サリーの「ぽよよん日記」。サリーのおやつにかける恐ろしい執念。

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


サリーです。

無口なのです。

滅多に吠えません。

無口な男なのです。

散歩に行くときもとんでもなく喜びますが、わんわん!しません。

代わりに毛布を噛み噛みして喜びを表します。

せまい部屋で犬を飼うには理想的な犬なのかもしれません。

あと、サリーは飼い主がいつもそばにいないと不安になるようです。

たった1.5メートル離れていても不安で飼い主を監視しします。

この無口と飼い主いないと不安が重なると怖いのです。

朝、サリーは隣で寝ています。

飼い主、そーっと起きます。

トイレに行きたいのです。

サリー、がば!っと起きます。

飛び起きます。

無言でベッドの上で飼い主を睨みます。

無言です。

これ怖くないですか?

こういう時、以前は飼い主、「父ちゃんトイレ。」

「おちっこ。」

「すぐ戻ってくるから。」

と犬に話かけました。

でも最近はばからしくなったので、飼い主も無言で対応します。

「どこへ行く!」

と睨む犬に対して、こちらも「おちっこ」。

と無言で睨み返すのです。

犬対人間。

無言の会話なのです。

しばらく互いに睨みあっていると犬は、

「わかった。」

「どこへも行かないのね。」

と理解したのか再び寝るのです。

昔、犬養毅は「話せばわかる」と言いましたが、「睨み合えばわかる」ということもあるのです。

というわけで我が家では毎日、犬と人間の睨み合いが行われているのです。

それから、これは何回もお伝えしておりますが、サリーは食べることに尋常でない執着心があるのです。

散歩に行くとかならず「おやつ」をくれる人を目指すのです。





















おじいちゃん、二人。

多分、おやつ持ってないよと思うのですが、サリーはとにかく「おやつ!」なのです。

何事にも先入観を持たずとにかくやってみようという精神なのです。

就職の面接で「あなたの長所は?」と訊かれると、

「とにかくやってみよう!」です。

と答えるのです。

ある意味、偉いのかもしれません。

しかし、採用担当の人達は「でも犬だからなああ。」

と言っていると恰幅のいい社長さんが、

「いいではないですか。」

「この子にはやる気がある。」

「犬でもいいですよ。」

「元気が一番。」

「とりあえず見習いということでどうでしょう。」

となるのです。

話が飛んでしましました。

で、サリーです。

案の定、おじいちゃん達は「おやつ」持っていませんでした。

飼い主はサリーを散歩させようとします。

しかし、











サリーは諦めません。











再び、じいちゃん達に戻るのです。

それで、無理やり引き戻して散歩させるのです。

小さいトイプードルに会いました。

まだ2歳だそうです。

これがやたら吠えるのです。

サリーに吠えるのです。

そのため飼い主さんは抱っこして散歩しているのです。

とにかく吠えるのです。

どの犬に対しても吠えるのだそうです。

飼い主さんは恐縮していました。

サリーの飼い主は「元気でいいじゃん。」と思いました。

でもサリーは、











後を付いていくのです。

散々吠えられたのに「おやつ」をもらえるのではと思ったのです。

ある意味、すごいのです。

ある意味、おばかなのです。

「おやつ」にかける執念。

はんぱないのです。

数日前。

朝の散歩でいつもお会いする、くろちゃんとりゅうちゃんに会いました。





















おやつをいただきました。

満足かと思ったら、











後を追いました。











すごいを通り越して、こわいのです。

で、くろちゃんとりゅうちゃんは帰りました。

するとなぜか怒ったのです。

このおばか犬は怒ったのです。











やたらと「おやつ」に満足できない不満を爆発させたのです。

で、結局。











別のおじさんに「おやつ」と訴えたのです。

「おやつ」にかける執念、恐るべしなのです。











最後は飼い主に「おやつ」と訴えるのです。

無言で。。。。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


6 thoughts on “サリーの「ぽよよん日記」。サリーのおやつにかける恐ろしい執念。

  1. 目と目で通じ合う😆仲に
    なったのねー‼️
    サリーの睨み、、、こわーい😍
    オヤツ命‼️大したものである。

    1. サリーはうるさいのです。
      早く一緒に寝よう!
      飼い主の睨みでなんとなく飼い主、いるんだ。
      ほんじゃ寝ようとわかるようになったみたいです。
      ああ、めんどくさい。

  2. おおお!
    さりぽんが部屋の前でないのに、走っておる〜〜😆✨
    オヤツに対する執念😂
    しかし、さりぽんはほんまに吠えないね〜😲コッタはとんでもなくワンコらする時があるのに。。😭うらやま〜〜

    1. コッタは吠えるの?
      元気で結構!
      無言のサリーは怖いよ。
      おやつ貰えないと怒って走るんです。
      無言で。。。

  3. 食べることは大事だもんね😄👍
    家では食べないおやつも外だと食べたりするから、お外で食べるオヤツはきっと格別なのかな😋
    薬もお外でやれば…でも「ぺっ」てされた時めんどうだから試してません😅

    1. あらら。
      薬、飲まないのですか。
      サリーは薬もおやつと思って喜んで食べます。
      変な奴なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください