サリー先生と愉快な仲間達。第45話。法螺の研究。


「法螺の研究。」

大富山大学の佐里山沙里男教授

歴史は法螺(ほら)に溢れている。

法螺。

嘘である。

嘘とは、事実とは異なるものをある悪意を持って真実とするもの。

と。

あれー?

どうしてかなああ?

本当はそんなつもりは無かったんだけど。。。

あれー?

なんでこうなっちゃたんだろう?

という本人の知らないうちに思ってもいなかったものが真実となってしまうものがあるのだ。

歴史は法螺でできている。

例えば、「夫婦同性」である。

よく「夫婦同性」でないと家族の絆がとか、日本の昔からの伝統であると主張する人がいる。

しかし、日本では、明治8年に「平民苗字必称義務令」が出された。

庶民に苗字を名乗るようにというお達しだ。

すると、「結婚した女性の苗字はどうするのか?」という問題が起きた。

国は、「嫁いだ婦女は。婚前の氏でいいよん。」

となった。

いい加減だったのである。

「夫婦別姓」であったのだ。

そして、明治22年に「大日本帝国憲法」で初めて「夫婦同姓」が制定されたのである。

「夫婦同姓」になってたかだか120年しか経っていないのである。

それを「日本の伝統」というのは無理があるのである。

あるいは、それを知っていながら「日本の伝統」と言い張るのはあきらかに、「法螺」なのである。

では、江戸時代は人々はどう名乗っていたのか。

簡単である。

「でーくの熊さん。」である。

「でーくの熊さん」の女房は、「熊さんの嫁さんの、富さん」である。

しごく分かりやすいのである。

「おせち」である。

「重箱のおせち。」

「祝を重ねるという意味で重箱。」

「正式なおせちは。四段の重箱で、一の重には口取り、二の重には焼き物」とうやうやしく説明されるが、重箱に詰めるようになったのは、戦後、デパートの販売戦略からなのである。

「重箱のおせち」は新しいのである。

「法螺」が歴史に定着したのである。

こいうことを指摘するのを、「重箱の隅をつつく」というのである。

「肉じゃが」である。

イギリスに留学していた東郷平八郎がビーフシチューの味を忘れられず、作らせたのだが、ワインもドミグラソースもないので失敗して出来たのが「肉じゃが」となっている。

しかし、当時すでにビーフシチューはあったのである。

実はこの話は、呉市商工会議所観光課が作った創作なのである。

「バレンタインデー。」

ご存知の方も多いだろう。

バレンタインデーには女性が心を寄せる男性にチョコを贈る。

チョコレート会社が始めたキャンペーンがもとになっている。

欧米ではそんな習慣はない。

日本人はチョケレート会社の策略にまんまと騙されてしまったのだ。

私は、バレンタインの話を聞くたび忸怩たる思いに涙を流すのだ。

なぜ、バレンタインデーに「女性は好きな男性に「桃屋の江戸むらさき。ごはんですよ。」を贈りましょう!」とやらなったのか?

「桃屋の野菜においしいにんにく味噌」でもいい。

いや、「桃屋の塩辛」でも更にいい。

いわんや、「桃屋のシフトセットA」でもまったく問題はないのである!

それらを「あて」に飲む酒は格別なのである。

そうなれば、世の男性はバレンタインデーに「桃屋」で一杯。

女性たちに「バレンタインデー、「あて」にしてるよ。

となるったはずなのである!

「猫騙し先生!」




怪盗猫だましの手下…❓




「弟子の凪くんではないか。」

「これが我々が奪った、「法螺の研究」なんですか?」

「そうだ。今、日本政府が血眼になって探している、「法螺の研究」だ。」

「なんか始まりはよかったんですが、だんだんくだらなくなって。。。」

「そのようだな。」

「こんなもんのために、日本政府は金を払ってくれるんですか?」

「勿論だ。」

「幾らですか?」

「1千万だ。」

「円で?」

「ペソだ。」




怪盗猫だましの手下…に見えますか😅

「まあ、それはいい。」

「よくないと思いますが。」

「そろそろ、あの、ひょうきんコンビが追って来る頃だろう。」

「ひょうきんコンビって、あの。。。」







「どうした、フィーユ巡査部長。」

「怪盗猫騙しはどこに行ってしまったんでしょう?」

「そんなことよりだね、フィーユ巡査部長。」

「なんですか?」

「任天堂が過去最高の営業利益だそうだな。」

「そうみたいですね。」

「ソニーもだ。」

「それがどうしました?」

「コロナで巣ごもり。家でゲームをする人が増えたからだそうだ。」

「はい。」

「私も任天堂やソニーの株を買っておけばよかった。」

「なんですか、いったい?」

「でな。私も考えた。」

「第2,第3の任天堂を探すのだ。」

「そんなところあるんですか?」

「考えた。」

「巣ごもりだ。」

「みな家の中で過ごすものを探しておるのだ。」

「で、ゲームなんですね。」

「そうなのだ。」

「しかし、ゲームも金がかかる。」

「金もかからずに楽しめるものを私は探したのだ。」




「わからんかね?」

「それは。。。。」




「どう思う、coco君!」




「ハチに刺された前脚。毛が剃られておるな。」

「でも、大丈夫です!」

「そうか、よかった。」

「それでな、けん玉以外にも考えた。」

「なんですか?」







「coco、どう思う?」




「けん玉は16世紀にフランスでは16世紀頃から子どものみならず貴族や上流階級の人々にも広く浸透し、国王アンリ3世も愛好したという記録も残っているそうです。」

「お手玉は日本では、奈良時代に中国から伝わり、当時は手ごろな大きさの小石や水晶を利用したことから石名取玉と呼ばれていたそうです。」




「知らんかったな。」

「それより、怪盗猫騙しです!」

「そうであった。」

「怪盗猫騙しであった。」

「警部。私はきっと怪盗猫騙しを雇った黒幕がいると睨んでいるのですが。」

「そうだ。」

「誰なんでしょう?」

「そしてその目的は!」

お話変わって。。。










サリー先生に倣い…出しなさい‼

(ペットクリニックです。コロナ前はカウンターにおやつが置いてありましたが、今はありません)

コロナってワンコにも我慢させるんだよ……

皐月・力雄・リッキーである。




「日本書紀などでは「五月」と書いて「さつき」と読ませており、「さつき」を皐月と書くようになったのは後のことである。」だそうです。




皐月・力雄・リッキー。

リッキー教授であるが、実はある企画を計画していたのである。

それは、世の中で嘘。

これはまいったという法螺を考えた人を表彰する。




第一回、受賞者は誰の手に!

「サリー、警部、1回で終わりそうな企画ですね。」

「まあ、それはよろしい。」

「せっかく、リッキーママさんが作っていただいたのだ。」

ということで、この話はいったいどうなるのか?

果たして、わんこぴっくは?

そして、怪盗猫騙しの雇い主は!?

謎は深まるのであります!










まさか!

まさかの、黒幕は、ひなた先生と、「まんまるまるっち」だったのか!




しかも、まさかの「ペアルック」!

待て、次号!!!




「黒幕とは、黒い色の幕。特に、歌舞伎で、場面の変わり目に舞台を隠したり、道具の奥に掛けて背景代わりにしたりする黒木綿の幕。あるいは、表面には出ないで、指図をしたり、はかりごとをめぐらしたりする者。「政界の黒幕」」だそうです。




サリー先生と愉快な仲間たち。

参加わんこ募集中です!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

サリー先生と愉快な仲間達。第44話!東京わんこぴっくと意外な人物!





「フィーユ君。」

「私は今、サリー先生ではない。」

「そうでした。」

「サリー先生は今は、売れない小説家のサリー先生ではなく。」




「サリー警部でした!」

「そうだ。警視庁ならぬ、犬視庁にこの人とありと言われる、サリー警部だ。」

「そして、フィーユ君。君は。」




「フィーユ巡査部長であります!」

「サリー警部のもとで働けること大変名誉であります!」

「なにしろ、都内で発生した謎の連続殺人事件。」

「殺害現場には必ず、赤い靴と、ハバナ産の葉巻、そして、女優・松山容子さんの昔懐かしい、ボンカレーのブリキの看板が残されているという謎の連続殺人事件。」

「それを警部は見事。」

「偶然、偶然。」

「単なる偶然とうやむやにしたんでしたね。」

「私の名推理の結果だ。」

「どう思う、coco君?」




coco ミツバチに前足をチクリ🐝

少し走り込みは、お休みです😅

「coco、大丈夫なのか!」

「それでサリー警部。」

「我々は今、あの大富山大学の佐里山沙里男教授が残した。。。」




 

「ほらの研究。」

「つまり、嘘の研究。」

「そうだ。」

「東京都が緊急事態宣言を発出し、新刊書店はやっていいけど、古本屋はダメよという奇天烈なことを言い出し、しかし、それはあの東京オリンピックをなんとか開催するという最後の切り札が記されているという古書を探しだすという計画。」

「そのため、我々は古本屋の前で張り込んでいるのだ。」

「そうでした。」

「ところで、警部。」

「なんだね?」

「都知事がまたまた、エンジョイ・ホームと言いました。」

「そうだな。」

「エンジョイ・ホームっておかしくないですか?」

「なにがだ?」

「エンジョイ・ホームって、家を楽しめでしょ?」

「うむ。」

「家をどうやったら楽しめるのでしょう?」

「まあ、本当に我が家は素敵だは。」

「ちょっと庭にで家を眺めましょうよとかしろってことでしょうか?」

「うーむ。」

「それを言うなら。」

「エンジョイ・ユアセルフ・アット・ホームかな?」

「どうもあの知事はやたら横文字が好きですが、正確さに欠けますね。」

「それはノーコメントだ。」

「警部。」

「なんだ。まだなにかあるのか?」

「聖火リレーです。」

「聖火リレーがどうかしたか?」

「あれっておかしくないですか?」

「なんでだ?」

「あれって、いろんな地域でやってますよね。」

「うむ。」

「で、2,3日してまた別のところで。」

「そうだな。」

「繋がってないですよね。」

「繋がってないな。」

「リレーじゃないですよね。」

「フィーユ巡査部長。」

「君はあれをリレーだと思っていたのかね。」

「違うんですか?」

「違う。」

「1日やって休んで別のところでまたやる。」

「はあああ。」

「聖火ディレーだ。」

「どう思う、coco君?」




元気なのでなかなか
おとなしくはしてくれません😅

「大人しくしていなさい。」

「しかし、サリー警部。」

「なんだ。」

「例の法螺の研究を買いに犯人は現れるのでしょうか?」

二人は張り込みを続けた。

そして、二人の目の前に!

「サリー警部!」




「ついに現れましたね!」

「いや奴は犯人でない。」

「なぜなら。」




「だれかれかまわず、おやつをもらおうとしている。」

「どう見ても頭のいい奴ではない。」

「ということは、犯人に雇われたのでしょうか?」

「だろうな。」

「どう思うね、凪君?」










そして、サリー警部とフィーユ巡査部長は、見るからに「おまぬけ」なのを尾行したのである。

「サリー警部!」

二人はとある屋敷の前に。。。。

「ここは?」

そうなのである。

その屋敷とは。。。




「あなたは?」

「私かね?」

「私は。。。。」




「リッキーと呼んでくれたまえ。」

「で、あなたはここでなにを?」

「私かね。」

「私は。。。」




「東京わんこぴっくの研究をしておるのだ。」

「この法螺の研究さえ手に入れば、日本政府が抱えている問題を一挙に解決することができるのだ。」

「どう思う?coco君?」




その時であった!

「法螺の研究」が3人の目の前で消えてしまったのである!

「あ!どこへ!」

そうなのである。

「法螺の研究」は、稀代の名怪盗と呼ばれる。。。










「怪盗猫だまし!」だったのである!

果たして、怪盗猫だましの目的は!

その背後にある秘密とは!

どうなる東京わんこぴっく!

以下、次号!







サリー先生と愉快な仲間たち。

参加わんこ募集中です!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

サリー先生と愉快な仲間達。第43話!サリー先生の秘密の研究!





「なんだね、フィーユ君。」

「東京に緊急事態宣言ですね。」

「そうみたいだな。」

「先生は感染心配ではないのですか?」

「心配していない。」

「なんでですか?」

「簡単だ。」

「わしらは。。。」




「犬だからだ。」

「そうでした、そうでした。」

「しかし、飼い主さんが心配だな。」

「そうです。心配です。」

「でも、飼い主さんがステイホームで1日中家にいるとわしらわんこは幸せだ。」

「そうですね。」

「しかし、飼い主さんが、エッセンシャルワーカーだと家にはおらんぞ。」

「そうですね。」

「でも、人々の日々の暮らしに必要なお仕事だ。」

「わしらわんこもそこは理解しないといけないな。」

「その通りですね。」

「サリー先生。」

「なにかな?」

「先生、いつになく真面目ではありませんか?」

「そうか?」

「そうです。」

「このブログ、毎回、おばか話なのでたまには真面目なお話でもいいかと思ったのだ。」

「東京都から報奨金でも出るのではと思いましたか?」

「思ってしまった。」

「しまいましたか。」

「しまってしまった。」

「99%報奨金は出ないと思いますよ。」

「でないのか。」

「でませんね。」

「うんっじゃ、いつもの調子でいくか。」

「行きましょう。」

「このコロナ禍。いい商売を考えたのだ。」

「いい商売ですか?」

「うむ。」

「どんな?」

「ひなびえだ。」







「ひなびえだよ。」

「ひなびえ様の写真を1枚10万円で売り出すのだ!」

「2枚だと?」

「倍だ、倍。」

「バイデンねん!!!」




「すまぬ。。。」

「でな。。。。」

「なにが、エッセンシャルワーカーだ!」

「急に。。。」

「横文字にするんじゃない!」

「意味がわからん!」

「人々の生活にどうしても必要な人とか、職業とかと言えよ、こんにゃろ!」

「そうですな。」

「なにが、エッセンシャルだ!」

「わしは、エッセンシャルと言えば。」

「言えば?」

「明治・エッセンシャル・カップしか思い浮かばん。」

「どう思う、coco君!」




「そうか。。。」

「不要不急もよくわからん。」

「ですから、病院とか食料の買い物とか以外の外出は控えましょうといことですよ。」

「では、不要不急の入院、手術も控えてとは?」

「どの世界に、今日は暇だから入院しましょうかね。」

「手術もいいかもしれないわ。」

「という人がおるのだ!」

「まあ、それはそうですが。」

「大体がね、東京都の言うことがわからんのだ。」

「なにがですか?」

「遊園地だ。」

「無観客の営業をだと。」

「どこぞの世界に無観客で営業する遊園地がある!」

「まあ、先生、落ち着いて。」

「おそらく、闇営業する遊園地が出てくるぞ。」

「闇営業ですか?」

「そうだ。」

「よくあるだろう。」

「ここから先、関係者以外立ち入り禁止と。」

「ありますね。」

「だから、観客をすべて、関係者にするのだ。」

「観客すべて関係者ですか。」

「関係者って線引きがあいまいだろう。」

「だから、入口で、はい、関係者ですね。」

「はい、関係者です。」

「関係者、4名入りまーす!」

「とかな。」

「でもさすがにそれはバレるでしょ。」

「うんじゃ、観客に作業服着せる。」

「これで工事関係者だ。」

「メイドの恰好とか。」

「パレード関係者。」

「工事関係者や蕎麦屋の出前持ち、メイド、婦人警官、ゴジラ。。。」

「それが皆でジェットコースター!」

「壮観だな。」

「どう思うcoco君!」




「サリー先生。。。。」

「ところで、先生、もうひとつ理解に苦しむのが、」

「なんだね。」

「新刊を扱う書店はOKで、古書店。」

「いわゆる、古本屋は閉めないといけないんだそうです。」

「そうだな。」

「でも、考えてください。」

「普通、人込みでごった返している古本屋って見たことないですよ。」

「うむ。」

「ではなぜ、本屋はよくて、古本屋はいけないのでしょう?」

「フィーユ君。」

「いいことに気が付いた。」

「そうですか。」

「なぜ、本屋はよくて古本屋はだめなのか。」

「なぜです?」

「いいかね、誰にも言ってはいけないぞ。」

「いいません。どうせまたおばか理由なんでしょう?」

「ちがう!」

「これは、政府の陰謀。」

「秘密の計画があるのだ!」

「計画とは!」

「それはだな。。。」




〇〇戦争も末期。

戦況は日々悪化を辿っていた。

政府は「ワクチンはもうすぐ届く!」と連日国民に明るいニュースを伝えていた。

それで、国民はこの戦争に負けるはずわないと信じていた。

そして、政府は国民に「不要不急の外出は控えるように」。

不要不急とはなんぞや?

政府は言った。

つまり、贅沢は敵だ。

パーマネントはやめましょう。

欲しがりません勝つまでは!

が標語となったのである。

夜8時以降の看板の電気は消す。

いわゆる灯火管制が敷かれたのである。

しかし、国民は頑張った。

挙国一致。

尽忠報国。

尊王攘夷。

焼肉定食。

牛丼大盛。

先の大戦では、敵性語禁止となり、タバコの「チェリー」は「桜」になり、「ゴールデンバッド」は「金鵄」となった。

ディク・ミネは「三根耕一」となった。

そして、今では、政府は出来るだけ国民に真実を知らせないように、極力、横文字に置き換えるようになったのである。

「集団感染」を「クラスター」。

「爆発的な患者の増加」を「オーバーシュート」のように。

であるから、頭のいい国民は思った。

「政府が横文字を使う時は、疑えと。」

そのような時であった。

田舎の小さな大学。

大富山大学で細々と研究にあけくれる学者がいた。

 

佐里山沙里男教授である。




教授はこの時、自分でもこの研究が後の日本。

2021年の日本が抱える。

いや、日本政府が抱える大問題を見事に解決する一大研究になるとは思ってもいなかったのである。

果たして、その研究とは?

「サリー先生!」

「なんだね?」

「で、その研究と古本屋はダメよはどう関係するんですか?」

「つまりだね。」

「その佐里山沙里男教授の研究だ。」

「当時は誰にも相手にされなかった。」

「その資料も残っていない。」

「と思われたが、1冊だけ佐里山沙里男教授により私家版として残っているそうなのだ。」

「そうなんですか。」

「でな、その唯一の本がこの日本のどこかの古本屋にあるとの噂があり、政府は緊急事態宣言下、これ幸いと古本屋を強制的に閉めその本を密かに探しているということなのだ。」

「まったく知りませんでした。」

「そうだろう。今思いついた。」

「そうなんですか!」

「嘘。これは重大秘密だ。」

「で、それは、この危機に瀕した東京オリンピックを無事開催できる裏技なんですね!」

「うむ。」

「で、その研究とは?」

「それはだな。。。。」







「凪君はどう思うかね?」




続く!

サリー先生と愉快な仲間たち。

参加わんこ募集中です!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......