サリーの「ぽよよん日記」。落語会社の2階。



■サリーがお世話になったマイクママさんのルーイ。

犬生をたっかんしたルーイは言った。

マイクママさんには無断でごめんなさい。

ちゅうことで本日のお話です。


ということで、本日のおばか話なのです。

会社の2階の住居スペースで保護犬、保護猫の仮親さんになろう計画なのですが。

サリぽん運輸の社長さんと話をしたのです。

「なあ。2階なんだけどね。」

「2階?」

「俺、住もうと思うんだ。」

「会長が?」

「うん。だけどな。階段がさあ。」

「腰悪いから。」

「そう。でな。」

「まさかエレベターを設置するとか。」

「いやそこまでは考えてないよ。」

「登るときに社員の誰かに抱っこしてもらうとか。」

「真面目に考えてるんですか?」

「だめかな。」

「でさあ。改装してさ。」

「そうさな。ニューヨークのソーホーちゅうの?」

「フローリングでさ、なんかとってもおしゃれな部屋にするの。」

「今は畳じゃん。」

「かっこ悪いでしょ。」

「あのー今のままでもいいんじゃないですか?」

「窓に富士山の絵とか貼れば田舎の温泉宿みたいですよ。」

「おまえさんは、どうも経費削減ばかり考えているようだね。」

「そんなことじゃいけませんよ。」

「会社の経営はねお金使う時はばん!とつかわなくちゃ。」

「だったら社員のボーナスを増やしましょうよ。」

「ボーナス?」

「ぼーーーーなす?」

「なんだね。。ぼーーーーなすって?」

「新しいナスの品種かね。」

「ナスの味噌炒めは美味しいね。」

で、ですね。

このあと、2階がひなびた温泉宿にしてサリーの父ちゃんはサリーと保護犬、保護猫(保護犬は多頭飼い崩壊でアルマさんにいるわんこの親子と子猫ね)

子猫の名前は昔飼っていた猫のちびこ。

だからちびこ2!

って決めているの。

「でさああ。ひなびた温泉宿だからね。あたしはひと風呂あびるわけよ。」

「今の風呂はいけませんよ。」

「そうねえええ。檜にしましょう。」

「贅沢はいいませんよ。」

「私もいい大人です。」

「壁にちょっこと富士山の絵があれば。。。」

「あと風呂にはいったあとはもちろん浴衣ですよ。」

「ね。でベルをちーん!とならすのよ。」

「ならすと?」

「ああ、仲居さんかい。」

「2階のサリーの父ちゃんだけどね。」

「そうさな。お刺身とうーん。熱燗をお願いできないかね。」

「で?」

「おまえさんもばかだね。」

「さとこさんに近所のスーパーに刺身を買いにいかすのさ。」

「で、買ってきたらお皿にもりつけて、お酒もレンジでちんして持ってこさせるのさ。」

「ああ、でもその時はさとこさんは和服に着替えないといけませんよ。」

「それで、こうお待たせいたしました。とね。。。。」

「それってセクハラじゃないですか?」

「あとパワハラも。」

まあそんなことを言っていたのですが、社長さんはお仕事の電話対応で忙しいのかこんなばか野郎とは真面目に話しをしてられないのかわかりませんが、結局、サリーの父ちゃんだけが話してただけなのであります。

まあサリぽん運輸の日常のひとこまだったのであります。

で、なんのことをお伝えしたいかと言えば。
















サリーの令和元年ピクニックは5月3日(憲法記念日の金曜)なのです。

まあ特になにをやるというこもないのですが、まあお気軽にご参加ください。

というわけでサリーから一言































おしまい。

 

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーの「ぽよよん日記」。なんかいつもと違う。。。



■サリー警部は言った!

ちゅうことで本日のお話です。


まずは業務連絡なのです。

サリーのピクニックです。

連休中に開催しちゃうというもう暴挙なのですが、やってしまうのです。

名付けて「サリーの新元号記念ピクニック!」

5月3日です。

遊びに行ってもいいよという方はぜひおいでください。

いつもの公園でピクニックでその後は近所の焼き鳥屋で酒盛りの予定です。

サリーはもうちょー!うひょうひょ!になるのでどなたか抱っこして「おちつけ。おちつけ。」をお願いいたします。

それから、「うちのわんこの笑顔は世界一!」でございます。



















こり男!とぷーた!

こり男も手術、無事成功してもうこの笑顔なのです。

つづいて。



















あんづ

よ~~~~~~~~~やく撮れたウチのあんづのムキッ歯笑顔です。

「わたしのムキっ歯はそんなに軽々しく映させないわよ!」ばりに、この数日、カメラを向けると即真顔になっておりましたっっっで、ようやく昨夜、なんとかここまでの顔を撮れました( ;∀;)

本来は、もっと歯ぐき全開でなのですが、それを激写できた暁には、また投稿したいと思います(笑)

ちなみに、とうちゃんが帰って来て、10数時間振りに再会した時のお顔デス。




















ありがとうございます!

まだまだご参加犬募集中なのです。

でですね。

今日はサリーは久しぶりの出勤日だったのです。

見習い社員、久々の出勤。

やはりいつもの散歩と違い会社に行けるとわかると(なんで違いが分かるのでしょう?)もう興奮度が違うのです。

もう暴れる暴れる。

「会社!会社!」

「さとこさん!」

「社長さん!」

ああ、もううるせい。。。。

それで準備OK!

じゃあ行くぞ。

で、いつもの毛布嚙み嚙み。

あああ、まただ。

ハーネスを付けようとすると興奮あいあまって裸で玄関に走るのです。

あのさああ、もう3年の一緒なんだから散歩や会社にいけるとわかるんだったっら「はい!ハーネスお願いします!」とかならないのでしょうか?

でいつもの嚙み嚙み。

満足するまで飼い主はそばで新聞を読んですごすのです。

それで満足したと思ってハーネスを付けようとするとまたまた嚙み嚙みが始まるのです。

ああああああああ。

こいつ会社に行きたいのに「会社!会社!」

うれしい!

うれしい!

嚙み嚙み!

もう永遠に会社に行けないのではないかと思ってしまうのです。

新元号は我が家では「嚙嚙」にしたいのです。

「嚙嚙元年」

で、なんとかハーネス付けて会社へGO!






































近所のたばこやのおじさんにご挨拶。

何回も「サリーです」と言っても「ちびちゃん」というおじさん。

最近はサリーの父ちゃんはあきらめて「ちびちゃん」ですと言うようにしているのです。

それから見習社員は国道を渡るとエンジンがかかるのです。

ですが、いつもはここから右にまがって会社なのがなぜかまっすぐに行くのです。




















久しぶりの会社なので会社への道を忘れたのか?

それで、「そっちじゃないよ。」




















見習社員は「あ!こっちでした。」

まあなんとか出社したのです。

で、




















大好きな「さとこ」さんがいないので不安な見習い社員。

実は「さとこ」さんと飼い主はミーティングテーブルで打ち合わせをしているのですが見習社員は会社に来たら「さとこ」さんはここ!と思っているようなのです。

で、まあその後。







































いつものおやつタイム。

それから本日の目的の税理士さんとの会議なのです。

いつもは会議の時は「自分には関係ないか」とかごに入って大人しくしているのですが、今日はもう、、、

























































うろうろ。

アルバイトの女性が「サリーちゃん!サリーちゃん!」

と抱っこしてもきょとんとしているのです。

なぜかといえば。




















いつもの見習い社員のカゴ。

カゴのなかのお布団。

洗濯するのでタオルにしたのです。

したのですが落ち着かないのです。

やはりいつものでないといけないのです。



















おしまい。

 

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーの「ぽよよん日記」。サリー音頭でぽよよんよん♪



■悩める小説家のサリー先生は訴えた。



















ちゅうことで本日のお話です。


サリーがお世話になったボランティア団体のアルマさん。

たくさんの保護犬、保護猫のお世話していただいているのです。

たくさんの方がボランティアでお世話をしているのです。

サリーの父ちゃんはいつも頭が下がるなああ。

もう涙が出るのです。

でるのですが、「教祖様エプロン」出てこないなああ。

とも思ってしまうのです。

教祖様エプロンを寄付させていただいのです。

それならそれで黙っていればいいのですが、どうも心が清らかでないサリーの父ちゃんは、「エプロンの写真見たいなああ」と思ってしまうのです。

どうしようもない奴なのです。

このままではいかん!と思ったのです。

滝にうたれようと思ったのですが、冷たいのでその考えは簡単に捨てたのです。

かわりに銭湯にいこうかと思ったのですが、多分、心は清らかにならないと思ったのです。

身体は清らかになると思うのですが。。。。

それで、パン屋さんに行ったお話しの続きなのです。

とてもおいしかったのです。

働いている方が知的障害の方なのですが、もうこれが礼儀正しい。

お店の前で掃除している男の店員さんが、「いらしゃいませ。」

レジの女性の店員さんももうとんでもなく礼儀正しい。

サリーの父ちゃんは「これではいかん!」

と思ったのです。

だってパンは美味しいし、働いている方はとんでもなく礼儀正しいし。

もうとんでもなく心が貧しい自分を恥じたのであります。

それで自分もなにか出来るのではないか。

お煎餅屋さんのちーたん、美容院のちびちゃんとお友達になろうといのは個人的な趣味であってまったく世の中のためになっていないのです。

うーん。

なんかやくに立ちたい。

どうしても立ちたい。

誰がなんといっても立ちたいのです。

いつも散歩に行く公園の掃除でもするかと思ったのですが、すでにおじいさん達が毎朝掃除しているので無理なのです。

そこで思ったのです。

アルマさんから保護犬、保護猫をもらおう。

サリーも元捨て犬です。

マイクママさんが仮親さんとなられ今は「サリぽん運輸」の見習い社員なのです。

うんじゃ、また保護犬、保護猫もらうか。

サリーは新しいわんこ、にゃんこと会うとどう反応するのかな?

まあ、サリーはたいがい他のわんこ、にゃんこには興味ないからなああ。

でも大きなわんこには興味あるんだよなああ。



















くまことか。
































なぜか分からないのですが、なぜか自分より大きなわんこが好きなんだよな。

ということは大きいわんこか。

にゃんこもいいよね。

しかし!

しかーし!

厳しい現実があったのです。

里親になるのには条件があるのです。

まずご家族の同意がること。

ご家族いないのです。

ご家族、サリーじゃだめなのでしょうか?

だめです。

あと独身はだめ。。。。

だめか。。。

急遽婚活パーティーに参加と思いました。

まがりなりにも会社の経営者です。

まあ素敵!

と思っていただける方もおられるかと思うのですが、ちょー零細企業で毎日資金繰りに四苦八苦していて、会社にはベンツではなく、徒歩。。。。

とほとほ。

では、今度夜お食事でも。

松屋なんですが、あそこのカルビ定食いけるんですよ。

じゃあ、まず無理なのです。

わかっているのです。

でも、でも。

なんとか自分の汚れた心をなんとか清らかににしたい。

なんとか不幸なわんこ、にゃん、そして日々頑張っていただいているボランティアの方々のお役に立ちたいと思ったサリーの父ちゃんは妙案を思いついたのです。

それは、



















仮親さん。

保護犬、保護猫は里親さんが決まるまでトライアルというのでしょうか。

仮親さんのお宅にお世話になるようなのです。

サリーも仮親さんのマイクママさんにお世話になったのです。

この手があったか。。。

あれ。

でももしかして仮親さんになるのも条件があるのか。。。

うーん。

どうもうまくいかんなあああ。

しかし、捨てられた犬や猫はたくさんいるのです。

なんとか微力ながら力になりたいのです。

でですね。

妙案を思いついたのです。



















会社の2階。

会社の2階は住居スペースなのです。

畳の部屋が8畳。

台所、トイレ、お風呂完備。

いいでしょう?

そこで保護犬、保護猫の仮親となるのです。

ね。

いいアイデアでしょ。

でももう老人に域にいる独身の男には仮親といえども大切なわんこ、にゃんこを預けるわけにはいきませんと言われるのでしょう。

その時は、「会社が責任を持ちます!」

「社判も押しましょう!」

って社判押すのは経営者のサリーの父ちゃんなんだけどね。。。。

で、見事、保護犬の仮親になるのです。

なるのですが、問題があるのです。

昼間はいいのです。

散歩に連れていき、事務所の中でサリーと一緒に「見習社員増えました!」

もううひゃうひゃ!

でも夜になると保護犬(チャッピーとプッチー仮名)は会社の2階で過ごすのです。

だれもいないのです。

寂しくてわんわん!

くーくー。

吠えるはなくは。。。

でも近所は工場ばかりなのでどんなに吠えてもないて決して近所迷惑にはならんのです。

あら?

そういう問題ではなくて昼間は安心できても夜はまた心細い環境はなあああ。

で、考えたのです。

いっそ住んじゃうか。

台所もトイレもお風呂もあるんだからサリーと一緒に住んじゃうか。

わんこもにゃんこも何匹もいてもご近所からなんも苦情は来ないのです。

なにしろまわりは工場ばかりですから。。。

一番近くのペンキ工場がいつもわんわんうるさい!と苦情がくるかもしれません。

その時は、「なんだと。うるさい?」

「いいか。うちの会社に出入りしていた野良のピンク。社長はにゃんにゃんさんと呼んでいた、いつもピンクに染まってうちにごはんちょうだいって来ていたんだ。」

「サリーと微妙な戦いをしていたんだ。」

「それが死んじゃったんだ。」

「それもこれもお前のところの原因だろう!」

もう工場関係者はほうほうのていで帰っていくのです。

次はトラックの修理工場です。

ここはサリぽん運輸がいつも使っているので、サリぽん運輸で保護犬、保護猫の仮親さん始めましたとご挨拶に行くと絶対に菓子折(少なくとも)もって「このたびはとんでもなく素晴らしいことを始められまして。。。」

すると、飼い主は、「これはこれはわざわざ申し訳ございません。」

「いやーご近所の○○印刷さん。トイプー2匹飼っていらっしゃる方、もうそれはそれは大喜びで、サリーと愉快な仲間達。」

「令和カレンダーを無料で印刷していただけるそうですよ。」

いやーこうなりますとご近所のみなさんこうしてはならぬ。

なにかしないとタタリがあるとかわけがわからなくなってしまい、近所の小学校の校庭で「わんこ、にゃんこに幸せに♪」祭りが開催されるのです。
























うん?

あら?

なんかはじめは真面目なお話しだったのに、どうもおまぬけになってしまうのです。

で、会社の2階で保護犬、保護猫を仮親さんとして預かる。

真面目に考えているです。

まあ、いっそのことサリーと一緒に住んでしまってもいいのです。

いいのですが、問題があるのです。

階段。

2階まで階段なんです。

腰が悪い飼い主はいつも手すりにつかまって一歩一歩登るので住むのはかなり危険がともなうのです。

うーん。

いやー、アルマさんのところでは保護犬、そしてその子供達がいるのよ。

もう可愛いでしょ?

欲しいなあ。

仕方ないので仮親さんで。

でも階段という現実があるのです。。。

もう忸怩たる思いとはこのことなのです。

なんとかできないかなああ。。

まあ偉そうなことはまったく言えないのです。

言えないのですが、とんでもなく変わった犬ですが、


























































この笑顔が嬉しいのです。



























保護犬もこんなに笑うのになあああ。

なんとか2階に登りたいなあああ。

おしまい。

 

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......