「サリー先生」カテゴリーアーカイブ

船乗りフィーユの冒険。第15話!大富山佐里吉先生選挙に出る!とプリンセス・フィーユ!





「元気だったかね。」

「お久しぶりです。サリー先生。」

「先生、しばらくお会いしませんでしたね。なにをされていたんですか?」

「うむ。選挙だ。」

「選挙?」

「知らんのか?選挙があっただろう。」

「人間の世界のでしょ。衆議院選挙。」

「そうだ。しかしな、犬の世界でも選挙があったんだ。」

「そうなんですか。」

「まあ、君はまだ若いからなああ。」

「選挙権がないと?」

「そうだ。しかしな犬の世界の場合、選挙権ではなく。」

「なく?」

「選挙犬と呼ぶ。」

「選挙犬ですか。でもそれって選挙をする犬みたいですよ。」

「まあいい細かいことを気にするな。」

「今、思いついたんでしょ。」

「まあいいと言っているだろう。」

「で犬の世界の選挙も衆議院選挙なんですか?」

「違うよフィーユ君。」

「犬の世界の選挙はな、ほれ我々犬はいつも飼い主さんを思っておるだろう。飼い主さんの帰りを待つ犬。。。。。」

「忠犬ハチ公ですか。」

「なんで言っちゃうの!」

「ボケ考えていたのに。。。。」

「なんですか?」

「剣道や柔道で、先鋒、次鋒、飛んで、副将、大将?」

「中堅ですか?」

「だから!」

「フィーユ君、空気読んでよ。空気。」

「すいません。」

「で選挙だがね、我々犬はだね、いつも飼い主さんを大切に思っておる。」

「はい。」

「これを忠義とも呼ぶ。」

「はい。」

「だから、忠義員選挙。

「みなさん。」




「で、サリー先生、選挙でなにをされたんですか?」

「うむ。応援だよ応援。」

「誰の?」

「日本もんぺの党推薦の。。。」







「大富山佐里吉先生だよ。」

「佐里吉先生ですか。」

「で、佐里吉先生の公約はなんですか?」

「うむ。」






















「で当選したんですか?」

「聞かんでくれたまえ。」

「で、サリー先生。船乗りフィーユの冒険です!」

ということで。

前回までのお話。




サリぽん王国の、リキオ・凪・長官である。




船乗りフィーユの兄貴を名乗るわんこ。




眠りの銭形・coco・平次親分。




道案内のサリぽん。

サリぽん国王に招待されてサリぽん国に行ったのである。

「で、なんの用ですか?」サリぽんが訪ねた。

「実はだな。我がプリンセス・フィユー様だ。」

「ご結婚されることになったのだ。」

「それはおめでとうございます。」

「だがだ。問題があってな。」

「なんですか?」

「婚約者の母親だ。」

「母親の元婚約者と名乗る人物が現れた。」

「それで?」

「仮にAさんと呼ぼう。」

「はい。」

「で婚約者だ。仮に。。。」

「Kさんと呼ぼう。」




「なんだよ!」

「それはまずいんじゃありませんか!Kさんは!」

「なんでだ?」

「そのまんまではありませんか!」




「ほんじゃ、姓のほうで、Kさん。」




「でですな。」リキオ・凪・長官が言った。

「今、マスコミはこの話題でもちきりで、このサリぽん国にもマスコミが忍びこようとしておるのです。」
















その時であった。




プリンセスフィーユの兄貴が言った。

「妹よ。。。」

「ねえ、プリンセス・フィーユの兄貴さん。貴方本当にお兄さんなんですか?」

「そうだ。ただし、名字は違う。」

「違うってなんでですか?」

「両親が。。。」













リキオ・凪・長官が言った。

「今回のご成婚で各国からお祝いの方々がお見えなんです。」

「はるばる日本から。。。」




「また。落語家の大富山亭サリ丸師匠の弟子の。。。」







ますます、わけの分からなくなった、思いつき波乱万丈の「船乗りフィーユの冒険」!

はたしてどうなる!!!

以下次号!!!




ご参加わんこ大募集中!!!

 

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

 人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

船乗りフィーユの冒険。第13話。ことわざ大騒動!





「うん?フィーユ君か。」

「サリー先生、さっきからなにを、うんうん唸っているんですか?」

「うーん。」

「ですからなにを、うんうん?」

「うん。他でもない。」

「フィーユ君。ことわざというものを知っておるかね?」

「ことわざですか?」

「そうことわざ。」

「犬も歩けば棒にあたるとかですか?」

「そうだ。猫にごはん。とか。」

「それは、小判です。」

「そうであった。そうであった。」

「でも、猫にはごはんだろう。」

「小判あげても意味がないだろう?」

「だからなんです。」

「だからって?」

「意味がないことの例えなんです。」

「そうなの?」

「で、ことわざがどうしたんですか?」

「うむ。だからだな、私は最近ことわざに関して考えておるのだ。」

「そうなんですか。」

「そうなんです。」

「虚無(こむ)?」




「双子のマラソンランナーの猛に茂は?」




「もういいですか?」




「でな、ことわざだ。」

「私は皆が知っていることわざ。」

「実は本当は違う意味があるのではないかと思ったのだ。」

「違う意味ですか。」

「例えばだ。」

「船頭多くして船山に登る。」

「いっそうの船に何人も船頭がいたら、船は山に登ってしまうようなおかしな方向に進んでしまうことから、指図する人ばかりが増えて物事が見当違いの方向に進んだり、うまく運ばないことをいう。 船頭とは、和船の船長のこと。」

「それがどうしたんです?」

「おかしいとは思わんかね?」

「船は本来、海に浮かぶもんだ。」

「それが船頭が多いと船が山を登るのだぞ。」

「それが?」

「奇跡だ!」

「奇跡なんだよ!」

「つまりこのことわざは。」

「一そうの船に何人も指図する人ががいたら、船は山に登ってしまうという奇跡を起こすという意味。」

「なのだよ!」

「サリー先生!!」

「私は、日本だけではない。」

「広く海外にも目を向けた。」

「英語で、A rolling stone gathers no moss ということわざがある。」

「偶然か日本にも、」

「”転がる石には苔が生えない”。」

「世の中に合わせ行動を軽々しく変える人は結局成功しないとの警句。とある。」

「はい。」

「しかし、私はこのことわざの本来の意味を発見したのだ!」

「どんなです?」

「ローリングストーン。つまり。。。」

「ローイングストーンズだよ。」

「はい。。。。」

「君は知らんか?有名なロックバンドだよ!」

「それが。。。。」

「つまりだ。」

「ローリング・ストーンズのような超有名なロックバンドは毎回ライブも満員御礼。」

「いつもお金がっぽり。」

「ローリング・ストーンズの公演はいつもお金がっぽり、コケません!!!」

「どうだね!!」

「サリー先生、で、船乗りフィーユのお話はどうなっているんですか?」

「そうであった。」

「あと、父ちゃんが作った、ちりもつもればだが。。。」

「先生!!!」

船乗りフィーユの冒険。

「旦那はフィーユの兄貴なんですね。」




「そこは、たこにも!でぼけて欲しかったです。」

「ぼける?」

「まあ、いいや。で、フィーユの兄貴。お名前はなんと?」

「私か。」

「私は。。。。」




その頃!




「こんにちは!!!」







「なの用だ!]

「この先のお祭りに出る、まるっち&ちなっちブラザースでーす!」

「ハロウィーンの出店だよん!」

「そうか。ではひとつ質問だ。」

「質問に答えることが出来たらこの橋を渡ってよい。」

「いいか、ちりも積もれば?」







(仲立ちがなければ物事が進まないことや、手段・方法がなければ目的が達せられないことのたとえ。)

「サリーの父ちゃん作だな。」

「では、次だ。」

「清水の舞台から飛び降りる!」




「またまた見事だ!」

「思い切って大きな決断を下すこと。 山の斜面にせり出すように造られた清水寺の本堂(清水の舞台から飛び降りることにたとえていった。」

「だが、飛び降りたら怪我するから思いきって大きな決断はやめましょう。」

「できれば、何事も先延ばししましょう。という日本人ならではのことわざであるな。」

で、その頃!




「旦那のお名前は?」




その頃!




「おやつで署」のリッキー・リキオ警部であるが。。。。
















幼稚園の生徒さんが芋掘りで掘ったお芋、リッキーにいただきまし🍠

とのことである。

なぜ幼稚園の生徒さんがお芋?の謎はいずれ解けるのである。
そうなのである。
リッキー・リキオ警部は、捜査の鬼のリッキー・リキオ警部であるが。。。。









入院していた会えなかった「おばあちゃん」に久しぶりに会えてもう、うはうは!なのであった!
まつさえ。



リッキーママさんが「帰るよリッキー」と言っても拒否するのであった!
で、その頃!



「次のことわざの意味はなに?」
「家貧しくして孝子顕(あらわ)る」



「知らんのか!!」
「家が貧乏だと子どもの孝行ぶりがはっきりわかる。逆境に陥ったときにはじめて、それを助けるものが現れる。」
「という意味だ!!!」
「それって!!!」












その頃!!!



リキオ・凪・長官であった!



リキオ・凪・長官は言った。
「一同の皆様。どうかこちらへ。」
「サリぽん国王がお待ちです。」









思いつき、波乱万丈の「船乗りフィーユの冒険」、以下次号!!!

ご参加わんこ大募集中!!!




にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

 人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

船乗りフィーユの冒険。第10話。リキオがいっぱい!


サリぽん運輸である。

社長さんが言った。

「倉庫なんですが。」

「どうしたの?」

「なんか動物が侵入しているみたいです。」

「動物?猫?」

「猫じゃないみたいです。」

「犬?」

「犬でもないみたいです。」

「じゃあなに?」

「狸。」

「狸って、あの。。。ぽんぽこ?」」

「ぽんぽこです。」

「なんでわかるの?」

「糞が落ちているんです。倉庫に。」

「猫でもない犬でもない糞が。」

「ふーん。」

「今の笑うとこよ。」

「で、なんで狸よ。ここ東京よ。」

「東京でも外れです。」

「でも都民税払ってんだよ。」

「払ってますよ。」

「ねえ、都民税なんだけど、オリンピック赤字でしょ、いったい来年の都民税って高くなるのかなあ?」

「さああ。」

「高くなるんだったら俺、埼玉県に引っ越そうと思ってるんだよね。」

「なにしろ、川の向こうは埼玉県だもん。」

「そうなんです。川です。」

「会社の前、川でしょ。それで狸が川に沿って来るみたんなんです。」

「困ったね。」

「で、お客さんの荷物になにかあるといけないので、業者に見積もりをもらいました。捕獲の。」

「業者?そんな業者いるんだ。」

「いるんですね。これが見積もりです。」




「高いなああああ。」

「仕方がないですよ。」

「ビデオカメラも設置するんだ。」

「本格的でしょ。」

「でさ、ひとつ質問なんだけど。」

「なんですか?」

「捕獲した狸はどうなるの?」

「どうなるとは?」

「単純にどうなるの?」

「業者さんが持って行くんじゃないですか?」

「で?」

「でって?」

「持ってかれた狸はそのあとどうなるの?」

「どうなるって、知らないほうがいいんじゃないですか?」

「まあ、そうだな。知らないほうがいいか。」

「で、お願いしますか?」

「仕方がないね、お願いしましょう。」

「了解です。」

「あ!」

「なんですか?」

「あのね、ビデオね。」

「はい。」

「あれ暗闇でも映るビデオカメラでしょ?」

「そうでしょうね。」

「あのう、白黒の画面に、二つの光る目が。」

「でしょうね。」

「狸ですよ。たぬちゃん。」

「はあ。」

「で、檻の中にある餌に釣られて。。。」

「捕獲されます。」

「それはいんだけど。もしだよもし。」

「もし。」

「ふたつの光る目にだよ。」

「その後ろに小さく光る目があったらどうするの?」

「小さく光る目ですか?」

「それも、4つ。」

「なんですか?」

「子狸だよ。」

「子供の狸ですか?」

「そうですよ。」

「初めの光る目は母親ですよ。母ちゃん狸。」

「で、その後に、子供の狸が二匹。」

「母ちゃんの後をついてこちょこちょ。こちょこちょ。」

「母ちゃんと一緒に捕獲されるんだよ。」

「されますか。」

「されますよ。」

「でね、その親子の狸は捕獲されてその後どうなるの?」

「業者さんが。。。」

「業者さんが?」

「知らないほうがいいと思います。」

「なんか嫌だなあああ。」

「なんか寝ざめが悪いよ。」

「じゃあどうするんです?」

「どうするって。。。。」

「飼うか。」

「はああああ!」

「ぽんぽこ運輸とか社名変更して。」

「本気ですか?」

「無理だよなあああ。」

「しかしね。」

「なんですか?」

「うちって、まず野良猫のピンクだろ。」

「お腹がへるとごはんを貰いにくる、侵入社員。」

「で、サリーだ。」

「会社に行けるとわかると猛烈に一直線に会社に来る、見習社員。」

「で、今度は夜中に倉庫に入って糞をする、闖入社員。」

「まったく、動物に好かれる会社だね。」




ということで、未だ捕獲した狸ファミリーをどうするのか決断してないサリぽん運輸なのでありました。

ということで、しばらくぶりの「船乗りフィーユの冒険」!。




船乗りフィーユはなぜか牢屋の中にいたのである。

話せば長いことながら、簡単に説明すると。




島の警察。

「おやつで署」の、リキオ・リッキー警部に逮捕されたのである。




フィーユは必死で自分の無実を訴えた。

しかし、




リキオ・リッキー警部。

ちなみに、リキオはリッキーママさんの今は亡き父上のお名前なのである。

リッキーママさんのお母様、リキオパパの奥さん。

このブログの大ファンで、「リキオ」を登場させると嬉しいそうなのである!

この際、登場人物のミドルネームをすべて「リキオ」にしたらどうかと思っているのである。




船乗り・リキオ・フィーユはとんでもない危機にあった。

このままでは、島の「宝」を探す冒険旅を続けることができなくなるのである。

そうなのである。

船乗り・リキオ・フィーユは「宝」を探す旅をしていたのである。

作者もころっと忘れていたのである。




リキオ・リッキー警部である。

リキオ・リッキー警部!聞いてください!」

「なんだね?」

「私は決して怪しいものではありません。」

「みんなそう言うんだ。」

「世の中に自分は怪しいものですと言う奴はいない。」

「まあそうでしょうが。」

「私はこの島で島の「お宝」を探す旅をしていたんです。」

「なに、「宝」とな。」

「お宝です!」

「この島に「宝」があるなぞ聞いたことがないぞ。」

「そうなんですか。」

「でも、リッキー警部が。」

リキオ・リッキー警部だ。」

「そうでした。リキオ・リッキー警部でした。」

リキオ・リッキー警部が気がついていないだけで、この島には「お宝」が存在しているのではないでしょうか?」

「なに?」

その頃、島の中では。




リキオ・cocoであった!




島の重大なイベントが開催されることを思いだしたのである。




そうなのである。

今日は島の重大イベントの日なのである。










いつもの可愛いメンバーも。

いったい、今日は島でなにが行われるのであろう?

そこに。。。




リキオ・凪に似たわんこのポスターが。。。。




いよいよ待っていたとは????

もう島はお祭り騒ぎ!




露天商の、車・リキオ・寅次郎。

別名、リキさん




ということで、今回はここまで!

以下、次号予告!




なぜ、リキオ・ひなたが!




リキオ・ルーイ監督も!!!

ご参加わんこ大募集中!!!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

 人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......