サリーの「ぽよよん日記」。サリーのじいちゃん。。。。

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 



8月か。。。

サリーのじいちゃんが縁側でぼそっと呟いたのである。

「8月か。。。」

おまぬけ犬のサリーは「おじいちゃん。どうしたの?」

「サリー。8月になると思い出すのじゃ。」

「なにを?」

「広島、長崎、そして終戦。。。」

「????」

「お前にはわからんか。わからんだろうな。わからくていいのだ。」

それからサリーのじいちゃんは重い口を開くのです。

「あれは。。。。」

「戦争だった。」

「学徒出陣。」

「お国のため。」

「ある日、わしのところにもお国から届いたのだ。」

「なにが?」

「赤紙だよ。赤紙。」

「おじいちゃん、犬でしょ?」

「そうだ。犬だ。」

「犬だから嗅覚が優れているのだ。」

「だから軍に徴用されたのだ。」

「ちょうよう?」

「そうだ。」

「犬だから鼻がきくだろう。」

「で?」

「地雷だよ。」

「地雷の場所をかぐんだ。」

「で、見つけると、当時の飼い主。」

「軍曹。」

「まだ若かった。そうさな。二十歳くらいだったか。」

「この軍曹が優しかった。」

「とんでもなく優しかった。」

「元捨て犬のわしをひろってくれたのじゃ。」

「ひろってくれて育てくれたのじゃ。」

「軍曹はよくわしに言ったものじゃ。」

「なんて?」

「戦争が終わったらお前を連れて日本に帰って文学を志したい。」

「軍曹は本が好きで暇があると本を読んでいた。」

「で、わしも本に興味がでてきて軍曹の朗読を聞いていたものだ。」

「わしは意味がわからなかったが、軍曹とのこの時間がとんでもなく幸せだった。。。」

「それでどうなったの?」

「戦争は激化していった。」

「たくさんの人、子供も犠牲になった。」

「で、軍曹は?」

「亡くなった。。。」

「。。。。。」

「亡くなったが、わしはなんとか日本に帰ることができた。」

「そしてお前のばーちゃんと結婚して、息子が産まれ、そしてお前がいるのだ。」

「そうなんだ。。。。。」

サリーはおじいさんと一緒にセミが鳴く夏の庭を眺めているののでした。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


サリーの「ぽよよん日記」。サリーのじいちゃん。。。。」への4件のフィードバック

  1. サリーのじいちゃん。
    なんとなしに、じーん。

    私のじいちゃん。
    大好きだったなぁ💕

  2. ふふ☺️
    うちのじーちゃんも酔っ払うと何回も戦争の話してたなぁ〜。
    さりぽんはメメが悪くても、耳が遠くてもお父ちゃんがいるから大丈夫🙆‍♀️
    そして鼻はきくから盗み食いもできるのだ😆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください