サリーの「ぽよよん日記」。飼い主の復活と猫とお散歩

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


金曜です。

「今日こそ整形外科に行くぞ!」

昨晩から計画を練っていたのです。

「まず病院には朝8時に到着する。」

病院は9時からですが混むので早めに行って待合で本を読んで過ごすのです。

「そのためには早めに寝なくてはならぬ。」

もう夜の10には床についたのであります。

しかし、

もうおわかりでしょう。

おまぬけな飼い主です。

「あーよく寝たよく寝た。」

時計を見ます。

深夜1時。

がーーーーん。

目が覚めてしまって寝ることができません。

結局朝方寝ることができました。

朝6時。

目覚まし鳴ります。

「駄目だ。眠たい。午後にしよう。。。。。」

「結局、今日も病院行けないんだよな。」

結局、1時間後、サリーを散歩に連れていかなくてはと起き上がりました。

ハーネスつけていざ散歩。

「あれ?」

腰痛くないのです。

歩けるのです。

ずんずん歩いて公園を散歩するのです。

「あれ?」

結局病院行きませんでした。

痛みがうそのように消えたのです。

午後になって少し離れたペットショップまでサリーの「カリカリ」買いに行きました。

まったく問題ないのです。

スキップ状態です。

意味がわかりません。

恐らく毎晩、毎晩、「教祖様」にお祈りいていたのが良かったのかもしれません。

もしかしたらお酒を止めたのが原因かもしれません。

ビールを買いによろよろと夜な夜な買いに行くのが面倒なので1週間一滴も飲んでいなかったのです。

違うか。

たぶん違うでしょう。

でもなんとなしにそんな気がしたのです。

まあいずれにしても元気になったのだからよしととしましょう。

元気がなかった時は食欲もなく食べられたのは菓子パンのみ。

髪がぼうぼうで、浮浪者状態です。

床屋に行きました。

「やせました?」

「そう?」

「かなり。」

まずい。

「太らなくてはならぬ。」

世の中みな、「ダイエット。ダイエット。」なのにふとらなくてはならぬのです。

元気になると食欲も爆発!

朝、牛丼屋でいつもは「納豆、生卵」の朝定食ですが、、、

「牛丼大盛り。」

家に戻り、新聞を読みながら、ビスケットをぼりぼり。

お昼です。

「よし。昼だ!」

近所の定食屋で「生姜焼き定食。ごはん大盛り。」

4時になりました。

「腹減った。。。」

マックに行って「ビッグマック」をテイクアウト。

家で完食。

「しまった。もう1個買っておけば良かった。」

もう異常な食欲なのです。

とうことで飼い主、復活の一席でございました。

ご心配おけしましてまことにもうしわけありませんでした。

さて、お話変わって。

今日です。

サリー、知らない道を気持ちよさげに歩きます。

この先には恐ろしい場所があることはまったく知らないのです。

恐ろしい場所とは、、、、

「動物病院」

飼い主は病院に行って、水戸黄門近くに注射を打たれるのは避けることができたのですが、哀れサリーは避けられないのです。

「混合ワクチン」のお注射なのです。

サリー検査台に乗せられ、

「キャン!」と鳴きました。

ちょっとショックだったかな?

しかし、


















病院内をウロウロ。

「変わった犬だよね。」

お会計をすませ、「サリー、帰るよ。」

今回は素直に帰りました。

いつもは「帰りたくない!」なのに。。。

あ!

そうそう。

先生が聴診器をあてて見ていただいたのですが、どうもなんでしたっけ?

心臓?

のなんちゃらで、全身への血液がまわりにくくなる。

なりそうな。。

よくわからないので、「先生。もしかした至急親族を集めたほうがいいのでしょうか?
親族と行っても捨て犬なので親族、私だけなのですが。。。」

先生無視。

「サリーちゃん。恐らく11か12歳だね。年取ればそうなりますよ。」

「だから興奮すると咳き込んだりするから。特に心配する必要はないですよ。」

え!

サリー、12歳!

人間だと60?

年上だ。。。

しかもサリーが咳をする原因も判明したのです。

もう驚きの連続。

それで、混乱する頭でいつも公園に行きました。

さらに混乱することに遭遇したのです。

公園に


猫が居たのです。

虎徹。

4ヶ月。

おじさんが散歩に連れてくるそうです。

飼い主、朝からいろいろなことがあって頭くらくら。。。

虎徹は手のひらに乗るくらいの子猫の時に拾われたそうです。

猫、犬の区別なく一緒に遊ぼうなのです。

飼い主も手のひらに乗るくらいの時の猫のちびこを拾ったのでもう嬉しくて、楽しくてぜひサリーお友達になって欲しいのです。

虎徹。

一緒に遊ぼう。

しかし、


















サリー興味なし。

虎徹は遊びたい。

サリー、興味なし。

虎徹、サリーに猫パンチ!

サリー、無反応。

サリー、虎徹の飼い主のおじさんが気になるようです。

とにかくおやつないの?

ああああ。

土曜の午前中。

濃密な時間を過ごしたのでした。


















犬と猫のツーショット。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


サリーの「ぽよよん日記」。飼い主の復活と猫とお散歩」への6件のフィードバック

  1. サリパパさんの腰イタが、治った!
    禁酒で!(笑)
    でもサリーさんの健康診断で心臓に雑音が~シクシク
    まだお薬を飲むほどでは、無いのかな?
    ワンコの咳は、色々大変なのですよ!
    サリぽん12歳だと還暦を過ぎていますね!

  2. 何故かは⁈でも痛みが治まって
    何より何より🙌
    サリーは💉されたのだな!
    心雑音??咳の理由がハッキリ
    して心配ないなら良かった
    のんびりゆっくり過ごそう🐶

    虎徹💕
    ワンコみたいなニャンコ😻
    可愛い子に出会えましたね

    1. まあ特に心配はないということで一安心。
      虎徹。
      先代の猫はいつもおじさんの肩に乗って散歩していたそうです。
      で、おじさんが駅前の居酒屋に行くと時、ここで待っているというと、ずーと待っていたそうです。
      駅員さんが驚いていたそうな。
      うーむ。
      異次元の世界。

  3. 腰痛 良くなって 何よりです❕

    わ~ パパさん 念願の🐈友が😄😄
    それは それは😁 虎徹君に会った瞬間に パパさんのテンション⤴️⤴️ になったのでは😄
    でも、、サリたん は 犬にも猫にも 興味なしか😅

    りんも 一人っ子になってから ワンちゃんに全く興味なし🙎💨 な犬 になってしまいました😵

    お散歩 出来る猫が羨ましい~
    めいちゃんは何回練習しても リード着けてのお散歩は固まってしまってフリーズしてしまうので 諦めました🙀

    サリーの心臓 大事にしてくださいね。
    高齢 小型犬は どうしても 心臓に来てしまいますよね。
    11 ~12歳か~ 早いですね

    皆 長生きして欲しい~✨

    1. 公園で猫が散歩している姿は驚きです。
      虎徹は犬でも猫でも遊ぼうと寄っていくそうです。
      可愛い!
      しかし、サリーもう少し興味持ってくれないかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA