サリーと飼い主との静かな、しかし壮絶なハーネス大戦争

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


「サリー、散歩行くよ。」

今日はサリーはお留守番なのです。

ですからお留守番の前に散歩に連れて行こうと思ったのです。

実は、いよいよ水戸黄門の近くに長い針の注射をうたれる覚悟が出来たのです。

「まだ行っていなかったの」とおっしゃる方、多いと思います。

サリーの飼い主は意気地無しなのです。

小心者なのです。

でも水戸黄門近くの注射とんでもなく痛いのです。

しかし遂に覚悟が出来たのです。

トイレに行く時、ベッドから起き上がり壁つたいにヨロヨロと行くのです。

こんなことですはいけません。

いけませんが、病院にもいけません。

しかし、背にお尻はかえられないのです。

よし!ヨロヨロだがサリーを散歩に連れて行こう。

飼い主が病院に行っているあいだ、お留守番です。

ですので、できる限りの罪滅ぼしなのです。

しかし、サリーはベッドの中でぐーすか寝ているのです。

「まいったなああ。。。」

仕方ないので、新聞を読むのです。

テレビを見るのです。

犬ってこんなに寝るもんなの?

サリー、ようやく起きてきました。

水を飲みます。

そして再びベッドの上に。

毛布をめくって、寝ようとするのです。

でもそれを許してはいけないのです。

よし散歩だ!

ハーネスを取り出します。

サリー、大喜びです。

毛布を噛み噛みです。

まず、服を着せようとします。

毛布、噛んでいる間は拒否するのです。

「毛布噛んでないでさ。」

無理。

サリーが毛布を噛んでいる間は無理なのです。

サリーが毛布を噛んでいるあいだ、服を着せてハーネスを付けるコンテスト!

君もやってみない?

というイベントを開催するれば人気になるかもしれません。

飼い主、ため息。

トイレに行きます。

サリー、慌てて付いてきます。

トイレをちっらと覗いてもどります。

ベッドの上で毛布噛み噛みが始まりました。

それでも再びハーネスをつけようとします。

サリー、毛布噛み噛み中。

無理やり毛布からひきはがします。

「なにすんだよ!」

という感じで毛布です。

またため息。

仕方ないのでテレビを見ます。

すると、サリー、ベッドから降りてきます。

飼い主のそばにきます。

なんだか意味わかりませせん、わかりませんが、サリー、ベッドに戻ります。

飼い主もベッドにもどり再びハーネスをつけようとします。

しますが、サリーも再び毛布噛み噛みです。

またまた、ため息。

サリーの隣で本を読みます。

喉が乾いたので冷蔵庫に行きます。

サリー、慌てて飛び降りて飼い主をおいます。

冷蔵庫から水を出して再びベッドにもどります。

飼い主が水を飲もうとすると、サリー、目を輝かして自分も欲しいなのです。

残念でした、これは水なの。

????

あ!

今だ!

慌ててハーネスに挑戦です。

しかし、サリー再び毛布噛み噛み。

もしかしたら、ハーネスを見せると、散歩→待ってました!→毛布噛み噛みなのかもしれません。

パブロフの犬ならぬ、飼い主の犬なのです。

無理やりハーネスを付けようとしても、「ぐうううううわ!」なのです。

もう仕方ないので、サリーには悪いが散歩は断念してお留守番してもらうしかたないのです。

サリー、慌てて飼い主を追い越して玄関に向います。

ドアの前でドアが開くのを今か今かと待っています。

なんだ散歩行きたいのか。

ベッドに戻ります。

サリーも慌ててついてきてベッドの上に。

ハーネスのまたまた挑戦です。

しかし、サリー、またまた毛布を噛み噛み。

飼い主、もう思考停止。。。。

サザエさんってさ、子供の時大好きで漫画よく読んでよなあああ。

ケラケラ笑ってたよな。

完全に現実逃避です。

そして夢遊病患者のように玄関に向います。

するとサリー、またまた慌ててドアの前で「はやく開けなさい!」なのです。

飼い主、再びベッドに戻ります。

サリーも慌ててベッドの上に。

毛布噛み噛みが始まるのです。

飼い主とサリーのハーネス付けさせて散歩対もう嬉して、嬉しくて、毛布噛み噛み中なのの戦いが再開されるのです。

しかし、またまた「ぐうああああ!」

時計を見ました。

「やばい!」

サリーの散歩はあきらめました。

ヨロヨロと駅前のタクシー乗り場でタクシーに乗りました。

4時間後、ようやく元気になってるんるん。

でも病院では色々あったのです。

診察台で仰向けなりました。

パンツを下げられました。

いよいよです。

いよいよ水戸黄門近くに。。。。

先生が「ワンちゃん元気?」

そんなこと何故、今聞くのでしょう?

飼い主、か細い声で、「はい。。。」

本当はハーネスを付けようとすると毛布を噛み噛みで付けさせてくれない話をしたかったのすが、そんな元気はありません。

先生、手袋をした手で、水戸黄門近くを触ります。

そしていよいよ長い針が。

「痛ってーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

無事注射終了。。。。。

飼い主、放心状態。

サザエさん。

おさかくわえた野良猫♪

10分経過。

そして我にかえりました。

これから座薬が待っているのです。

か細い声で看護婦に、

「ざ、ざ、座薬はやらないですか。。。。」

すると看護婦さんも小さな声で、

「先生の指示がないので。。。」

「じゃあ、、、、、言わないでください。。。。」

やった!

座薬はない!

どうしよもない喜びです。

突然、空から明るい光が差し、どこかで、ハーレルヤ♪

と響きました。

最高にるんるん気分です。

診察台から降りました。

まったく問題ありません。

元気に歩けます。

これで、サリーをどこまでも散歩に連れて行けるのです。

大喜びでいると、

先生が、

「じゃあ、また腰が痛くなったら来なさい。二ヶ月後かな、注射するから。」

天国から地獄とはこのことか。。。。

で、我が家へ。

サリー、ベッドの上で枕にあごを乗せて寝ていました。

飼い主、ベッドに座り、

おい。

サリーもう大喜びです。

スリーピングちょうだい・ちょうだい®大爆。

飼い主に抱きつき。

普段やらないのに、飼い主の顔をなめなめ。

その繰り返しです。

ようやく落ち着いたので、よし今だ!

ハーネスを着せようします。

すると、

。。。。。。

サザエさん。

東芝がスポンサーから降りるみたいね。

そして再び飼い主とサリーのハーネス戦争が始まるのです。

で、結局。

























サリーの散歩は深夜に行われたのであります。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


サリーと飼い主との静かな、しかし壮絶なハーネス大戦争」への15件のフィードバック

  1. 玄関の外でハーネスと洋服を着けるしかないですね。サリーの為にも腰が良くなることを願っています。

    1. あらがとうございます。
      実は何回か玄関でトライしたのですが興奮マックスで無理でした。

  2. おはよう~♪
    やっと注射の覚悟が出来て注射して来たのですね。
    サリーさんトイレ外派でないのなら?
    無理して散歩に行かないでもよいのでは。
    ハーネスや服を玄関や外で付けていたパール兄さんでした。
    抵抗してガウガウ言ってるので外なら
    散歩に行けると大人しかったですね。

    1. サリーはトイレ(大きほう)は外派なので散歩に行かないとなのです。
      結構つかれるのです。

  3. おお〜😲
    注射でパパ復活!😄
    でもさりぽんとの戦い?で、お散歩は深夜に〜🤣🤣
    昨日わが家も、散歩に行く直前に旦那が帰ってきてしまい、せっかく連れ出したのにすぐに帰る帰るでガックリ_| ̄|○しました。。
    「親の心子知らず」ならぬ、「飼い主の心犬知らず」ですな〜😂

    1. 復活!
      しかし、ハーネスの戦い、疲れました。
      まったく、「親の心子知らず」ならぬ、「飼い主の心犬知らず」ですね。

  4. 注射、お疲れさまでした!
    腰痛のブロック注射って事ですよね。
    お医者様、主様の緊張をほぐそうと思ってサリーちゃんの事聞いたのでしょうか?
    ブログ読んでる方は吹き出しましたが。

    なんかハーネス持ってベッドと玄関を行ったり来たりしている姿を想像して、これまた笑っちゃいます。
    もう廊下に出てからハーネスするっていうのはどうですか?

    ところで最後の写真、さりぽんの水戸黄門様が赤く見えますが・・・

    1. 笑って頂いてありがとうとうございます
      笑いのためなら例え飼い主の恥ずかしいことでもネタにしてしまうのです。
      ハーネスを付けるためには玄関とベッドを行ったりの連続。
      本人はいたって真面目なのです。
      いい加減嫌になりますが。。。
      光っているのはリードにつけた夜のお散歩ようライトです。

  5. ハーネス装着問題も腰痛の問題も飼い主様にとっては悩みの種なのでしょうが………………すみません😣💦⤵大笑い((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャしながら拝読してしまいました。
    現実逃避のサザエさん、ウケまくりでした( ^ω^ )

  6. サリーにお洋服とハーネスを
    つけるコンテスト‼️
    出たい😆参加してみたーい😂
    でもきっと、、
    お父ちゃんが優勝だよー🎊
    お散歩の度にご苦労様です(笑)

    祝復活🙌
    2ヶ月後の事は取り敢えず
    置いといて〜😝
    痛みが無くなって良かった
    ハーレルヤ🎶

    1. 散歩に行ける喜びで毛布を噛み噛み。
      永遠に噛み続けるのではないかと思います。
      無理やりハーネスを付けるまた噛み噛み。
      飼い主が玄関に向かうと慌てて付いてきます。
      注射痛いんですよ。
      本当に。
      2ヶ月後か。。。

  7. 復活、おめでとうございます!
    2ヶ月間、痛みが戻らない事を、祈ってますね〜!
    サリーちゃんとの攻防戦
    毎回大変ですね。
    毛布を取り上げてしまったら、どうなるんでしょうか?
    タオルか何か、噛み始めるのかなぁ。
    何か良い方法が、見つかると良いですね。

    1. ありがとうございます。
      毛布を取り上げるとどうなるんでしょうね。
      以前、毛布も布団も干していてベッドの上にはなにも無い時、なんだったか忘れましたがウロウロして代用品も見つけて噛み噛みしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA