サリーの「ぽよよん日記」。サリーの登板はなか4日?

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 



サリーは寝ています。

いびきをかいて。

もう昼ですが一向に起きる気配がありません。

たまに頭を上げて飼い主がいるのを確認するとすぐ寝ます。

昨日、会社に行ったので疲れているのです。

会社に連れて行った翌日は必ずこうなのです。

会社は楽しくて仕方ないのです。

会社に到着するとまず、「さとこ」さんを確認して、飼い主におやつを要求しておやつを食べます。























なんかお気楽だなああといつも思うのですが、「さとこ」さんや社長さんが事務所から出ると慌ててうろうろ。

ドアを見つめるのです。

仕方がないので抱っこして安心させようとするのですが、顔はドアを凝視しているのです。

サリーにとって会社は楽しい所でもあり同時に緊張する所でもあるようです。

ですから翌日は疲労困憊。











寝続けるのです。

どれだけサリーが疲労困憊しているのか。

飼い主がトイレに起きるといつもなら慌てて飛び起きるサリーが、起きないのです。

微動だにもしないのです。

しかもポテチを食べても、いつもなら慌ててベッドから飛び降りてくるサリーが、まったく反応しないのです。

やはり会社に行くと疲れるんです。

毎日の出勤は避けたほうがいいのか。。。

よくプロ野球で先発投手が「なか4日」とか「なか5日」とか言いますが、サリーも会社の登板(出勤)は、「なか20日」にしたほうがいいのかもしれません。

といつものおばかなことを考えているのです。

なぜなら、サリーが疲労で寝ていると気を使ってしまうのです。

今日は掃除、洗濯の予定でしたがうるさくしてサリーの安眠を妨害するわけにはいかないのです。

丁度、センター試験真っ最中の子供を持つ親の気分なのです。

とにかく物音ひとつたてない。

テレビを見る時も音は消すのです。

まあ向こうはこれからの人生がかかっているのですが、こっちはなにもかかっていないのですが。。。

向こうは見事「合格!」なのですが、こっちは見事「起きた!」なのです。

で、昼過ぎ。

突然、サリーが起きたのです。

布団の中から。

飼い主は息を呑んだのです。

果たしてサリーは!











ベッドからのっそりと降りて水をちゃぴちゃぴ飲んでまたベッドに登り寝てしまったのです。

センター試験の初日が終わり帰宅した我が子に「どうだったの?」と尋ねたのに我が子は無言で自室に入ってしまったのです。

「かあさん。あいつも疲れいてるんだ。明日もある。そっとしておきましょう。」

「そ、そうですねお父さん。」

「しかしあの子も大きくなったもんだな。」

「そうですね。」

「あの子がうちに来た時、あの子は幾つだったんだ。」

「わかりませんよ。保護犬ですから。」

「確か、6歳から8歳じゃないかと。」

「そうだった。そうだった。」

「うちに来てから3年と6ヶ月ですから12歳くらいでしょうか。」

「12歳か。。。。」

「成人式は参加したのか?」

「犬の世界にも成人式ってあるんですか?」

「あるんじゃないのか?」

「そもそも犬の場合、成人、いえ、成犬って幾つなんでしょう?」

「わからんなああ。」

「まあ、いずれにしてもあの子がうちに来た7月には盛大に4周年記念祝ってやらんといかんなああ。」

「そうですわね。」

「7月は盛大にピクニック開催ですね。」

「かあさん。そうだな!」

と飼い主はやることがないのでおばかなお話を作っていたのです。

で、もう夜の9時です。

ふと見ると。











サリーが起きてました。

約24時間近く寝ていたのです。

途中、水を飲んでカリカリを食べましたが。

まあサリーは元気になったようです。

サリーをナデナデしてあげました。











よかった。よかった。

それで、











安心したのかまた寝てしまいました。

いびきかいて。。。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —