「サリー先生と編集者」カテゴリーアーカイブ

サリー先生と愉快な仲間達。第55話。法螺の研究、ついに最終話!


諸君は、「走れメロス」をご存じだろうか?

太宰治の名作と言われている。

しかし、歯科医師!

ワクチン注射!

私はつねずね「おかしくない?」と思っていたのだ。

なぜななら、メロスは王様を殺そうとして捕まり、妹の挙式があるので終わったら必ず戻ってくる。

その間、親友のセリヌンティウスを自分の代わりとして差し出す。

もし、自分が戻ってこなければ、セリヌンティウスを自分の代わりに殺せと。

よくそんな理不尽な要求をするもんである。

しかも、セリヌンティウスは「わかった。」と承諾してしまうのである。

セリヌンティウス、人が良すぎる。

みなさんだったらどうするだろう?

馬鹿正直に戻るか?

私だったら戻らない。

セリヌンティウスが処刑された頃を見計らい、のこのこと現れ、「あああ、セリヌンティウス!」、「遅かりし!!!」

と一世一代の演技をし、

「途中で、あの追い剥ぎに身ぐるみ剥がされ途方に暮れていた婆さん。」

「ふと、自分の年老いた母を思い出し、婆さんを遠い山奥の村まで連れていってしまった自分が悔やまれる。。。。」

とかでたらめを言うのである。

しかし、だが歯科技工士!

これでは、名作とはならないのである。

で、あるから。。。

セリヌンティウス・フィーユは待っていた。




「メロス遅いなあああ。」

「このまんまんじゃ、処刑されちゃうよ。」




その頃、メロス・サリーは。




「セリヌンティウス・フィーユの馬鹿。」

「自分が身代わりになるなんて、いわんでおけばよかったんだ。」

「これを、いわんの馬鹿というんだ。」

そのときであった。

メロス・サリーの目の前を1匹の亀がのっそり、のっそりと歩いてきたのである。




「おい、亀、お前なにやってんだ?」

「おいらかい?」

「今、うさぎさんと競争しているんだ。」

「うさぎと?」

「なにいってんだよ。」

「うさぎなら、もう随分と前にいっちまったぜ。」

「そうだろうな。うさぎさん早いからなああ。」

そんな亀を見ていて、メロス・サリーは思った。

「ああ、なんと俺はひどい人間なんだ。」

「セリヌンティウス・フィーユは俺を信じて馬鹿みたいに待っているんだ。」

「よし!今からでも遅くはない!」

「名前も変え、素性も変え、新しい土地で別人として暮らすことにしよう!」

どうであろう?

人間というのものは最後まで自分が可愛いのである。

で、なにを私は言っておるのだ?

そうだ。

五輪である。

五輪。

西洋ではオリンピックと言う。

あのとんでもない、IOC.

「いいとこだけ・おいらは・ちょうだいするぜ」

私はとんでもない事実を知ってしまったのである。

五輪。

IOCが商標登録を済ませていたのである!!!

商標登録。

Ⓡである。

IOCは五輪Ⓡを勝ってに使ってはいかん!と言っているのである!

しかし、五輪はれっきとした日本語である。

元を正せば仏教語である。

そうなると中国も巻き込む大問題に発展するのである!

それを日本人に無断で「五輪Ⓡ」はうちらのだからね。

無断で使ったら容赦しないよと言っているのである。

であるから、我々は日本語である五輪ⓇをIOC様に無断で使えなくなったのである!

では、五輪真弓はどうなる?

五輪Ⓡ真弓と表記しないといけないのであろうか?

それだけではない。

かの名著。

宮本武蔵の「五輪の書」はどうなる!

「五輪Ⓡの書」と表記しないといけないのであろうか!

事ほどさように、IOCはやりたい放題なのである。

しかも、今回の五輪Ⓡだけどね、たくさん問題があるから中止にしないと言っても巨額な賠償金をよこせと脅すのである。

四面楚歌。

そこで、私はみなさんに訴えたい。

この大問題を見事に解決する方法が一つだけあるのである。

「法螺」である。

「法螺作戦。」

ただし、この作戦には、日本全国民が目的のために一致団結する必要があるのだ。

では、その「法螺作戦」とは。。。。
















「やったことにする。」










そうなのである。

オリンピックをやったことにするのである。

朝である。

駅の売店にはスポーツ紙が並んでいる。

すべてのスポーツ紙の1面は、




「晴天の空にブルーインパルスの描く五輪Ⓡの輪!!」

「ああ、我が日本選手団、堂々と入場!」

とあるのである!

電車の車内では、人々が、

「昨日の開会式すごかったね。」

「感動したよ。」

「最初は日本書紀から始まって、退屈だなと思っていたら突然、会場が真っ暗になって。」

「場内に、ジャジャ・ジャン・ジャジャン・ジャジャジャン♪

「そして、ギャーグワーン!!!

「ゴジラだよ。」




「しかも等身大!」

「もう唖然としたね。」

「さすが円谷プロ。」

「本物だよ。」

「で、どうなることかと思ってたら。」

「聖火台に火を吹いて。」

「聖火点灯!」

「もう驚いちゃったよ。」

すると、隣で聞いていたサラリーマンが。

「え!開会式昨日だったんですか!」

「しかもそんな演出!」

「それだけじゃないんだ。」

「暴れるゴジラに。。。。」

「懐かしい音楽が流れると。」

「だぼシャツに腹巻きの。。。。」




「寅さん!」

「おい、ゴジラ。」

「相変わらず、馬鹿か。」

「あんまり壊しているとおっかさん悲しむぞ。」

「最高のコラボ!」

「円谷プロと松竹!」

「もう最高でしたね!」

これ、すべて「法螺」です。

にっくきIOCに一泡吹かせるために、もう国民は一致団結したのである。

口裏を合わすしたのである。

朝のワイドショーでは。

「小倉さん!」

「葛西君。私は感動したよ。」

画面には新国立競技場で各国からの選手団の入場行進が映し出される。




もちろんCGである。

あの、円谷プロダクションが勢力をあつめた一世一代のCG作品なのである!

ここまでくるには事前準備も大変だった。

まず、全国の小学校、中学校で生徒達は秘密裏に体育館に集められ前代未聞の「大法螺作戦の手引き」が配布され、五輪Ⓡが開催されたことにする練習が綿密に行われたのである。

しかし、どこからこの作戦を聞きつけたのか、ある秘密組織が動き出したのである。

ロシアのKGBならぬ、

KIK。

教育委員会であった。

やたら子供達に訳のわからぬ校則を押しつける血も涙もない組織なのである。

彼らは、どうも全国の学校でよからぬ計画が進められているという情報を得、密かに内偵していたのである。

そのため、何人かの純粋に子供達を愛する教員が消息を絶ったと言われている。

らしい。。。

爺さん、婆さんには、町内会で回覧板を使い、「大法螺作戦の手引き」が知らされた。

「いいかい。我々の親たちは昔、国に騙されて散々な目にあった。」

「今でも高齢者の医療窓口負担を2割に引き上げる医療制度改革関連法。」

「いいかい。」

「今度は、わしらが国を騙すんだ!」

これで爺さん婆さん達は一致団結した!

爺さん婆さんを怒らせたら怖いのである!

それから、一般人から日本人選手役が募集された。

外国人選手役も必要だ。

それは、稲川素子事務所に依頼された。

そして、主要な競技はそれら偽物選手達を使いすべてCGで加工され毎晩、テレビで放送されたのである。

IOCの役員達がやってきて、「五輪Ⓡやってないではないか!と大騒ぎになったが、とにかく目にする新聞、テレビ、ニュースがすべて「五輪Ⓡ」の話題なのである。

会う日本人。

老若男女すべてが、「五輪Ⓡ凄いですね!」と言う物だから、納得するしかなかったのである。

かくして、世紀の「大法螺作戦」は国民が一致団結した結果、見事に成功を収めたのである!

一部の政府の偉い人の間ではとんでもない大問題になったのであるが。

「ああ、五輪Ⓡ!」

「素晴らしい、スポーツの力!」

「国民の間に絆が生まれた!」

という報道で、「まあ、とりあえず、スポーツの力と絆な生まれたんんだからいいか。」

「これで今度の選挙も圧勝だな。」

「大げさにしないで、この問題は先送りしましょう。」

というお得意の「先送り」でうやむやとなったのである。

かくして、東京2020問題は見事、「秘策」により無事解決したのである。

ということで、フィーユの裁判である。

もちろん。

「無罪!」

晴れて、フィーユは自由の身に!!!










フィーユは晴れてシャバに!!!

そのときであった!







弁護士cocoであった!




リッキー教授!




忍びの凪も!!!

みな、セリヌンティウスならぬ、フィーユを待っていたのである!!!

そして、










まひなブラザース!も陰で活躍していたことを忘れてはいけないのである!

それから、人間は今回の騒動から学んだのである。

人間はなんと愚かな生き物なのであろうか。

五輪Ⓡはこのままでいかん。

人間の欲にまみれた五輪Ⓡは必要ないのである。

必要なのは、わんこの。

わんこぴっくなのである!

Ⓡなし!

教祖様も言った。




そして、わんこぴっくが開催されたのである!!!




凪!




はたして、この旗はどこから?

そして!
















リッキー・力雄・みんなのリッキー!

感無量なのである!

そうして、第一回わんこぴっくは開催されたのである!

ような気がする。。。。

そして気になる、大富山佐里吉教授による「法螺の研究」であるが、このほど開催されたG7 で世の中にあまりに危険だということで。。。。




誰も知らぬ秘密の保管庫に秘蔵されているのである。







皆さん、長々とお付き合いいただきありがとうございました!

次回からは、「サリー警部の犯人はこの中にいる!」

「かもしれない。。。」が始まります。

多分。。。。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。......

サリー先生と愉快な仲達。第54話。法螺の研究、最終回!前編!


弁護士cocoは窮地に立たされたいた。

裁判でフィーユの無罪を明らかにできる最後の証拠。

日本の最大の危機といえるオリンピック問題を見事に解決できる「秘策」が書かれた「法螺の研究」の最も重要なページが怪盗猫だましによって奪われてしまったのだ。




弁護士cocoに残された時間はない。

その時であった。

弁護士cocoはひらめいたのである。

「裁判長!」




「証人をお願いします。」

「証人?」

「いいでしょう。」

「証人の。」







「大富山亭サリ丸師匠です。」

「師匠。」

「お尋ねします。」

「なんだね?」

「師匠はオリンピックの開催をどう思いますか?」

「オリンピック?」

「あ、運動会か。」

「いいんじゃないかい?」

「外人さんも参加するんだろう。」

「楽しいじゃないか。」

「でも、師匠。多くの国民がまだワクチン接種していないのにですね。」

「わしはしたよ。」

「ワクチン接種ですか?」

「うん。」

「ファイザーですか?」

「モデルナ?」

「それとも、アストラゼネカ?」

「飼い主さんが、師匠、行くわよとわしを抱っこしてな。」

「チクッと。」

「それ、狂犬病予防の注射でしょ。」

「そうなのか。」

「グラクソスミスクラインだったか。。。」

(注:狂犬病注射メーカー)

「何しろ、他のわんこは病院怖がるのにわしは病院が楽しくて楽しくて、先生も変わった犬だねと褒めてくれるのじゃ。」

「師匠。で、オリンピックですが。」

「そうだった。そうだった。」

「東京2020運動会。」

「あれ、いつも思うんだが、競争するところがわしは好かん。」

「は?」

「人間、争ってはいかん。」

「それに見ている方も楽しくない。」

「もっと微笑ましい競技にしないといかん。」

「例えば、マラソンだ。」

「選手はみな笑みも浮かべず、ただ黙々と走っておる。」

「なにかの修行か?」

「はああ。」

「わしは思うのだ。」

「もっと見ている方も参加させて欲しい。」

「参加ですか?」

「こっちも楽しくなるような演出だ。」

「演出?」

「例えば、借り物競走はどうじゃ?」

「借り物競走ですか。。。」

「そう。」

「選手が走っている途中で、そうさな、水を取るところがあるだろう。」

「そこで、封筒を取る。」

「開ける。」

「選手、まわりを見回し。」




「どなたか、あんぱん10個もってないですか?」

「そうだ。日本開催だから日本的なものがいい。」

「寿司の桶なんかどうだ?」

「外国人選手が、”Susi Oke Please!”」

「そうすると見物人がだな。」

「おい、おい、寿司桶だってよ。」

「困ったなああ。急に寿司桶って言われてもなああ。」

「そこに通りかかったのが。」




「あ!おい、寿司富!」

「ちょうどいい、寿司富、その寿司桶貸せよ。」

「寿司桶?」

「ばか言うんじゃねえ。」

「今、出前の途中だ。」

「どこの?」

「町内会の会長んところの、花ちゃんだよ。」

「今日、婚礼なんだよ。」

「それで、特上40人前だよ。」

「久しぶりの特上40人前。」

「うちの親父なんか喜んじまって昨日から寝ずに仕込みだよ。」

「思えばさ、花ちゃん。」

「お花ぼうだよ。」

「小さい時に母親亡くしちまって、会長が男手でひとつで育ててよ。」

「おいらなんかにも、おいちゃん、おいちゃんって慕ってくれてよ。」

「それがどうだい、所帯を持つんだってよ。」

「もう嬉しくて嬉しくて。」




「寿司富よ。そりゃおいらも嬉しいよ。」

「でもな、今はそんなこと言ってられないんだよ。」

「外人さんが困ってるんだよ。」

「世界平和のためだ。寿司桶ひとつ。」

「ひとつでいいんだ。貸しとくれ。」

「で、いっぽう。」

「ベイビー!」

「ベイビーはいませんか!」

「おいおい、今度は赤ん坊だとよ。」

「赤ん坊ってもなああ。」




「おい、お松婆さん。」

「ちょうどいいところに。」

「今、おんぶしてんの、孫の源太郎だろ。」

「そうだよ、源ちゃんだよ。」

「ちょうど、3ヶ月だよ。」

「うちの息子に似ていい男だろう。」

「いい男だ。いい男。」

「なあ、今、あの外人さん困ってるんだ。」

「助けると思って。」

「な、源太郎、貸してくんな。」

「なに言ってるんだよ、藪から棒に。」

「いいんだよ、堅いこというなよ。」

「お松ばあさん困っておりますと、そこを通りかかったのが。」

「鰻屋の熊公。」

「おいおい、お前さんがたなにを騒いでいるんだよ。」

「なに?外人さんが困ってる?」

「赤ん坊かい?」

「お松ばあさん、ここは人助けだ。」

「源ぼう、貸してやんなよ。」

「それについだ、そのおんぶ紐も貸してやんなよ。」

「というわけでございまして、かくして赤ん坊をおんぶ紐で背負った姿で見事ゴールイン!」

「表彰台には。」

「寿司桶。」

「赤ん坊。」

「そして、なぜか、お松ばあさん。」

「を連れた選手達が!」

「金!銀!銅!。」




「師匠、結構です。お戻りください。」

「裁判長!異議あり!」




「なんだね。」

「coco弁護士はいたずらに審理を長引かせおります!」

「異議を認めます。」

「弁護側、他に証人は?」

「ありません。」

「では、判決を。。。」

そのころ。。。。




忍者凪でございました。

とある山中を歩いておりました。

「あれは!」










「二人そろって!」




そうである。

まひなブラザース!







「また、師匠ですか?」

「可愛いでございますな。」

「ご機嫌麗しい。」

「おじちゃんは?」

「あっしですか。」

「アルミの窓の。」

「それは、サッシ。」

「それは聞かないで、お願い。。。。」

「それは察してください。」




「で、おじさんなにやってんの?」

「あしっは、とある代官の屋敷に密かに秘蔵されている。」

「おじさん、密かに秘蔵は二重だよ。」

「そうでした、そうでした。」




「で、おじさん?」

「代官の屋敷に忍び込みました。」




「秘訣の紙面を見つけたのです!」




「ところが。。。。」




「捕まってしまったのです。」

「え?おばあちゃんに可愛い、可愛いされているようだって?」

「で、なんとか。」

「なんとか。」

「秘訣を取り返したのです!!!」

そして、法廷に!!




「秘訣が!!!!」

いよいよ時間、秘訣の秘密が白日のもとに!!!

次号、いよいよ完結!!!
















参加わんこ募集中です!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......

サリー先生と愉快な仲間達。第53話。遂に、法螺の研究が明らかに!?


「裁判長!」







「弁護人は先ほどから審理を長引かそうと。」




「ごにょごにょと!」

「これは明らかに法廷侮辱罪であります!」




「弁護人。」

「ごにょごにょは元気で!」




「よろしい!」

ということで、フィーユ被告の裁判は続いていたのである!




coco弁護士が「ごにょごにょ」と審理を引き延ばしていたのには理由があった。

フィーユ被告を無罪にし、あまつさえ、日本が抱えた問題を一挙に解決する「秘策」。

その「秘策」を納めた幻の書物。

「法螺の研究。」

その書物の到着を今か今かと待っていたのである。




忍者凪である。

「法螺の研究」を盗むために侵入したのであるが、手がかりがつかめなかったのである。

そんな時であった。







同じく忍びの「亀さん。」

「亀さん」から重大な手がかりを!

そのときであった!



















毎度、お間抜け廷吏の「サリー」であった。

そして。。。。

遂に、「法螺の研究」が!!!!




「法螺の研究」

大富山佐里吉・著

世のかなは理不尽なものである。

雨が降っているとしよう。

人々は傘をさし、職場に向かう。

職場。

なぜ、職場に向かうのか?

働くためである。

なぜ、働くのか?

食べるためである。

家族を、幼子を養うためだ。

そのために、民(たみ)は労働の代償として幾ばくかの代償を得る。

その行為は昔、遙か昔から尊いものとされていた。

しかし。

しかしである。

世の中には、多くの民を欺いて私利私欲にまみれ富を得る人々がいるのである。

そうである。

為政者(いせいしゃ)である。

政治家である。

もちろん民のために日々、身を粉にして働いている政治家もいるのは確かだ。

しかし、見ろ。

今の世の中の多くの政治家は自らの私利私欲、次の選挙での自らの当選だけの目的のために生きているのだ。

世の中には日々の食にも困窮する人々がいる。

その人達も懸命に生きているのだ。

しかし、私利私欲にまみれた政治家達はまったく彼らのことを考えてはいない。

では、なぜ、私利私欲の政治家は長々と政治家でいられるのか?

私はこう考える。

「口が上手いから。」

そうなのである、とんでもなく口が上手いのである。

私利私欲にまみれた政治家。

長いので。。。。

私利私欲君と呼ぼう。

もうこいつら口から生まれてきたようなものんだのである。

しかし、悲しいかな、多くの民は、こっろっと騙されてしまうのである。

ということで、私は提唱したい。

このような舌先三寸の奴らに対抗するには。。。。

「法螺である!」

世のかには自分の知らないことを言う人間に悲しいことに、「この人偉い人なんだ。」

と思ってしまうのである。

またこういう人は学歴に弱い。

特に、東大に弱い。

ものすごく弱い。

なぜ、東大だと人は弱いのか。

昔、私の従兄弟のお兄ちゃんが東大の生協で働いてた。

「東大で働いていると、通りかかった女子が、東大なんですか?」

「って聞かれて、もうモテるんだよ。」

「うひょうひょ!」

と言っていた。

「でも、お兄ちゃん。東洋大学でしょ?」

「東大だよ。なにか問題あるか?」

私は子供ながら世のかなの理不尽さに気がついたのである。

私は決して、東洋大学を非難しているわけではない。

つまり、人は自分が知らないことを知っている人を無反応に尊敬していまうのである。

だが、それはとても危険なことである。

いつ騙されるかわからないのである。

であるから、私は言いたい。

騙されないためには。。。。

「法螺を吹くことである。」

私は提唱する。

「ギリシャの哲学者である。」

こんな感じである。

「ギリシャの哲学者は言いましたな。」

「雨が降れば、傘をさす。」

「雨があがれば、傘を閉じる。」

「それはいったいどういう意味でしょうか?」

「人間の定理ですよ。」

または、

「人は腹が減れば、なにかを食べたくなる。」

「なにかを食べたくないときは、腹が減っていないのである。」

「人間の定理ですな。」

ここで注意して欲しいことがある。

ピタゴラス
ソクラテス
プラトン
アリストテレス

は避けたほうが無難である。

あまりにも有名な哲学者である。

もしかすると、相手が「大学の時の専攻がギリシャ哲学でして。」

などとなると目があてられぬことになってしまうのである。

できれば、

タレス
アナクシマンドロス
アナクシメネス
ヘラクレイトス
アナクサゴラス

など知られていない方々がよろしい。

もし相手がこれらの哲学者に不案内であれば、こっちのものなのである。

相手がこざかしげに自分の知識をひけらかした時。

貴方は、そうさなああ。

遠くの空を見つめ、一言。。。。

「そういえば、かつてギリシャの哲学者のアナクサゴラスが言いましたな。」

「グラスにワインが半分ある。」

「愚か者は、もう半分しかないと言う。」

「更に愚か者は、まだ半分あるという。」

「それはどういう意味でしょうか?」

「うん?」

「継ぎ足せばいいではないか。」

「はああ、深いですな。。。。」

これで、相手はノックアウトなのであります!

「裁判長!」




「なにかね?」

「これがいったいなんの意味があるのでしょう?」




「法螺の研究」

「まだ続きがあるのです!」




「法螺の研究。」

これから、我が国もとんでもなく大きな災いが起きるだろう。

恐らく、世界から運動選手が集まる大会である。

しかし、そこで問題が起こるのである。

西洋のとんでもない輩、通称、ぼったくり一族、がとにかく金目当てに大会を強要するのである。

開催しないと多額な違約金を要求するのである。

しかし、このような国難にも、私は訴えたい。

「法螺である!」

「法螺がこの国難を救うのである!」

「coco弁護人!」

「弁護人!」

「どうしたのだ!」

「続きは!!!」




弁護士cocoは固まっていた。。。。

なぜかと言えば、「法螺の研究」の最も重要な「秘訣」

「秘訣」のページが抜けていたのである!

そこには!




「怪盗猫だまし!」

そうなのであった。

「怪盗猫だまし」の仕業であったのである!!!

どうなる、フィーユ!




哀れ、フィーユは有罪となってしまうのか!

駄菓子菓子!

あの男達が動いた!!

まんまるまるっちとひなっち!

そうなのである!

まひなすたーず、改め!










そして!

忘れてはいけない!







「五月晴れ・力雄・リッキー教授!」




もうてんこ盛り!

サリー先生と愉快な仲間たち。

いよいよ最終回!

多分。。。。

果たしてどうなる!!!




参加わんこ募集中です!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
https://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

......