「未分類」カテゴリーアーカイブ

サリーの「ぽよよん日記」。人はなぜ犬を飼うのか、しかもおまけ犬を。。。。

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 



人は何故、犬を飼うのか。

しかも元捨て犬です。

間違って飼い主のところに来たのです。

むこうもそう思っているでしょう。

ここどこ?

あんた誰?

なんでママさんいないの?

なんでお姉ちゃん(長女)、お兄ちゃん(長男)いないの?

で、パパさんはいないの?

飼い主は「しょうがないだろう。運命。運命。」

「運命?」

「諦めよと言うの。」

「運が悪かったんだよ。」

「俺はもともと猫をもらいに行ったんだよ。」

「それがどういうわけか犬が来てしまたんだよ。」

「じゃああ、父ちゃんはもともとあたしを欲しくなかったの?」

「しょうがないだろう。来ちゃったんだから。」

「そうか。あたいはしょうがない犬なんだ。。。」

「まあ、そう落ち込むな。」

「こうなったんだからなんかの縁だ。」

「いっぱいいこう。」

「あたいは犬だからお酒は飲めない。」

「おお、そうかだったな。」

「それでね。」

「なんだ。」

「お父ちゃんは、あたいのこと好き?」

「うーん。微妙だな。。。」

「え、なんで?」

「お前、父ちゃんが起きるといつも心配で飛び起きるだろう。」

「それでトイレまで着いて来るだろう。」

「だけど安心して寝ると絶対起きないだろう。」

「朝だから散歩に行こうと起こしてもぐぎゃー!と抵抗するだろう。」

「。。。。」

「サリー、わかるか?」

「なに?」

「こいうのを。。。」















「腐れ縁と言うのだ!」















はい、いつものおばか話でした。

サリーは元気なのです。

寒いのかずーっと寝ていいますが、散歩は元気に人様の袋を漁ろうと虎視眈々なのです。















しょうがないので抱っこするんですが。。。。




























なんか、とっても元気みたいです。。。。

あと、廊下でどすこい!しないでよ。

ふんじゃったないじゃない。。。。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

......

サリーの「ぽよよん日記」。サリーの無言の生活。

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 



えーっと、時間がたってしまいました。

北海道の被害に合われた飼い主さんとわんこ、にゃんこのための寄付です。

サリーの手術等でバタバタしておりました。

後日、業者さんからの見積もりをご紹介しますが、こんな感じです。

で、

マグカップ、原価1,680円。

エコバック、440円。

まあセットで2,000円として販売価格4,000円でいかがでしょう?

えーっとそうなると利益2,000円を寄付させていただきます。

ご希望の方は問い合わせから御連絡ください。

問題はどちらに寄付したらいいのかまだわからないのですが。。。

それでサリーです。

もう何回もお伝えしていますが、サリーは飼い主が少しでも離れると。

トイレに行って戻ってきてもベッドの上で不安そうに座っているのです。

なんと言うのでしたっけ?

分離不安?

飼い主がいなくなるととんでもなく不安になる。

なんでなんだろうな?

いつも一緒にいるんですよ。

ベッドとデスク。

たった1メートルしか離れていないのに不安そうにしているんです。

それで急にお話しは変わります。

以前からサリーはお母さん、お父さん、長男の健太(小6)と長女の典子(小1)の一家に飼われていたのではないかと考えていたのです。

おそらく、健太と典子がペットショップで「この子が欲しい!」とか言って買われたのです。

あるいは、売れ残りでぽつんとしていたのかもしれません。

後者の可能性が高いのです。

しかし最近、あらたな説をとなえるようになったのです。

「サリーは25歳の独身女性に飼われていた!」

サリーは散歩に行けるとわかると、毛布を噛み噛み。

会社にいけるぞで布団を嚙み嚙み。

会社に到着すると毛布を嚙み嚙み。

とにかく嬉しいと噛み噛みなのです。

ひらめいちゃったのです。

ひらめいてしまったのです。

多分、25歳、独身OLのさやか。

ペット禁止のワンルーム。

彼氏は27歳のフリーターのたかし。

こいつがどうしようもない男なのです。

金がなくなるとさやかに金の無心をするのです。

「なあ、もうすぐ金がはいるからさ。」

さやかは仕方なしになけなしの、いくばくかの金を与えるのです。

そんなさやかですが、ある日、ペットショップに行ったのです。

すると売れ残りのトイプーがいたのです。

うつろな表情でケージの中で座っていたのです。

さやかは、「この子!」

これまたなけなしのお金をはたいてその犬を購入したのです。

しかし、さやかのワンルームはペット禁止なのです。

でもその犬はようやくもらってくれた!

飼い主さんだ!

なのでもう有頂天でわんわん吠えてうれしさを表現するのです。

でも、さやかは「サリ男。ほえちゃだめ。管理人さんに見つかるとお前を飼えなくなるの。。」

サリ男は仕方なく黙るのです。

しばらくすると、フリーターのたかしがまた金の無心に来るのです。

「たかし。もうお金ないわよ。この子のえさ代もあるし。」

「この子?」

「なんだこのあほずらのばか犬!」

たかしは、自分にしっぽを振っているいる犬を蹴っ飛ばすのです。

キャン!キャン!

想像で書いている飼い主ですがだんだん腹がたってきているのです。

こういうばか者は地獄に落ちなさいなのです。

それでサリ男は嬉しいときはわんわんしてはいけないと学習したのです。

で、嬉しいときは毛布を布団を噛むようになったのです。

そうして、さやかは乱暴者のたかしから逃れるために故郷の東北へと旅だったのです。

そうして哀れサリ男は捨てられてしまったのです。

どうでしょう?

かなり信憑性がありませんか?

でね。それが証拠に。

散歩だとわかると、

この無言の喜び。

そして、














無言のおやつぱく!

そして無言の















抱っこ。

そして帰宅すると、、














無言の監視。。。

で、ですね。

深夜2時です。














散歩に行きたいそうなので。。。。

深夜2。。。。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

......

悩める小説家サリーの「本を出すなら、出しなさい!」

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 



小説家サリーは悩んでいた。

あまたの文学賞の中でもっとも権威の、、、、、、無い。

茶川賞(ちゃがわしょう)にまたまた落選しまったのである。

「どうにかしないと。。。」

しかし、ある日、とんでもないアイデアを思いついたのである。

小説家サリーは言う。

「どうも最近、なんとかしたければ、なんとかしなさい」というタイトルの本が多いのである。

例えば、アマドンで「しなさし」と検索すると出てくる、出てくる。。。

「会社は一人で経営しなさい」

「とにかく妻を社長にしなさい」

サリーの飼い主は独り者である。

どう考えても妻は社長にできない。

すると、同じ作者が、

「いますぐ妻を社長にしなさい」

この作者はとにかく妻を社長にさせてたいという焦りがあるようである。

そなうると、「会社は一人で経営しなさい」の立場はどうなるのであろう?

どうか作者二人で話し合って結論をだしてあらてめて、「会社は妻、一人で経営させなさい」という本を出して欲しいのある。

すると、「儲かる会社をつくるには赤字決算にしなさい」という本もあるのである。

もうおちおちしていられないのである。

妻を社長にして一人で経営させて赤字決算にしなくてはならなくなってきたのである。

普通に考えて、社長を妻にして一人で経営させて赤字だとまずいのではないか?

すると、「今から君が社長をしなさい。」

もう訳が分からないのである。

「妻を社長にして一人で経営させて赤字経営にして、今から君が社長をしなさい。」

妻を社長にして一人で経営させ赤字経営にしたら、今から君が社長をしなくてはならなくなったのである。

その前に、「君」とは誰なのだろう?

「今から君が社長をしなさい。」

最初の「妻を社長にしなさい。」がものの見事に崩壊してしまったのである。

検索を続けると。、

「長生きしたければのどを鍛えなさい」

「長生きしたければ座りすぎをやめなさい」

「長く健康でいたければ背伸びをしなさい」

「快眠したければ首を緩めなさい」

「長生きしたければ朝食は抜きなさい」

「病気になりたくない人はこうしなさい!」

「野菜中心をやめなさい」

長生きするためには、もうとんでもなく色々なことをやらなくてはならないのある。

そして、「開運したければこの神社に朝、一人でお参りしなさい。」

うーん。

うーん。

開運したければ朝、一人で神社にお参りしなくてはいけないのである。

しかし、長生きではなく、開運というところが作者の一歩引いた、後でクレームが来たら困るので、「開運ですよ。開運。あなた、運なんてもんは
いつ訪れるかわからないでしょ?」
という作者のほのぼのとした微笑ましい考えが見え隠れするのである。

それで、小説家サリーである。

サリー先生考えたのです。

「○○しなさい!」ブームに乗っかるのだ!

そうして、構想30分。

壮大な作品が完成したのである。

それは、




















私(飼い主)は家族がいません。

当然、奥さんもいません。

今まで何回もプロポーズをしたのですが、ことごとく拒絶されてきたのです。

私のなにがいけないのでしょう?

なにが足りないのでしょう?

バレンタインデーの夜、彼女と待ち合わせをしていました。

まあ、そこらへんの中華料理屋にでも行くか。

金も無いしと思っていたら、彼女がゴディバの袋を持って現れたのです。

作戦変更!

大変更!

丁度、彼女の誕生日だったので銀座三越でコーチのハンドバックを買ってプレゼントしました。

フランス料理のレストランに行きました。

お高いワインも注文しました。

楽しい時間を過ごしたのです。

そして彼女は「ごちそうさまでした。こんな素敵なプレゼントも頂いて」と言いました。

彼女帰りました。




















ゴディバの袋を持ったまま。。。

これが有名な「ゴディバ事件」です。

しばらく暗い日々を過ごしました。

しかし、これではダメだ!

前を向いて生きていくのだ!

別の女性を知り合いました。

オイスターが好きだそうです。

オイスターバーに行きました。

お高いワインを注文しました。

楽しい時間を過ごしました。

何回かオイスターバーに行きました。

しばらくすると、「今夜、オイスターバー連れていってくれませんか?」

もう、うひょひょ!

オイスターバー行きました。

彼女、「実は相談があるんです。」

嫌な予感がしました。

「実は今同棲している彼の暴力が酷くて。。。。」




















もう死んじゃおうかなああ。

子供の頃、看護婦、婦長をしていた母が、「お前ね、自殺するときは首をくくるのはダメよ。自殺現場がとんでもないことになるから。」

「一番綺麗な死に方はね。。。」




















「餓死」

なぜ母が子供の私にそんなことを教えるのか、今も問い続けているのです。

明るい未来を思い描けない私でした。

しかし、友人の紹介でアルマさんを教えてもらったのです。

「保護猫でももらいに行くか。。」

しかし、気がつくと犬を貰ってしまいました。

犬を飼うのは初めてで、最初はとんでもなく緊張しました。

とにかく食いもんの執着がはんぱないのです。

新しい飼い主。

新しい家に来たので緊張するのかと思えば、




















爆睡するのです。

「長生きしたかったら、保護犬を飼いなさい」

説得力がないのです。

悩んでいる私にある夜、教祖様が現れてこう言ったのです。

「悩める飼い主よ。こう考えるのだ。」

「サリーは保護犬だ。」

「捨てられて、毛がぼうぼうで放浪していた。」

「それを犬、猫を愛する人々のおかげで助かって今があるのだ。」

「毛がぼうぼうで放浪したいたが、」




















「今ではトリミングに連れていってもらえてスッキリではないか。」

「しかも。」




















「留守番もなく会社にも出勤させてもらえて。」




















「社員にも可愛がられて。」

「捨て犬のサリーにとっても、天国生活なのだ。」

「しかし、教祖様!サリーは天国かもしれませんが、私は幸せなのでしょうか?」

「毎日の散歩。餌代。トリミング代。貧乏人の私はサリーのためになけなしのお金を使って貯金もできません。」

「考えなさい。考えるのだ。」

「サリーは捨て犬だ。それが今では。。。」



















































































































「たくさんのわんこ、たくさんの人達がサリーに会いたいと集うのではないか。」

「しかし、私は飼い主は全然、全く、保護犬を飼うことで長生きできるとはとうてい思えません。。。」

「まだわからんか。。。」

「お前は腰が痛い。とんでもなく痛い。」

「しかし、サリーを散歩に連れて行かなくては。。。」

「散歩に。。。。」

「その一心でとてつもなく痛い、水戸黄門注射を受けたのではないか。」

「もうろうとするあいだ、サリーに会いたい。。。サリーに会いたい。。。と泣き言を言ったではないか。」

「お前は十分、幸せになっておる。」

「サリーは白内障だ。やがて目が見えなくなる。」

「目が見えなくなった犬を誰が世話をするのだ。」

「。。。。。。」

「ようやく分かったか。サリーにはお前が必要なのだ。」

「まだわからんか。」

「とんでもなく間抜けな犬だ。」

「とんでもなく人様の袋を漁る犬だ。」

「とんでもなく、食うものを欲しがる犬だ。」

「とんでもなく寂しがりやの犬だ。」

「とんでもなく飼うのは面倒な犬だ。」

「しかし、すでにサリーが大好きなのだ。」

「なぜなら。」




















「なんか反論はるか?」




















おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

......