「父ちゃんの入院生活」カテゴリーアーカイブ

サリーの父ちゃんの、おまぬけ入院日記2!


フィーユ!

で、相部屋の爺さんである。

一日中、寝ているのである。

寝る子は育つというが、爺さんまだ育ちたいのであろうか?

それで、爺さん、たまに寝ぼけるのである。

カーテンの向こうからなにやら「もごもご」聞こえるのである。

父ちゃんは、耳をそばだてるのである。

なにを言っておるのか?

しかし、残念なことになにを言っているのかはわからなかった。

でも、前回の大部屋よりはとんでもなく居心地がいいのである。

とにかく一日中寝ているので、夜中にパソコンやってもまったく起きる気配がないのが嬉しいのである。

しかしである。

ある夜のことであった。

爺さん、突然カーテンを乱暴に開けたり締めたりするのである。

「爺さんどうした!」

父ちゃんは慌てて飛び起き、「どうしされました!」

すると、爺さんは、父ちゃんの顔を見て、「きみ子。。。」

と言ったのである。

恐らく奥さんを探していたのであろう。

コロナ禍で奥さんや家族との面会もできず、寝ぼけて奥さんを探していたのであろう。

ただ問題は。。。。

爺さんが父ちゃんの姿を発見した時の顔が。。。。

妙にな艶めかしかったのである。

父ちゃんは背中に一筋の冷や汗が流れたことを覚えているのである。




 

モコ!

その他は順調に入院生活を過ごしているのである。

毎度のように朝、コンビニに行き、新聞とジュースとかもろもろ買い込み、病室の小さな冷蔵庫に秘蔵するのが日課となっていたのである。

ある朝、コンビニで買い物をすませ、帰ろうとすると、店員さんが。

「お客様。」と呼び止めたのである。

「お客様。ぴったりですよ。」

父ちゃんはなにごとかと思い、店員さんの差し出したレシートを見た。




1000円ぽっきり。

「お客様。これ記念にとっておいたほうがいいですよ。」

父ちゃんは、記念なのかと思いながら財布にしまったのである。

こんなん記念になるの?

あ、有料の袋(3円)も買ったので1000円丁度になったのか。

そんなもんかな。

それから、ぷーママさんから頂いた、サリーの羊毛フェルト人形である。




枕元に置いているのである。

看護師さんが来るたびに、看護師さん、「まあ可愛いわんちゃんですね」

父ちゃんはこころのなかで、「待ってました!」とばかりに。

「可愛いでしょ。」

「サリーと言うんですよ。」

「亡くなってしまったんですがね、知り合いがわざわざ頼んで作っていただいたんです。」

もう立板に水とはこのことかというぐらい、滑らかに説明するのである。

で、決めては。

「サリーこれなんです。」




「あ、違った。」




サリーの写真を見せるのである。

「まあ、そっくりじゃないですか!」

看護師さん感激。

それで、父ちゃんは満足するのである。

まあ、暇なのでやることがないので仕方がないのである。

で、入院して丁度1週間である。

あと1週間。

まだ先は長いが頑張ろうと思っていた時であった。

主治医の先生に会った。

先生は言った。

「〇〇さん。もう入院しなくてもいいです。」

「退院。」

「あとは通院で健康チェックで。」

父ちゃんは思った。




coco!

2週間の予定の入院が1週間で終わりを迎えたのである。

そうか、そうなのか。

入院は終わりなのか。

父ちゃんは病室に戻ったのである。

退院の支度をしないといけないのである。

長い入院生活にと、大量の本を持参してきたのであるが、結局、1ページもめくることはなかった。

あと、毛布が。。。。

これは、病室があまりにも寒いので、看護師さんに「毛布とかありませんか?」とたずねたのだが、看護師さんは一言。

「バスタオルならあります。」

どこの世界に「寒いは。。。」

「あら、バスタオル。」

「ありがたい、これでぬくぬく。」

なんてことがあるのでしょう?

そんなことで文句を言っていたら、グレースママさんが毛布を送っていただいたのである。

もう感謝なのである。

今度、グレースママさんに「お嫁さんが欲しい。」と言ったら紹介してくれるような気がしてならないのである。

はい、嘘です。

それで、夜中に爺さんが、「寒い。寒い。」

父ちゃんどうしたらいいのでありましょう?

父ちゃんはグレースママさんの差し入れの毛布でぬくぬく状態なのである。

でも、爺さんは「寒い、寒い。」

心の葛藤。。。

結局、父ちゃんは。

「聞かなかったことにしよう。」

賢明な判断なのである。

まあ、翌朝、看護師さんが爺さんの毛布を発見して、これはどこから?

「すいません。あまりに寒いと言っていたので、私が。。。」

とかにんるとひと悶着ありそうで、今でも賢明な判断だと思っているのである。

よかったのか?

それで、退院なので支度をしていたのだが、小さな冷蔵庫の中に、野菜ジュースや饅頭やヨーグルトとか大量に備蓄されているのである。

これをどうするべきか。。。

看護師さんに「これどうぞ。」と差し上げていいものだろうか?

よくわからないので、父ちゃんは、「いっぺんに飲んで食べてしまおう。」

と思ったのである。

しかし、大量のジュースやまして饅頭まで一挙に消化するのは大変なのである。

仕方がないので、荷物は宅配便で送り、残ったジュースなどをバックパックに詰めて病院を後にしたのである。

帰りはタクシーを使わず、徒歩。

ぽかぽか陽気で、父ちゃんはジュースを飲みながらぽかぽか陽気のなかをまわりの光景を眺めなら帰ったのである。

所要時間1時間!

ということで、2週間の予定の入院が1週間で終わった、父ちゃんの入院日記でござりました。

たくさんの方にご心配をおかけして、申し訳ないという気持ちと心配して、差し入れをいただいた、ぷーママさん、グレースママさんにあらためて感謝なのであります。







おしまい。

わんこぴっくは次回!!!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

サリーの父ちゃんのおパンツ騒動。


サリーの父ちゃんである。

5日であった。

サリーの父ちゃんは朝、病院にいたのである。

久しぶりの検診なのである。

新年であるから初詣。

ではなく初検診。

まったくメデタくはないのである。

時間は8時半。

朝、はやいなああ。

8時半に検査だと言われているのである。

言われているのであるが、待合室には誰もいないのである。

おかしいなあああ。

結局、ポッキー先生の検診は11時だったのが判明したのである。

11時!!!!

なんで8時半だと思ったのであろう?

父ちゃん、新年そうそうやっちまったのである。

8時半。

仕方がないので外に行って時間をつぶすか。。。

でも、8時半ではつぶすところがないのである。

マックに行って朝マック。

でも、病院から朝食を抜くように言われているのである。

どうしようもない。

それで、とりあえず外に出たのである。

するとトイプードルを散歩させているご婦人がいたのである。

トイプードルは父ちゃんを見つけると、「おんや?」と父ちゃんを見て止まるのである。

「やったぜ。」

「私もトイプードルを飼っておりまして。」

「なんかわかるんですかね。」

と会話ができると思ったのである。

思ったのであるが、ご婦人はまるで不審者を見るように慌ててトイプードルのリードに力を入れて歩き去ったのである。

サリーの父ちゃんの帽子、マフラー二重巻き、マスクのもこもこ星人を怪しいと思ったのである。

そうして、サリーの父ちゃんは病院にすごすごと戻ったのである。

「しかし、11時まで長いなあああ。」

父ちゃんは馴染みのコンビニに行き、新聞を4紙購入したのである。

新聞熟読。

すると、患者さんが集まってきたのである。

ご老人のご夫婦が受付の人から「血圧を測れ」と。

ご夫婦は「血圧ですか?」とうろうろするのである。

父ちゃんは、「もしもし、血圧はそこの血圧計ありますから。それで測って。」

と案内するのである。

勝手知ったる他人の家ならなぬ、勝手知ったる他人の病院なのである。

で、しばらくすると、両手に杖をついた爺さんが登場したのである。

この爺さんが問題だったのである。

爺さん、両手に杖をつきながらなにか呟いているのである。

問題なのは、両手に杖爺さん、マスクを顎にずらしているのである。

これではマスクの効果がないのである。

このご時世。

マスクをずらして、しかも話をしているのは重大犯罪である。

「昨夜、◯◯コンビニで刃物をもった強盗が。」とか、

「◯◯銀行に拳銃のようなものを持った強盗が。」より、

「本日、朝8時半。両手に杖をついた爺さんがマスクを外して病院に。」

のほうが重罪なのである。

そうは思いませんか?

サリーの父ちゃんは慌てて、両手に杖爺さんから遠くへ避難したのである。

したのであるが、両手に杖爺さんはなにか言いながらそばに寄ってくるのである。

サリーの父ちゃんは恐ろしかった。。。。

しかし、なんで病院に来る爺さん達は自分勝手なのであろう?

で、両手に杖爺さんは、診察の結果、「採血とMRI検査」と言われたのである。

「ざまああみさらせ。」

「採血いたいんだよ。」

「MRIは音がガンガンなんだよ。」

「うふふふ!」

サリーの父ちゃん、心の中で喝采したのである。

で、サリーの父ちゃん、呼ばれたのである。

CT検査なのである。

受付の方が「CT検査の場所わかりますか?」

父ちゃんは答えた。

「はい。C館の地下です。」

もう勝手知ったる他人の病院なのである。

それで、エレベーターに乗ったのである。

すると、あの!

あの!

ポッキー娘が。

車椅子に乗った患者さんと一緒に!

サリーの父ちゃんは思わず。

「おおおおお!」

「あら、元気ですか?」

「あけましておめでとう!」

後から考えると、病院で新年の挨拶とはいいのであろうか?

それで、CT検査なのである。

もこもこ星人の父ちゃんに技師さん。

若い女性の技師さん。

「入れ歯はないですか?」

「ありません。」

「他に金属はないですか?」

「ないでーす!」

すると、

「スエットのパンツの紐のところが金属なので脱いで頂いていいですか?」

父ちゃん、あらら?

脱いだのである。

本当は寒いので股引ではなくスパッツを履いて行こうと思ったのだが、なんとなしにサリーが、「父ちゃん、それはまずいよ。」とお告げがあって、股引はやめたのである。

サリーの父ちゃんはサリーに感謝してスエットを脱いだのである。

するとパンツ一丁。

しかもパンツはよれよれの◯◯クロのパンツではなく、新品の「グンゼ」のパンツなのである。

サリーの父ちゃんはサリーが「今度はグンゼでね。」

と言われたことに感謝したのであるが、「サリーがね、〇〇クロじゃなくてグンゼと言ったんですよ。」

と女性の技師さんにお伝えしたかったのですが、父ちゃんは機械のなかにぐーインと入れらたのである。

まあ、技師さんにすれば患者のパンツが◯◯クロであろうがグンゼであろうが関係ないのである。

ということで、お間抜けサリーの父ちゃんの新年初病院のお話でございました。

結果は「よし!」。













おしまい。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

父ちゃんの最後の?入院日記。


夜中であった。

私は寝ていた。

ふと人の気配がして目が覚めた。

するとそこには、暗闇の中で白い服を着た何者かが。。。

私は心底驚いた。

幽霊か。。。。

私は全身が固まったまま動くことが出来なかった。

出たのだ。

遂に出たのだ。

「助けてー!」婆さんの亡霊が。。。。

私は心の中で叫んだ。

「婆さん。」

「すまなっかた。」

「勝手に、助けてー!婆さんと呼んで。」

「許してくれ!!!!」

私はしばらくベッドの上で固まっていた。

するとだんだん、暗闇の中で目がなれてきて、そこにいるのが「助けてー!」婆さんではなく、看護師さんだとわかった。

点滴の交換であったのだ。

私は「うかつ」だった。

点滴は毎晩12時だったことを思い出した。

看護師さんは、点滴を交換すると無言で去っていった。

私は起き上がり深いため息をついた。

もう入院して1週間である。

そろそろ入院生活に慣れたと思ったのに本当に「うかつ」だった。

ということで、サリーの父ちゃんの入院生活である。

2度めの入院。

毎日、やることがないので退屈なのである。

かと言えば、そうでもなくて、意外と忙しいのである。

朝6時になると新たな看護師さんが来て、熱をはかる。

血圧をはかる。

はかられてばかり。

時代劇であれば、悪代官が、「はかられた!」なのである。

そして一段落してぼーっとする。

世の中では、人々が仕事にでかかけていたり、朝ごはんの支度をしているのである。

あるいは、犬の散歩。

犬の散歩かあああ。

サリーを散歩に連れていったなああ。

犬を飼うのは初めてなので、散歩、どうしたらいいのかわからなかったなああ。

犬は朝になると自分から飼い主を起こして「飼い主さん。散歩。散歩。」と言うのだろうと思ったが、サリーは飼い主が寝ていると一緒にずーっと寝ていたなああ。

仕方がないので、ずぼらな飼い主であるが、「とにかく散歩に連れていかいと。」と思い起きたくないのに起きてサリーを散歩に連れていったなああ。

しばらくすると、わんこの友達ができたなああ。

サリーは散歩に連れて行くとなぜかベンチに向かって一直線。

とにかく「おやつ」をくれる人を探したなああ。

元捨て犬で放浪していたからなああ。

とにかく食べるものを探していたんだろうなああ。

私はふとサリーの思い出にひたるのである。

ひたりながら、時をチラチラ見るのである。

7時半になるのを待っているのである。

7時半になにがあるのか。

コンビニが開くのである。

病院のコンビニは朝7時半に開くのである。

そして、6時に閉まるのである。

世の中のコンビニは24時間であるが、病院のコンビニは7時半から6時なのである。

セブンイレブンならぬ、セブンハンシックスなのである。

であるから、私はとにかくコンビニが閉まるまでに大量のお菓子を買い込むのである。

以前、買い込むのを忘れてしまい、夜中にひもじい思いをしたのである。

そして7時半になると、いそいそとコンビニに向かい、お菓子を購入し、新聞も購入するのである。

退屈な入院生活で唯一の楽しみなのである。

コンビニ行くと必ず買うのが、ポッキーである。

ポッキー。

ポッキー娘。

11月11日がポッキーの日で、私はポッキーを大量に購入しプレゼントしたのである。

看護師さん仲間で休憩中においしくいただきましたと報告を頂いたのである。

それから私はやたらポッキーを看護師さんにプレゼントしたのである。

すると、看護師さんは皆、喜ぶのである。

それを盆姉に報告すると、「きっとサリーの父ちゃん、ポッキーおじさんと呼ばれていますよ。」

そうなのである。

私は、ポッキーおじさんなのである。

そうして私は毎日、毎日、ポッキーを看護師さんにプレゼントするのである。

主治医の女医さんにも。

とんでもなく大変なことをごく普通に伝える女医さんである。

「うん。大丈夫よ。」

「全然、問題ないわよ。」

「入院ね。」

という女医さんである。

私は勇気を振りしぼって女医さんにポッキーを差し出したのである。

「先生。これあげます。」

すると女医さんは「あら。いいの?」

女医さん笑顔になったことを私は見逃さなっかたのである。

ポッキーの影響力偉大なり。

ということで、第2回の入院生活。

11月12日。

くしくもサリーの月命日に無事退院となったのである。

退院する時に私は大量に購入したポッキーをナースステーションで、「お世話になりました。これつまらないものですが、皆さんで。」

と渡したのである。

すると、ナーステーションにいた看護師さん達が一斉に立ち上がりお礼をしてくれたのである。

私も深々と頭を下げ、「ありがとうございました。」

エレベーターに乗り病院を後にしたのである。

帰りのタクシーで考えたのある。

入院生活で学んだことがあった。

このご時世、看護師さん、先生、大変なんだなああ。

夜中に患者が騒ぐと看護師さん。

駆けつけて世話をするのです。

私の孫の世代なのです。

そうして私は看護師さんたちに感謝したのです。




盆姉から頂いたドライフラワーも持って帰りました。




ということで、父ちゃんの入院は終わったのです。




おしまい。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......