「友だち」カテゴリーアーカイブ

船乗りフィーユの冒険。第18話。●●クロの陰謀と佐里門!





「これはフィーユ君ではないか。」

「先生、課長から部長になった旅行はいかがでした?」

「なんだね?」

「昇進の旅!」

「フィーユ君。教えるものはなにもない!」

「ありがとうございます。」

「で、傷心の旅はいかがだんたんですか?」

「うむ。旅の途中で私はものすごい事実に気がついたのだよ。」

「ものすごい事実ですか?」

「そうだ、あえて言うなら、●●クロの陰謀だな。」

「●●クロの陰謀?」

「それはそれは恐ろしい陰謀だ。」

「この事実を知ったジャーナリストがすでに3名消息をたっているらしい。」

「そんなに恐ろしい陰謀なんですか?」

「そうだ。」

「この国はもう長い間、国民の賃金があがっていない。」

「先進国では最低だ。」

「外国なら暴動が起きても不思議でない。」

「だが、国民はおとなしい。」

「なぜか。そこには●●クロが存在しているからだよ。」

「なんなんですかいったい?」

「そうさな。仮にここに大河原花子という主婦がいるとしよう。」

「旦那は大河原一郎。旧姓、有栖川一郎。」

「はああああ?」

「長男は大河原銀河。」

「いわゆるキラキラネームだ。」

「長女の大河原麻理鈴(まりりん)1歳。」

「ねえ、あんた。銀河の服よ服。」

「服か。」

「もう銀河どんどん大きくなって、去年の服がもう小さいのよ。」

「だから新しいの買いにいかないと。」

「よくある話だ。」

「で、大河原一家は●●クロに行くのだ。」

「なにしろ、●●クロは良質な服を手頃な価格で販売しておる。」

「なんか広告みたいですね。」

「後からクレームが来ると困る。」

「で、大河原家は息子の銀河にヒートテックの下着やらフリースを買うのだ。」

「ついでに、花子も。」

「父ちゃんは?」

「ない。」

「そんなあああ。」

「よくある話だ。」

「でな、もし●●クロが無かったとしよう。」

「大河原家はデパートに行くのだ。」

「で、驚くのだ。」

「銀河の下着、上着、高い!!!」

「手が出ない!」

「仕方なく大河原家はしょんぼりと家路につくのだ。」

「いいかね。これが全国の家庭で起きるのだ。」

「当然のごとく、暴動が起きる。」

「しかし、●●クロのおかげで庶民はなんとなしにルンルンなのだよ。」

「でだな。●●クロのバックには。。。」

「バックには?」

「政府がいるのだ。」

「はあああ?」

「信じられんだろう。私も信じられなかった。」

「でも私はある事実に気がついたのだ。」

「庶民の不満を抑えるには手頃な価格の服を与えておけばいいという政府の計画だ。」

「しかもだ。政府にスキャンダルが起きる。」

「新聞も書きたてる。」

「庶民怒る。」

「するとじゃ、なぜか●●クロが期間限定セールを時を同じにして開催するのだよ!」

「となると庶民はスキャンダルのことは忘れて●●クロに殺到するのだ!」

「サリー先生。。。。」

「どうかね?」

「で、船乗りフィーユの冒険の次のお話は?」

「うむ。私の弟子に書かせた。」

「弟子?」




「芥川フィーユ龍之介だ!」




或日(ある日)の暮方の事である。

一人の下人(げにん)が、佐里門の下で雨やみを待っていた。




広い門の下には、この男の外に誰もいない。




唯、所々丹塗(にやぬり)の剥げた、大きな円柱に(まるばしら)に、蟋蟀(キリギリス)が、一匹とまっている。




「じゃなくて、フィーユ先生!」




「それは、芥川龍之介先生の羅生門です!」

「面倒くさいなあああ。」

「わざわざ、新潮文庫の羅生門。370円買ってきたんだ。」

「そうなんですか。。。」

「うむ。●●クロに行った帰りにな。」

「ここにも、●●クロの陰謀が!」

「続けるぞ。」

何故かと伝うと、この二三年、サリぽん王国には、地震とか辻風とか火事とか飢饉とか伝う災がつづいて起こった。。。。

農民のcoco彦であった。




