船乗りフィーユの冒険。第14話。養子はどうする!!





「今日はどうしたんだね?」

「今日は質問があって来ました。」

「質問。なんだね?」

「最近よく耳にする、選択的夫婦別性ってなんですか?」

「ほうこれは、なかなか難しいことを質問するね。」

「へい、どうも最近よく耳にするんで、おっかあがあんた、これはいったいなんなんだいってうるさくて。」

「そうかね、フィーさん。」

「ご隠居。」

「落語はいい。選択的夫婦別性ってのはだ、男と女が夫婦(みょうと)になるときだ、姓、つまり氏(うじ)だ。」

「お茶の。。。」

「それは宇治茶だ。」

「みょうとになるとき、姓を男か女のどちらか選ばないといかんのだ。」

「そうですね。」

「それを、旦那の姓にするかにょうぼのにするか選ばんといかんかのだが、選択的夫婦別姓というのは、旦那の姓でも、奥さんの姓でもいい。」

「つまりだ、奥さんは奥さんの姓のまま、旦那は旦那の姓のままでいいということだな。」

「もちろん、旦那の姓にすることもできるんですね。」

「そうだ。つまりどれにするか自分たちで決めなさいとうことだな。」

「でも反対する人もいるんでしょ?」

「そうだな。姓を夫婦同じにしないと家族の絆が壊れると言っておるな。」

「そうなんですか?」

「家族の絆とはなんぞやだ。」

「この国ではせっかく結婚しても離婚するカップルも多い。」

「なかには、暴力をふるうとんでもないバカ旦那が原因で離婚するケースもある。」

「でも、それらは姓が同じだ。」

「同じでも家族の絆は崩壊しておるのだ。」

「結局、ご自分たちで決めなさいよなんでしょ。」

「そうだな。」

「じゃあそれでいいじゃありませんか。」

「そう思うよ。」

「新聞の調査によると国民の8割が賛成しているようだな。」

「そうなんですか。」

「まあみなさん、それで苦労した人も今、苦労中の人も多いんだろう。」

「というと?」

「今は少子化だ。一人っ子の家庭も多い。」

「一人っ子の長男と一人っ子の長女。」

「氏がどっちかだと問題もおきるだろう。」

「そうですね。うちは三姉妹なんて家庭もありますよね。」

「そうだな。」

「じゃあ、選択的夫婦別姓でいいじゃありませんか。」

「それがなかなかうまくいかんのだよ。」

「おい健児。」

「なんだよ親父。」

「養子の話だ。」

「なんだよまたかよ。」

「父さんは許さんぞ、お前が養子になるのを。」

「だって仕方ないないだろう、典子さんひとり子で先方がなにがなんでも家を継いで欲しいって。」

「一人っ子ってお前も一人っ子だろうが。」

「そうだけどもう決まったことなんだよ。」

「決まったことってお前と先方が勝手に決めたことだろう。父さんは許さんぞ。」

「許すも何もまいったなああ。」

「健児。聞きなさい。」

「この大富山家はだな、鎌倉時代から続いた商家なんだ。」

「知ってるよ。でも商家って言っても今じゃ村のちっぽけな商店じゃないか。」

「ちっぽけとは失礼だな。」

「うちは”みなさまのスーパー大富山”として村人に愛され続けいるんだ。」

「みなさまのスーパーって村人75人だろうが。」

「74人だ。」

「74人?」

「昨日、大工の源さんとこのお絹ばあさんが死んだ。」

「そうだったのかよ。」

「そんなことはいい。この大富山家の名をわしの代で消すわけにはいかねえ。」

「いかねえたってもう決まったんだよ。」

「いやお前がなんと言おうとわしは許さねえ。」

「許さねえて言われても典子さんのお父さんがなんというか。。。」

「先方も我が綾小路家の名前を私の代で終わらすわけにはいかないって言っているし。」

「健児、待ちなさい。」

「なんだよ親父。。。」

「今、綾小路と言ったか?」

「そうだよ。前にも言っただろう。」

「いや父さん今、初めて聞いた。」

「典子さん。綾小路と言うのか?」

「そうだよ。なんでも昔は子爵だったみたいよ。」

「子爵!!!!」

「四角でなく子爵!!!!」

「キジ科の鳥類で、中国から東南アジア、南アジア、アフリカに分布。オスは大きく鮮やかな飾り羽を持ち、それを扇状に開いてメスを誘う姿が有名である。」

「それは、孔雀(くじゃく)」

「父さん、ぼけはもういいかい?」

「で、なんだよ急に。」

「健児、お前、養子になりなさい。」

「どんどんなりなさい。」

「おやじ意味わかんないよ。さっきまで養子は駄目だって。」

「その時は、綾小路とは知らなかったんだ。」

「綾小路、綾小路。」

「となるとうちの店も、”みなさまのスーパー綾小路”になるんだな。」

「もう、スーパー成城石井とか紀伊国屋、負けてないな。」

「高級スーパーだぞ健児!」

「高級って、村人74人の村だよ。」

「いや73人になりそうだ。」

「え?」

「役場の山元のじいさまが今夜が峠だろうって。」

「そうかのか!」

「そんなことはどうでもいい。スーパー綾小路、綾小路。」

「やぶらこうじの ぶらこうじ。」

「健児、それは落語の寿限無だ。」

「でもよ父さん。」

「なんだ?」

「養子になって名字が変わるは俺だけだよ。父さんは大富山のままだよ。」

「なに!!!」

「そうだろうが。」

「父さんも母さんも一緒に養子になれんのか!」

「無理だろうね。今の法律じゃ。」

「では法律が改定されるまで。。。」

「されるまで?」

「この養子話は、様子見だな。。。」




「サリー先生!」

「なにかね?」

「いい加減、船乗りフィーユの冒険の続きを!」




「みなさん!サリぽん国王がお会いしたいそうです!」

リキオ・凪・長官である。




一行。。。




船乗りフィーユの兄貴!




眠りの銭形・coco・平次親分!

一行は。。。。







サリぽん王国である。

長崎孔子廟に見えるが、あくまでサリーぽん王国なのである。

リッキーママさんから頂いた写真なのであることは秘密なのである。




「サリーぽん国王!!」










眠りの銭形・coco・親分!

その頃。。。。













「橋のシーン担当は地味だよね。」

「そうだね、まるっち。」
















その頃!







リキオ・凪・宮内庁長官は言った。

「皆さんにご紹介したい方がおります。」







なぜか、おやつで署のリキオ・リッキー警部!




「船乗りフィーユの兄貴!プリンセス・フィーユだそうですよ!」







「これには深いわけがあるのだ。」

「選択性夫婦別姓制度がかかわっておるのだ。。。」




思いつき、波乱万丈の「船乗りフィーユの冒険」!

はたしてどうなる!!!

以下次号!!!

ご参加わんこ大募集中!!!




にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

 人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

船乗りフィーユの冒険。第13話。ことわざ大騒動!





「うん?フィーユ君か。」

「サリー先生、さっきからなにを、うんうん唸っているんですか?」

「うーん。」

「ですからなにを、うんうん?」

「うん。他でもない。」

「フィーユ君。ことわざというものを知っておるかね?」

「ことわざですか?」

「そうことわざ。」

「犬も歩けば棒にあたるとかですか?」

「そうだ。猫にごはん。とか。」

「それは、小判です。」

「そうであった。そうであった。」

「でも、猫にはごはんだろう。」

「小判あげても意味がないだろう?」

「だからなんです。」

「だからって?」

「意味がないことの例えなんです。」

「そうなの?」

「で、ことわざがどうしたんですか?」

「うむ。だからだな、私は最近ことわざに関して考えておるのだ。」

「そうなんですか。」

「そうなんです。」

「虚無(こむ)?」




「双子のマラソンランナーの猛に茂は?」




「もういいですか?」




「でな、ことわざだ。」

「私は皆が知っていることわざ。」

「実は本当は違う意味があるのではないかと思ったのだ。」

「違う意味ですか。」

「例えばだ。」

「船頭多くして船山に登る。」

「いっそうの船に何人も船頭がいたら、船は山に登ってしまうようなおかしな方向に進んでしまうことから、指図する人ばかりが増えて物事が見当違いの方向に進んだり、うまく運ばないことをいう。 船頭とは、和船の船長のこと。」

「それがどうしたんです?」

「おかしいとは思わんかね?」

「船は本来、海に浮かぶもんだ。」

「それが船頭が多いと船が山を登るのだぞ。」

「それが?」

「奇跡だ!」

「奇跡なんだよ!」

「つまりこのことわざは。」

「一そうの船に何人も指図する人ががいたら、船は山に登ってしまうという奇跡を起こすという意味。」

「なのだよ!」

「サリー先生!!」

「私は、日本だけではない。」

「広く海外にも目を向けた。」

「英語で、A rolling stone gathers no moss ということわざがある。」

「偶然か日本にも、」

「”転がる石には苔が生えない”。」

「世の中に合わせ行動を軽々しく変える人は結局成功しないとの警句。とある。」

「はい。」

「しかし、私はこのことわざの本来の意味を発見したのだ!」

「どんなです?」

「ローリングストーン。つまり。。。」

「ローイングストーンズだよ。」

「はい。。。。」

「君は知らんか?有名なロックバンドだよ!」

「それが。。。。」

「つまりだ。」

「ローリング・ストーンズのような超有名なロックバンドは毎回ライブも満員御礼。」

「いつもお金がっぽり。」

「ローリング・ストーンズの公演はいつもお金がっぽり、コケません!!!」

「どうだね!!」

「サリー先生、で、船乗りフィーユのお話はどうなっているんですか?」

「そうであった。」

「あと、父ちゃんが作った、ちりもつもればだが。。。」

「先生!!!」

船乗りフィーユの冒険。

「旦那はフィーユの兄貴なんですね。」




「そこは、たこにも!でぼけて欲しかったです。」

「ぼける?」

「まあ、いいや。で、フィーユの兄貴。お名前はなんと?」

「私か。」

「私は。。。。」




その頃!




「こんにちは!!!」







「なの用だ!]

「この先のお祭りに出る、まるっち&ちなっちブラザースでーす!」

「ハロウィーンの出店だよん!」

「そうか。ではひとつ質問だ。」

「質問に答えることが出来たらこの橋を渡ってよい。」

「いいか、ちりも積もれば?」







(仲立ちがなければ物事が進まないことや、手段・方法がなければ目的が達せられないことのたとえ。)

「サリーの父ちゃん作だな。」

「では、次だ。」

「清水の舞台から飛び降りる!」




「またまた見事だ!」

「思い切って大きな決断を下すこと。 山の斜面にせり出すように造られた清水寺の本堂(清水の舞台から飛び降りることにたとえていった。」

「だが、飛び降りたら怪我するから思いきって大きな決断はやめましょう。」

「できれば、何事も先延ばししましょう。という日本人ならではのことわざであるな。」

で、その頃!




「旦那のお名前は?」




その頃!




「おやつで署」のリッキー・リキオ警部であるが。。。。
















幼稚園の生徒さんが芋掘りで掘ったお芋、リッキーにいただきまし🍠

とのことである。

なぜ幼稚園の生徒さんがお芋?の謎はいずれ解けるのである。
そうなのである。
リッキー・リキオ警部は、捜査の鬼のリッキー・リキオ警部であるが。。。。









入院していた会えなかった「おばあちゃん」に久しぶりに会えてもう、うはうは!なのであった!
まつさえ。



リッキーママさんが「帰るよリッキー」と言っても拒否するのであった!
で、その頃!



「次のことわざの意味はなに?」
「家貧しくして孝子顕(あらわ)る」



「知らんのか!!」
「家が貧乏だと子どもの孝行ぶりがはっきりわかる。逆境に陥ったときにはじめて、それを助けるものが現れる。」
「という意味だ!!!」
「それって!!!」












その頃!!!



リキオ・凪・長官であった!



リキオ・凪・長官は言った。
「一同の皆様。どうかこちらへ。」
「サリぽん国王がお待ちです。」









思いつき、波乱万丈の「船乗りフィーユの冒険」、以下次号!!!

ご参加わんこ大募集中!!!




にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

 人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

船乗りフィーユの冒険。第12話。ヤング・ケアラーと歌はいけません!





「久しぶりだね。」

「先生、お元気ですか?」

「うむ、なんとかやっておるよ。」

「ところで、フィーユ君。」

「なんですか?」

「最近、どうも街中に英語がはん濫していると思わんかね?」

「英語ですか?」

「そうだ。新聞やテレビで、やたらと、SDG’Sと言っておるだろう。」

「そういえばそうですね。」

「いったい、SDG’Sとはなんなんだ!わからんではないか!」

「先生、そう興奮しないで。血圧があがります。」

「そうであった。」

「えーとネットの”ワンペディア”で調べました。」

「SDG’Sとは持続可能な開発目標だそうです。」

「持続可能な開発目標って日本語でもよくわからん。」

「えーとですね、2015年に国連サミットで採択された。」

1:貧困をなくそう。

2:飢餓をゼロに。

3:全ての人に健康と福祉を。

4:質の高い教育を。

5:ジェンダー平等を実現。

6:安全な水とトイレを世界に。

「だそうです。」

「なるほど。素晴らしいではないか。」

「そうですね。」

「な、フィーユ君。」

「貧困をなくそうではないか!」

「私も元捨て犬。放浪していて、毎日、毎日、ひもじくてな。」




(サリー先生、放浪の末、捕獲される。さいたま保健所。)

「濡れたダンボールを齧ったこともあった。」

「世の中には、毎日、毎日、十分なくいもんにありつけない犬も、猫もそして他の生き物たちがおるんだ。」

「で、つぎは、飢餓をなくそう。」

「そうだな、そうだな。やはり、犬にも猫にも大切なのは食いもんだ。」

「私なんかね、放浪しておった時にだ、うろうろと、もう空腹で空腹で、人様に近づき、「可愛いわんこだね。」とか言われているすきにくいもんを盗んだもんだよ。」




(さいたま保健所より救出される!)

「もうそれは天才だった。」










「仲間の犬達からは、愛想笑いで強奪のサリーと呼ばれておったよ。」




「サリー先生!」

「なんだね、フィーユ君。」

「この持続可能な開発目標ってわんこやにゃんこのためなんかじゃないんですよ。」

「おんや?違うの?」

「違います。人間のためなんです。」

「えー、そうなの?」

「人間だけなのおおお。」

「世の中には貧困で飢餓のわんこ、にゃんこいるでしょう。」

「人間だけなんてずるいなああ。」

「まあ、そうですよね人間だけじゃなくて、わんこにゃんこもいれてくれればいいのに。」

「しかしだね、こんなことをなんで、持続可能な開発目標などと難しい日本語にするんだろうね。」

「さて、なんででしょう?」

「私は気がついたよ。」

「なにをですか?」

「これは政府の陰謀だよ。」

「陰謀?」

「そうだよ。こんな貧困をなくそうとか、全ての人に健康と福祉をとか、質の高い教育とか、ジェンダー平等とかだね。」

「国民がそうだそうだ。と気がついてしまっては政府が困るからだよ。」

「困るんですか、政府が?」

「そうだよ。この国に貧困はないのか?」

「飢餓、毎日毎日、3食たべることができない人もいるだろう。」

「質の高い教育を子どもたちは受けているかね?」

「な、国民が、あれれ、この国も問題いっぱいだるじゃん。」

「そういえば、この国の6人から7人に一人の子供が貧困だそうだ。」

「2020年絵かい経済フォーラムの発表によると、この国は153カ国のうち、121位だそうですね。」

「よく調べた。フィーユ君!」

「フィーユ君。よく覚えておくがいい。」

「この政府は国民に知られたくないことはやたらと英語にして国民が気が付かないようにしているのだ。」

「そうなんですか。」

「これを、“やばい(Y)もんは(M)ちょっと(C)英語(A)にして誤魔化そう計画”と言うのだ。」

「通称。。。。」







「最近これもよく聞くだろう。」

「ヤングケアラー。」

「聞きますね。」

「家庭の事情により、家族の介護や面倒をみにといけない子どもたちのことだ。」

「まだまだ、遊びたいさかりだ、勉強もしなくてならぬのに家族の世話をしないといかんのだ。」

「そんな子どもたちが多いという事実を国は国民に知られたくないのだ。」

「だから、ヤングケアラーと英語にして誤魔化しておるのだよ。」

「ちょっと姑息ですね。」

「そうなのだ。そんな姑息な手段もいずればれる。」

「政府はヤングケアラーの日本語。国民を誤魔化す日本語を用意しておるのだよ。」

「どんな日本語なんですか?」

「昔、昭和の時代だね、会社勤めをせず実家にいる娘さんをこう呼んだ。」




「しかしだ、政府の秘密を知った国民達がいた。」

「密かにこの秘密を明らかにし国民に現実を知ってもらう計画をたてているのだ。」

「ヤング・ケアラーを救え!」

「なんで選挙の公約にない!!!」

「どうやってですか?」

「歌にするのだ!」




「さあ立ち上がれよ♪」

「ヤングケアラー♪」

「もう悩むことはないんだから♪」







「なにか?」

「歌はいけません。歌は。」

「なんで?」

「飛沫が飛びます。」

「そうか、しかたないなああ。」

「それより、船乗りフィーユの冒険の続きは?」

「そうであった。」

「これだよ。」

船乗りフィーユの冒険。

私は、道案内の「サリぽん」と「やつで署」に捕らわれている船乗りフィーユに会いに行った。

途中、我々の行く手を阻むように大きな川が現れた。




「サリぽん、なにかいい手はないのか?」

「大丈夫です。」

「ロープがあります。」

「このロープをカーボーイのようにぐるぐる回して向こう岸に投げる!」

「それで?」

「向こう岸でロープを大きな木に結くんです。」

「で?」

「で、ロープを伝って向こう岸まで。」

「でもな。誰が向こう岸で木に結くのだね?」

「心配ご無用。あっしが結いて来ますよ。」

「どうやって向こう岸まで行くんだね?」

「ちょっと行ったとこに橋がありますんで。」




というわけで、門番である。

「暇だなああ。」

と、その時であった。







「お前達は誰だ?」







「で、お前たちはどうしてこの橋を渡りたいんだ?」







一方、町では。。。。







「このブアナ。旦那が船乗りフィーユに会いたいそうなんです。」

「なんとかなりませんかね?」

「船乗りフィーユか。」

「やつは、おやつで署にいるな。」

「それは知っているんです。」

「なんとかやつを自由の身にして、旦那と会わすことはできませんか?」




銭形のcoco親分はそう唸って黙っていた。

あまりの沈黙に耐えきれず旦那が言った。

「サリぽん。沈黙が長すぎやしないかい?」

「銭形のcoco親分は滅多に笑わない。考え出すと長い時間かかるんで有名なんです。」

「長考のcoco親分です。」

「でも、きっといい解決策を思いつきますよ。」

「そんなもんなのかい。」

沈黙は続いた。。。。

そして。







実は、銭形のcoco親分は「眠りのcoco」とも呼ばれていたのである。

一方!













一方、町では。。。。




通称「眠りのcoco親分だが、実は寝ていなかったcoco親分。」が尋ねた。

「ブアナ。あなたはなぜ、船乗りフィーユと会いたいんだね?」

旦那は静かに答えた。

「それはですね。。。」

「船乗りフィーユは、私の。。。。。」










ちなみに、リッキーママさんのママさん。

無事退院!

リッキー、おばあちゃんと久しぶりの再会!

リッキーママさん、お母さんを送り届ける。

リッキー帰るよ。

でも、リッキー帰るの拒否!

おばあちゃん大好き!

だそうです!!!

その頃。。。。。







「お前たちはさっきの?」

「違いますよ。」

「違う?じゃあなんなんだ?」

「相棒が歳とったんで、あっしまだ1歳ですが。。。。」




「なに、ヤングケアラーだと!!!」







「サリー先生!歌はいけません!!!!」

思いつき、波乱万丈の「船乗りフィーユの冒険」、以下次号!!!

ご参加わんこ大募集中!!!




にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

 人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......