七匹のわんこ!後編!

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


前回のおさらい。

貧しい大富山村は盗賊となった野武士達に襲われているのだった。

偶然通りかかった初老の浪人犬、「佐里吉」は盗賊達を退治するため、七匹のわんこを探すのであった。

まず、「琥珀」が参加することになり、続いて、「ぷーた郎」と「こり太郎」が加わったのである。

そして。。。

朝である。

佐里吉、琥珀、ぷーた郎、こり太郎の一行は参加犬を探して歩いていたのである。

その時であった。

悲鳴が聞こえたのである。

一行は慌てて悲鳴の先に走ったのである。

若い美人犬が今にも盗賊に襲われそうだったのである。

血気盛んな、こり太郎が簡単に盗賊を蹴散らしたのであった。

佐里吉は言った。

「娘。怪我はないか。」

娘の顔を見て、佐里吉が息を飲んだ。

「そ、そなたは。。。」

その娘こそ、大富山藩の姫。

暮礼好姫だったのである。

姫を救った一行。

「わしも仲間に入れてくれ。」という声を聞いたのである。

振り向くと、

「燃胡丸」という若侍だったのである。

佐里吉は言った。

「おぬしはまだ若い。命を無駄にするでない。」

しかし、燃胡丸は、「これ以上苦しむ農民の姿を見たくはありません。是非、仲間に!」と訴えるのである。

燃胡丸丸の真剣な表情に佐里吉も最後にはうなずいたのであった。

さらに仲間を探す一行である。

どこからか、優美な笛の音が聞こえてきたのである。

そこには、

暮礼好姫が驚いて言った。

「若。。。」

ぷーた郎がが尋ねた。

「姫、このお方をご存じで?」

姫は「牛若丸どの。。。」

「えー。どうみても足軽じゃん。」

こり太郎が不満げに言った。

「いいのだ。飼い主さんがせっかく投稿してくれたのだ。足軽ではかっこがつかん。」

佐里吉は静かに言った。

さらに歩を続ける一行。

村の外れの茶やに寄ったのである。

茶やの娘が出てきた。

「湖子と申します。」

ぷーた郎が叫んだ!

「お前は!」

実は湖子はぷーた郎が幼き時に生き別れた実の妹だったのである。

もう意外な展開続きなのである。

それで、「俺も入れてくれ」と声がしたのである。

そこには荒くれ者のわんこがいたのである。

名前を「留度留夫」と言った。

もうこれが暴れるは暴れるは。

こり太郎と留度留夫が盗賊達を切っては捨て切っては捨て。

燃胡丸も頑張った。

「皆で頑張れば出来る!金メダルも夢ではない!」

そして7匹のわんこ達の活躍によって盗賊達は退治され、村に再び平和が戻ったのである。

村を去るとき、燃胡丸が言った。

「佐里吉殿。我々が勝ったんですね!」

佐里吉は静かに言った。
























出演。

完!

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


七匹のわんこ!後編!」への26件のフィードバック

  1. めっちゃおもしろかったです!ワンコたちもみんな可愛い💠新作たのしみにしてます。

  2. うわぁ!わはは〜😆
    異例のスピードで続編発表✨
    早大なスペクタクル🎥になって
    おる〜🐶
    お父ちゃんの配役がまた上手い!

  3. 大団円💮 大傑作👏
    どうみても足軽が若に大出世💦
    ありがとうございました😄

  4. がははは〜🤣🤣
    またまたチャピーは自作の衣装を❗️
    ココ姫がぷーた郎の妹とは😲
    つぎの機会にコタローも参加させてもらおうっと😆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください