「トイプードル」カテゴリーアーカイブ

サリーの父ちゃん、シャーロック・ホームズになる!


サリーです。

父ちゃん。

突然、サリーのことを「ワトソン君」と言い出したのです。

父ちゃん。

入院中に「助けてー!」、「よしゆきー!」と叫ぶ婆さん達の悲鳴に悩まされ、無事退院したものの、「助けてー!」、「よしゆきー!」という過酷な入院生活で、どうも妄想をいだきだしたようなのです。

いつものように、サリーは父ちゃんと一緒にねんねしていると、父ちゃん突然起き上がり狭い部屋の中をうろうろし、あまつさえ、サリーのことを「ワトソン君。」

「来客のようだね。」

父ちゃんはなぜか、ここが「ロンドンのベーカー街の221B」であって、自分は名探偵シャーロック・ホームズだと思っているようなのである。

それで、サリーのことを「ワトソン」だと思っているようなのである。

仕方がないのでサリーは父ちゃんに調子を合わせて、「ホームズ」と呼ぶのである。

「ホームズ父ちゃん。」

「どうして来客だとわかるのだね。」

「簡単なことだよ。」

「今、点滴です。」

「と言ったらだろう。」

おそらく、毎晩、点滴を替えにくる看護師さんのことを来客だと思ったのだろう。

「これはこれは。ボーデン伯爵の奥方ではありませんか。」

ホームズ父ちゃんは誰もいない部屋の中で想像上のボーデン伯爵に言った。

「ワトソン君。」

「ここにおられるのは、かの有名なボーデン伯爵の奥方だよ。」

「ボーデン伯爵?」

「そう。」

「ボーデン伯爵の奥方の。。。。」

「レディ・ボーデン。」

サリーは思った。

「父ちゃん。かなり重症だ。。。。。」

「さあ、レディー・ボーデン。どうぞ座ってください。」

すると、レディ・ボーデンならぬ、看護師さんは、「患者さんかなり重症ね。」と呟き、点滴を交換するのである。

「それで、レディ・ボーデン。」

「今回はどんなご依頼で?」

すると、看護師さん、父ちゃんの頭の中では、「レディ・ボーデン」は言った。

「謎の東洋人。そん・たくをご存知?」

「そん・たく。。。」

「勿論です。」

「世界各国で、意味もなく現れる。」

「色々な扮装して盗みを働く怪盗です。」

「見なさい。今朝のデイリー・ミラーにも。」

「謎の東洋人。そん・たく現れる!と。。。。」

父ちゃんは新聞を想像のレディー・ボーデンに見せたが、あいにく、新聞爺さんにコンビニで新聞を買われてしまったので、新聞はなかったのである。

「それで、レディー・ボーデン。」

「私に、なにをしろと?」

看護師は、「おちっこためていますか?」

と、言ったのであるが、父ちゃんはシャーロック・父ちゃんのままで、部屋の中でシャーロック・ホームズになりきっているのである。

看護師(父ちゃんの想像では、レディー・ボーデン)は言った。

「謎の東洋人。そん・たくです。」




「ある時は、フランス人の有名な画家。」




「そして、またある時は、天才プログラマー!」




「そして、またある時は。。。。」




「ロンドンの名探偵!」




サリーは思った。

「大村崑じゃない?」

思ったが口には出さなかった。

ひなたママが怒るから。。。。

で。。。。




「ある時は。。。。」

「うーむ。よくわからん。」







「おぱんつカット!」




「どひゃーん!」

そうだったのである!

謎の東洋人。そん・たくは、「ひなただったのである!!!!」

サリーは呟いた。。。。




ということで、シャーロック・父ちゃんは言った。

「サリー。」

「ところで、ここはどこだ?」

おしまい。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーの父ちゃんと新聞爺さんの戦いは終わっていなかった!


金曜であった。

退院してからちょうど1週間。

病院に行った。

定期検診なのである。

点滴の予定なのである。

担当の先生は男性の先生である。

サリーの父ちゃんは呼ばれて診療室に入った。

するとどうだろう。

そこには、男性の先生ではなく、いつもの女性の先生がいるではないか。

女性の先生。

以前から父ちゃんの担当をしているのであるが、父ちゃんは苦手なのである。

なぜなら、この先生、平気で深刻なことを言うのである。

「先生。大丈夫でしょうか。」

「うん。大丈夫よ。心配いらない。」

「入院ね。」

心配いらないのに、入院とはこれいかに。。。。。

点滴に来たのに、天敵にあってしまったのである。

で、父ちゃんは帰宅したのであるが、先生は、「免疫力が落ちているから、外出禁止ね。」

もちろんなのである。

このご時世、好き好んで外出はしないのである。

ということで、父ちゃんは自宅にこもっているのである。

それで、思い出した。

入院中。

父ちゃんは、なぜか、「サリー。」と言うようになってしまったのである。

「サリー、父ちゃん、おちっこに行ってくるよ。」

「おちっこ貯めないと、看護師さんに怒られるのよ。」

「サリー、すぐ帰ってくるからいい子してろよ。」

「サリー、帰ってきたよ。」

「サリー、父ちゃんちょっと寝るよ。」

「サリーも一緒に寝ようね。」

なぜだかわからないが、「サリー。サリー。」と呼んでしまうのである。

自分でも意味がわからないのである。

おそらく、入院で心細くなっているからであろう。

そして、サリーと一緒に寝るのである。

ベッドの隅っこで。。。

サリーはいつも父ちゃんにおちりを向けて寝るので、サリーのスペースをあけているのである。

サリーに優しい父ちゃんである。

ということで、父ちゃんは再び、自主入院なのである。

自宅で。。。。

それで、新聞が読みたいので、早朝にコンビニに行ったのである。

マスクにアルコール消毒、帽子で完全武装。

駄菓子菓子!(盆姉作)。

目的の新聞がないのである。

仕方がなく、コンビニを3軒まわったのであるが、目的の新聞だけ売っていないのである。

父ちゃんは思った。。。。

「出たな。新聞爺さん!」

父ちゃんと新聞爺さんの戦いは終わっていなかったのである。。。。




おしまい。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーの父ちゃんの。「助けてー!」、「よしゆきー!」


目が覚めた。

部屋の中は真っ暗。

サリーの父ちゃんは「今、何時だ?」。

スマホを見た。

「まだ、6時か。。。。」

そして、慌てた。

「まずい!」

「朝の検温だ。」

「看護師さんが来る!」

父ちゃんは慌てて起き上がった。

しかし。。。

「なにかがおかしい。。。」

なにがおかしいのかは、寝ぼけいるのでわからなかった。。。。

そう、10分もぼーっとしていただろう。

ようやく、

「ここ、自宅か?」

そうなのです。

2週間の入院からよやく開放され自宅に戻ったのです。

戻ったのだが、精神的にはまだ入院している状態なのです。

「自宅ということは、検温なし。」

「看護師さんも来ないんだ。。。。。」

父ちゃんは、大きく息を吐いて、そして、トイレに行こうと思いました。

「尿瓶は。。。。」

「オチッコ貯めないとまた看護師さんに叱られる。。。」

慌てて、尿瓶を探しました。

そして、

「退院したんだから、もうオチッコ貯めなくていいんだった。」

父ちゃんは、よろよろと起き上がり、トイレに行って、堂々とオチッコをしたのです。

地獄の2週間の入院生活は父ちゃんに未だに、「トラウマ」となっているのです。

トイレから戻り、もう少し寝るかと思って布団に潜りこんでも、いつ看護師さんが現れるかビクビクしていますのです。

もう2度とあの辛い入院生活はしたくない。

早朝の検温から9時の検診。

お昼の検温。

夕方の検温。

2日に1度の採血。

そして、突然、看護師さんが現れ、「◯◯科で診察がありまーす!」

聞いてないよ。。。。

それが毎日続いたのです。

しかも、夜になるともうとんでもなく恐ろしいことが起こるのです。

父ちゃんが入院している階はなぜか、爺さん、婆さんが入院しているのです。

それで、夜。。。。

「助けてー!!!!」

婆さんの叫び声が響くのです。

身の毛がよだつとはこのことか。。。。

初めてその叫び声を聞いた時はあまりの恐ろしさに、思わず、隣でねている、サリー(想像)を抱きしめたのです。




「サリー、今の聞いたか!」

そして、別の婆さんが、「よしゆきー!」と叫ぶのです。

父ちゃんは再び、サリー(想像)をぎゅっと抱きしめるのです。

これがほぼ毎晩なのです。

毎晩。

「助けてー!」

「よしゆきー!」

頻繁の検診。

「助けてー!」

「よしゆきー!」

寝られるもんではありません。

それで、退院して自宅にいるのに、夜中になると、

「助けてー!」

「よしゆきー!」

が聞こえてくるような気がするのです。

「助けてー!」

「よしゆきー!」

の幻聴はいつになれば収まるのでしょう?




おしまい。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......