「トイプードル保護犬」カテゴリーアーカイブ

サリーと「就活」と「うかつ」のお話。


まず、「サリーと謎の東洋人。そん・たくの冒険」です。

ご参加犬募集中なのです。

よろしくお願いいたします!

サリーです。

サリーの「おちっこ問題」です。

父ちゃんは戦々恐々なのです。

昨日、正確に言うと今朝の2時。

夜中です。

丑三つ時なのです。

サリーが起きました。

父ちゃんは慌てて抱っこして外に連れていきました。

おちっこして、しかも、うんちゃん(どすこい!)もして帰りました。

ああ、よかった!

それで、ふと気がついたのです。

サリーは飼い主が起きているから自分も起きて、おちっこに行きたくなるのだ。

そうだったのだ。

うかつだった。

就活という言葉があります。

終活というのもあります。

これからは、わんこがなぜおちっこをするのか。

それは飼い主が起きているから。

これつまり、「うかつ」と言うことにしましょう。

サリーは飼い主が深夜に起きているから自分も起きて、おちっこしたくなる。

まさに新発見です。

で、今、お昼なんですが、飼い主起きているのですが、サリー起きてこないのです。

新発見の「うかつ」法則はあっさりと否定されてしまったのであります。

で、さらに問題なのは、いつサリーが起きてきて「おちっこ!」なるかわからないので戦々恐々としているのです。

はやく起きて、おちっこ、どすこい!してコンビニにビールを買いにいきたいのです。

で、ようやく起きてきました。









おちっこ、どすこい!









いつもの公園で、おやつ。









横向き!









飼い主ほっとして帰りました。

それでコンビニに行って、ビールを買ってきました。

サリーには。





ヨーグルト。

それに、





カリカリ。





サリー、気に入ったようです。





よかった。よかった。





おしまい。

 

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーと謎の東洋人「そん・たく」と新たな冒険!


サリーである。

「幸せの黄色い○○○」の冒険を終えたサリーである。

暇なのである。











暇をこいているのである。

こいちゃっているのである。

「なんかないかなあああ。」

「つまんないなあああ。」

「今朝、おちっこ、うんちゃんしちゃったからなああ。」

「おやつももらったし。」































「ああ、つまらないなあああ。」

その時であった。

「サリーよ。」

という声が聞こえたのである。






教祖様であった。

「サリー。お前に新たなミッションを与える。」

「ミッション?」

実は本当は別のお話しを考えていたのである。

「今、日本語は英語に侵略されている!」

である。

ビールである。

飼い主は気がついてしまったのである。

ビール。

今では人々はごく普通に使っているビールであるが、昔は麦酒と言っていたのである。

いつのまにか法律で決まったわけでもなく突然にビールと呼ぶようになったのである。

ここから飼い主は、「今、日本語は英語に侵略されている!」と気がついたのである。

ね、考えてもごらんなさい。

スプーン。

昔は、「さじ」。

「匙」ですよ。

いつの間にか「スプーン」にとってかわっているのです。

「下着」。

下着。

いいではありませんか。

下着。

服の下に着る服ですよ。

そのものずばり!

それが今では、「アンダーウェア」とか「インナーウエア」と呼んでいるのですよ。

おかしいでしょ?

みなさんももうお気づきでしょう。

「今、日本語は英語に侵略されているのです!」

てなことを思いついたのですが、「これ。サリーとまったく関係ないじゃん。」と気がつき泣く泣く断念したのです。

しかし、我ながらくだらいことを考えるなああああ。

それで、話は戻るのである。

教祖様は言った。

「サリーよ。」

「お前は謎の東洋人の”そん・たく”を探し出すのだ。」

「そん・たくが、わんこ、にゃんこに幸せをもたらす者なのだ。」

「そうなんですか!」

「そうなのだ。今、思いついた。」

「これからの旅は決してへいたんではないであろう。」

「厳しいものになるであろう。」

「しかしな、サリー。」

「世の中のわんこ、にゃんこの幸せはすべてお前の肩にかかっておるのだ!」

「なお、このテープは自動的に消滅する!」






まあ、そんなこんなでまたサリーの冒険が始まったのである。

その時であった。

「そん・たく様を探しているの?」

という声がしたのである。







「お前は、ひなた!」

「もう毎回毎回、いろんな役で登場してきて。」

「インスタグラムも毎回毎回、凝ったものを投稿しやがって。」

「お前、おもちゃありすぎ。」

「あのね。あまり個人情報をあきらかにしないように。」

「でね、私は、ひなたでないよ。」

「誰なんだ!」

「そん。。。」

「そん?」

「そん・とく。」

「そん・たく様の遠い親戚。」

「いつも、損か得かしか考えないの。」

これは、ひなたママさんが投稿されたので、当局にはまったく責任はないのである!

で、サリーは脱力したのです。

でも旅の仲間にしようと思ったのですが、やめたのです。

なぜならこれからの、「謎の東洋人、そん・たく」を探す旅に毎回、いろんな役で登場して欲しいからなのである。

ということで、またまたみなさんのわんこを募集するのである!






つづく!かな?

 

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーのお気楽見習い社員生活。


サリーは見習い社員だったのです。

皆さんお忘れでしょう。

今日は見習い社員のサリー。

出勤したのです。

飼い主は、「面倒くせーな!」と思ったのですが会社に行く準備をしていたら、「会社だ!」とわかって大興奮なので仕方なく連れていきました。






サリーは会社に行けると思うと一直線なのです。






通勤途中の元タバコ屋さん、現在、お花屋さんの毎回毎回、「サリーです。」と言っても「ちーたん。ちーたん。」というおじさんにご挨拶。


























久しぶりにの「さとこさん」に会えて見習い社員はもううひょひょ!なのです。

これからが大変だったのです。

見習い社員は落ち着かず、事務所のなかをうろうろしたのです。

もう本当に邪魔なのです。

「あー、うるせいなあああああ!」

経営者は仕事したいのです。

まったくこの見習い社員は落ち着きがないのです。

しかし、本日の見習い社員、おちつかない。

散歩にいきたいようなので、忙しいのに事務所の外に連れていきました。






社員の控室。






ああああああ!

いちおう、水かけておいたのですが、後で社員がなんだか原因もわからないのにモップで掃除していました。

私は、「どうしたんだ?」

「誰か水こぼしたようで。」

「けしからんな!」






見習い社員はやりたい放題。


























で、十分楽しんだ見習い。






疲れて寝ました。











まあこうして見習い社員は久々の出勤を満喫したのでございます。






ということで、見習い社員。

夏のボーナス。

なし!






おしまい。

 

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......