「自宅にて」カテゴリーアーカイブ

サリーの「ぽよよん日記」。サリーと父ちゃんの深夜のお遊び。



■サリラは言った。

本日のおはなし。。。


サリーは寝ておるのです。

熟睡しているのですが、ふと見ると。





































怖いのです。

でもほっておくと、





































なぜかスリーピング・ちょうだい・ちょうだいをやります。



















意味はわかりません。

仕方がないので布団に入るのです。

するとサリーはうれしくて布団をぺろぺろします。

布団がべとべとになるので布団をどかします。

すると今度は枕をぺろぺろします。

枕もどかします。

ぺろぺろするものがないくなると、



















とんでもなく悲しそうな表情をします。





































とても悲しそうなので不憫に思い背中をさすると、



















シーツをぺろぺろしていました。

それで、ふと、









































































遊んであげようとしたのですが、どうも迷惑そうでした。

夜中にいつものサリーと父ちゃんのお遊びなのです。

なにやってるんでしょう。

変なやつなのです。

あ、それは父ちゃんも同じか。。。

それでお昼になって散歩に行きました。



















サリーは朝起きないので最近は散歩はお昼なのです。



















ぷーママさんに頂いたおニューの服なのです。























































でも昼だから誰もいないのです。



















それで帰ると部屋の中で暴れるのです。

お前が起きてこないからいかんのだ。

でもですね。

散歩中にわんわん吠えるわんこに会ったのです。

でも、



















サリーはまったく動じなかったのです。

サリーを少しだけ誇らしく思いました。



















おしまい。

 

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーの「ぽよよん日記」。サリーとコロコロ君。



■教祖様はおっしゃる。「おしなさい!」

本日のお話。


先日のお散歩でジャックラセルテリアのムック。















グレースママさんのご近所のムック。

サリーは一緒に散歩したのでした。

ムックは高齢ながら元気にまっすぐに歩くのですがサリーは、あっちに行ったりこっちに行ったり。

先へ向かうとかと思えば今来た道を戻るのです。








































































「あまり来たことがないところなので迷ってるのかな」と言うとムックの飼い主さんが、

「サリーちゃん。よく見えていないんじゃないですか。」

そうなのです。

サリーは左目が白内障で右目の眼球が傷ついているのです。

サリーの仮親さんのマイクママさんのお宅にお来た時にはすでにそうだったそうです。

動物病院の先生によれば眼球が傷ついているというのは人間でいえば眼鏡のレンズがきずいていている状態だそうです。

つまりよく見えない。

そのためにサリーは散歩の時に右へ行ったり左に行ったりするのでしょう。

ぷーママもサリーを散歩させているときに同じことを指摘されました。

なるほどそういうことか。

まあサリーは年齢不詳ですが若くはないので仕方ないのかな。

しかし。

しかーし!

サリーは会社に行くときはまっしぐらなのです。

まったく後戻りしないのです。

なぜなのでしょう?

謎は深まるばかりなのです。

それからサリーは嬉しいと布団や毛布を舐めます。

夜飼い主がパソコンに向かっているいると布団の上で飼い主を観察といいますか睨んでいます。

早く寝ればいいのに寝ないのです。

で、飼い主が寝ようとすると大興奮するのです。

毛布をぺろぺろ。

毛布がべとべとになるので嫌なのです。

嫌なので毛布を遠ざけました。

すると枕をぺろぺろ。

枕を遠ざけます。

すると、もう仕方ないのでしょう、シーツをペロペロするのです。

とにかくぺろぺろしないと収まらないのです。

サリーを抱き上げ「そんなら父ちゃんの顔をぺろぺろしなさい。」と言うとお義理に一度だけ鼻をぺろ。

まったく面白くないのです。

でも、このサリーの毛布ぺろぺろ。

毛布どかすとどうしてもなにかをぺろぺろしないと収まらない習性。

面倒なんですが最近どうもたまらなく面白いのです。

面白くなってきてしまったのです。

そういえば昨年の夏。

タオルケットやシーツを洗っていてサリーはなにもないベッドの上でとんでもなく不安そうでした。

とにかくなにかぺろぺろできるもんはないかなかばパニックで部屋の中を探し回りようやくクローゼットの中でサリー用の毛布を見つけてとんでもなく嬉しそうにぺろぺろしていたことを思い出しました。

とにかくサリーは変わっているのです。

変な犬。

それで最近は夜中に犬の背中をマッサージする「コロコロ君」、正式な商品名ではないのです。

飼い主とサリーだけがわかるのです。

「コロコロ君」

サリーに「コロコロ君」やる?

というと、































やってやってなのです。

それで、ではまいります!
















サリー、大興奮なのです。

なのですが、興奮のあまり深夜の部屋の中を走り回るのでいつも、「しまった!」

「あいついつもコロコロ君すると後が大変だったんだ。。。」

と後悔するのです。

で、まあサリーが落ち着いた頃合いを見計らい、
















と、毎晩サリーの父ちゃんとサリーはおばかなことをして過ごすのであります。















おしまい。

 

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーの「ぽよよん日記」。父ちゃんのサリーの子育て。

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集
 
— 広告 —


深夜2時であった。

サリーの父ちゃんは24時間営業のとんかつ屋にいたのである。

新聞社からの原稿の依頼が溜まっていて深夜の2時にようやく原稿を書き終えとても遅い夕飯を食していたのである。

原稿の依頼は「新元号とこれからの日本の将来と英国のEU離脱となぜ靴下は片方がなくなるのか?」というとんでもなく難しいものだったのである。

サリーの父ちゃんは、「なんとかなるんじゃない?」

「あと靴下は同じものを大量に買えばたとえ片方がなくなっても問題ないよ。」

という見事な原稿を書き上げたのであった。

はい。

嘘でーーーーす!

深夜2時の外食の原因はすべて、ひとえ犬にあった。


















サリーです。

サリーは最近とてつもなく「一緒に寝よう!」、「一緒に寝よう!」が激しくなってきているのである。

「散歩行く?」と言っても、「一緒に寝る!」となってしまい、とにかく父ちゃんと一緒に寝たくて仕方ないようなのである。

思えばサリーが我が家に来た頃は父ちゃんがトイレに行ったり台所に立つと必ず後を追ってきたものであった。

それが今ではベッドの上で飼い主を睨んで「いつまで待たすんだ!」

「はやく一緒に寝よう!」なのである。

離脱障害が進んでいるようなのである。

それで相手をしないとあきらめて布団の中に潜り込むのであるが、


















監視しているのである。

慌てて布団の中に入ってサリーを寝かしつけるのである。

「とにかくサリーを寝かしつけないとなんもできない。。。」

ですがサリーは寝たと思ったら、いびきかているので、そーっと布団から出ると飛び起き、「どこへ行く!」と睨むのです。

「勘弁してよ。どこにも行かないよ。」

「おちっこしてくるだけ。」

まったく疲れるのである。

で、また布団に入ると嬉しそうに。。。。

枕を舐めるのである。


















「だから枕を舐めるな!」

するとサリーは毛布を舐め始めるのである。


















「だから毛布を舐めるな!べとべとになるだろうが!」

サリーは無視して舐め続けるのであるが、父ちゃんは最近いい手を思いついたのである。

サリーの顔を睨んで、「ぐーーーーーー!ぐーーーーーー!ワン!」と唸るのである。

するとサリーはシュンとなっておとなしく布団の中にすごすごと入って寝るのである。

で、そろそろ寝たと思ってそーっと起き上がるとまたガバッと起き上がって「どこへ行く!」なのである。

でまた戻るとスリーピング・ちょうだい・ちょうだいが始まるのである。

1.5メートルしか離れていないのになんでそんなに寂しがるのであろう?

で、、また枕を舐めるのである。

で、また、「ぐーーーーー!ぐーーーーー!ワン!」をやるのである。

で、サリーはまたシュンとなって布団の中に潜り込むのである。

そうしてサリーがようやく熟睡したので深夜2時にとんかつ定食を食べているのである。

で、帰るのである。

サリーは寝ているのである。

父ちゃんはようやく風呂の入り歯を磨き布団に入るのである。

でもサリーは布団の上で寝ているのである。

サリーは飼い主がいないとなぜかわらぬが布団の中で寝ないのである。

で、父ちゃんはサリーを布団の中に入れるのである。

「うちは安普請だから隙間風が吹くから寒いから布団のなかでぬくぬくじゃないと風邪引くだろうが。。。」

ということでサリーはようやく寝たのである。

父ちゃんはまたまた深夜2時に今度は牛丼屋に向かうのである。。。。


















おしまい。。。。。

 

■みなさまにお願い

下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......