まだまだピクニック!

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


まだまだ、ピクニックのお話。

ブログのデザインからシステム、インスタグラムまでやってくれた友人のデザイナー。

サリーとは初対面なのです。

当初は、テキストと写真を送ればアップしてくれたのですが、しばらくして「独り立ちしなさい!」と言われ、今は独り立ちしたのです。

恩人なのです。

足を向けて寝ることはできないのです。

住所、わかっているので、とりあえず足は向けて寝ていません。

それで、いい機会なので、マイクパパさんにマイク家に居た時のサリーの様子をお聞きました。

マイクパパさん。

寡黙な人なのです。

飼い主とは正反対なのです。

「ずーっと疑問だったのですが、サリーって性格きつくないですか?」

マイク寡黙パパさん。うっすらと笑顔を浮かべるだけでした。

「なにかある!」

飼い主は思いました。

引き下がりませんでした。

「どうも我が強いような。。。」

マイク寡黙パパさん。

「先住犬がいたんですが、サリーが行きたい先に先住犬がいると。。。」

「いると?」

「あっち行け。。。。」

「あああああ!」

「まあ、放浪していましたから、せれだけの根性がないと。。。」

「それで異常な食欲ですよね。」

「まあ、放浪していましたか。。。」

「動物保護センターって餌が貧弱だそうです。それで保護されてかえって弱る犬たちもいるそうです。。。。」

「でもサリーは、生き延びましたから。。。。」

なにかとんでもない奴をもらってしまったのかもしれません。

マイクママさんからおやつをいただく、ココ、ルーイ、サリー。

幼稚園の先生の前の園児たちのようです。

ルーイとサリーは、マイクママさんの園児です。

ルドルフパパさんのご厚意でカートに乗せていただきました。

ルドルフのママと一番小さいのと一緒です。

で、だんだん寒くなってきました。

ワンコ達も疲れてきました。

寝るココ。

ですが、サリーだけ元気なのです。

「食いもんよこせ!よこしなさい!」

とウロウロするのです。

放浪してサバイバルした経験は立派に生かされているのです。

そして、みなさんお帰りになりました。

しかし、サリー、




















帰るのを拒否しました。

放浪してサバイバルした経験は立派に生かされているのです。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —