サリーの「ぽよよん日記」。サリーの平凡な一日

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


たくさんの方にご心配いただき感謝と恥ずかしさで反省中です。

別にこんなことブログに書かなくてもよかったんだ。

何事もなかったのでいつものおまぬけ話のつもりで書いてしまいました。

申し訳ありませんでした。

でも、無事生還してある意味、貴重な経験だったので思わず。。。

いやーしかしびっくりしました。

あれとあれよという間にの出来事でした。

無事帰宅してサリーの喜ぶこと喜ぶこと。

まあ飼い主が長時間留守にして帰宅すると同じようにとんでもなく喜びますが。。。

「サリーよ、お前も心細かっただろうが父ちゃんもどうしようか目の前がまっくらになったんだよ。」とサリーを抱っこしならが話しかけていたのです。

それでですね。

今では全然大丈夫なのです。

心臓も痛くないのです。

原因はいったいなんだったのでしょう?

しかしびっくりでした。

あれよあれよと言う間にどんどん大変なことになってしまって。

やはり独り者はこんな時に困ります。

自分はどうでもいいのですが(そんなことないか)残された動物が。。。

動物を飼う以上責任というものがあるのだと痛感しました。

いつもはうるさいなああ。

なんで部屋の中でおちっこするかなああ。

散歩行きたくねーなー。

なのですが今朝は心を入れ替えたのです。

朝起きて床の上にあるコンビニの袋にサリーがおちっこしていて素足で踏んでしまっても「いいんだよ。」

「まったく問題ありません。」

管官房長官の口調で呟いたのです。

そうそうサリーは昨晩からもう飼い主にべったりなのです。

飼い主もトイレに行く以外はサリーと一緒に寝て過ごしたのです。

散歩に連れ行こうかと思いましたが万が一のことがあってはならぬと我慢したのです。

万が一。

心臓麻痺とか。

まったく問題なしなのですが気分は病人なのです。

天気予報では今日は春のような暖かさだそうですが散歩に行くときは厚着でしかもダウンにマフラーに手袋で行こうと思ったのです。

で、サリーです。

とにかく昨夜からずーと寝てるのです。

本当に飼い主と一緒だとそれで十分のようなのです。

たまにむっくり起き上がり飼い主が隣に寝ていると飼い主の顔をぺろっと1回舐めてまた寝るのです。

だんだんこっちが心配になるのです。

こいつ大丈夫か?

しかしいつまでも寝かせているわけにはいかないので散歩に連れていくことにしました。

ねーねーさんの手編みのニットとハーネスを取り出すと元気にいつもの毛布嚙み嚙み。

いつもは早くしろよなのですが、今日は元気に庭で遊ぶ孫を目を細めて見つめるじーちゃんの気分で見ていたのです。

それでもう十分だろうと思い玄関に向かいました。

いつもなら慌ててついてくるサリーですが来ないんです。

いくら待っても。。。

どうしたんだろうと思い戻ると、

カリカリ食べてるんです。

腹が減っては戦ができぬか?

違ったのです。

カリカリ完食したらベッドの上に戻って飼い主を見つめるのです。

仕方なしに腰掛けると、「はやく寝よう。」「はやく。」と言うかのごとくまた布団に潜り込んだのです。

しょうがないので飼い主もまた布団に入ると顔をまたぺろっと舐めて枕をまくらにして寝たのです。

しかし妙なもんでサリーと寝ていると妙に安心するのです。

認めたくはありませんがそうなので仕方ないのです。

で、本日。

散歩に行きました。


















サリーはやるきまんまん。





































公園へまっしぐら。

で、























































しばらく歩いていると以前会ったわんこが。。。



















くまこでした。

散歩嫌いで他のわんこに興味がない。

飼い主じゃないおじさんが何故か散歩させているくまこ。

でもサリーとは気が合うくまこ。

犬なのにうまがあう。。。























































くまこ、左の後ろ足怪我しているのです。

階段から落ちたそうです。

おじさんが「おれじゃねーよ。飼い主の家だよ。」

別に責めているわけではないのです。。。

それで、



















くまこにおやつをあげました。

くまこ大喜び。

不思議なことにおやつ命のサリーが何故か黙って見つめているのです。

これからはサリーのことを「お釈迦様」とお呼びしようかと思いました。

で、



















いつもの飼い主さん頼み。























































ということで飼い主とサリー、元気に散歩に行ったのでした。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


8 thoughts on “サリーの「ぽよよん日記」。サリーの平凡な一日

  1. 今日のお話はなんだか
    沢山沢山「じわわん」ときたなぁ。
    動物と暮らす事の幸せや責任
    痛感します。。
    平凡な日常にかんぱーい

    1. 本当、動物を飼うのには責任が伴うのですね。
      サリーも突然の長い留守番と翌日の飼い主の疲れで散歩に行けずようやくの散歩、元気いっぱいでした。
      サリーなりに我慢していたのかな?
      すまんサリー。

  2. たしかに平凡が幸せやね
    さりぽんはやっぱパパといるだけで幸せそうやね
    わが家も、私が入院したりしたらコッタが心配主人は朝早く夜遅いから。。
    しばらくは、ニトロをお守りで持っておいてくださいね。あと枕元にもね〜

    1. ご心配させてすいませんでした。
      心臓まったく問題なし!
      救急の心臓専門の先生がまったく問題ないと。
      ニトロは関係ないそうです。
      まあ、びっくりしました。。。

  3. お久しぶりです。

    検査異常無して本当に良かったです。
    私も同じ環境なので 全く同じ思いです。

    昨年末に 貧血で失神しました。恥ずかしながら倒れた場所がトイレでした。
    倒れた時に 便器にオデコと肋骨を強打したらしく。。肋骨にヒビが入りました今回は ヒビで済んだけれど 万が一 私が入院になった場合 どうしようと 本気で考えました
    真剣に婚カツしようかしら。。 とか 考えちゃいました

    本当に パパさん何でもなくて良かったですくれぐれも ご自愛下さいね。

    1. え!
      そんなことがあったのですか。
      人様のことは言えませんがヒビだけで良かったです。
      事前に入院するとわかっていれば預かっていただける人とか探すことができますが突然の緊急入院とかはどうしようもありませんよね。
      コンカツはさておき、さておかなくてもいいかあ。
      やはりなにか手を考えないと。
      お互い悩みますね。

  4. パパさん びっくりしました><
    あまりに突然の事で本当にどうしたらいいか焦りましたね
    たくさんの癒しをくれるわんこ達に対する
    責任の重さも痛感しました。
    平凡な日々が幸せですよね
    何かちょっとでも気になる体調だったら
    病院へ行く前に盆姐とグレースママに連絡してからですね(≧▽≦)

  5. 驚かせてしまって申し訳ありません。。。。
    反省中。
    本当に独り者はこういう時困りますね。
    はい。今度病院に行く前には必ずグレースママか盆姉に連絡します。
    っていい迷惑じゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください