サリーの不思議な習慣(Part 3)

今回はちょっと怖いお話です。

日が暮れて、公園に散歩にいきます。

151219a

楽しそうに、走りまわります。

151219b

追いつくのに必死です。

私がです。

ですが、あるところに来ると、「ピッタ!」と立ち止まります。

151219c

引っ張っても頑として動こうとしません。

151219d

まったく、だめです。

151219e

なぜか意味がわかりません。

サリーが頑として行きたくない先です。

151219f

いったい、この先になにがあるのでしょう?

ただ、私は、出来るなら、可能なら、許してもらえるなら、この先に行きたいのです。

なぜなら。

この先を行くと、サリーのトリミングの店があるのです。

若いトリマーさんがいる店です。

サリーを連れて前を通ると、手を振ってくれる店です。

閉店まであと10分なんです。

— 広告 —


サリーの不思議な習慣(Part 3)」への3件のフィードバック

  1. サリーには、人間には見えない何かが見えるんでしょうね〜
    動画撮ったらそれが何か解明するかもしれないですね(怖笑)

    1. ジャスパーさんは、毎回、鋭いですね。
      次回のお話は、サリーの驚愕の真実が明らかになります。
      こうご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA