サリーは、喜びも悲しみもベッド上で。。。

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


サリーは、最近、朝起きるとベッドに上に乗ってきます。

それまでは、寝室のクローゼットの中かベッドの下の洗濯の山で寝ています。

洗濯の山と言っても洗濯済の物です。

畳む前にサリーが気に入ってしまって寝床にしたので、それ以来、洗濯済みの洗濯物(ややこしい)はベッドの下に置いておくことになったのです。

ですから、山の中から着なくてはならいないものがあると、サリーを「よっこいしょ」とどかして、引っ張り出さないといけないのです。

それで、朝、サリーはベッドの上に乗ってきます。

飼い主の枕元で寝ます。

寝ますが、すぐ足元に移動します。

意味があまりよくわかりません。

まあ、目が覚めて飼い主が居ることを確認して、嬉しくて枕元に来て「よかった、よかった」と思っているのかもしれません。

それで、朝の散歩を終え、部屋で細々とした用事を済ませました。

さて、これから外出しなくてはいけないのです。

そうです。

サリーはお留守番なのです。

仕方ないのです。

サリーは、会社にいけると思って、布団を噛み噛み。

「すまんな。3時間くらいで帰るからいい子していてね。」

と言って外出しました。

外出する前、玄関に飼い主を追ってきてドアの前で、スリーピング・ちょうだい・ちょうだいではなく、ちょうだい・ちょうだいをしました。

とても嬉しい時にするのです。

連れて行きたいのですが、無理なのです。

飼い主、都会に出ました。

凄い人並みです。

丁度、秋分の日、と言っても土曜日ですが、なかなか進むことが出来ないのです。

こちらは、一刻も早く用事を済ませて帰りたいのです。

サリーが心配なのです。

それなのに人々は三々五々です。

えーい!邪魔なんだよ!

こちとら江戸っ子でー!

火事と喧嘩は江戸の華なんだよ!

こちらは、四四六六。

いえ、八八十十くらいのスピードを人をかき分け進みました。

しばらくして、冷静になっって。







「大阪産まれだった。。。」

そんなことはいいのです。

とにかく、一刻も早く用事を済ませなくてはならないのです。

そして用事も済ませ、やれ嬉しやと家路を急ごうとしたとき、魔が差してしまったのです。

さされてしまったのです。

魔に。

大きな本屋の前を通ってしまったのです。

飼い主にとって、大きな本屋は禁断の場所なのです。

悪の巣窟と呼んでも過言ではございません。

大きな本屋で過ごす時間が至福のときなのです。

そしてつい、フラフラと入ってしまったのです。

しかし、サリーのことは決して忘れてはいませんでした。

とにかく、早足。

八八十十です。

本屋の中を歩きまわりました。

結局、7冊購入しました。

大人買いです。

しかし、重い。

そして、駅に向いました。

JRの切符を買おうとしました。

最近は、改札をなにやらピット!カザスだけで通れる魔法のカードがあるようですが、飼い主、まったくわかりません。

なので、今でも昔ながらの切符購入なのです。

で、切符を買おうとした瞬間。

大事なことを忘れていたのです。

しかも、2つ。

① ペットショップ
② デパ地下。

ペットショップは、サリーになにか買おうと思っていたのです。

都会のペットショップでないと売っていないような、おしゃれな服。

慌ててデパートのペットショプに行きました。

8階でした。

何故、ペットショップは8階とか高いフロアにあるのでしょう?

昔は屋上にあったような気がします。

デパートは100%、1階は化粧品売り場です。

そして、2階、3階と婦人服売り場です。

お店によれば、4階まで婦人服売り場です。

紳士服は必ずワンフロアです。

そうそう。

不況になるとまず売れなくなるのが紳士服だそうです。

そして次に子供服。

つまり、奥さんが家計のために、まず「とーちゃん」の衣料費を削減するのです。

それでもキツイと子供に手をだすのです。

しかし、婦人服は永遠に不滅なのです。

というようなことを聞いたことがあります。

閑話休題。

ペットショップ着きました。

「え!」

凄い人だかりです。

なんでこんなに?

先程の、①とーちゃん→②おこちゃん→③おかーちゃんは不滅説は。

①とーちゃん→②おこちゃん→③おかーちゃん→④でもペットは不滅なのかもしれません。

かっこいい犬用の服があったのですが、4,500円(税別)。

高い。

でも、かっこいい。

欲しい。

ぜひ、サリーに着せたい。

でも、高い。

さっき、本、7冊買わなければよかった。

返品ってできるのかな?

ペットショップで躊躇、30分。

結局、あきらめて店を後にしました。

後ろ髪を引かれる思いで切符売り場に。

そして、再び思い出したのです。

②のデパ地下です。

別に、デパ地下で美味しいものをいっぱい買おうというわけではありません。

目的は。


















●陽軒のシュウマイ弁当を買いたかったのです。

なぜか、これがお気に入りなのです。

でも、大きなデパートでないと売っていないのです。

冷えていても、美味しいのです。

別に、●陽軒のまわし者ではありません。

うーん。

でも、誰か●陽軒の人、ブログ見ていてくれないかなあああ?

●陽軒の社長さんとか。

せめて、広報の人とか。

そして、「社長。このブログを見てください!」

「なに?」

「おばかブログですが、捨て犬、捨て猫のために頑張っているようです。」

「皆まで言うな。」

そして、飼い主に●陽軒のシューマイ弁当1年分が届くとの連絡がくるのです。

しかし、飼い主、「それはいけません。それより、里親さんを必要としている犬、猫。そして、日夜、そのために頑張っているボランティア団体の方々のためになにか、ご尽力をお願いいたします。」

と答えるのです。

うーん。

かっこいい!

「でも、1年分は頂きますけど。。。えへへへ。」

妄想をいたしました。

大変失礼いたしました。

それで、無事、シューマイ弁当購入。

帰りの車中。

帰ったら、お風呂入って、シューマイ弁当と冷えたビールね。

うふふふ。

でございました。

さて、これからが本題。

長い時間、留守番だったサリーです。

ドアを開けました。

そーっと部屋の中に入りました。

また、そーっと寝室を覗きました。


















サリー、ベッドの上で座って、ジーっとしていました。

この世の終わりと言うより、「思考停止」。

うーん。そうですね。

10秒ほどして飼い主を見つけると、それは、それは、とんでもない大喜び。

飼い主、横に座ります。

飼い主の身体にスリスリ。

スリスリという程度ではありません。

「てめー、どこ行ってたんだよー!ふざけんなよ!」

の10倍くらいのスリスリをするのです。

「すまん。すまん。これでも一所懸命に早く帰ってきたんだよ。」

本屋に寄ったとか、シューマイ弁当を買ったとかは言いませんでした。

しかし、よくわかりませんが、ワンコって飼い主が帰ってきて嬉しい時は、ワンワン吠えたり飼い主に抱きついてくるのではないでしょうか?

サリーは、最強、スリスリ、スリーピングちょうだい・ちょうだいの間、全く無言です。

不思議です。

それで、しばらく隣に座って落ち着かせて、布団噛み噛みしたので、移動してテレビを見ました。

サリー、降りて来ました。

ナデナデして欲しいのかと思い、手をのばすと戻ります。

戻って布団を噛み噛みします。

これを繰り返します。

降りる→手を伸ばす→戻る。

仕方ないので、ベッドに戻り横に座ります。

「てめー、どこ行ってたんだよー!ふざけんなよ!」

が始まるのです。

そして、布団噛み噛み。

それで、結論。


















サリー、嬉しいときも悲しい時も、全てベッドの上なのです。

どなたか、理由を教えてください。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —