サリーの「いぬねこ神社」伝説。

— 広告 —


夫婦別姓。

話題になっているのである。

少しだけ。

国会で「だったら結婚するな!」とヤジを飛ばした議員がいたのである。

どなたか知らぬが今、その議員はこう思っているのである。

「いいすぎた。。。。」

どひゃーん!

面白くなかった?

夫婦別性。

サリーの父ちゃんはどうでもいいのである。

お二人で決めていただければいい問題だと思うのである。

もともと独り者のサリーの父ちゃんであるから。。。

でもですね。

もしサリーの父ちゃんが、もしですよ。

結婚するとなると奥さんは大富山(サリーの父ちゃんの仮名)になるのであろうか?

で、ふと思ったのである。

もし奥さんの名前が、「伊集院」とか「有栖川」だったらどうするのだ?

サリーの父ちゃんは即座に「養子にさせていただきます。」

それはそうでしょう。

明日からサリーの父ちゃんは「有栖川」ですよ。

会社。

いつもは◯◯クロのジーパンに一足だけの靴なのに和服で行くのです。

そして初めてのお客様と会うと。。。

「有栖川です。。。。」

もう商談は有栖川サリーの父ちゃんの「勝負あった!」なのです。

で、なんのお話かと言うと。

サリーを動物病院に連れて行きます。

トリミングに連れて行きます。

領収書を貰います。

それには、「◯◯サリーちゃん」とあるのです。

サリーの父ちゃんは思ったのです。

「いつからこいつは私の氏を名乗っているのか?」

私はお前を大富山家(仮名)に迎え入れたわけではない!

勝手に大富山姓を名乗るな!

でね。

思ったのね。

そうか。

全国どこの動物病院、トリミング屋さんでも、「◯◯なんとかちゃん」なんでしょう。

これを。。。。

「ふるさと納税」に使うのです!

「我が家の愛犬、愛猫、命名します!」

どうですか皆さん!

愛犬、愛猫が我が家へ来た時。

「今日からみみちゃんはうちの家族よ。」

物足りないでしょ?

なにか一生の思い出になるものが欲しい。。。。

で、ですね。

大富山村です。

寂れた村なのです。

ですが、そこの村長が一計を案じたのです。

「これだ!」




そうして嘘八百が始まったのです。

大富山村には寂れた神社があったのです。

それをですね、「いぬねこ神社」と改名するのです。




神主は言った。




神武天皇が雨に降られた時、一匹の犬が「わんわん!」と吠え、とある小さな祠に「ここに雨宿りしなよ。」

神武天皇はいたく感動し、その祠に立派な神社を建てたのです。

それで、「いぬかみ神社」と伝わっております。

「いぬかみ神社はそれからたくさんのわんこ、にゃんこを我が子に迎えたご家族が「ありがたい、ありがたい」とお参りに来るようになったのです」







そうして、新しく、わんこ、にゃんこを迎えた飼い主さん達がこぞって「いぬねこ神社」を訪ねたのです。







そうして、「いぬねこ神社」はわんこ、にゃんこに命名する商売で大儲けしたのです。










おしまい。

お芋仲間募集中!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

— 広告 —


4 thoughts on “サリーの「いぬねこ神社」伝説。

  1. 嘘八百と言いながら 
    相変わらずの妄想力‼️
    桓武天皇ではなく神武天皇😆

    いぬねこ神社⛩
    お参りに行きたいです🐶🤲

    1. あ!
      いつもつめが甘いなああ。
      反省。。。
      夫婦別姓からなんでこんなお話になってしまうのかなああ?

  2. どんなお話なんだ?って
    思ったら🤣
    儲け話だった〜っ

    夫婦別姓。
    結婚する前は別姓がいい!
    って思ったけど、どちらでも
    変わりばえしない名字だわ🤣🤣

    1. 犬、猫の養子縁組とかやる神社ってないのかなあ?
      どうでしょう?
      儲かると思うんだけどなああああ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください