悩める小説家サリー先生の新理論。

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


ある晩、私は寝床から飛び起きたのである。









頭の中に稲妻が走ったと言っても過言ではない。

ある衝撃の事実に気がついたのである。

それは、

犬は何故、犬と呼ぶのか。

猫はなにゆえ猫なのか。

イヌ、ネコ、二文字なのである。

犬、猫だけではない。

虎も、熊も、鹿も、牛も、

トラ、クマ、シカ、ウシ。

みな二文字なのである。

二文字の法則があることを発見したのである。

この発見を早速編集者に報告したのである。

すると編集者は「猿も二文字ですね。」

「そうだろう。みな二文字なのだ。二文字の法則が存在していたのだよ。」

「それだけではありませんよ。」

「ゾウ、サイ、ヒツジ。。。。」

「あれ?ひつじ。。。。」

「ひつじは3文字ですね。」

「キリンも3文字ですよ。」

「ありくいだと4文字です。」

「にほんかもしかだと。。。。。」

















というわけで、私の二文字の法則はあえなく撃沈したのであった。

しかし、私は諦めないのである。

二文字の動物は古来から人間の身近で生活していて人間から愛されていた。

愛されてい動物は二文字であるという法則である。

犬、猫。

愛されていたから二文字なのである。

ではクマはどうなのか?

クマは人を襲うではないか?

考えが浅い。

金太郎を思いだしなさい。

金太郎はクマと相撲をとり、金太郎はクマにまたがっていたのである。

ある意味、クマは金太郎の親友なのである。

ではトラは?

トラも人を襲うではないかという方もおられるだろう。

またまた考えが浅いと言わざると得ない。

正義の味方がおるではないか。









タイガーマスク!

タイガーマスク。

実は伊達直人。

ランドセルを寄付しているのである。

これを正義の味方と呼ばんでなんとする!

理論がおかしいという人にはいわしておけばいいいのである。

そして私は、古来から犬、猫がいかに人に愛されてきたかを証明するため、ことわざを調べたのである。

犬。

「負け犬の遠ぼえ
意味:おくびょう者が、かげではいせいよく悪口を言うこと。

「飼い犬に手をかまれる」
意味:めんどうをみてきた相手から、思いがけず裏切られる(うらぎられる)こと

「犬が西向きゃ尾は東」
意味:わかりきった当たり前のこと

「犬も歩けば棒にあたる」
意味:①よけいなことをして災難(さいなん)にあうこと ②とりあえず動き回れば幸運に出会うということ。

「犬猿の仲」
意味:とても仲が悪いこと。

「夫婦げんかは犬も食わない」
意味:夫婦げんかに他人は口出しせず、放っておけばすぐ仲直りするものだということ。

では猫はどうか?

「借りてきた猫」
意味:いつもとちがって、おとなしく小さくなっていること。

「猫なで声」
意味:人のきげんを取ろうとするあまえた声。

「猫の手も借りたい」
意味:とてもいそがしくいくらでも人手がほしいこと。

「猫の額」
意味:とてもせまいこと。

「猫の目」
意味:変わりやすいこと。

「猫も杓子も」
意味:何もかも。

「猫をかぶる」
意味:本性をかくしておとなしく見せかける。

ことわざの世界では、犬も猫もとりあつかいが「ぞんざい」なことに気がついたのである。

せっかく犬、猫は古来から人間に愛されてきたことを証明しようとしたのだがどうもうまくいかないのである。

仕方なく私はおまぬけ犬のサリーを散歩に誘ったのである。

散歩に行けるとわかると、おまぬけ犬のサリーは、









スリーピング・ちょうだい・ちょうだいなのである。









で、いつもの公園。

































いつもは歩くのが嫌いなサリーである。

誰もいないのにベンチの周辺から動かないサリーである。

ベンチのあたりには「おやつ」をくれる人がいると思っているサリーである。

しかし、今日はうひょうひょ!走りまわるのである。









誰もいないのに一応、ベンチは確認するのである。









実は散歩の間、私は、「サリー。お前は可愛いね。」

「いいこだね」

「父ちゃんはお前が大好きだよ。」

と語り続けていたのである。

すると褒められて嬉しいのかやたらと歩き回ったのである。









ことわざ。

「犬もおだてりゃ歩き回る」
意味:そのものずばり

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


8 thoughts on “悩める小説家サリー先生の新理論。

  1. 途中まで、サリー先生天才‼️
    って読んでたら、コケた?

    久しぶりのスリーピング
    ちょうだいちょうだい®️
    チラチラお父ちゃんを見ながら
    してるね?
    ちゃんと見てる?→うひょひょ
    なんだなぁ❤️❤️❤️

    1. 実話です。
      夜中にそうだ!飛び起きたんですが。。。
      スリーピングちょうだいちょうだい®️やる時と毛布噛み噛みの時があるんですよね。。。

  2. おだてられたサリー、トコトコスタスタ楽しそう??
    ベンチのまわり1周しちゃって「アレ?」なのもかわいい??
    犬も歩けば…って、そういう意味だったのですね…?←え?

    1. なぜか突然楽しそうに歩き回りました。
      なにか嬉しいことでもあったのでしょうか?

  3. 小説家サリー先生☺️タイガーマスク???笑わせて頂きました!

    スリーピングちょうだいちょうだい??可愛い〜な〜
    確かに‼️笑顔で声掛けながらお散歩すると…ワンコも嬉しそうに歩きますよね?

    1. 笑っていただけましたか。。。
      うれしい!
      声かけると嬉しいんですね。
      こっちは大変ですが。。。

  4. 私も声かけながら、散歩する時 ありますよ〜‼️「よっ、かっこいいね〜 ルーイ」とか。すると、ニコニコして歩きます?
    やっぱり 嬉しいのかな〜?田んぼ道を歩いてるときとか けっこう 大きな声で言ってます。まわりに誰もいないので??

    1. ルーイ君もニコニコして歩くのか!
      「ママさんが褒めてくれるから頑張るぞ!」
      なのかな。
      想像すると楽しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください