サリーの幸せの黄色い○○○。第3話!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

前回までのおさらい。

お散歩に行く前で嬉しくて部屋の中でおちっこ、どすこい!をしてしまったサリーは罰として服役していたのであるが、晴れて自由の身となり約束の地へと向かったのである。

途中、「もっぷとぽんず」という兄、妹と出会い、「コッタ」というわんこにも出会ったのである。

そして、「寅」と名乗る男と一緒の冒険が始まったのである。





















それで皆が揃って歩いていた時である。

「お花を買ってくれないかい?」という声がしたのである。






















「ひなた」というわんこが居たのである。

「お花買ってくれないとこの先は通らせないよ。」

一同困ったのである。

お金など持っていないのである。

すると「寅」が、

「うん?なになに?」

「ああ、そうかい。店が潰れて。。。」

「苦労しているんだね。」

「おや。これはそこらの百貨店で買ったら1万、2万はくだらない花じゃないか。」

「通行人の皆さん。私も昔、花屋をやってましてねわかるんです。」

「なになに。そんなに安いのかい。」

すると通行人がわれもわれもと花を買い求めたのである。

「寅」の嘘八百で一行は先を急いだのであった。

ひなたのままさんが悪役でというのでこうなってしまったのである。

「ひなた」もまた別の役で登場する予定である。

多分。。。。

一行は草原に着いたのである。

すると、






















ミーアキャットが現れたのであった。






















ミーアキャットではなくわんこの「フィーユ」と名乗ったのである。

「フィーユ」は、「なにかくれないとここはとうさん!」

また一行は困惑したのである。

すると、もっぷとぽんずが、

「じゃあ、みんなでクンクンしてあげる。」

と言ってみなでクンクンしたのである。

「フィーユ」はもうやめてやめて!

とんでもなく嬉しくてこう言ったのである。






















「私も一緒に行くよ。」

実は、「フィーユ」は、毎週 老人ホームにセラピー犬として 頑張っているのである。

どんどん旅の仲間がどんどん増えていくのであった。

すると、ある怪獣が現れたのである。























怪獣サリラであった。

サリラは言った。

「質問に正解しないとこの先は通らせん。」

「では、質問。」

「この世で一番可愛い怪獣は誰だ?」

一行はまたまた困ったのである。

「一番可愛い怪獣と訊かれても困るよね。」

「そもそも怪獣って実在するの?」

「怪獣と言えば、ゴジラじゃない?」

「ゴジラは映画でしょ。」

「実在していないし。。。」

「でもゴジラは最初東京を破壊する悪者だったけど、シリーズ化されてだんだんいい奴になったから可愛い怪獣はゴジラじゃない?」

「でも今度ハリウッドでリメイクされたらしいよ。」

もうまったく正解がまとまらないのである。

すると、しびれを切らしたサリラが、























「もうおまぬけな連中の相手はしてられんわ!」

ということでなにがなんだかわからないのだが、一行はまた旅を続けたのである。

すると、「下々のもの、なにをしておる?」という声がしたのである。






















見ると、「ルーイ殿下」と名乗った。

サリーは驚いて言った。

「お前は中華料理屋のアルバイトのルーイじゃないか!」

「なに、アルバイト?なんのことかわからぬ。」

ルーイを流しのアルバイトにしようと思ったのだが、またまた飼い主の思いつきで設定が変わってしまったのである。

ということで、サリー達の冒険の旅は続くのである。

最後に、「幸せの黄色い〇〇◯」のテーマソングが完成したのでお披露目なのである。

作曲はもちろん、

作詞:悩める小説家サリー先生。

作曲:頑固一徹先生。






























































































































































































つづく?

 

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーのリーダーは誰?


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

まずは、「幸せの黄色い○○○」第三話です。

ご参加希望の方からお写真を頂いております。

現在、鋭意制作中です。

制作って。。。。

もともとはサリーの旅の途中で出会うわんこ達だったのですが、一緒に旅をすることになってしまい、(自分がそうしちゃったんだけど。。。)

これからの展開をどうしようかなのです。

それでかえすがえすも失敗したと思っているのがルーイです。

中華料理屋のアルバイトにしてしまったので旅に参加できないのです。

一緒に約束の地へ向かえないのです。

しまった。。。

それで考えたのです。

苦難の旅の途中になぜか現れるのです。

サリーが「君はルーイではないか?中華料理屋のアルバイトだろう。なぜここに?」。

ルーイは答えるのです。















「私は流しのアルバイトです。」















もううひょうひょ!なのです。

と、ネタを書いてしまったのです。。。。

サリーの父ちゃんはいつも思いつきなのです。。。。

思いつきなので忘れないうちに書いてしまったのです。。。。

さて、サリーです。

何回もお伝えしましたが、サリーは朝起きません。

夜は寝ていると思ってパソコンに向かっていると突然起きて飼い主を睨みます。

相手をしないでいると諦めたのか枕元で寝ます。

寝ますがまた起きて睨みます。

で、寝かしつけるのです。

いびきをかきだします。

もう、「ぐわー!」

よし寝たなと思ってそーっと起きても「どこへ行く!」と飛び起きます。

散歩で出会った方にお聞きすると、「うちのは夜9時になると自分からケージの中に入って寝ますよ。」

あらら。

あらら。

そうなの?

サリーがお世話になったマイクままも「うちでもそこまではなかったですよ。」ということでした。

あらら。

あらら。

あらら。

なぜなのでしょう?

多分、我が家ではサリーと父ちゃんだけの生活なのではと思ったのです。

ほら犬って群れで生活すると言うではありませんか。

マイクままさんのお宅ではご家族がいたので安心していたのかもしれません。

群れか。。。

あと、犬はリーダーが誰かわかるとも言います。

そうか。

我が家ではサリーと父ちゃんだけだから、父ちゃんがリーダーと認識しているのか。

うふふ。

私はリーダー。

でも、いつも「一緒に寝ろ!」と睨むのはもしかしたら、サリーは「俺がリーダーだ!」と思っているのかもしれないのです。

あらら×4!

そういえばサリーは一緒に寝ている時、尻を向けて寝ていて、だんだんと陣地を広げていくのです。

気がつけば飼い主はベッドの隅に追いやられているのです。

飼い主は寝返りもうてないのです。

やはり「自分がリーダー!」だと思っているのでしょう。

そういえばサリーが来た頃、高さ1メートルくらいの柵を買って買い物に行く間、その中に入れていたのですが、帰ってくるとなぜか玄関の前で待っていたのです。

どうやってあの柵から出たのでしょう?

本当に謎なのです。

サリーはリーダーか?

しかし、会社に連れていくと飼い主がそばにいるのに、「さとこ」さんが事務所からいなくなるともうどうしようもなく不安でうろうろするのです。

サリーは「さとこ」さんをリーダーだと思っているのでしょうか?

謎は深まるのです。。。。。

で、朝でした。

サリーはあいかわらず起きないのです。

いつもお昼ころに起きるので誰にも会えないのでつまらなそうにしているので無理矢理ハーネスを付けて散歩に連れていきました。

寝ぼけていましたが、いつもの公園。
















猫の「虎徹」に会いました。
















「虎徹」は人気者なのです。

サリーには興味ないのですが。。。

「虎徹」は犬に興味がないかと言えばそうではなくて飼い主さんの自宅の近所のシバ犬は大好きで自分から寄っていくそうです。

サリーは「虎徹」に相手されないので、































おやつを強奪しようとしていました。

それで、
















アンジーに会いました。
















アンジーままさんからおやつをいただきました。































アンジーぱぱさんは「虎徹」をなでなでするのです。
















どなたにも相手にされないサリー。

でも、
















いつも歩くの嫌がるのにやはり、アンジーがいると一緒に散歩するのです。

サリーの「俺がリーダー!」論が崩壊するのです。

ちなみにアンジーも散歩が嫌いでいつもカートなんですが、
















釣りをしている佐藤さん(仮名)は大好きで佐藤さん(仮名)に出会うと、カートから降りて、
















うーん。

また不思議。。。

まあということで、
















サリーは最後までアンジーとのお散歩を楽しんだであります。

それで帰ると満足したのか疲れたのかベッドの上で寝るのです。

寝るのですが、飼い主がトイレに行くと、飛び起きて、

「どこへ行く!」

と睨むのであります。

いったいサリーのリーダーは誰なんでしょう?















おしまい。

 

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーのお散歩のご機嫌の秘訣。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

まず。

「しあわせの黄色い○○○」です。

第2話まで進んだのです。

当初は参加わんこ達はサリーが旅の途中で出会うという設定だったのですが、なぜかみんなで約束の地を目指すことになってしまったのです。

いつもの思いつきでなにやら壮大な冒険の旅になってしまったのです。

どうぞご参加をお待ちしております。

それでですね。

サリーです。

サリーは散歩に行ってもベンチのところから動こうとしません。

おやつをくれる人を待っているのです。

誰もいないと飼い主からもらいます。

おやつをもらうと満足げに抱っこされていつまでもそのままでいます。

朝、9時に起きてきました。

で、一連の儀式があって玄関に抱っこして行きました。

これは興奮すると部屋の中でおちっこをしてしまうからです。

散歩の意味がなくなるのを防ぐためです。

それで、廊下に出ました。

速攻で、どすこい!をしました。

なんでそこまで我慢しているんだ!

しかも、ご近所の女性がエレベーターを待っていて、しっかり目撃されてしまったのです。

恥ずかしやら情けないやら。。。

なんとか外に出ていつもの公園を目指しました。















タバコ屋のおじさんに「可愛い可愛い。」をしてもらいました。

で、ベンチ。

やはりいつもと同じでベンチに一直線でそこから一歩も動こうとしませんでした。

私はため息をつき、抱っこして、
















おやつです。
















おやつを食べるとサリーはまたまたいつものようにそのままの状態で満足げなのです。

そうなるともうやることがないのです。

すると、
















アンジーが来ました。

散歩で公園を一周して帰る時でした。

するとサリーは、

















後をついて行くのです。

それからサリーはなぜか嬉しそうに公園を走り回ったのです。














































うーん。

サリーは大好きな犬と会えると嬉しいのしょうか?
















おしまい。

 

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......