月別アーカイブ: 2021年9月

船乗りフィーユの冒険。第10話。リキオがいっぱい!


サリぽん運輸である。

社長さんが言った。

「倉庫なんですが。」

「どうしたの?」

「なんか動物が侵入しているみたいです。」

「動物?猫?」

「猫じゃないみたいです。」

「犬?」

「犬でもないみたいです。」

「じゃあなに?」

「狸。」

「狸って、あの。。。ぽんぽこ?」」

「ぽんぽこです。」

「なんでわかるの?」

「糞が落ちているんです。倉庫に。」

「猫でもない犬でもない糞が。」

「ふーん。」

「今の笑うとこよ。」

「で、なんで狸よ。ここ東京よ。」

「東京でも外れです。」

「でも都民税払ってんだよ。」

「払ってますよ。」

「ねえ、都民税なんだけど、オリンピック赤字でしょ、いったい来年の都民税って高くなるのかなあ?」

「さああ。」

「高くなるんだったら俺、埼玉県に引っ越そうと思ってるんだよね。」

「なにしろ、川の向こうは埼玉県だもん。」

「そうなんです。川です。」

「会社の前、川でしょ。それで狸が川に沿って来るみたんなんです。」

「困ったね。」

「で、お客さんの荷物になにかあるといけないので、業者に見積もりをもらいました。捕獲の。」

「業者?そんな業者いるんだ。」

「いるんですね。これが見積もりです。」




「高いなああああ。」

「仕方がないですよ。」

「ビデオカメラも設置するんだ。」

「本格的でしょ。」

「でさ、ひとつ質問なんだけど。」

「なんですか?」

「捕獲した狸はどうなるの?」

「どうなるとは?」

「単純にどうなるの?」

「業者さんが持って行くんじゃないですか?」

「で?」

「でって?」

「持ってかれた狸はそのあとどうなるの?」

「どうなるって、知らないほうがいいんじゃないですか?」

「まあ、そうだな。知らないほうがいいか。」

「で、お願いしますか?」

「仕方がないね、お願いしましょう。」

「了解です。」

「あ!」

「なんですか?」

「あのね、ビデオね。」

「はい。」

「あれ暗闇でも映るビデオカメラでしょ?」

「そうでしょうね。」

「あのう、白黒の画面に、二つの光る目が。」

「でしょうね。」

「狸ですよ。たぬちゃん。」

「はあ。」

「で、檻の中にある餌に釣られて。。。」

「捕獲されます。」

「それはいんだけど。もしだよもし。」

「もし。」

「ふたつの光る目にだよ。」

「その後ろに小さく光る目があったらどうするの?」

「小さく光る目ですか?」

「それも、4つ。」

「なんですか?」

「子狸だよ。」

「子供の狸ですか?」

「そうですよ。」

「初めの光る目は母親ですよ。母ちゃん狸。」

「で、その後に、子供の狸が二匹。」

「母ちゃんの後をついてこちょこちょ。こちょこちょ。」

「母ちゃんと一緒に捕獲されるんだよ。」

「されますか。」

「されますよ。」

「でね、その親子の狸は捕獲されてその後どうなるの?」

「業者さんが。。。」

「業者さんが?」

「知らないほうがいいと思います。」

「なんか嫌だなあああ。」

「なんか寝ざめが悪いよ。」

「じゃあどうするんです?」

「どうするって。。。。」

「飼うか。」

「はああああ!」

「ぽんぽこ運輸とか社名変更して。」

「本気ですか?」

「無理だよなあああ。」

「しかしね。」

「なんですか?」

「うちって、まず野良猫のピンクだろ。」

「お腹がへるとごはんを貰いにくる、侵入社員。」

「で、サリーだ。」

「会社に行けるとわかると猛烈に一直線に会社に来る、見習社員。」

「で、今度は夜中に倉庫に入って糞をする、闖入社員。」

「まったく、動物に好かれる会社だね。」




ということで、未だ捕獲した狸ファミリーをどうするのか決断してないサリぽん運輸なのでありました。

ということで、しばらくぶりの「船乗りフィーユの冒険」!。




船乗りフィーユはなぜか牢屋の中にいたのである。

話せば長いことながら、簡単に説明すると。




島の警察。

「おやつで署」の、リキオ・リッキー警部に逮捕されたのである。




フィーユは必死で自分の無実を訴えた。

しかし、




リキオ・リッキー警部。

ちなみに、リキオはリッキーママさんの今は亡き父上のお名前なのである。

リッキーママさんのお母様、リキオパパの奥さん。

このブログの大ファンで、「リキオ」を登場させると嬉しいそうなのである!

この際、登場人物のミドルネームをすべて「リキオ」にしたらどうかと思っているのである。




船乗り・リキオ・フィーユはとんでもない危機にあった。

このままでは、島の「宝」を探す冒険旅を続けることができなくなるのである。

そうなのである。

船乗り・リキオ・フィーユは「宝」を探す旅をしていたのである。

作者もころっと忘れていたのである。




リキオ・リッキー警部である。

リキオ・リッキー警部!聞いてください!」

「なんだね?」

「私は決して怪しいものではありません。」

「みんなそう言うんだ。」

「世の中に自分は怪しいものですと言う奴はいない。」

「まあそうでしょうが。」

「私はこの島で島の「お宝」を探す旅をしていたんです。」

「なに、「宝」とな。」

「お宝です!」

「この島に「宝」があるなぞ聞いたことがないぞ。」

「そうなんですか。」

「でも、リッキー警部が。」

リキオ・リッキー警部だ。」

「そうでした。リキオ・リッキー警部でした。」

リキオ・リッキー警部が気がついていないだけで、この島には「お宝」が存在しているのではないでしょうか?」

「なに?」

その頃、島の中では。




リキオ・cocoであった!




島の重大なイベントが開催されることを思いだしたのである。




そうなのである。

今日は島の重大イベントの日なのである。










いつもの可愛いメンバーも。

いったい、今日は島でなにが行われるのであろう?

そこに。。。




リキオ・凪に似たわんこのポスターが。。。。




いよいよ待っていたとは????

もう島はお祭り騒ぎ!




露天商の、車・リキオ・寅次郎。

別名、リキさん




ということで、今回はここまで!

以下、次号予告!




なぜ、リキオ・ひなたが!




リキオ・ルーイ監督も!!!

ご参加わんこ大募集中!!!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

 人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......