サリーの「ぽよよん日記」サリー置いてかれる。。。

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


アルマさんのチャリティカレンダー。

http://alma-charity.shop-pro.jp/?pid=109427431

残り少なくなってきたようです。

お急ぎください!

なんで多くの里親さんが我が子に迎えていただけたのでしょう。

みなさん、不幸な経歴の仔達の里親になろうという暖かい心の持ち主さんばかりなのでしょう。

決して飼い主のように、猫を貰いにいったのに、はやく生ビールが飲みたくて、「なんでもいい!猫でも犬でも!一番、人気がないのでいい!」と言って、「なんで犬がきてちゃったんろう。。。。」と後悔した里親はいないのです。

後悔しましたが、「まあ、犬でも猫でももらってしまえばおんなじだ。」という名言も残したのでもあります。

それからカレンダー。

裏表紙には、場違いな教祖様の広告が掲載されております。

本当に場違いです。

飼い主としては、なかったことにして欲しいのです。

火曜でした。

自宅で今日の打ち合わせの準備をしていました。

さて、そろそろ行くか。

ところがそう簡単には出かけられないのです。

財布が見つからないのです。

「おかしいなああ。」

狭い部屋の中を探します。

「ない。ないものはない。」

「落としたか?」

どんどん打ち合わせの時間が迫ってきます。

しかたない。1,000円札が数枚あるので、会社なので大丈夫か。

すると、今度は鍵が見つからないのです。

「なんでなんだ!」

「落としたか?」

いえ、昨晩、家に帰ってきたということは部屋の中にあるはずなのです。

「鍵無しでは出かけられないだろう。。。」

「会社での打ち合わせは諦めるか。。。」

いつもは、おまぬけな飼い主ですが、何故か責任感はあるのです。

なんとして約束は守らなくてはいけないのです。

単なる小心者とも言えるでしょう。

それで、考えました。

「会社の金庫の中にスペアがあるはず。」

スペアがあれば、とりあえず会社に行って帰りはスペアを持ってくれば大丈夫。

その間、玄関の鍵はかかっていませんが、特に盗まれるものはないので大丈夫。

貧乏人はこんな時、いいよね。

それで、携帯で会社の「さとこ」さんに金庫の中にスペアがあるか確認の電話をしました。

いったん電話を切り、鍵なし、財布なしで出かける準備をしました。

それで、サリーです。

会社に行けるとわかって、いつもの毛布噛み噛みの儀式です。

「またかよ。」

「サリー、今日は時間かけられないの。すぐ行くの。」

だめです。

儀式には時間がかかるのです。

鞄に書類を入れるため、デスクに向いました。

財布ありました。

プリンターの上に。

「なんでこんなところに。。。」

鍵もありました。

デスクの脇のゴミ箱の中。

「なぜ、ゴミ箱の中に。。。」

慌てて会社に「鍵あった。」と電話をしようとしました。










「携帯がない。。。」

5分前に使った携帯がないのです。

自分のばかさかげんに泣きたくなりました。

別に携帯なくても大丈夫か。

残るはサリーだけです。

相変わらず儀式中です。

「もう間に合わない!」

サリーはあきらめて、玄関に向いました。

サリー、儀式を中断して慌てて飛び出してきます。

「じゃあ、ハーネス付けるよ。」

また、儀式の始まりです。

一瞬、毛布ごと連れていこうかと思いました。

時間がないので、タクシーで。

運転手さんに毛布を抱いた飼い主が「犬が一緒ですがいいですか?」

それは出来ないでしょう。

仕方ないので、サリーは留守番。

で、タクシーに乗り会社へ。

なんとか間に合いました。

会議です。

しかし、寒いのです。

事務所の中が。

暖房がついてないのです。

社員はみな厚着しています。

どうしたのでしょう?

暖房費が払えないほど会社は貧乏なのでしょうか。

それで、2時間後、帰りました。

サリー、ベッドの上で大喜びです。

まあ、そんなことで一日は終わったのです。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —