サリーの「ぽよよん日記」。サリー、忍者になる!

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


今年も会社へはあと1日。

見習い社員は今日も元気に会社へ向かって、トコトコ向かうのであります。

会社へ着いてから、「しまった。」と思いました。

実は今日、お得意様の会社の方が年末のご挨拶に来られるのでした。

「サリー、置いてくればよかった。。。」

税理士さんや、保険屋さんであればサリーが事務所に居ても平気です。

皆さん適当にあやしてくれます。

しかし、お得意様です。

会社に犬がいるのです。

「来年から取引考え直したほうがいいな。」になったら取り返しがつきません。

世の中、様々な理由で取引停止になることがあります。

製品偽装とか、色々。

しかし、会社に犬の見習い社員がいるという理由で取引停止になるのは前代未聞なのではないでしょうか?

「あの会社は仕事を舐めている。」とか思われてしまうのです。

そんな飼い主の心配をよそに、見習い社員は、

おやつを寄越せ。

おやつをもらっても、もっと寄越せとうるさいので、

抱っこです。

抱っこしながら、「寝んねしなさい、寝んねしなさい」と妙な子守唄を口ずさむのでした。

「いいか、見習い社員。今日は大切なお客様が来るの。お前が見つかると大変なことになるの。見つかったら、お前は二度と会社に来られなくなるの。わかる?」

目がとろーんとしてきたところで、

ケージの中へ。

これで大丈夫かと思われましたが、何回も外に出ようようとしました。

そのたびに、「サリー!」と強くしかりました。

すると、つまらなさそうにケージに入るのです。

お客様到着。

40分程お話をしました。

話をしている途中、ふと誰かが、「来年は戌年ですね。」とか言い出したらどうしようと、ふとですよ、ふと思ってしまったのです。

言うわけないんですよ。

でも、ふと思ってしまったので、飼い主の妄想が止まらなくなってしまったのです。

「そうなんです。戌年なんですよ。昔からその年の干支の動物を飼ったら仕事運がたかまるという言い伝えがありますでしょう。(ないって。)で、うちも犬を飼うことにしたんですよ。」

とサリーを登場させる。

「これいいアイデア!」

もう思いつくといたたまれません。

「サリー登場させちゃう?」

「そうなんですか。初めて聞きました。おお、御社では早速、犬を。流石ですな。」

そうなると堂々とサリーを会社に連れて来ることが出来るのです。

しかし、辰年はどうすればいいのかと気が付き冷静になったのでした。

挨拶も無事終了し、お客様は帰られました。

見習い社員はケージの中でぽつんと座っていました。

「サリー、いい子だっ方ね。いい子してたね。」と褒めると、「さとこ」さんが、「サリーちゃん。本当静かでしたよ。気配を消してました。」

気配を消すって忍者か?

サリーももし暴れたら二度と会社に来ることができないと分かっていたのかもしれません。

そして、緊張の糸が切れたのか、

そして、

さあ、見習い社員、晴れて「さとこ」さんに甘えることが出来るのです。

しかし、そうは問屋はおろさないのです。

問屋。

死語でしょうか。

今は、仲卸業者?

そうは仲卸業者がおろさないのです。

ふと見ると。

あれ?

「さとこ」さん銀行に行ってしまったのです。

40分も気配を消していたサリーですが、今では「さとこ」さんが気配を消してしまったのです。

1時間後、「さとこ」さん戻ってきました。

そして、

喜びの儀式2回め。

しかし、サリーの喜びもつかの間、

また「さとこ」さんの気配が消えてしまったのです。

社員の休憩室でお昼ごはんを食べているのです。

見習い社員、床にお座って寂しそうにドアを見つめるのです。

飼い主がそばにいるのに、「さとこ」さんの帰りを待つ、忠犬サリ公ならぬ中間サリ公なのです。

あまりにもその姿が不憫なので、

抱っこして休憩室に連れて行きました。

「さとこ」さんも事務所に戻り安心した見習い社員、

疲れたのか安心したのか、寝ました。

おしまい。

注:大富山郡大富山村に伝わる、「その年の干支の生き物を飼うと金運上昇、無病息災、子宝に恵まれる」という伝説を引用いたしました。

嘘です。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


サリーの「ぽよよん日記」。サリー、忍者になる!」への8件のフィードバック

  1. サリぽん、偉いですね!ちゃんと叱られるとケージに戻るし、気配を消してたし。忍者用の黒装束姿で登場するのも近い?
    大富山郡大富山村はかつて多くの優れた忍者を輩出した「忍びの里」であった、とか。

    それにしても主様の妄想の暴走、サイコー!
    来年も良い妄想に恵まれますように!!

  2. 忍びの里。
    いただき!
    なるみなみさんの妄想もグッド!
    ではよい妄想を!

  3. こんにちは。
    サリぽん~会社には、わき目も振らずに一直線で出勤ですね~♪
    そしてゲージで大人しく気配を消していたのですね~♪
    大富山郡大富山村は、忍びの里なのですか~♪
    会社では、さとこさんが見ないと探すのですね~(笑)
    逢えると嬉しい喜びの儀式を~(笑)

  4. トコトコ トコトコ🐾
    会社へ一直線なサリー💓
    忍者になって気配を消せる(笑)
    可愛いサリーは、もう立派な
    なくてはならない社員ですね😆

    1. 会社へ行くとわかると大急ぎトコトコ向かうのがいつも可笑しくて。
      帰るのは嫌がるのに家が近くなるとジャンプして帰ります。
      変わった犬です。
      たまに面倒なんですが、もう仕方ないか?

  5. 脇目も振らず、真っ直ぐ会社ですね〜
    ほんと出社が好きなんですね!
    さとこさんがいる時といない時の差が、スゴいですね〜
    お正月休み明けの喜びのカミカミ
    きっとスゴいだろうなぁ〜
    TPOをわきまえてるなんて
    サリーちゃんはやっぱりお利口さんだわ〜!
    TPOって、和製英語だったんですよね〜
    今回このコメントに使ったら、パパさんに何それ?って言われちゃった。

    1. そうなんです。
      会社に行く時のスピードが凄いんです。
      飼い主が転びそうになります。
      TPO、和製英語なんですか。
      知りませんでした。
      アメリカ人がイギリス英語はよくわからんと言っていました。
      日本人の飼い主には勘弁してよでした。。。
      でもそのアメリカ人、「イギリス英語のあの鼻にかかった?発音ってアメリカ人、憧れるてるのよ。」
      日本人、勘弁して。
      どっちでもいいの。
      聞き取るのに真剣なの。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.