サリー先生と愉快な仲間たち。第23話。サリー先生の新作!

— 広告 —


「フィーユ君。」




サリー先生と編集者フィーユはエジプトからの長い旅を終え、自宅にいたのである。

エジプトからの帰還に尽力してくれた。




リッキー教授。

すっかりエジプトにはまったいたのである。

しかし、リッキーままさん、細かい!!!

「なんですか、サリー先生。」

「原稿だよ。原稿。」

「読んでみくれたまえ。」

「拝読します。」

———————————————————————————–

「犬を失うということ。」

作:サリー先生。

ある日、いままでは普通だった日常。

ところがある日を境にその日常が変わってしまうということ。

ふと、もう戻らないあの日常。

まったくその時まで気が付つかなかった。

私は犬を失った。

朝、起きて犬を散歩に連れていく。

帰ってきて、餌をやる。

私は静かに原稿を書く。

その間、犬は退屈そうに欠伸なんぞをしながら寝ている。

この時間が私は好きであった。

だが、犬はもういない。

自分の心のなかに、ぽかりと穴が開いたようだ。

「先生!!」




「先生。本当に素晴らしいです!」

「そうかね。」

「いつもの、おちゃらかではなく。」

「失礼だろう。」

「でも、大切なものをなくしてしまう切なさがおもいっきり表れていますよ。

「私もたまには、真面目なものを書くのだよ。」




「先生。」

「ちょっとかっこよすぎません?」

「かっこよすぎ?」

「そうでしょう。」

「先生の現実とかなり違いますよ」

「違う?」

「そうでしょう。」

「現実は。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「犬を失うということ。」

作:サリー先生。

ある日、いままでは普通だった日常。

ところがある日を境にその日常が変わってしまうということ。

ふと、もう戻らないあの日常。

まったくその時まで気が付つかなかった。

私は犬を失った。

朝、起きて犬を散歩に連れていく。
















帰ってきて、餌をやる。







「犬は散歩が朝ごはんなんですね。」

「フィーユ君。うるさい。」

私は静かに原稿を書く。

その間、犬は退屈そうに欠伸なんぞをしながら寝ている。



















この時間が私は好きであった。

「好きだったんですか!」

「怖かったんだよ。」

だが、犬はもういない。

自分の心のなかに、ぽかりと穴が開いたようだ。

「先生。」

「これですよ。これ。」

「なにが?」

「現実です。」

「現実を直視しましょう。」

「現実は直視したくない。。。。」

「でもね。」

「フィーユ君。」

「なんですか?」

「続きがあるんだ。」

「あるんだ。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

犬をなくした後。

私はやる気をなくした。

朝も早く起きることもなく。

たくさんあった、犬の服も段ボールに詰めてしまった。

だが、未だ寝るときは寝床の半分はあけている。

犬のためだ。

私はいつになったらこのなくした犬のことを忘れることができるのであろう。。。




「泣くなフィーユ君!」

「続きがある!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

悲しみに暮れる私である。

しかし、ある日、気が付いた。

夜であった。

犬。

今はいない犬。

ふと気が付いたのだ。

犬は私の隣にいるのだ!

感じたのだ!

そうなのだ。

犬は自分のそばにいつもいるのだ!

その時の私の喜びを書き表すことはできない。

犬はいつも自分のそばにいるのだ!

「先生!!!」




「違うよ。フィーユ君。」

「なにがです?」

「これをだね。」

「これを?」

「ビジネスに繋げるのだ。」

「繋げる?」

「ペットをなくした方。」

「ペットはあなたのそばにいます。」

「もし知りたければ。」

「知りたければ?」




「教祖様がいるじゃないか!」

「もうこれで大儲けだ!!!」




「あとね。フィーユ君。」

「かっこよすぎって。」

「『よすぎ』ってどう?」

ということで、今回はお写真なかったのですいません!

