悩める小説家サリー先生と編集者。

— 広告 —


「サリー先生ですね。」




「。。。。。。。」

「タコにも。で、君は誰だね?」

「わ、私は、大富山出版の編集をしております。」




「フィーユと申します。」

「フィーユ君か。で、要件は?」

「あの、その前に、タコにもとはどんな意味でしょうか?」

「うん?」

「君が、サリー先生ですかと問うたから、タコにもと答えたのだ。」

「サリー先生、それはもしかして、いかにもでは?」

「うん?」

「あれ?イカだったっけ?」

「いかでございます。」

「細かいことはどうでもいい。」

「イカもタコもおんなじじゃ。」

「そうでしょうか?」

「で、要件は?」

「はい。実は、先生に小説の執筆のお願いしたいと思いお伺いいたしました。」

「小説?」

「はい。」

「先生の「半沢サリ樹」、「怪盗猫騙し」、そして「謎の東洋人そん・たく」。」

「数々の名作、感銘をうけまして、ぜひ自作はぜひ我社でお願いできないかと思いまして。」




「そうか。「半沢サリ樹」、「怪盗猫騙し」、そして「謎の東洋人そん・たく」。」

「みな名作であるな。」

「そうでございます。」

「しかも、全て先生の思いつきで始められ、結局、未完であるというところが感銘を受けました。」

「わしは、みかんは嫌いじゃ。」

「。。。。。」

「どちらかと言えば、ももがいい。」

「あのう先生。」

「みかんではなく、未完です。」

「おんなじだろう?」

「違います。微妙に。

「いいではないか。」

「なにがです?」

「病気しておらんのであろう?」

「。。。。。。」

「先生。それは未病でございます。」

編集者フィーユは気がついたのである。

サリー先生との会話はどうも、頓珍漢になるということを。

「それで、業界では先生のことを思いつきではじめて結局最後まで終わらない。。。。」

未完の帝王と呼ばれているのです。」

「喜んでいいのか?」

「いいのではないでしょうか。」

「そうか。それで私になにを書けというのだ?」

「はい。」

「今回はぜひ最後まで結末まで書いていただき、先生、初の大作をお願いしたいのです。」

「うーむ。」

先生は考え込んだ。




編集者フィーユは、きっと大作のボケを考えているのだ察した。

先生はしばらく考えこんでいた。

きっとボケを思いつかないのだ。

編集者フィーユは言った。

対策ではいかがでしょう?」

「対策?」

「コロナの対策とか?」

先生は言った。

「いただきましょう。」

「対策であろう。コロナの。」

編集者フィーユは思った。

「サリー先生との付き合いは大変だぞ。」

「しかしな。フィーユ君。」

「はい。」




サリー先生は押し黙ったのである。

編集者フィーユは思った。

「きっと、フィーユをボケずにそのままフィーユを言ってしまったことに、失敗したと思っているのだ。」

「それで、私にどんな小説を書けというのだ?」

「それなんですが。」

「万年筆だよ。」

「。。。。。。」

「私が持っているのは、万年筆だよ。」

「小説家だからね。」

編集者フィーユは考えた。

「それなんですが。。。。」

「先生。もしかして、それなんですか?ですか?」

「御名答!」

編集者フィーユはすぐここから立ち去ろうと思った。

しかし、サリー先生が編集者フィーユを押し留めた。

「なにを書こうか。」

サリー先生は妙に書く気まんまんなのである。

なぜなら、サリー先生の父ちゃんが入院して多額の入院費をねんしつしないといけないのである。

そのためには、多少であっても入院費にたるお金を稼がないといけないのである。




「うーん。」

「推理小説とかはだめ?」

「推理小説ですか?」

「うむ。」

「いままで父ちゃんが適当にサリーを使って作ったキャラで、サリー警部がある。」




「サリー警部ですか?」

「知らんのか?」

「あいにく。」

「ひき肉ではない。」

「はい。」

「サリー警部。」

「警視庁ならなぬ。」

「犬視庁の名警部だ。」

「あの有名な灰色の密室の謎を解決したのだ。」

「それは?」

「ある部屋で狐のコン太が圧死されたのだ。」

「おかぴっきのあっしですかではないぞ。」

「その部屋は密室で犯人が誰かまったくわからなかったのだ。」

「で、犯人は?」

「実は、象さんだったのだ。」

「象さんですか。」

「あんなでかい象さんならすぐ象さんが犯人だと気がつくでしょう?」

「いや。」

「部屋は壁から床まですべて灰色だったのだ。」

「だから、部屋のなかに象さんがいるとは誰も気が付かなったのだ。」

「保護色だよ。保護色。」

「しかし、サリー警部は部屋の中でやたらなんかにぶつかるなと気が付き象さんが犯人だとわかったのだ。」




「で、どうだ?サリー警部の事件簿?」

「なにかほかにありませんか?」

「なぜいかんのだ!」

「読者にうけないと思います。」

「うけない?」

「受けないという”エビテンドン”を出しなさい!」

「エビテンドン?」

「。。。。。。。。」

「サリー先生。」

「なんだ?」

「もしかして、エビデンスですか?」

「違う!違う!」

「アデランスではない!」

編集者フィーユは本当に今すぐここから即刻帰ろうと思ったのである。




ということで、悩める小説家サリー先生は新作のために忙しくなったのである。




つづく!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

— 広告 —


10 thoughts on “悩める小説家サリー先生と編集者。

  1. 🐙タコにも…難易度高かった🤣
    エビテンドン…流石‼️お見事です✨👏

    フィーユちゃん登場ですね〜💕
    半纏着てる🤗サリー先生とお揃い👍
    これからの展開楽しみです٩( ‘ω’ )و

    1. イカにもタコにも!
      父ちゃんもくだらないこと思いつくよね。
      まあ暗いご時世、父ちゃんはいつもお笑いなのです。
      うほほほほ!🤣

  2. 小説家サリー大先生の弟子になろうと、半纏にチャレンジしたフィーユの採用ありがとうございます😊 担当者として頑張ります❣️
    未完の大作をたくさん描いている先生!
    また、これからの小説 楽しみにしています❤️

    1. 突然、編集者になったフィーユでした!
      また思いつきで。。。
      サリー先生の自作は?
      考えてませーん!😅

  3. 明るい笑いをありがとうございます😁👍🏻
    緊急事態宣言で気分も落ち込みそうな日々に…
    タコ、みかん、未病、対策、犬視庁、犯人は象さんとか、いっぱい散りばめられてて吹き出しましたꉂꉂ(ᵔᗜᵔ∗)ププ

    サリー大先生、次回の作品楽しみです⤴️👏🏻

    1. 笑っていただけ嬉しいです!
      今回は力作です!
      頑張りました!!!😆😆

  4. ダジャレ王のパパさん、今年もレベルアップしてますね(^^♪
    なので、頓珍漢 も何かに掛けているのかしら?と思ってしまいましたよ~!(〃艸〃)

    エビテンドンこのご時世ですので、私にもすぐにわかりました♪
    やったー!(^^)v

    1. しまった!
      頓珍漢があったか!
      不覚であった!!!
      エビテンドン、わかりましたか。
      うほほほほ!😄

      1. パパさん!!

        読みながらコーヒーこぼしそうになりました😅

        悩める小説家のサリー先生
        頑張って下さい💕
        フィーユ編集者がんばれ〜!!

        ワクワクですね💕💕

        1. うひょうひょ!
          サリー先生とフィーユ編集者のお話、次がどうなるのでしょう?
          考えないと!😄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください