サリーの「ぽよよん日記」。サリーの無言の生活。

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 



えーっと、時間がたってしまいました。

北海道の被害に合われた飼い主さんとわんこ、にゃんこのための寄付です。

サリーの手術等でバタバタしておりました。

後日、業者さんからの見積もりをご紹介しますが、こんな感じです。

で、

マグカップ、原価1,680円。

エコバック、440円。

まあセットで2,000円として販売価格4,000円でいかがでしょう?

えーっとそうなると利益2,000円を寄付させていただきます。

ご希望の方は問い合わせから御連絡ください。

問題はどちらに寄付したらいいのかまだわからないのですが。。。

それでサリーです。

もう何回もお伝えしていますが、サリーは飼い主が少しでも離れると。

トイレに行って戻ってきてもベッドの上で不安そうに座っているのです。

なんと言うのでしたっけ?

分離不安?

飼い主がいなくなるととんでもなく不安になる。

なんでなんだろうな?

いつも一緒にいるんですよ。

ベッドとデスク。

たった1メートルしか離れていないのに不安そうにしているんです。

それで急にお話しは変わります。

以前からサリーはお母さん、お父さん、長男の健太(小6)と長女の典子(小1)の一家に飼われていたのではないかと考えていたのです。

おそらく、健太と典子がペットショップで「この子が欲しい!」とか言って買われたのです。

あるいは、売れ残りでぽつんとしていたのかもしれません。

後者の可能性が高いのです。

しかし最近、あらたな説をとなえるようになったのです。

「サリーは25歳の独身女性に飼われていた!」

サリーは散歩に行けるとわかると、毛布を噛み噛み。

会社にいけるぞで布団を嚙み嚙み。

会社に到着すると毛布を嚙み嚙み。

とにかく嬉しいと噛み噛みなのです。

ひらめいちゃったのです。

ひらめいてしまったのです。

多分、25歳、独身OLのさやか。

ペット禁止のワンルーム。

彼氏は27歳のフリーターのたかし。

こいつがどうしようもない男なのです。

金がなくなるとさやかに金の無心をするのです。

「なあ、もうすぐ金がはいるからさ。」

さやかは仕方なしになけなしの、いくばくかの金を与えるのです。

そんなさやかですが、ある日、ペットショップに行ったのです。

すると売れ残りのトイプーがいたのです。

うつろな表情でケージの中で座っていたのです。

さやかは、「この子!」

これまたなけなしのお金をはたいてその犬を購入したのです。

しかし、さやかのワンルームはペット禁止なのです。

でもその犬はようやくもらってくれた!

飼い主さんだ!

なのでもう有頂天でわんわん吠えてうれしさを表現するのです。

でも、さやかは「サリ男。ほえちゃだめ。管理人さんに見つかるとお前を飼えなくなるの。。」

サリ男は仕方なく黙るのです。

しばらくすると、フリーターのたかしがまた金の無心に来るのです。

「たかし。もうお金ないわよ。この子のえさ代もあるし。」

「この子?」

「なんだこのあほずらのばか犬!」

たかしは、自分にしっぽを振っているいる犬を蹴っ飛ばすのです。

キャン!キャン!

想像で書いている飼い主ですがだんだん腹がたってきているのです。

こういうばか者は地獄に落ちなさいなのです。

それでサリ男は嬉しいときはわんわんしてはいけないと学習したのです。

で、嬉しいときは毛布を布団を噛むようになったのです。

そうして、さやかは乱暴者のたかしから逃れるために故郷の東北へと旅だったのです。

そうして哀れサリ男は捨てられてしまったのです。

どうでしょう?

かなり信憑性がありませんか?

でね。それが証拠に。

散歩だとわかると、

この無言の喜び。

そして、














無言のおやつぱく!

そして無言の















抱っこ。

そして帰宅すると、、














無言の監視。。。

で、ですね。

深夜2時です。














散歩に行きたいそうなので。。。。

深夜2。。。。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


サリーの「ぽよよん日記」。サリーの無言の生活。」への6件のフィードバック

  1. こんばんは。
    ワンキャン言うと駄目な環境で飼われていたのかな?
    琥珀は、散歩と判るとわんきゃん煩いのですよ~汗
    母さんには、無言で見つめておやつ頂戴ですよ。
    男の方が、ワンコの催促に弱いのかな?
    2時に真夜中の散歩ですか!

    今朝は、1時半に父さん下痢に為ってトイレに篭っていましたよ!汗
    3時ごろに何とか好くなって二度寝ですね。

    1. え?
      大丈夫ですか。
      サリーは昨日、朝、昼、夕方、深夜の散歩連チャンでした。
      いい加減にしてくれー!

  2. たかしも!さやかも!
    ダメじゃないかぁー💦💦
    居るんだろうな。。。

    マグ&トートバックセット💕
    ご予約入りましたー👍

    1. ありがとうございまーす!
      でもサリー、独身女性に飼われていたって信憑性ありません?

  3. 北海道の為に動いてくださってありがとうございます🙏
    私は電気が来ないという不便さだけだったのですがまだ余震とお家破壊と、とまだ不自由で辛い思いされてる方いらっしゃると
    思います。私も道民としてお力になりたいです。マグカップとバック可愛いですね、コーヒー飲みながら散歩しながらサリーちゃんの暖かい輪が感じたいと思います。後ほどメール致します😊

    1. 本当に微力ながら少しでもお役にたてればなのです。
      問題はどちらに寄付したらいいのかわからないのです。
      保護犬、保護猫に団体ご存知でしたらお教えください。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください