「トイプードル」カテゴリーアーカイブ

サリーの「半沢サリ樹」。第二話。果たして大富山支店は終わるのか!


大富山村。。。。

山奥にある人口10名の村である。

そんな村に、大富山信用金庫があった。

朝である。







副支店長のフィーユである。







フィーユ副支店長はいつもの村のお得意さんまわりをしていた。

しかし、お得意さんとは名ばかりの爺ちゃん、婆ちゃんで、いつも、漬物とお茶を御馳走になるだけなのだが。。。

フィーユ副支店長は、「どうせならジャーキーとかがいいんだけどね。」

そして。




ルーイ支店長。

悩んでいた。

支店の閉鎖が迫っていたのである。

なにしろ、ここ数年預金残高ゼロ。

貸し出しもゼロなのである。

顧客もゼロ。

もうこれでは閉鎖だと本店からきつく言われているのである。

「この支店もおしまいか。。。。」

ルーイ支店長はため息をついた。

そして、ここにもため息をついている者がいたのである。










「半沢サリ樹」である。

せっかく、この大富山支店に配属されたのだが、閉鎖なのである。

しかし、「半沢サリ樹」は諦めなかった。

「そうだ。この大富山村を観光地にすればいいのだ。」

「観光地にして、観光客をたくさん集めるのだ。」

「そうすれば、大富山村にはお金ががっぽがっぽ。」

「でもどうやればいいのだ!」







「半沢サリ樹」はさっそく、本店にいる同期の。。。




「リョウ」に相談に行った!

ちなみに、ガウガウ犬のくせに泣き虫、怖がり、さびしがり、甘えん坊(笑)けれど我が家になくてはならない太陽です。泣く時は目に涙を溜めて…女優(オスだけど)のようです。

だそうだ。。。

リョウは言った。

「半沢。そんなことして大丈夫なのか?」

「大丈夫だ。これしか支店の閉鎖を止める方法はない。」

「しかしなああ。」

リョウと「半沢サリ樹」はいつもの居酒屋で話をしていた。。。

そこへ、「また悪巧みですか?」




 

居酒屋、「ポリープ」の女将のモコであった。

モコ、女の子だったよね。

リョウは慌てて言った。

「違いますよ。ただのばか話ですよ。」

そして、リョウは声をひそめて。

「で、サリ樹。どうするんだよ。」

「あの大富山村を一大観光地にって。」

「半沢サリ樹」は。。。。







そうして、「半沢サリ樹」は次回に続くのである。

果たして、「嘘八百」とはなにか?

全ては次回なのである。

そして、次回には。




cocoも登場するのである。

ハロウィーン。。。

役が思いつかなかった。。。

ということで、ご参加お待ちしています!!!

つづく!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーの父ちゃんの「胃カメラ」騒動!


「半沢サリ樹」である。

皆さんからお写真を頂いております。

早速、第二話と行きたいところなのですが、今日はお休み。。。。

なぜなら、父ちゃんは「胃カメラ」だったのです。

「胃カメラ。」

なんか、「ガメラ」みたい。。。

「ゴジラ対ガメラ。」

わくわくするではないですか。

「父ちゃん対胃カメラ。」

へなへな。。。。

それで、「胃カメラ」である。

本日、朝9:30からなのである。

しかし、その前に、前夜。

大変な問題が起こったのである。

病院から、前夜の夕飯は午後7時までと言われた。

問題はそこではない。

ビールは何時まで飲んでていいのだ!!!

とんでもなく重要なことを教えられていなかったのである。

ぷーママによれば,「9時まででしょう。」

グレースままに言わせれば、「7時までです。」

父ちゃんは、「間を取って。」

「日にちが変わるまで。」としたのである。

どこが「あいだ」なのかわらないが。。。。

それで、もっといい方法を思いついたのである。

「朝から飲んで、夜9時に酔っ払って寝てしまう。」

素晴らし方法である。

それで、さすがに朝からではないが、お昼から飲んでしまったのである。

つまみは、冷奴にチーズタラ。

冷たい茶碗蒸し。

一応、胃に優しいいものにしたのである。

しかし、昼間から飲んでいるのに一向に酔わないのである。

おそらく、明日の「胃カメラ」で緊張しているのだ。

やがて、ほろ酔い状態にもならず、ビールがなくなりコンビニに買いに行くことになったのである。

そして何回かコンビニを往復して夜12時。

さすがに、酔っ払ってねてしまったのです。

しかし。

深夜2時に目が覚めてしまった。。。。

完全に。。。。。

しらふ。。。

これからが大変だった。

コンビニ行くか。。。。

いや、待て。

さすがに、それはまずいだろう。。。。

そして、父ちゃんは思いついた。

ノンアルコールビールはどうだ!!

いや、待てよ。

その前に、水分とっていいのか?

でも、熱中症対策でこまめな水分をと言うではないか。

日本医師会もそこらへんしっかり発表してほしいのである。

「胃カメラの前日は夜7時から水分不可。」

「ただし、熱中症対策のため、お水は含まれません。」

なにか、小学校の遠足で「バナナはおやつに含まれますか?」

なのである。

父ちゃんは諦めて、本を読んだ。

イギリスの作家の推理小説であった。

400ページを読了した。

次に、日本人作家の腰痛でたくさんの病院に通うお話。

他人事と思われなかった。。。

読書に勤しむというより、早く朝になれ。。。。

その一心であった。

そして、朝7時。

「父ちゃん対胃カメラ」

は9時30分である。

父ちゃんはそろそろ支度するかと思ったのであるが、突然、眠たくなったのである。

それはそうだ、あんだけビール飲んで、深夜から本読んでいたのである。

ということで、よろよろ状態で病院に向かったのである。

病院につくと、まず、ベッドに横になれと言われた。

鼻にビニールの管を入れらた。

どうも麻酔みたいだった。

あれ?確か、眠っている間に終わりますよ。

とどなたかが言っていたが、どうも状況が違う。。。。

話が違う。。。。

とんでもなく違う。。。。

父ちゃんは麻酔から覚めて「あああ、寝てしまいました。」

「終わりですか。」

で、病院を後にしてそば屋で、天ぷらそばと熱燗という計画をたてていたのに。。。。

そして、院長先生が登場し、いよいよ「胃カメラ」なのである。

なにかの管が鼻から入ってきた。

「楽にして。」

楽にしたいのだが、なにか痛いのである。

しかも、目の前には「胃カメラ」の映像が。。。

自分の胃の中。

見たくないのよ。

だいたい、こっちは素人なんだから見てもわかりません。

でも、痛い。。。。

看護師さんが「遠くをみてください。」

遠くを見る。

カレンダーがあった。

「あれ?明日から連休なの?」

「知らなんだ。」

「あ、痛い!」

というわけで、「胃カメラ」終わった。。。

待合室で待てと言われたので待つ。

しかし、「胃カメラ」のせいか、なぜか鼻水が出る。

病院のティッシュでかむが、かんでもかんでも出るのである。

困ったなああ。

それで、診断結果でした。

先生。

わんこ先生は静かに言いました。

「大腸のポリープです。」

大腸のポリープ?

なんだその可愛らしい名前は?

コーヒーにはクリープ。

大腸にはポリープか。

わんこ先生は言った。

「手術です。」

手術????

父ちゃんは目の前が真っ暗になった。

「手術ってやったことがない。。。。」

わんこ先生は紹介状を書いてくれた。

そこは、「胃カメラ」の指示を出した、初めの病院が、わんこ先生の病院ともうひとつの病院。

どっちにしますか?

と言われたもうひとつの病院であった。

初めからこの病院にしておけば、一度に解決していたのだ。。。。

サリーの判断はあてにならん。

ということで、父ちゃんは紹介状を持ってとぼとぼと家路を急いだのである。

「胃カメラ」のあとは、「手術」が待っていたのである。。。。




にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

日曜劇場。「半沢サリ樹」!


大富山信用金庫である。

山里奥深い、大富山村にある、とんでもなく小さい信用金庫である。

信金には、




ルーイ支店長!




フィーユ副支店長!

牧歌的な支店なのである。

ルーイ支店長が言った。

「山田さんのばあちゃんが、どんも調子われーみたいだな。」

「ああ、山田さんのばあちゃんか。」

フィーユ副支店長が応えた。

「東京じゃ、山田さんを探せって話題になっているみたいだな。」

「山田さんが、この村にいると知ったら驚くぞ。」

もう、本当に牧歌的なのである。

山田さん、この村にいたのか!!!

しかし、金融緩和である。

大銀行も大変なのである。

ましてや、大富山信用金庫のように吹けば飛ぶような。

吹かなくても飛んでしまう零細信用金庫の将来はないと皆がわかっていたのである。

「支店長。」

「なんだね?」

「このままでは、この支店も終わりですな。」

「みなまで言うな。」

「なにしろ、顧客がこの村の住人、10人だけだからなああ。」

「しかも、みなさん、うちには融資の話にはきませんからね。」

「銀行は、貸してなんぼの業界だからなああ。」

「村人は、耕してなんぼですから。。。」

「田植えして、たんぼだからなああ。」

「山田さんのばっちゃんは、うちに、この荷物、東京の孫に送ってけれ、って。」

「郵便局と間違えているんだなああ。」

「しかたないですよね。」

「この村には郵便局がないですし。」

「間違えるのは仕方ないなああ。」

「それでも、うちはむげにことわることはできないので、土建屋のケンちゃん。」

「ああ、ケンちゃんな。」

「たまにこの村に工事で来たときに、町の郵便局に持っていってけれ。」

「頼むんですよね。」

「ああ、そうだ、そうだ。」

「ケン坊だ。」

「小さいときは暴れん坊だったなああ。」

「そうでしたね。」

「子犬や子猫を蹴飛ばして、子犬、子猫、キャンキャン、ニャーニャー泣きわめいていたなあああ。」

「すると、夜中なのに空から一筋の光が。。。」




「教祖様だった。。。」

「あれから、ケン坊は工事にくるたびにうちに来て。」

「なんか町まで用ないすか。」

「いつも聞きにくるようになったなああ。」

「悔い改めたんでしょうね。」

そんな、のんびりした大富山信用金庫であったが、不況の嵐をもろにあびて、閉鎖になろうとしていたのである。

「支店長。」

「なんだ?」

「我々もそろそろ、年貢の収め時ですね。」

「うんだな。」

「まあ、この大富山村。」

「いいところだったなああ。」

しかし!

歯科医師!

歯科技工師!

歯科衛生士!

宇宙飛行士!

大富山村信用金大富山村支店にある男が現れたのである。

「失礼します。」

「おんや?」

「君は?」

「本日づけで配属になりました。」

「本日づけで?」

「配属?」

「支店長、聞いてますか?」

「聞いてないよ。」

「なにしろ、うちは電話も通じてないし、携帯も圏外だしな。」

「そうですよね。」

「新聞もあまりに遠いので配達してくれないし。」

「去年、山田さんのばあちゃんが。」

「おら、びっくりしただ。」

「どうしたばあちゃん。」

「東京オリンピックで、アントン・ヘーシンクちゅう外人さんが金メダル獲ったんだなああ。」

「情報格差だなあああ。」

支店長と副支店長は若者を見た。

その若者は、凛々しかった。

希望に満ちていた。

「なんだかわからないが、君の名前は?」

若者は言った。













さあ、始まりました!

新シリーズ!

「半沢サリ樹!」

作者の思いつきです。

このあとの展開はまったく考えておりません。

ただ、「倍返しだ!」はぜひともやりたいと思っているのです。

同じ話を何回もやって、「繰り返しだ!」。

葬式で、「香典返しだ!」。

足がつって、「コムラ返しだ!」

だんだん、わくわくしてきたのです。

ということで。。。。

ご参加わんこ募集中です!!!




つづく!!!

多分。。。。

あと、ルーイ、フィーユ、勝手に登場させてしまいました。

ごめんなさーい!!!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......