飢えていた。




手当り次第に食いもんを漁った。。。

「フィーユ先生。cocoママさんに怒られますよ!」

「まあ、気にするな。」

そうして、民は倒れた。。。。




こむぎ丸であった。

「フィーユ先生!」




「こむぎは、お役所勤めでしたよ。」

「あら、そうだった?」




こむぎは言った。

「己(おれ)は検非違使の庁の役人などではない。」

「今し方この門の下を通りかかった旅の者だ。」







「羅生門のパクリまだ続くんですか?」

「仕方ないなあああ。」

話を戻そう。

サリぽん王国の姫である、プリンセス・フィーユ。




囚われの身である。

それは。。。。




怪盗猫だましの陰謀だったのである。

作者はさっき、「下人が雨やみを待っていた」と書いた。

しかし、下人は雨がやんでも、格別どうしようと伝う当てはない。




ふだんなら、勿論、主人の家へ帰るべきはずである。

ところがその主人からは、四五日前に暇を出された。




しかしである。

この災難のなか、能天気な二人組がいたのである。




国際的スナイパー、まるっち1.2もうすぐ1.3である。










呑気な二人組だが、この後、大活躍するのである。

多分。。。。

そうなのである。

苦しむ農民たちのため、侍たちが立ち上がったのである!




coco千代!




こむぎ丸!




凪兵衛!!!

そして!




リキオ・リッキー左衛門と、ガールフレンドのレイちゃん!




ラブラブ!

ということで、侍たちが農民のために戦うのである!!!







「それは黒澤明監督の七人の侍のパクリです!!」

「うるさいなああ。」

ということで、お話は続くのである!!

まるっち、ひなっちは。。。。




ということで、待て次号!!!




ご参加わんこ大募集中!!!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

 人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

船乗りフィーユの冒険。第12話。ヤング・ケアラーと歌はいけません!





「久しぶりだね。」

「先生、お元気ですか?」

「うむ、なんとかやっておるよ。」

「ところで、フィーユ君。」

「なんですか?」

「最近、どうも街中に英語がはん濫していると思わんかね?」

「英語ですか?」

「そうだ。新聞やテレビで、やたらと、SDG’Sと言っておるだろう。」

「そういえばそうですね。」

「いったい、SDG’Sとはなんなんだ!わからんではないか!」

「先生、そう興奮しないで。血圧があがります。」

「そうであった。」

「えーとネットの”ワンペディア”で調べました。」

「SDG’Sとは持続可能な開発目標だそうです。」

「持続可能な開発目標って日本語でもよくわからん。」

「えーとですね、2015年に国連サミットで採択された。」

1:貧困をなくそう。

2:飢餓をゼロに。

3:全ての人に健康と福祉を。

4:質の高い教育を。

5:ジェンダー平等を実現。

6:安全な水とトイレを世界に。

「だそうです。」

「なるほど。素晴らしいではないか。」

「そうですね。」

「な、フィーユ君。」

「貧困をなくそうではないか!」

「私も元捨て犬。放浪していて、毎日、毎日、ひもじくてな。」




(サリー先生、放浪の末、捕獲される。さいたま保健所。)

「濡れたダンボールを齧ったこともあった。」

「世の中には、毎日、毎日、十分なくいもんにありつけない犬も、猫もそして他の生き物たちがおるんだ。」

「で、つぎは、飢餓をなくそう。」

「そうだな、そうだな。やはり、犬にも猫にも大切なのは食いもんだ。」

「私なんかね、放浪しておった時にだ、うろうろと、もう空腹で空腹で、人様に近づき、「可愛いわんこだね。」とか言われているすきにくいもんを盗んだもんだよ。」




(さいたま保健所より救出される!)

「もうそれは天才だった。」










「仲間の犬達からは、愛想笑いで強奪のサリーと呼ばれておったよ。」




「サリー先生!」

「なんだね、フィーユ君。」

「この持続可能な開発目標ってわんこやにゃんこのためなんかじゃないんですよ。」

「おんや?違うの?」

「違います。人間のためなんです。」

「えー、そうなの?」

「人間だけなのおおお。」

「世の中には貧困で飢餓のわんこ、にゃんこいるでしょう。」

「人間だけなんてずるいなああ。」

「まあ、そうですよね人間だけじゃなくて、わんこにゃんこもいれてくれればいいのに。」

「しかしだね、こんなことをなんで、持続可能な開発目標などと難しい日本語にするんだろうね。」

「さて、なんででしょう?」

「私は気がついたよ。」

「なにをですか?」

「これは政府の陰謀だよ。」

「陰謀?」

「そうだよ。こんな貧困をなくそうとか、全ての人に健康と福祉をとか、質の高い教育とか、ジェンダー平等とかだね。」

「国民がそうだそうだ。と気がついてしまっては政府が困るからだよ。」

「困るんですか、政府が?」

「そうだよ。この国に貧困はないのか?」

「飢餓、毎日毎日、3食たべることができない人もいるだろう。」

「質の高い教育を子どもたちは受けているかね?」

「な、国民が、あれれ、この国も問題いっぱいだるじゃん。」

「そういえば、この国の6人から7人に一人の子供が貧困だそうだ。」

「2020年絵かい経済フォーラムの発表によると、この国は153カ国のうち、121位だそうですね。」

「よく調べた。フィーユ君!」

「フィーユ君。よく覚えておくがいい。」

「この政府は国民に知られたくないことはやたらと英語にして国民が気が付かないようにしているのだ。」

「そうなんですか。」

「これを、“やばい(Y)もんは(M)ちょっと(C)英語(A)にして誤魔化そう計画”と言うのだ。」

「通称。。。。」







「最近これもよく聞くだろう。」

「ヤングケアラー。」

「聞きますね。」

「家庭の事情により、家族の介護や面倒をみにといけない子どもたちのことだ。」

「まだまだ、遊びたいさかりだ、勉強もしなくてならぬのに家族の世話をしないといかんのだ。」

「そんな子どもたちが多いという事実を国は国民に知られたくないのだ。」

「だから、ヤングケアラーと英語にして誤魔化しておるのだよ。」

「ちょっと姑息ですね。」

「そうなのだ。そんな姑息な手段もいずればれる。」

「政府はヤングケアラーの日本語。国民を誤魔化す日本語を用意しておるのだよ。」

「どんな日本語なんですか?」

「昔、昭和の時代だね、会社勤めをせず実家にいる娘さんをこう呼んだ。」




「しかしだ、政府の秘密を知った国民達がいた。」

「密かにこの秘密を明らかにし国民に現実を知ってもらう計画をたてているのだ。」

「ヤング・ケアラーを救え!」

「なんで選挙の公約にない!!!」

「どうやってですか?」

「歌にするのだ!」




「さあ立ち上がれよ♪」

「ヤングケアラー♪」

「もう悩むことはないんだから♪」







「なにか?」

「歌はいけません。歌は。」

「なんで?」

「飛沫が飛びます。」

「そうか、しかたないなああ。」

「それより、船乗りフィーユの冒険の続きは?」

「そうであった。」

「これだよ。」

船乗りフィーユの冒険。

私は、道案内の「サリぽん」と「やつで署」に捕らわれている船乗りフィーユに会いに行った。

途中、我々の行く手を阻むように大きな川が現れた。




「サリぽん、なにかいい手はないのか?」

「大丈夫です。」

「ロープがあります。」

「このロープをカーボーイのようにぐるぐる回して向こう岸に投げる!」

「それで?」

「向こう岸でロープを大きな木に結くんです。」

「で?」

「で、ロープを伝って向こう岸まで。」

「でもな。誰が向こう岸で木に結くのだね?」

「心配ご無用。あっしが結いて来ますよ。」

「どうやって向こう岸まで行くんだね?」

「ちょっと行ったとこに橋がありますんで。」




というわけで、門番である。

「暇だなああ。」

と、その時であった。







「お前達は誰だ?」







「で、お前たちはどうしてこの橋を渡りたいんだ?」







一方、町では。。。。







「このブアナ。旦那が船乗りフィーユに会いたいそうなんです。」

「なんとかなりませんかね?」

「船乗りフィーユか。」

「やつは、おやつで署にいるな。」

「それは知っているんです。」

「なんとかやつを自由の身にして、旦那と会わすことはできませんか?」




銭形のcoco親分はそう唸って黙っていた。

あまりの沈黙に耐えきれず旦那が言った。

「サリぽん。沈黙が長すぎやしないかい?」

「銭形のcoco親分は滅多に笑わない。考え出すと長い時間かかるんで有名なんです。」

「長考のcoco親分です。」

「でも、きっといい解決策を思いつきますよ。」

「そんなもんなのかい。」

沈黙は続いた。。。。

そして。







実は、銭形のcoco親分は「眠りのcoco」とも呼ばれていたのである。

一方!













一方、町では。。。。




通称「眠りのcoco親分だが、実は寝ていなかったcoco親分。」が尋ねた。

「ブアナ。あなたはなぜ、船乗りフィーユと会いたいんだね?」

旦那は静かに答えた。

「それはですね。。。」

「船乗りフィーユは、私の。。。。。」










ちなみに、リッキーママさんのママさん。

無事退院!

リッキー、おばあちゃんと久しぶりの再会!

リッキーママさん、お母さんを送り届ける。

リッキー帰るよ。

でも、リッキー帰るの拒否!

おばあちゃん大好き!

だそうです!!!

その頃。。。。。







「お前たちはさっきの?」

「違いますよ。」

「違う?じゃあなんなんだ?」

「相棒が歳とったんで、あっしまだ1歳ですが。。。。」




「なに、ヤングケアラーだと!!!」







「サリー先生!歌はいけません!!!!」

思いつき、波乱万丈の「船乗りフィーユの冒険」、以下次号!!!

ご参加わんこ大募集中!!!




にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

 人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

船乗りフィーユの冒険。第11話。囚われの船乗りフィーユと謎の門番。


「ぽんぽこ捕まった?」

「狸ですか。」

「そう。ぽんぽこ。」

「捕まらないんです。檻を置いてから来なくなったみたいです。」

「なんでわかるの?」

「糞がないんです。」

「ふーん。」

「ということは金、無駄だったじゃん。」

「そうでもないですよ。」

「そうでもないって、狸入ってなかったんでしょ。」

「その代わり、猫が入ってました。」

「猫?」

「そうです。」

「で、どうしたのその猫。」

「業者さんに言ったら、猫は駄目ですって。」

「で?」

「逃しました。」

「まあそうだろうね。」

「でね、倉庫って2階、3階だね。」

「そうです。」

「鍵かかってるよね。」

「かかってますよ。」

「どこから侵入するんだ?」

「どこなんでしょう?」




サリぽん運輸の愉快な会話でした。

とうことで前回のブログです。

リッキーママさんもコメントしておりますが、リッキーママさんのママさん。

入院中なのでございます。

そんなシリアスではございません。

リッキーママさんのママさん。

サリーのブログの大ファンでございまして、リッキーが登場するたび喜んでいただけるのであります。

そして、リッキーママさんのママさん。

うーん。

名前が長いなあああ。

リッキーママさんのママさんだから、「大きいリッキーママさん。」

かえって長くなってしまった。

「リキママ大」にしましょう。

なんか「生ビール大」みたいだがまあいいか。

「リキママ大」の今は亡き旦那さんが「力雄」さんでして、お話に「リキオ」を登場させるとまた喜んでいただけるんです。

「リキママ大」に。

「リキママ大」もなんか失礼な気がするので、「お母ちゃん」にします。

で、「お母ちゃん」入院中なので少しでも元気になってもらおう。

喜んでもらおうということで皆さんの愛犬に「リキオ」のミドルネームをつけたのでございます。

するとそんな説明もしていないのに、みなさん「ノリ」がよく、

本当にみなさんありがとう!!

「お母ちゃん」も元気で喜んでおります。




「お母ちゃん」可愛い!

そうして、「お母ちゃん」の経過もよく、リッキーママさんは「お母ちゃん」との面会の許可がおり。。。




親子のツーショットでございます!

喜びはこれだけではございません。

「お母ちゃん」は入院中、四六時中、「リッキーに会いたい。」、「リッキーに会いたい」と申しておったのでございます。

そうして。。。。










やったぜ、リッキー!!!!!

良かった。良かった。

「お母ちゃん」もうすぐで退院だ!

ということで、「船乗りフィーユの冒険!」

私はその島についた。

久しぶりの長旅である。

入国審査を済ませると、一人の島の者が現れた。




「ブワナ。」

男は言った。

「ブワナ?」

私は携帯翻訳機の。

「話せばわかる君2」を取り出した。

確か初代の「話せばわかる君」は性能が悪く、土地の者に誤った翻訳をしてしまい、結果、「問答無用」と殺害されたと聞く。

「ブワナ」

私は恐る恐る「話せばわかる君2」に言った。

すると「話せばわかる君2」は、「ブワナ=旦那」と出た。

「なんだ。」

私はそう呟き、男に言った。

「すまんが、道案内を頼めんかね。」




男は答えた。

男の名は、「さりぽん」と言った。

「で、旦那」

「なんだ。さりぽん。」

「どこへ案内いたしましょう?」

「それなんだがね。」

「フィーユを探しておるのだ。」

「フィーユですか?」

「そうだ。この島では、船乗りフィーユと呼ばれているらしい。」




「知っているのかね?」










「知っているんだな!」




「知らんのか!!!!」

その頃、船乗りフィーユは。。。。




島の警察、「おやつで署の「びんわん警部」ならぬ、「わんわん警部」のリキオ・リッキー警部に逮捕されていたのである。




なんの罪かはわからぬが、船乗りフィーユは牢屋の中。

しかし、フィーユの仲間たちがなんとかフィーユを自由の身にすべく頑張っていたのである。

しかし、フィーユがいる「おやつで署」の前には橋があり、そこには屈強な門番が怪しいものの侵入を阻止していたのである。







「お前たちはなにものだ?」




「島のお祭りで、出店をさせていただきます。」







「では、合言葉だ。」

「11月は29日はわんこの日!」







「次!」

「散歩中、いいからなにも言わずに?」







「では、上野のパンダの赤ちゃんの名前はなに!」










偽物「ヒナヒナ」と「マルマル」は慌てて逃げ出したのであります!




その頃、町では。。。。







「これは、銭形のcoco親分!」

果たして、船乗りフィーユは自由の身になるのか?

フィーユを探している、私とは誰?

思いつきの「船乗りフィーユの冒険」、以下次号!!!

ご参加わんこ大募集中!!!




にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

 人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......