パン屋さんを発見したのである。

自家製のパンを売っているのである。

父ちゃんは嬉しくなってパンを大量に購入したのである。

手作りおにぎりの店も発見したのである。

父ちゃんはもっと嬉しくなっておにぎりも購入したのである。

でも、あとになっていつもコンビニでサンドイッチとおにぎり。

なにか違いがあったのであろうか?

と思ったのである。

それで、近所のお店でクラムチャウダーをテイクアウトしたのである。

クラムチャウダーは食べることが出来るのである。

そして、父ちゃんは公園に向かったのである。

ベンチに座り、食べようと思ったのである。




ベンチ。

サリーが散歩に行くと一目散に人がいようといまいと「おやつ」をもらいに駆け寄ったベンチ。

サリーはいつから公園は散歩ではなく、「おやつ」をくれる人がいるところと覚えたのだろう?

捨て犬だったからなああ。

放浪していたからなああ。

父ちゃんはしばらくぼーっとしていたのである。

で、「あ、パンもおにぎりも買ったのになんで、クラムチャウダー!」

父ちゃんは急に現実に引き戻されたのであった。。。。。

父ちゃんはなんて自分はお間抜けなんだと反省しながら、クラムチャウダーを食べたのである。




クラムチャウダーは食べられるんだ♪。

クラムチャウダーなら食べられるだ♪。

クラムチャウダーなら♪。

クラムチャウダーなら♪。

でも、クラムチャウダー!

やたら「しょっぱかっった」んだ。

父ちゃんはなんか涙を流したんだ。

サリー、なんでいないんだ?

で、結局、我が家に来た翌朝、サリーは。




この人が、「父ちゃん」だと決めたようだったのだ。

「先生!」




つづく!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......