サリー先生と編集者フィーユ。第15話。二人はイタリアへ!!!

— 広告 —


名前である。

名前。

人は皆、名前がある。

親が考えたのである。

真剣に考えたのである。

小学生の時に「自分の名前はご両親がみんなのこと。」

「将来、こうなってほしいな。」

「願いをこめて考えたのよ。」

「宿題です。」

「ご両親に自分の名前をの理由を聞いてみましょう。」

ということがあった。

私(誰?)は母親に尋ねた。

宿題なので。

すると母親は、

「母ちゃん。看護婦だったでしょ。」

「でね。入院していた患者さんがいて、にまいめでね。」

「もう素敵だった。」

「で、その人の名前をもらったの。」

幼かった私(誰?)であったが、思った。

黙っていよう。

門外不出。

だと思ったのである。

しかし、今でもたまに思い出し、不思議に思う。

なぜ、母親は幼い息子に命名の秘密を話したのであろう?

もしかしたら、お前は本当は父ちゃんの子ではなく、あの人の子なのよとあんに伝えたっかのであろうか。

しかし、亡き父の写真。

似てるんだ。

嫌になるほど似ているんだ。

で、名前ということで考えてしまったのです。

深夜。

眠れなくて。

銀行。

振込用紙の記入欄。

例として、住友銀行であれば、住友太郎。

あるいは、住友花子。

いまは三井住友銀行であるから、どうなっているのであろう。

三井住友太郎なのであろうか?

三菱UFJ銀行。

かつては、「三菱太郎。」

「三菱花子」

だったのだが、

「三菱UFJ太郎。」

「三菱UFJ花子」

になっているのであろうか?

「三菱太郎」だと、UFJ側が黙っていないのであろう。

であるならば。

日本トラスティ・サービス信託銀行はどうなのであろう。

日本トラスティ・サービス太郎なのか?

日本トラスティ・サービス花子なのであろうか?

もしかしたら、

「にっとら太郎」

「にっとら花子」

かもしれない。

名前である。

それで、なにを言いたいかと言えば、

最近は、子供にいわゆる「キラキラネーム」というわけわらん名前を調べると。

1位:昊空(そら)
2位:心愛(ここあ)
3位:希空(のあ)
4位:希星(きらら)
5位:姫奈(ぴいな)
6位:七音(どれみ)
7位:夢希(ないき)
8位:愛保(らぶほ)
9位:姫星(きてぃ)
10位:匠音(しょーん)

おいおい!

読めないぞ!

この子たちが爺さん、婆さんになった時を考えなさい!

病院で、「田中どれみさーん!」。

「鈴木ないきさーん!」

とか呼ばれたらどうなのだろう。

しかもである。

愛保(らぶほ)よ。

今はキラキラネーム。

それを批判してはいけない。

なぜなら、親がこのこの子のためにと名付けた名前ですよ。

しかし、今になっては。。。。。

で、なにを言いたいかといえば、

ペットの名前である。

わんこ、にゃんこを飼うと決めた時、飼い主さんは名前をどうするかと悩むのである。

「え?うちは別に悩みませんでしたよ。」

という方は春になると出てくる。

はい、サリー先生お願いします。




ありがとおうございます。

夫婦に娘、息子としよう。

そうさな。

娘は小学校2年。

息子は幼稚園の年長さん。

ちなみに、私(誰?)は幼稚園の時の知能指数検査で一番だったのである。

しかも小学校4年の時に担任の先生が母親に「この子はほっておいても東大に行けます」と言われ、母親は舞い上がってしまい、私(本当に誰?)はそれ以来、ほっておかれたのである。

ほっておかれると、当然、成績は落ちるのである。

落ちて落ちて、奈落の底にまで落ちたのである。

で、あるが、母親は「ほっておいても東大」と信じているので、私(ねえ。本当に誰?)は、ほっておかれたのである。

そうして、東大にも行けず、女性にはふられ続けて未だに独り身の私(いいかげんに誰なの?)がいるのである。

なにを言っているのであろう?

そうであった。

ペットの名前である。

家族会議で、ペットの名前を考えるのである。

お話の都合上、わんことしよう。

娘は、「ちびちゃんがいい!」

すると息子は、「らぶほ、がいい!」

わんこは女の子なのである。

息子は幼稚園、年長さんでほのかに心を寄せている「らぶほ」ちゃんの名前をつけたいのである。

で、サリー先生の「取材旅行である。」




お散歩の後のポカポカでお眠💤

だそうです。

凪ままさんありがとうございます。

「凪か。なんだ?」

散歩の帰り道は眠たいです💤

だそうです。

cocoママさんありがとうございます!

「cocoか。なんだ?」

「サリー先生は?」

「まだ取材旅行だよ。」







アニマル出版のリッキーです❣
雪国へ取材旅行に行かれたサリー先生を追いかけて僕も雪国へやってきました。
先生、どこですか❓

だそうです。

リッキーままさん、ありがとうございました!

「先生、雪国に行ったそうなので、リッキーも探しに行ったよ。」

で、名前である。




サリー先生!
こんな乗り物どうですか😁

だそうです。




キラキラネーム。

大人になった時どうするんだです。

でも、昔ですよ。

昔もあったんですよ。

当時はよかったけど、今ではというのが。。。。

夏目漱石ですよ。

森鴎外ですよ。

会社で名刺交換の時。

「夏目さんですか。」

「あら?下の名前はどう読むのです?」

「そうせきです。」

「森さんですか。」

「あら?下の名前はどう読むのです?」

「おうがいです。」

「漱石ですよ。」

「漱石。」

「鴎外ですよ。」

「鴎外。」

「ろんがいでしょ!」

ね。

当時はこの名前でよかったんでしょう。

で、サリー先生の取材旅行です。




雪国で、サリー先生から教わったドスコイ‼

失礼しました🙏💦

とのことです。




駄菓子菓子!
サリー先生と編集者フィーユのご一行は、イタリアにいたのである!


















じつわである。
サリー先生と編集者フィーユは、リッキー元教授の采配で、



ぽよよん航空でイタリアに!
リッキーママさん。
なぜ、このようなアイデアが!
もうこのお話はどうなっていくのであろう!!!



凪寝るな!
気持ち良さそう。。。。。
そして、サリー先生と編集者フィーユは!



仮面舞踏会?
仮面マスクは、使い捨てマスク🤣🤣🤣
謎の、ひなた伯爵に出会うのであった!!!
サリー先生と編集者フィーユの冒険はいかに!!!

おしまい。

ありがとうございました!

ご参加わんこ募集中です!

つづく!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

— 広告 —


サリー先生と編集者フィーユ。第15話。二人はイタリアへ!!!」への10件のフィードバック

  1. 名前の考察……なるほどなるほど‼
    キラキラネームは読めないのが多いですね。
    サリーちゃんの名前は、マイクママさんが付けてくれたのかな。
    私の年齢だと「魔法使いサリー」が思い浮かびます。
    何か合ってますよね。
    不思議ちゃんでみんなを幸せな気持ちにしてくれるんだもの🍀🍀

    サリー先生、フィーユ編集者はとうとうイタリアへ🇧🇬……桜まつり🌸とか見えてない見えてない🤣
    フィーユ編集者のグラサン、バッチリ🎉😎💓😎
    凪さん、寝姿も美しい✨💖
    cocoくん、眠そうなお顔…꒰ ᐢ。-༝-。ᐢ꒱ネムネム可愛い💓
    ひなた伯爵、すごいかっこいい仮面🎭…使い捨てマスクなんてアイデアがさすがです👏🏻✨

    パパさん(放っておかれなけらば⁉)東大文学部卒業して、作家になって芥川賞、直木賞あたり狙ってたかも😁
    ひなた先生のライバルだったかも🤭

    サリー先生、お手本のどすこい❣ありがとうございました😄

    1. サリーの名前は、そうです。
      仮ままさんの、マイクママさんが名付けていただきました。
      確か、ディズニー映画に出てくるキャラクターだそうです。
      なんだか覚えてないけど。。。。
      サリー、いい名前です。
      サリー先生と編集者フィーユ。
      遂にイタリア!!!
      この先どうなるのでしょう?
      父ちゃんには全く想像できず!
      困ったなああ。
      みなさんだけが頼りです。
      よろしくお願いします!!!😂

  2. 凪の名前は、スマホアプリのノベル型脱出ゲームの主人公の友達の名前が「凪」でした📱
    漢字の意味を調べると「風がやみ、波がなくなり海面が穏やかなこと」とあり、穏やかな毎日を過ごしてほしいと思い、お迎えしたワンちゃんに凪と名付けました🥰
    駄菓子菓子‼️
    お迎えしたワンコの性格は凪というより嵐か雷…⚡️😱
    でも可愛いのは一緒です👍
    パパさん、今回も出演させていただき有難うございます😆
    貴重な笑ってるように見えるかもしれない写真が撮れました😊
    3年間で2枚くらいしかありません😅

    1. スマホアプリのノベル型脱出ゲームの主人公の友達の名前が「凪」でした?
      うーむ。
      実家では、父親が拾ってきた子猫。
      母親が「クロ」と名付けました。
      サリーの父ちゃんが子供の頃、飼っていた文鳥が母親が「くろ」と名付けたので。伝統で「くろ」。
      父ちゃんが拾って来た子猫は、「ちびこ」。
      これも母親が「小さいから」でした。
      うーむ。😆

  3. お勉強していたら東大の文学部を卒業して、芥川賞など 受賞していたかもしれないサリーパパ❣️ 

    そして色々な国に出かけてサリー大先生を探してくれている可愛いワンちゃん🐶達
    色々な名前の由来がありますね❤️
    filleフィーユは 日本生まれだけど フランス語で女の子 って言う意味です🤗 

    サリー大先生と世界各国に行けてとっても楽しいです‼️😊👍❣️

    1. フィーユってフランス語だったんだ。
      しりませんでした。
      皆さん我が子には考えるですね。
      サリーの父ちゃん、なんも考えなかった。
      でも、サリーが一番!😆

  4. パパさん!!

    今回は、お名前なるほどでした😁

    coco の名前は、母親がココ・シャネルの
    coco だと言っております😅
    ベタベタです😓

    今回も、みなさんカワイイです💕💕

    オネムの凪ちゃんカワイイです💕

    雪国ドスコイのリッキーちゃん
    お見事です👍

    フィーユ編集者のメガネカッコイイ🌟🌟

    さすが、ひなたちゃん💕
    伯爵の気品🤩

    サリー先生とフィーユ編集者の
    取材旅行🌍

    これからも楽しみですね💕

    1. ココシャネル!!!!
      いいじゃないですか。
      おしゃれ!
      みなさん、我が子の名前、考えているんですね。
      サリーの父ちゃんは、夜、トイレに行く時、「サリーおちっこ。」
      「すぐ戻るからそこでねんねしてろよ。」
      いつでも、「サリー」になっております。
      サリーの名前が焼き付いております!😂

  5. お名前の由来を募集してみては?
    みんなそれぞれ思いがあるはずですよ🤗
    ひなた🐶は…
    家の南側に建物が建ってしまい💦冬は薄暗く寒くなってしまった我が家
    それまでは、お日様ぽかぽかだったのに😂
    我が家を、明るく暖かくしてくれる存在になって欲しい‼️そんな思いで『ひなた』
    その名の通り、我が家を照らしてくれる太陽のような存在です🐶

    1. それはいいアイデアです!
      ひなた先生の名前の由来はそうだったのか。
      うむ。
      ひなた家を明るくしているのですね。
      ぜひ、名前の由来企画やりましょう。😆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください