サリーの父ちゃんの。「助けてー!」、「よしゆきー!」

— 広告 —


目が覚めた。

部屋の中は真っ暗。

サリーの父ちゃんは「今、何時だ?」。

スマホを見た。

「まだ、6時か。。。。」

そして、慌てた。

「まずい!」

「朝の検温だ。」

「看護師さんが来る!」

父ちゃんは慌てて起き上がった。

しかし。。。

「なにかがおかしい。。。」

なにがおかしいのかは、寝ぼけいるのでわからなかった。。。。

そう、10分もぼーっとしていただろう。

ようやく、

「ここ、自宅か?」

そうなのです。

2週間の入院からよやく開放され自宅に戻ったのです。

戻ったのだが、精神的にはまだ入院している状態なのです。

「自宅ということは、検温なし。」

「看護師さんも来ないんだ。。。。。」

父ちゃんは、大きく息を吐いて、そして、トイレに行こうと思いました。

「尿瓶は。。。。」

「オチッコ貯めないとまた看護師さんに叱られる。。。」

慌てて、尿瓶を探しました。

そして、

「退院したんだから、もうオチッコ貯めなくていいんだった。」

父ちゃんは、よろよろと起き上がり、トイレに行って、堂々とオチッコをしたのです。

地獄の2週間の入院生活は父ちゃんに未だに、「トラウマ」となっているのです。

トイレから戻り、もう少し寝るかと思って布団に潜りこんでも、いつ看護師さんが現れるかビクビクしていますのです。

もう2度とあの辛い入院生活はしたくない。

早朝の検温から9時の検診。

お昼の検温。

夕方の検温。

2日に1度の採血。

そして、突然、看護師さんが現れ、「◯◯科で診察がありまーす!」

聞いてないよ。。。。

それが毎日続いたのです。

しかも、夜になるともうとんでもなく恐ろしいことが起こるのです。

父ちゃんが入院している階はなぜか、爺さん、婆さんが入院しているのです。

それで、夜。。。。

「助けてー!!!!」

婆さんの叫び声が響くのです。

身の毛がよだつとはこのことか。。。。

初めてその叫び声を聞いた時はあまりの恐ろしさに、思わず、隣でねている、サリー(想像)を抱きしめたのです。




「サリー、今の聞いたか!」

そして、別の婆さんが、「よしゆきー!」と叫ぶのです。

父ちゃんは再び、サリー(想像)をぎゅっと抱きしめるのです。

これがほぼ毎晩なのです。

毎晩。

「助けてー!」

「よしゆきー!」

頻繁の検診。

「助けてー!」

「よしゆきー!」

寝られるもんではありません。

それで、退院して自宅にいるのに、夜中になると、

「助けてー!」

「よしゆきー!」

が聞こえてくるような気がするのです。

「助けてー!」

「よしゆきー!」

の幻聴はいつになれば収まるのでしょう?




おしまい。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

— 広告 —


13 thoughts on “サリーの父ちゃんの。「助けてー!」、「よしゆきー!」

  1. パパさん……本当に辛い二週間でしたね💦
    相当なストレスが溜まっているものと思われます😱

    少しずつトラウマから開放されてゆっくり寝れますように⤴️
    サリーちゃんに守られながらベッドの端っこで熟睡して下さーい💤
    「助けてー!」「サリー!」って夜な夜な言わないでね😂

    ……ごめんなさい……
    「助けてー!」「よしゆきー!」には笑ってしまった……🤣

    1. 「助けてー!」、「よしゆきー!」は辛かったです。。。
      その度に、看護師さんが「大丈夫よ。」とわざわざ来るのです。
      もう、看護師さんに頭が下がります。
      採血さえなければ。。。。。😆

  2.  毎夜毎夜お疲れ様でした。
    やっと外の世界に出てきたのですから、散歩したりバランスの良い食事をとって体力回復❣️👍 時間が経てば 夜も寝られると思います😆 
    大きな風車や池の周りなど ゆっくり歩いてみてね🤗

    1. 夜が怖いよおおおおお!😫
      そうですね。
      オランダ公園。
      散歩します!🤣

  3. 怖いよぉ〜ん💧
    繊細な父ちゃんには辛い夜。。。
    いっそ、よしゆきに成り切り、、
    ってわけにはいかないしね😅

    もうお家だよ!
    きっと日にちが経てば感覚も
    戻ってきますよね☺️

    1. 夜な夜なの、「助けてー!」はまいりました。。。。
      あと、おじさんが、「すいませーん!」って。
      ナースコール押せば看護師さん来るって何回も言われているのに、毎回、「すいませーん!」。
      困ったもんだよ。😆

  4. えっ〜「助けてー!」「よしゆきー!」それでは…眠れない😭早く寝たもん勝ちなのか⁉️
    過酷すぎる2週間でしたね💦病気になりそう😱お疲れ様でした‼️
    ぷーさんとゆっくり寝てください

    1. 「助けてー!」もそうなんですが、「よしゆーき!」って誰なんだろう?
      考えたら余計、寝られなくなりました。。。
      ぷーさん!一緒に寝ようね。。。。😆

  5. 皆さんと同じく、「たすけて〜」「よしゆき〜」にはパパさんの表情も想像して笑ってしまいました。ご本人にとっては大真面目なことかもしれないのですが、パパさんのユーモアのセンスに脱帽😊

    これから日常を取り戻してください🤗ホントにお大事に🤗

    1. 笑い事ではないのです!
      「助けてー!」、「よしゆーき!」。
      に加え、看護師さんが、「寝られる時に寝たほうがいいですよ。」
      「そうですか。。。。」
      で、20分後に「点滴交換でーす!」
      って、眠たくなったのに。。。。。😤

  6. パパさん!!
    まるで、サスペンスの世界ですね😅
    「 助けてー 」
    「 よしゆきー 」
    そして、深夜の看護婦さん💉
    もう、サスペンスですよ😅
    パパさん!!
    お家のベットで熟睡できます様に🍀🍀

  7. あららぁ、、、2週間もの間、夜な夜なそんなことが起こってたのですか(-_-;)
    『助けてー!』なんて聞こえたら!それも病院で!ホラーですよね

    退院されてやっと解放されたはずなのに、今度はトラウマに、、、(´;ω;`)ウッ…
    そのストレス疲労で胃がおかしくならないようにお気を付けください(‘◇’)ゞ

  8. 大変でしたね。私も昔入院中に助けて〜コール被害にあいました。私の場合は術後の当日なので個室を取ったのに集中治療室に入れられました。そこでお婆さんが五分起きに助けて〜!と叫んでるのです。ベッドの位置を変えてもらいましたが解消されず、翌朝には速攻 個室に逃げました。普通はすぐには動けないらしいのですがうるささに耐えられず、意地でも帰りました。あれは耐えられないですよね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください