「友だち」カテゴリーアーカイブ

サリーの父ちゃん、シャーロック・ホームズになる!


サリーです。

父ちゃん。

突然、サリーのことを「ワトソン君」と言い出したのです。

父ちゃん。

入院中に「助けてー!」、「よしゆきー!」と叫ぶ婆さん達の悲鳴に悩まされ、無事退院したものの、「助けてー!」、「よしゆきー!」という過酷な入院生活で、どうも妄想をいだきだしたようなのです。

いつものように、サリーは父ちゃんと一緒にねんねしていると、父ちゃん突然起き上がり狭い部屋の中をうろうろし、あまつさえ、サリーのことを「ワトソン君。」

「来客のようだね。」

父ちゃんはなぜか、ここが「ロンドンのベーカー街の221B」であって、自分は名探偵シャーロック・ホームズだと思っているようなのである。

それで、サリーのことを「ワトソン」だと思っているようなのである。

仕方がないのでサリーは父ちゃんに調子を合わせて、「ホームズ」と呼ぶのである。

「ホームズ父ちゃん。」

「どうして来客だとわかるのだね。」

「簡単なことだよ。」

「今、点滴です。」

「と言ったらだろう。」

おそらく、毎晩、点滴を替えにくる看護師さんのことを来客だと思ったのだろう。

「これはこれは。ボーデン伯爵の奥方ではありませんか。」

ホームズ父ちゃんは誰もいない部屋の中で想像上のボーデン伯爵に言った。

「ワトソン君。」

「ここにおられるのは、かの有名なボーデン伯爵の奥方だよ。」

「ボーデン伯爵?」

「そう。」

「ボーデン伯爵の奥方の。。。。」

「レディ・ボーデン。」

サリーは思った。

「父ちゃん。かなり重症だ。。。。。」

「さあ、レディー・ボーデン。どうぞ座ってください。」

すると、レディ・ボーデンならぬ、看護師さんは、「患者さんかなり重症ね。」と呟き、点滴を交換するのである。

「それで、レディ・ボーデン。」

「今回はどんなご依頼で?」

すると、看護師さん、父ちゃんの頭の中では、「レディ・ボーデン」は言った。

「謎の東洋人。そん・たくをご存知?」

「そん・たく。。。」

「勿論です。」

「世界各国で、意味もなく現れる。」

「色々な扮装して盗みを働く怪盗です。」

「見なさい。今朝のデイリー・ミラーにも。」

「謎の東洋人。そん・たく現れる!と。。。。」

父ちゃんは新聞を想像のレディー・ボーデンに見せたが、あいにく、新聞爺さんにコンビニで新聞を買われてしまったので、新聞はなかったのである。

「それで、レディー・ボーデン。」

「私に、なにをしろと?」

看護師は、「おちっこためていますか?」

と、言ったのであるが、父ちゃんはシャーロック・父ちゃんのままで、部屋の中でシャーロック・ホームズになりきっているのである。

看護師(父ちゃんの想像では、レディー・ボーデン)は言った。

「謎の東洋人。そん・たくです。」




「ある時は、フランス人の有名な画家。」




「そして、またある時は、天才プログラマー!」




「そして、またある時は。。。。」




「ロンドンの名探偵!」




サリーは思った。

「大村崑じゃない?」

思ったが口には出さなかった。

ひなたママが怒るから。。。。

で。。。。




「ある時は。。。。」

「うーむ。よくわからん。」







「おぱんつカット!」




「どひゃーん!」

そうだったのである!

謎の東洋人。そん・たくは、「ひなただったのである!!!!」

サリーは呟いた。。。。




ということで、シャーロック・父ちゃんは言った。

「サリー。」

「ところで、ここはどこだ?」

おしまい。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

半沢サリ樹。第16話。教祖様の名言集と。。。。


またまた、料亭「穂利富」である。




またまた、「サリー部長」と「越後屋」であった。

「おい、越後屋。」

「はい。お呼びで。」

「どういたしました?」

「ところで、このお話の作者のサリーの父ちゃんはどうしている?」

「サリーの父ちゃんですか。」

「うむ。」

「前回の検査はエレベーターの検査という偶然で行けなかったのだったな。」

「そうでございます。」

「それで今度はどんなおまぬけなことが父ちゃんの身に起こったのだ?」

「それでございますが。」

「どうした。」

「内視鏡の検査でした。」

「前に胃カメラの検査したであろう。」

「そうでございます。」

「そうでございますが、病院がどうしてもということで。」

「それで?」

「胃カメラと内視鏡ってどう違うんだ?」

「父ちゃんは思いました。」

「それで、きっと、胃カメラは、とりあえず生!」

「で、次は焼酎のお湯割りってことだな。」

「一人で納得しておりました。」

「本当に呑気なやつだな。。。」

「それでどうした?」

「明日は内視鏡なので夜9時以降は水分は駄目なのです。」

「よく聞くな。」

「もちろんアルコールも駄目でございます。」

「それで?」

「父ちゃんなにを思ったか、ということは9時まで飲めるんじゃん。」

「ばかだなあああ。」

「まだ昼間なのに飲み始めまして。。。」

「それでどうした。」

「翌朝です。」

「飲みすぎた。。。」

「一度、死んだほうがいいな。」

「病院に行きました。」

「で?」

「昨夜は酒ばかりのんでいたのでもう喉がカラカラ。」

「もう水分補給NGなので苦しい。。。。。」

「水。。。。水。。。。」

「砂漠でさまよう遭難者状態でした。」

「それで?」

「ようやく検査です。」

「まず紙コップに入った液体を飲めと。」

「検査のために薬が入った液体です。」

「看護師さんが、ちょっと苦いですよ。」

「ですが、もう喉がカラカラの父ちゃん、一気に飲み干しました。」

「あーーうめー!」

「甘露!甘露!」

「思わず、看護師さんに、お代わり!といいそうになったそうです。」

「サリーもこの飼い主で大変だっただろうな。」

「ごもっともです。」

「それで、いよいよ内視鏡です。」

「父ちゃん、検査台に横になりました。」

「黒い管が口に入ってきました。」

「父ちゃん、涙ながして苦しんでいました。」

「いい歳こいて。」

「いいんだ。いいんだ。」

「いい歳こいても、おいらの神経は別れた妻なんだよ。」

「別れた妻?」

「繊細。」

「。。。。」

「まあ、ということで内視鏡検査は終わったのです。」

「終わって父ちゃん、泣きながら起き上がったのですが、その時。」

「その時?」

「内視鏡検査をしていただいた先生が、担当の女性の先生だということに気がついたのです。」

「気づくの遅くねえか?」

「慌てていたのでしょう。」

「それで、あれ、先生だったの?」

「父ちゃん言いました。すると先生、一言。」

「そうだよ。」

「父ちゃんも変わっているが、先生も変わってないか?」

「それから、父ちゃんの空砲事件でございます。」

「本当に変なことが起きるな。」

「で、なんだ父ちゃんの空砲事件とは。」

「急にトイレに行きたくなったそうなんです。」

「大きいほうでございます。」

「父ちゃんトイレに行き、個室に座りました。」

「大きいのでません。」

「かわりに、ガスです。」

「おならか。」

「そうでございます。」

「父ちゃん、なんだ空砲か。。。」

「父ちゃん、待合室に戻ります。」

「またトイレに行きたくなります。」

「行きます。」

「空砲です。」

「また行きたくなります。」

「行きます。」

「使用中です。」

「仕方なく2階のトイレに行きます。」

「空砲です。」

「1階に戻ります。」

「また行きたくなります。」

「ここは東京だから、東京ガス♪るんるん♪」

「そうして、大きな病院のあらゆるトイレをうろうろしたのです。」

「きっと飲んだ薬のせいでございます。」

「もう笑うしかないな。」

「ということで、」

「いつもおまぬけ父ちゃんですが、父ちゃんのことを可哀想に思っているわんこもいたのです。」




「リョウでございます。」




「あまりの父ちゃんのおまぬけに泣いているのです。」

「そうして、お話は急に変わるのです。」

「上海!」




「探偵が。。。。」




「リオナ!」

「そして、ロンドン。」




「別の探偵が。。。。」




「謎の東洋人。そん・たく・ひなたに見えるが、実は、かの有名な、シャーロック・ヒナタ・ホームズなのである。」




「あれ?メガネ。。。」

「そうなのである。」

「教祖様の名言集を探しているのである。」

「教祖様。僕はどうしたら優しい飼い主を見つけられるでしょう?」

「待つのだ。いずれまぬけな奴に飼ってもらえる。」

「夜、早く寝よう。一緒に寝よう。」

「仕方なく、おまぬけは一緒に寝てくれる。」

「やがてお前がベッドの半分を占拠し、おまぬけ飼い主はベッドから落ちても、文句も言わず這い上がり寒くないかと布団をかけてくれる。」

という至極の名言が掲載されているのである。

そして、




「フィーユである。」




「6歳になったのである。」




「ということで。。。。」

「検査をたくさんした結果。」

「父ちゃんは、しばらく入院なのである。」




「果たして病室からブログを書くことができるのであろうか?」

ご参加わんこ達に感謝!!!

ご参加わんこ募集中なのである!

つづく!!!

多分。。。。。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

半沢サリ樹。第15話。秘密書類に隠された新たな秘密!


またまた、料亭「穂利富」である。




またまた、「サリー部長」が悪巧みを企てていたのである。

「おい、越後屋。」

「はい。お呼びで。」

「どういたしました?」

「ところで、このお話の作者のサリーの父ちゃんはどうしている?」

「サリーの父ちゃんですか。」

「うむ。」

「また検査でした。」

「それで?」

「前の晩からまた、行きたくないよん💧」

「行きたくないよん💧」

「泣いていました。」

「仕方がないやつだな。」

「まあ、明日でなくてもいいか。来週でもと思ったそうです。」

「まったく、自腹なやつだな。」

「自腹でございますか?」

「ほら、だらしなくて、不精で、約束を守らないやつだよ。」

「。。。。。」

「それはもしかして、ずぼらではございませんか?」

「そうとも言う。」

「それで、前の晩にどうしたら明日の検査を先延ばしできるか考えたそうです。」

「浅漬か。」

浅知恵でございます。」

「それで?」

「熱が出たというのはどうかと。」

「熱はこのご時世まずいだろう。」

「14日間自宅訪問だぞ。」

自宅待機です。」

「14日間も誰が自宅に訪問してくるのでございましょう?」

「それで、父ちゃんも流石にこれはまずいと思い。」

「親族に不幸があったというのはどうかと。」

「でも、父ちゃんには家族いないだろう。」

「そうでございます。」

「唯一の家族のサリーもいなくなりました。」

「それで、そのことに気がついた父ちゃんは。。。」

「父ちゃん?」

「サリーが居ないことを思い出し、泣き崩れたのでございます。」

「それで?」

「検査を先延ばしする言い訳が思いつかず。」

「思いつかず?」

「嫌々、支度して外に出たのです。」

駄菓子菓子(作:盆姉)!

「どうしたのだ?」

「自宅のエレベーターが。。。」

「エレベターが止まっていたのです。」

「なぜだ?」

「定期点検です。」

「父ちゃんの点検とエレベーターの点検が同日だったのか。」

「ダブル点検でございます。」

「父ちゃん、腰痛で自力では階段を降りることができません。」

「以前のエレベーターの定期点検は買い物から元って来て、止まっていることに気がついたのです。」

「それで、階段を秘技。」

階段後ろ座り!

「階段に腰掛け後ろ向きで、一歩、一歩登ったのでございます。」

「しかし、それも2階までが限界。。。。」

「それでどなったのだ?」

「父ちゃん仕方なく病院に連絡したのです。」

「すいません。」

「エレベーターが点検でそちらにお伺いできません。」

「さぞや病院も困惑しただろうな。」

「タワーマンションにお住まいですか?」

「はい。」

「6階建てですが。。。。。」

「しかし、だんだん面白くなってきたな。」

「なにがでございます?」

「なんで父ちゃんにこんなお間抜けなことが起こるのか。」

「もう楽しくなってきたぞ。」

「で、だ。」

「例の秘密書類はどうなった?」




「凪が発見したのだった!」




「それで。。。。」




「フィーユ!」










「秘密書類を奪いに来るかもしれない敵を警戒しているのだった。」

本当はパパさんのゴルフ見ているんだけどね。




「怪しい袋をチェック!」




「COCOは相変わらずテントの中で、半沢サリ樹を待っております。」

「それで、サリー部長?」

「なんだ?」

「秘密書類の中身は、怪盗猫だましと、謎の東洋人。そん・たく(ひなた)の正体でしたね。」

「そうだがそれだけではい。」

「それだけではない?」

「そうだ。」

「秘密書類にはもうひとつの重要な情報が記されているのだ。」

「もうひとつの重要な情報?」




教祖様の名言集だ!










ご参加わんこ達に感謝!!!

ご参加わんこ募集中なのである!

つづく!!!

多分。。。。。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......