サリーの「ぽよよん日記」。サリーのお名前変更?

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


サリーは猫ではないかと思う時があります。

昔飼っていた猫のちびこ。

本名は○○ちびこ・しろ・にゃん。

命名権は拾った飼い主にあると思い、にゃんにしたかのです。

猫だから、にゃん。

潔いではありませんか。

ところが昼間、実家に預かってもらっていて、母が猫、子猫だったため、ちびこ、ちびこと呼ぶので、ちびこに反応するようになってしまったのです。

では、しろは?

ここに姉が登場するのです。

邪悪な姉なのです。

ダースベーダーみたいな奴なのです。

私(飼い主)が母と相談いえ、折り合いをつけて、ちびこ・にゃんにしようとしたところ突然、白いから「しろ」がいいと言い出したのです。

ダースベーダーにはまったく関係ない話なのです。

だいたい、父親が拾ってきた猫の「くろ」。

我が家では昔から、文鳥など様々なペットを飼っていましたが、名前はすべて「くろ」なのです。

「こんどはインコだから、ぴぴがいい」と小学生の飼い主が主張してもなぜか、「くろ」になってしまうのです。

我が家はなにか新しいことに挑戦しようという考えがないのです。

それでダースベーダー姉です。

先住猫の「くろ」です。

野良だったのでノミがいました。

今では薬がありますが当時はなかったような気がします。

で、私が毎週土曜に「くろ」をお風呂に入れるのです。

ピンセットでノミを一匹、一匹、取り去るのです。

ダースベーダー姉は絶対にしませんでした。

しかも、ここがダースベーダーの邪悪なところなのですが、お風呂に入れられて嫌がる「くろ」ですが、途中で姉が覗きにくるのです。

「くろ。可哀想に。。」

くろ、必死にダースベーダーに救いを求めるのです。

飼い主、悪者なのです。

あれ?なんのお話だったでしょう。

そうです、ちびこです。

ちがった。

サリーです。

サリーは猫ではないか?というお話でした。

猫は毛繕いをしますよね。

サリーもするんです。

毛布噛み噛み。

そして全身を舐め舐め。

ほかのわんこもするのでしょうか?

猫のしろは、寝場所をよく変えました。

なんでこんな所に寝てるの?

よくありました。

サリー。

基本はベッドで寝ます。

急に話は変わります。

サリー、いびきが凄いとお伝えしました。

枕元でいびき。

寝ていられません。

ぐーぴゃらり♪

突然、静かになったと思ったら急に低音で、「どん。どん。どん。」

それから、高音で「ぴゃり。ぴゃり。ぴゃり。」

気になってしまうのです。

交響曲なんじゃない?

ピアノをベッド脇に持ってきて作曲したいと思うのです。

しかし、もしかしたら、ダースベーダーのテーマかもしれないので躊躇しているのです。

それで、サリーは猫か?

ちびこは、たまに外に行きたがりました。

玄関の前で「にゃーにゃー」

ドアを開けると嬉しそうに廊下を歩きました。

途中で立ち止まって振り返り、飼い主がついてくるか確認するのです。

で、ほんの30秒で満足して帰るのです。

なんなんだろうな?

で、サリーです。

今日も散歩。

行きました。

大興奮。

すぐ帰りました。

散歩に行くために飼い主、寝間着代わりのスエットの上下を着替えているのです。

着替えて散歩。

30秒。

部屋に戻って飼い主、またスエットに。

最近、ふと考えるのです。

「サリー、散歩連れてたっけ?」

30秒の散歩。

記憶に残らないのです。

で、カメラを再生するのです。

「ああ、散歩行ったんだ。」

確認するのです。

よく工事現場とかで関係者が白いボードに工事の記録を書いて写真撮ってますよね。

これからは、毎回ボードを持って○月○日○時。散歩。と撮影しようと思います。

それでなんでしたっけ?

サリーは猫か?

このお話はもっと長く発展できると思うのですが、今日はここまで。

本題はですね。

なぜ深夜の2時に飼い主はブログを書いているかということなのです。

サリーはいびきをかきますよね。

あと、熟睡していると後ろ足でキックをします。

あと、咳をします。

「げほ。げほ。げほ。」

仮ママさんのマイクママさんに確認したところ、当時からそうだったようです。

病院に連れて行きましたが問題ないとのことです。

で、ですね。

いびき、キック、ごほほほ。

一挙に来たのです。

ベッドが揺れたのです。

地震かと思い飛び起きたのです。

完全に目が覚めたのです。

仕方ないのでテレビを付けたのです。

サリー、起きてきてごはん皿の前で「ごはんちょうだい」の顔をするのです。

しかたないので、カリカリをあげます。

ぷい!

がっくりです。

完璧に目が覚めた飼い主。

サリー。

ベッドの上で寝ているのです。

私はこれからどうすればいいのでしょう?

そうです。

サリーをもらった時、マイクママさんが「ご自分でお名前をつけてくださいね。」と言われたのです。

ダースベーダー姉の束縛から解き放され、自分で名前を付けることができるのです!

しかし、結局、

サリーのままなのです。

理由はもうお分かりでしょう。















おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


サリーの「ぽよよん日記」。サリーのお名前変更?」への6件のフィードバック

  1. ダースベーダー姉。。🤣🤣
    テーマソング流れましたよ😂
    ちびこはお母さまに一番懐いてたのかしら?🤔

    さりぽん、どんぴゃりげほdeキックですか〜賑やか😆🎶
    ちなみに、寝てる時のキックって安心してるからみたいですよ〜🤗

    1. はい。
      夜実家によって、ちびこを引き取りに行くと「帰りたくない!」で暴れました。隠れるのです。
      へー。
      キックって安心していいるのですか。
      確かにいびきかいて寝ているとき、悪戯しても無反応ですから。。。

  2. 今度はぴぴがいい。
    なんだかお父ちゃんの子供時代を
    覗き見したような😆
    やはり女は強いのか。。。
    野良のくろのノミをピンセット
    取ってあげたんですね😽

    サリーのおネンネ3セット!
    賑やかだ😆ぷう太はごほほと
    キックの2セットかな。

    もし私がにゃんこ飼ったら
    名前は「にんにん」にする〜

    1. お父ちゃん。子供の頃は可愛かったのである!
      今でもピンセットでノミを取るのうまいと思っておるのである。
      ぷう太もごほほするんですか?
      サリーが静かに寝ていると心配になるのです。
      やがて、ぐぎゃー!が始まると安心するのです。
      飛び起きますが。。。。

  3. こんにちは。
    なんとねこの蚤をピンセットで捕っていたのですか!凄い!
    シャンプーまでしていたのですね~♪
    ダースベーダーなお姉ちゃん笑いますね。
    昔は、田舎なのでねずみを採るために飼っていましたね。
    ねずみが居なくなると鳥を捕ってきていました~汗
    サリーさんのイビキは、飛び起きるほどなのですね~(笑)
    其れで起きてしまってブログを書いてるのですか~(笑)

    1. 大変だったんですよ。
      でも結局は実家の「くろ」も飼い主になつきました。
      うはははは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください