「犬のおバカブログ」カテゴリーアーカイブ

船乗りフィーユの冒険。第10話。リキオがいっぱい!


サリぽん運輸である。

社長さんが言った。

「倉庫なんですが。」

「どうしたの?」

「なんか動物が侵入しているみたいです。」

「動物?猫?」

「猫じゃないみたいです。」

「犬?」

「犬でもないみたいです。」

「じゃあなに?」

「狸。」

「狸って、あの。。。ぽんぽこ?」」

「ぽんぽこです。」

「なんでわかるの?」

「糞が落ちているんです。倉庫に。」

「猫でもない犬でもない糞が。」

「ふーん。」

「今の笑うとこよ。」

「で、なんで狸よ。ここ東京よ。」

「東京でも外れです。」

「でも都民税払ってんだよ。」

「払ってますよ。」

「ねえ、都民税なんだけど、オリンピック赤字でしょ、いったい来年の都民税って高くなるのかなあ?」

「さああ。」

「高くなるんだったら俺、埼玉県に引っ越そうと思ってるんだよね。」

「なにしろ、川の向こうは埼玉県だもん。」

「そうなんです。川です。」

「会社の前、川でしょ。それで狸が川に沿って来るみたんなんです。」

「困ったね。」

「で、お客さんの荷物になにかあるといけないので、業者に見積もりをもらいました。捕獲の。」

「業者?そんな業者いるんだ。」

「いるんですね。これが見積もりです。」




「高いなああああ。」

「仕方がないですよ。」

「ビデオカメラも設置するんだ。」

「本格的でしょ。」

「でさ、ひとつ質問なんだけど。」

「なんですか?」

「捕獲した狸はどうなるの?」

「どうなるとは?」

「単純にどうなるの?」

「業者さんが持って行くんじゃないですか?」

「で?」

「でって?」

「持ってかれた狸はそのあとどうなるの?」

「どうなるって、知らないほうがいいんじゃないですか?」

「まあ、そうだな。知らないほうがいいか。」

「で、お願いしますか?」

「仕方がないね、お願いしましょう。」

「了解です。」

「あ!」

「なんですか?」

「あのね、ビデオね。」

「はい。」

「あれ暗闇でも映るビデオカメラでしょ?」

「そうでしょうね。」

「あのう、白黒の画面に、二つの光る目が。」

「でしょうね。」

「狸ですよ。たぬちゃん。」

「はあ。」

「で、檻の中にある餌に釣られて。。。」

「捕獲されます。」

「それはいんだけど。もしだよもし。」

「もし。」

「ふたつの光る目にだよ。」

「その後ろに小さく光る目があったらどうするの?」

「小さく光る目ですか?」

「それも、4つ。」

「なんですか?」

「子狸だよ。」

「子供の狸ですか?」

「そうですよ。」

「初めの光る目は母親ですよ。母ちゃん狸。」

「で、その後に、子供の狸が二匹。」

「母ちゃんの後をついてこちょこちょ。こちょこちょ。」

「母ちゃんと一緒に捕獲されるんだよ。」

「されますか。」

「されますよ。」

「でね、その親子の狸は捕獲されてその後どうなるの?」

「業者さんが。。。」

「業者さんが?」

「知らないほうがいいと思います。」

「なんか嫌だなあああ。」

「なんか寝ざめが悪いよ。」

「じゃあどうするんです?」

「どうするって。。。。」

「飼うか。」

「はああああ!」

「ぽんぽこ運輸とか社名変更して。」

「本気ですか?」

「無理だよなあああ。」

「しかしね。」

「なんですか?」

「うちって、まず野良猫のピンクだろ。」

「お腹がへるとごはんを貰いにくる、侵入社員。」

「で、サリーだ。」

「会社に行けるとわかると猛烈に一直線に会社に来る、見習社員。」

「で、今度は夜中に倉庫に入って糞をする、闖入社員。」

「まったく、動物に好かれる会社だね。」




ということで、未だ捕獲した狸ファミリーをどうするのか決断してないサリぽん運輸なのでありました。

ということで、しばらくぶりの「船乗りフィーユの冒険」!。




船乗りフィーユはなぜか牢屋の中にいたのである。

話せば長いことながら、簡単に説明すると。




島の警察。

「おやつで署」の、リキオ・リッキー警部に逮捕されたのである。




フィーユは必死で自分の無実を訴えた。

しかし、




リキオ・リッキー警部。

ちなみに、リキオはリッキーママさんの今は亡き父上のお名前なのである。

リッキーママさんのお母様、リキオパパの奥さん。

このブログの大ファンで、「リキオ」を登場させると嬉しいそうなのである!

この際、登場人物のミドルネームをすべて「リキオ」にしたらどうかと思っているのである。




船乗り・リキオ・フィーユはとんでもない危機にあった。

このままでは、島の「宝」を探す冒険旅を続けることができなくなるのである。

そうなのである。

船乗り・リキオ・フィーユは「宝」を探す旅をしていたのである。

作者もころっと忘れていたのである。




リキオ・リッキー警部である。

リキオ・リッキー警部!聞いてください!」

「なんだね?」

「私は決して怪しいものではありません。」

「みんなそう言うんだ。」

「世の中に自分は怪しいものですと言う奴はいない。」

「まあそうでしょうが。」

「私はこの島で島の「お宝」を探す旅をしていたんです。」

「なに、「宝」とな。」

「お宝です!」

「この島に「宝」があるなぞ聞いたことがないぞ。」

「そうなんですか。」

「でも、リッキー警部が。」

リキオ・リッキー警部だ。」

「そうでした。リキオ・リッキー警部でした。」

リキオ・リッキー警部が気がついていないだけで、この島には「お宝」が存在しているのではないでしょうか?」

「なに?」

その頃、島の中では。




リキオ・cocoであった!




島の重大なイベントが開催されることを思いだしたのである。




そうなのである。

今日は島の重大イベントの日なのである。










いつもの可愛いメンバーも。

いったい、今日は島でなにが行われるのであろう?

そこに。。。




リキオ・凪に似たわんこのポスターが。。。。




いよいよ待っていたとは????

もう島はお祭り騒ぎ!




露天商の、車・リキオ・寅次郎。

別名、リキさん




ということで、今回はここまで!

以下、次号予告!




なぜ、リキオ・ひなたが!




リキオ・ルーイ監督も!!!

ご参加わんこ大募集中!!!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

 人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

船乗りフィーユの冒険。第9話。謎の遺跡と漫才コンビと。








「先生、なにか怒っていませんか?」

「まったく、あの男、舐めているのか!

「舐める?あのオヤジですね。」

「最も重要なところで、原稿読み飛ばしやがって!」

「読み飛ばす?」

「ああ、別のオヤジか。。。。」

「いつもあの男、無表情で気持ち悪いんだよ。」

「ですよね。なんか本当、冷たい人間なんだなとわかりますよね。」

「しかも、噛みやがった。」

「噛む?あれ、やっぱりあっちのオヤジかな?」

「本当、気持ち悪いんだよ。」

「ですよね。ソフトボールの選手が可哀想ですよ。」

「あいつは、原稿読んでも、噛むんだよな。」

「原稿?金メダルの話じゃないんだ。。。」

「トヨタも怒ったな。」

「やっぱりあっちのオヤジか。」

「しかし、トヨタも偉いな。」

「オリンピックのスポンサーなのに企業イメージを考えCMを一切やらないことにしたな。」

「そうですね。」

「5輪はやめて、これからは、4輪に専念しますってか?」

「お上手!」

「敬愛する立川談四楼師匠のネタじゃがな。。。。」




「しかし、あの金メダル。」

「やっぱりあのオヤジですね。」

「気持ち悪いから新しいのに交換してくれればいいのに、IOCは駄目だと。」

「固いですよね。」

「せっかく頑張って得た金メダルが汚されたんだぞ。交換しろよ。」

「なんでIOCは動かないんでしょう。」

「同情は正義では動かいないんでしょうか?」

「フィーユ君。いいかね。」

「はい。」

「IOCはな、同情やましてや、正義では動かんのだ。」

「じゃあなんでだと動くんです?」

「動くのは。。。。。」







「でもサリー先生。」

「なんだね、フィーユ君。」

「オリンピックも終わりましたよ。」

「そうだな。ようやく落ち着いた日々を取り戻すことができるな。」

「サリー先生の落ち着いた日々とは?」

「やはり、平日の午後、警視庁捜査一課長→科捜研の女→そして相棒の再放送!」

「あの再放送を録画して夜中にビールを飲みながら楽しむ生活だな。」




ということで、いつものサリー先生とフィーユ君でした。。。。







「おらが島」である。




謎の遺跡である。

船乗りフィーユである。

あい変わらず、お宝を探していたのである。

その時であった。




「おんや?」

「あのう、あなたはどなた?なにをしているの?」

フィーユは訊ねた。




「私は、考古学者の。。。。」







「そのまんまぷー太さんですか?」

「そう。プレーンぷー!です!」

「で、あの方は?」




「あいつはね。相棒の。。。」

「相棒の?」




「フリー・コリ男ってかっこいいじゃないですか。」

「いや、フリー・コリ男。」

「ただのコリ男だ。」




「お二人は長いんですか?」

「そうねええ、コリ男君とは長い付き合いやね。」

「そうそう。同じ臭い飯を食った仲。」

「ちがうやろ。」

「それを言うなら、同じ釜飯を食った仲やろ。」

「ぷー兄さん、それは、同じ釜の飯を食った仲!」

「もう君とはやってられんなあああ。」




漫才コンビのぷー&コリを置いてフィーユは再びお宝探しの旅へ向かったのである!

ということで本日はここまで!

ご参加わんこ大募集中!!!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

船乗りフィーユの冒険。第8話。サリー先生のオリンピック?それがどうした?








「日本やりましたね!」

「なにがだ?」

「ソフトボールですよ!」

「どうかしたのか?」

「金メダルですよ。金メダル!」

「それは、めでたいな。」

「え、嬉しくないんですか?」

「嬉しくないといかんか?」

「サリー先生、もともとオリンピックに興味なかったですよね。」

「スポーツ全体に興味がない。」

「世の中にはスポーツに興味がない人もおるのだよ。」

「しかし、マスコミの報道はなんだんだ!」

「一日中、オリンピック。オリンピックだ。」

「世の中にはオリンピックに興味がない人がいることがわからんのか!」

「大体な、宿敵米国に勝利!とか。」

「いつから宿敵になったんだ?」

「ソフトボールはスポーツだろう?」

「え?我々は戦争しているのか?」

「マスコミはオリンピックになると報道が太平洋戦争時に戻るんだよ。」

「なにが侍ジャパンだ。」

「日本人の侍のDNAがとかなんとか。。。」

「ばかも休み休み言いなさい。」

「日本人の多くの先祖は農民だ。」

「百姓だ。」

「飢饉。戦(いくさ)。異常天候。数多くの災難、苦難に会いながらも我々の先祖は身を粉にして畑を耕し、子供を育ててきたのだ!」

「そうして今、わしらがいるのだ!」

「それを言うなら。。。」




「サリー先生。。。。。」

「何気なしにラジオのニュースで、一二三兄妹が揃って金!と言っておった。」

「私はてっきり将棋の一二三。」

「ひふみんだと思った。」

「そうだろう。一二三と言えば加藤ひふみんだろう。」

「そうか、妹がいたのか。しかも妹さんも棋士だったのか。」

「で、そろって優勝したんだなと思ったのだ。」

「しかし、柔道の一二三だとは思わんかった。。。」




「先生、もう少し世間のことを勉強したほうが。。。」

「私もそう思う。」

「この前もえらい恥をかいた。」

「どうしたんですか?」

「ゆずという二人組の歌い手がおるであろう。」

「歌い手。。。。」

「栄光の架橋という歌があるだろう。」

「はい。」

「最近まであれは、栄光の高橋!」

「だと思っておった。」

「はあああ?」

「そう聞こえたんだ。」

「どうしてそんなふうに聞こえたんですか?」

「だってな。」

「誰にも見せない泪(ナミダ)があった。人知れず流した泪があった。決して平らな道ではなかった」

「だぞ。主人公は挫折しているんだ。」

「けれど確かに歩んで来た道だ。あの時想い描いた夢の途中に今も。何度も何度もあきらめかけた夢の途中。」

「まだ呆れめてはいないということが伺える。」

「いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある。だからもう迷わずに進めばいい。」

© Nhk Publishing Inc

「そうなのだ、主人公は過去を捨てたのだ!」

「今日から主人公は新しい自分になることを決心したのだ!」

「そうして!」

「栄光の高橋へと!!!!」

「そうだったのだ!主人公は今まで今にも倒れそうな気弱な高橋青年だったのだが、今日から新しい高橋!」

「栄光の高橋へとなるのだ!」




「と思っておったんだ。」




ということで。。。。

船乗りフィーユである。










フィーユは思った。

「また、なんか変なのが現れたぞ。」










「君よ、春が来るのだ。冬の後には春が来るのだ。」

「小さき君へ・生まれ出づる悩み。」

「有島武郎。」

「だからなんなんですか。」

「格言だよ。格言。」

「格言?」

「そうだ。格言だ。」

「私はこの森で新たな格言を作るまでこの森から出ることが出来ない呪いにかけられておる。。。」




「なんだそれ?」

「そこを行く旅人。ひとつ格言をお聞かせしよう。」

「ほとんすべての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行きつき、そこでやるきをなくしてしまう。」

「いよいよこれからだというのに。」

「トーマス・エジソン。」

「だがな、旅人よ。」

「諦めは心の養生。という格言もあるのだ。」

「たとえ失敗や不運があったとしても、くよくよせずにすっぱり諦めるのが精神衛生上よいということ。諦めが肝心というたとえ。である。」

「で?なんなんです?」

「格言。なかなか思いつかんのだよ。。。」

「世の人の心にぐさりと刺さる格言だ。」

「うんじゃこんなのどうです?」

「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス。」

「織田信長。」

「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス。」

「豊臣秀吉。」

「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス。」

「徳川家康。」

「ときて、」

「鳴かぬなら代わりに鳴こうホトトギス。」

「サリーの父ちゃん。」

「あと、こんなんもあるよ。」

「明日できることを今日やるな」

「サリーの父ちゃん。」

「中抜きで今では、竹・平蔵と呼ばれています。」




ということで、船乗りフィーユはまたまたお宝探しの旅に戻ったのである。

その時であった。

「明日の天気を占ってしんぜよう。」

という声がしたのである。







「あなたは、リッキー教授に似ているけど、誰なんですか?」

「うん?私かね?」

「私は。。。」




「流しの気象予報士。」

「明日天気になーれ・リキオ・リッキーである。」

「リッキーママさんの友達が作ってくれた、てるてる・リッキー!」




「ひとついかがかね?」




ということで、今回はここまで!

cocoママさん、凪ママさん、ひなたママさんからお写真頂いているのに、申し訳ございません!

ちょっと待っててねえ!。




「ところでフィーユ君。」

「なんですか?」

「オリンピックのソフトボールだが。」

「ニュージーランドはどうなったのだ?」

「わしらの、おしんは?」




 

ご参加わんこ大募集中!!!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......