「散歩中にて」カテゴリーアーカイブ

サリーの「お前は。」、「お前は。」、「お前は。」


子供の頃、姉が「お前は橋の下で拾われたんだ。」と言いました。

今どき死語でしょうが当時の私は泣いたのです。

しかし、大きくなると姉の顔を見つめて、「なんでこいつが姉なんんだ。」

「ああ、橋の下で拾わていたらよかった。」

と思ったのです。

それで、サリーです。

あいかわらず仕事をしているとベッドの上で睨みます。

一緒に寝ると嬉しそうに寝ます。

時折、飼い主の方を見て飼い主がちゃんといるか確認します。

夜中に起きて尻尾を振って飼い主を見つめます。

夜中に起きる時は、飼い主を睨むか嬉しそうに見つめるかなのです。

これはどういう意味なのでしょうか?

本当に面倒な犬なのです。

夜中にトイレに起きます。

サリーも起きます。

飼い主戻ります。

サリー、とんでもなく喜んで身体をすりすりします。

本当にめんどくさい。。。。

そんな時、飼い主は言うのです。

「お前は橋の下で拾われたんだ。」

ではなく、

「本当は猫を貰いにいったんだ。」

毎日、毎日、「サリー!」、「いい加減にしろ!」

が繰り返されるのです。

サリーを散歩につれていくのも嫌なのです。

歩かないし。

ぐるぐる回るし。

まったくもって楽しくないのです。

夜、寝たと思って録画しているドラマを見ます。

サリー、起きます。

仕方なく一緒に寝ます。

次の夜、ドラマの続きを見ます。

話の内容がわからず、最初から見直します。

サリー、起きます。

一緒に寝ます。

ドラマの結末はお盆休みまでにはなんとか見終わりたいと思っているのです。

本当にめんどくさい犬です。

それで、夕方でした。

ここ数日寒いのでサリーは布団の中から出てきません。

「まあ、散歩行かなくていいならいいや。」

サリー、起きてきました。

ここから飼い主の葛藤が始まるのです。

「散歩行きたくない。」

「寒いし。」

「めんどくせー!」

でも仕方なく連れていったのです。

どうしてもサリーが行きたいようなので。。。。

仕方ないので。。。。







 














































結局、サリーと遊んでしまったのです。

おそらく、サリーは言っているのです。

「お前は橋の下で拾われて。」

「猫をもうおうと思っていたのに犬が来て。」

「今は犬に遊ばれているのだ!」

おしまい。

お芋仲間募集中!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集中。
里親募集にもぜひ活用ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリー、「だって、いるんだもん!」


サリーなのである。

朝は起きてこないし、夜中に突然起きて「深夜の散歩」をしなくてはいけないのである。

あああ、めんどくさい。

面倒くさいけど仕方ないのである。

もらってしまったのだから仕方ないのである

飼い主とサリーの関係をとんでもなく簡潔に説明すると、

「だって、いるんだもん」。

なのである。

いるんだから。

しげく名言なのである。

「だって、いるんだもん。」

私は待っていたのである。

「だって、いるんだもん」を。

朝であった。

「だって、いるんだもん」は起きないのである。

私は外出しなくてはいけなので、なんとか「だって、いるんだもん」が起きてくれて外で「おちっこ、うんちゃん!」

させたいのである。

しかし、「だって、いるんだもん」は起きないのである。

それで、私は仕方なく外出したのである。

所用で。。。

所用を済ませると近所になじみのお寿司屋さんがあることに気がついたのである。

「お昼か。。。。」

私はなじみのお寿司屋さんにむかったのである。

これはごくごく自然なことであるのである。

「お昼。」

「お昼ごはん。」

ごくごく自然なのである。

ただ、「握り、並」。

「あと、ビール」。

ビールをごくごくしたのはいいのであろうか?

で、その後、私はうちに帰ろうとしたのである。

「だって、いるんだもん」が目が覚めると飼い主がいないので壁を見つめているのであるから。。。

帰って、「だって、いるんだもん」を抱っこして「父ちゃん帰ったよ」。

なだめないといけないのである。

しかし、私はなぜか家には帰らず近所のオリンピックにむかったのである。

オリンピックには歩いてかなりあるのである。

私は途中何回か「ちょっと休憩」と立ち止まったのである。

腰痛の飼い主にはごくごく当たり前なのである。

できれば、オリンピックを目指しているので、給水所があって欲しいのである。

それで、私はオリンピックで買い物を済ませ、「だって、いるんだもん」のもとに帰ったのである。

で、「だって、いるんだもん」は飼い主が戻ると大興奮で、散歩に行ったのである。

しかし、「だって、いるんだもん」は一目散に。。。。




「ベンチ。」

「おやつ。」




ベンチには必ず「おやつ」があると思っているのである。

そうして。。。




「おやつ」がないとわかると、飼い主に「おやつくれ!」なのである。




そうして、「おやつ」を貰うのである。







それで。。。




帰ろうとしても。。。。




拒否するのである。




で、無理やり強制送還なのであるが。。。




戻るのである。







「だって、いるんだもん」はベンチには必ず「おやつ」があると思っているのである。

「だった、いるんだもん」は困ったものである。

それで、なぜ、「だって、いるんだもん」の父ちゃんはなぜオリンピックに行ったかというと。。。。















「ほっくり、焼き芋」。

「だって、いるんだもん」のためにオリンピックに歩いて、腰いたいのに大量に購入したのである。




サリー、いや「だって、いるんだもん」はお芋を食べて嬉しそうだったのである。

そうして、満足した「だって、いるんだもん」は帰ったのである。

帰ったのであるが、




アンジーに会ったのである。

すると、「だって、いるんだもん」は。。。




アンジーママさんに「おやつ」をください。

だったのである。。。。

「だって、いるんだもん」はいつでも「おやつ!」なのである。

ごくごく、あたりまえなのである。。。

おしまい。

お芋仲間募集中!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

......

サリーのローストビーフはどこへ消えた!


日曜でした。

サリーは起きません。

「おきねーなあああ。」

「腹減ったなああ。」

「でも帰ってきたらサリーがまた壁を見つめているのは嫌だなああ。」

どうもサリーの生活時間。

あるいは活動時間に飼い主の生活時間が左右されているようなのです。

散歩させて、おやつをあげて、満足して家に帰って毛布噛み噛み。

それで飼い主、安心してごはんを食べに行きたいのです。

「散歩に連れていきてー!」

出来れば散歩には行きたくないのですが、とにかく「楽になりたい。。。。」

犯罪を犯してその罪に苛まれ自主して「楽になりたかった。。。」

という犯人と同じ心境なのです。

違うか?

それにしてもサリー起きない。。。

はやく自主したいのに。。。。

取調室で刑事の取り調べを受けたい。。。

しかし、組織の親玉(サリー)が「サツへ行ったらただじゃおかねえええ。」

と脅しているのです。

ただ、寝ているだけですが。。。。

しかし起きないなああ。

あ!

起きてきたんだ。

朝、起きたのです。

ねぼけ顔で飼い主を見つけるとまたまた尻尾ふりふり。

おむつをつけられると安心して寝てしまったのだったのです。

起きないなあああ。

それで夕方、ようやく起きてきたのです。

ちょうど飼い主があまりにお腹が減ったので、「とんかつ定食!」

と思った瞬間だったのです。

あいつは飼い主が出かけるという瞬間を察することができるのです。

これを、「みみちゃんレーダー3」と呼ぶのです。

一応、国家機密。。。。

「あああ。」

飼い主はため息をつき、サリー(別名、親玉)を散歩に連れて行ったのです。




サンタに会いました。




サンタは優しいのです。

サリーや他のわんこに会っても必ず「伏せ」をするのです。

正確も「あかるい」のです。

ですからサンタは別名、「ふせあきら」と呼ばれているのです。

嘘です。

今、作った。。。。

それで、




寝坊のサリーはおやつ。。。







満足そうでした。

いや。




まだおやつが落ちているかもしれないと。。。




帰るの拒否。。。

いつものことなのです。

それでここからが本題なのです。

散歩から戻り、飼い主はごはんを食べに行こうと思ったのです。

「でもなああ。」

「もう夜だからなああ。」

「とんかつ定食は胃に持たれるしなああ。」

それで、スーパーに行ってなにか買ってこうようと思ったのです。

行きました。

フランスパン。

そうか、フランスパンにチーズ。

うん?

ローストビーフ売っていたな。

それに赤ワイン。

おしゃれ!

今宵はフランスパンにチーズを挟んでそれにローストビーフも挟みましょう!

で、テレビドラマ鑑賞!

決まったのです。

問題はローストビーフです。

6枚のが190円で12枚が380円。

「うーん。」

「6枚じゃ足りないか。。。。」

「夜中にお腹が減ったらまた食べればいいか。。。。」

しゅんじゅうのすえ、12枚に決めたのです。

そうしてそれらを買い込み飼い主は戻ったのです。

サリー(別名、親玉)は寝ていました。

それで飼い主はお風呂に入ったのです。

さっぱりしたところでローストビーフサンドとワインを堪能するのです。

それで、お風呂から出ました。

するとサリー(別名、親玉)が床でなにかを食べているのです。

慌ててどかすと。

もうおわかりでしょう。

ローストビーフでした。

どういうわけか買い物袋のなかからローストビーフを出して食っていたのです。

危うく難を逃れたローストビーフは6きれ。。。。

「半分は父ちゃんに残しておいたよ。」

と言っているのでしょうか?

結局、サリーがどこまで食べたか、あるいはなめなめしたわからいので、飼い主はフランスパンとチーズとワインでテレビを鑑賞したのであります。。。




おしまい。

お芋仲間募集中!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

......