ご参加わんこ募集中です!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

— 広告 —


サリー先生と愉快な仲間たち。第23話。サリー先生の新作!」への12件のフィードバック

  1. サリー先生の新作「犬を失うということ」名作です❣
    どすこい💩も出しなさい(ฅ ˙ꈊ˙ ฅ)も一緒に寝ろ💤もいつまでも忘れない😭
    腰が痛くてもサリーちゃんのためにベッドを半分開けてるパパさん😭
    だからサリーちゃん隣にいつもいるのですね🍀
    美しい絆です✨

    リッキーももうじき14歳……
    教祖さま💖信じます(✪▽✪)⌖( ̄ー+ ̄)キラーン
     
    フィーユちゃん、お疲れさまです😍役者だわぁ👍🏻🤭 

    1. ありがとうございます!
      サリーはワガママだったなああ。
      会社が大好きで帰るの嫌がっていましたが、いざ帰るとなると家に一直線。
      で、毛布。
      で、はやく一緒に寝ろ!
      飼い主、翻弄されましたが、いなくなると。。。。。
      出来の悪い子ほど可愛いというのはこのことか!

      リッキーも14歳ですか。
      いつまでも長生きして欲しいです!
      頼むよ、リッキー教授!!!😆

  2. 胸がキューンとなりました🥲
    名作です🤗 父ちゃんの思いが 静かに伝わってきました❤️  

    リッキーくん エジプトにすっかりハマってますね‼️ 完璧です❣️

    リッキー君もいつまでも元気でいて欲しいです❤️❤️ やっぱり ご教祖様に お祈りを🤲🤲

    1. サリー、あまりにも行動が面白くていないとつまりません。
      散歩はベンチに一直線で、おやつくれる人探すし。
      買い物から戻ると、壁に向かって立っているし。
      もう全てがおかしかった。。。
      いまではいい思い出です。
      でも、もう少し長生きして欲しかったです。
      でも、会社にも行けたし、たくさんの方に可愛がっていただけたし、さりーは良かったのかな?
      わんこ達よ、長生きしなさい!!!😆

  3. パパさん!!

    涙腺が・・・😭

    パパさんのサリーちゃんえの思いが
    伝わってきます🍀🍀
    今日も、隣にサリーちゃんですね💕💕

    もうすぐcoco も16歳になります🍀🍀
    私も、教祖様を信じますよ😁

    フィーユちゃんは表情が豊かですね💕
    いつも、とってもカワイイですね😁

    リッキーちゃん名演技ですね💕
    いつも、スゴイです😁

    パパさん!!
    今日も、可愛いサリーちゃんの
    姿を見せてくれてありがとうです🙏

    1. coco、16歳ですか。
      これからも長生きしてくれよ!!!
      サリーは父ちゃんとたった5年だったけど、たくさんいい思い出を作ってくれました。
      最後は、ベッドにおちっこしやがった。
      父ちゃんの靴に嫌がらせで、どすこいも!
      って、いい思い出じゃないじゃん!😂

  4. おい!一緒に!寝ろ!笑いましたね〜😂リョウもそっくりです。サリーちゃんほど迫力はないですが(笑)

    サリーちゃんの笑顔😄ホントに可愛い❤️「犬を失うということ」題目もいいんですよね。

    フィーユちゃんリッキーちゃん、可愛いお顔を今日も見ることができて嬉しいです😊

    1. リョウも一緒に寝るんですか。
      可愛いなああ。
      サリーほど迫力はない。
      それはそうでしょう。
      サリーは本当に怒ってましたから。。。。😆
      みんな我が子は可愛いし、愛おしいのですね。
      もう少し、ちゃんとした飼い主であればよかった。
      サリー、すまんね。😅

  5. 信じるさ‼️
    もんぺの会だもの‼️‼️‼️
    教祖さまは永遠に我らの側に✨

    1. 信じるのだ!
      いつでも教祖様はそばに居られる!
      本当、怪しい宗教だ!!!😂

  6. パパさんも信者の皆さんも素晴らしい飼い主さんです、写真を見れば分かります☺️
    私も、凪は元気の有り余るコだから、もっと子供が居ていっぱい遊んでくれる人が居る家にいった方が良かったのに、年寄りばかりの家に来てしまって可哀想にと思っています😔
    「犬を失うということ」パパさんのサリーちゃんへの想いを感じます☺️
    また新作お願いします😊

    1. サリーの父ちゃんも、サリー、家族がいたところに来たほうが良かったんではと何回も思いましたが、サリーは全然関係なかったみたいですよ。
      凪もここが一番だ!
      と思っているんです!
      小さい子がいると、こっちが疲れると思っていたりして。🤣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください