サリーの「ぽよよん日記」。サリーの3分散歩。

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


サリーです。

サリーは会社に行くときは一目散に向かいます。

しかし帰る時、暗くなっていると飼い主は困るのです。

後ろから自転車が来るので道の右側を歩いてサリーも端を歩いて欲しいのですが、サリーは右にいったり左にいったり。

おっちにちょこちょこ、こっちにちょこちょこ。

そのたびに「サリー!こっち!」

しかしサリーは聞く耳をもたないのです。

あっちにちょこちょこ、こっちにちょこちょこ。

突然、急に立ち止まったりして飼い主が転びそうになるのです。

「サリー!」

ああそうか。。。

サリー、やはり夜は見えないのか。。。

寝ていても起きて飼い主を探すのです。

すぐそこにいるのに分からなのです。

「サリー!」

「サリー!」

と言ってもぼーっとしています。

耳も遠いようです。

聞く耳を持っていないのではなく耳が遠いのでした。

そうかだから夜はいつも「早く寝よう。」

「一緒に寝よう。」

なのか。

飼い主がそばにいるのが安心なのか。

おお不憫なやつよ。

それで夜、テレビを見ます。

サリー、起きてきて飼い主を探します。

「サリー、ここだよ。」

無反応。

「父ちゃんここここ。」

手を振ります。

サリー、無反応。

しかたく懐中電灯(震災用)を点けてサリーにあてます。

サリー、ようやく、

「そこにいたんだ。」

安心してベッドの上にあがるのです。

我が家では懐中電灯は目と耳が悪い犬に飼い主の居場所を知らせるために役立っているのです。

そうか。

サリーとの生活は夜に気をつけないといけないのか。。。

やはりベッドの脇にデスクを置き、パソコン、小型テレビ。

電気コンロ。

我が家には小型冷蔵庫があるのでそれもそばに置いて、ベッドから出ない生活を送ればいいのか。

もう完璧、いつでもサリーと一緒、

いかがでしょう?

いいアイデアだと思ったのですが、どうも入院しているみたいなので躊躇しているのです。

しかし、ここまでサリーのことを心配しなくては行けないのでしょう。

もともとお前が欲しくてアルマさんに行ったんじゃない。

子猫をもらいに行ったのに何故かお前が来てしまったんだよ。

しかし、なんだかわからないうちにお前の服をいっぱい買うのよ。

デパートに行ってもなぜかペットショップに寄ってしまい、「高い!」

犬の服で6,000円はありえんだろう!

しかし、お客さんはお高いのを平気で買うのです。

「ふん!たかが犬のためにそんなお高いの買うんじゃねーよ。」

と心のなかで悪態をつくのです。

それでも朝は松屋の「鮭定食」ではなく「納豆、なまたご定食」で昼は同じく松屋の「牛丼並盛り」で夜は松屋の「カレー」の3週間だったらサリーにお高い服を買えるかもしれないと思うのです。

でもデパートではなく近所のオリンピックが犬の服が他のペットショップより安いことを綿密な調査の結果知っているのです。

「オリンピックに行こう!」

オリンピックの関係者ではないのです。

東京オリンピックはあまり賛成していない飼い主ですが、ペットグッズが安いオリンピックは大賛成なのです。

で、なにを言いたいかと言えば。

こんなにサリー、本当は子猫をもらいにいったのになぜか来ちゃったサリーのことを気にしている飼い主です。

それがですね。

昼。

めずらしく昼に起きてきたのです。

散歩に行きたいようなのです。














































おしまいなのです。

どすこい!したら速攻で帰ったのです。

せっかくしばらくぶりの散歩だと思ったのに。。。

ぬかよろこびだったのです。

喜んじゃったんです。

ぬかが。。。

あああ。

で、それからずーっと睨んでいるのです。

飼い主を。

飼い主に睨まれながら飼い主はお仕事をしたのです。

で、夜です。

ふと見るとサリーはベッドサイドのライトを見ているのです。

「サリー!」

「お父ちゃんはここにいるよ。」

まあ、耳が遠いからわからないのですが念のため。

しょうがないな。

で、しばらくして見ると。



















飼い主を睨んでいました。

こわいのです。










見えてるんじゃないの?

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
https://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


6 thoughts on “サリーの「ぽよよん日記」。サリーの3分散歩。

  1. 見えづらくても、ほら、あれ、例の軍事機密の「11NNレーダー🛰」で「むむむ。36度の方向におとーちゃん」ですよ😂
    お散歩はあっちにちょこちょこ💓こっちにちょこちょこ💓
    おうちに帰ったらおとーちゃんにあっちもこちょこちょ💓こっちもこちょこちょ💓
    ちょこちょサリーなのだ❗️←なんだそれ🤣

    1. 本当に面倒なんです。
      寝ていたのに突然起きて父ちゃんどこだ?でベッドの上でぼーっとしているのです。
      とうちゃん依存症がひどすぎるのです。
      困った、困った。。。

  2. 細い道の追い越し自転車🚲
    本当に怖い💦
    気をつけててもワッ!てなる事
    多いです。チビとデカの二頭連れ
    だと命がけ😆
    声掛けてくださったらなぁ。。

    サリー。
    ものぐさ犬か🤣
    出したら帰る?おやつは?

    1. そうです!
      なんか先方に犬歩かせている人がいるんだからスピード緩めろよ!
      なのです。
      サリーはおやつ、いらなかったみたいです。
      あまりにも寒かったせいかな?

  3. さりぽんのために懐中電灯を照らすお父ちゃん。やさしいね(*^^*)
    さりぽんも右へ左への掃除機ウォーキングなのね!夜はピカピカライトつけてお散歩してね~。
    オリンピックって、ペットグッズのお店やったんですか!謎がひとつ解けました~。
    うちも最近、夜のお散歩はどすこい!したらすぐに帰りたがります(>_<)暗闇がこわいのかな??

    1. うちの近所のオリンピックはペットショップコーナーがあるのです。
      他のオリンピックにもあるのかはわかりません。
      最近改装してワインセラーなんかもできたのです。
      うちの近所、そんなにお金持ちいたのか?
      問題発言。。。。
      サリーは会社の帰りは一目散でないので、こっちがイライラしてしまいます。
      あらら、同じですか。
      寒いからでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください