「トイプードル保護犬」カテゴリーアーカイブ

サリーと父ちゃんのうひょうひょ散歩。


サリーはよく寝ます。

飼い主が寝ていると、例えば飼い主がお昼までねていると、まあ昼間で寝ている飼い主もどうかと思うのですが、サリーは飼い主におちりを向けて一緒に寝ています。

これは多分、飼い主が隣で寝ているのがとても安心なんだと思うのです。

元捨て犬ですから飼い主、そばにいる。

むにゃむにゃ。。。

安心。

眠たいので、うひょうひょ!じゃなくて、むにゃむにゃ。。。

夜は、飼い主がそばにいないと突然、飛び起きてベッドの上で仁王座りですが、よっぽど寝むたいと眠そうな顔を上げ、飼い主がデスクに向かっているのを確認し、「いるのね。」。

寝ます。

サリーも眠気には勝てないのです。

ところがです。

サリーが目覚めて伸びなんぞするともういけません。

飼い主は慌ててハーネスを付けるのです。

本当はちゃんと着替えをして散歩に連れていきたいのですが、慌てないとサリーが散歩だ!

で、ベッドから降りてしまい、「お散歩前のおちっこ。」になってしまうからであります。

ですから、そんな方はおりませんが、もし飼い主がぼろぼろのスエットで髪ぼさぼさでサリーを散歩させている姿を目撃されたら、「今朝はサリーちゃん緊急事態だったのね。」と思っていただきたいのであります。

そして、本日です。







なぜだかわかりませんが元気に歩きました。







本日は公園のイベントが開催されていました。




サリぽん王国の歴史を鑑賞するサリぽん国王。。。













子供向けのミニサッカーがあって、暇そうなお兄さんに、「うちの犬に蹴らせていい?」とお願いすればよかった。。。。




サリーは走りました。

もしかしたらこの前のピクニックを思い出したのかもしれません。

みんなに会えるぞ!




人様のバッグを狙っていたのでした。。。




「サリー駄目だ!」というと別の人様を狙いました。




睨むな。。。




おやつ。







ということで、サリーと父ちゃんのお散歩でざいました。

おしまい。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリー病院に行く!


午後です。







サリーの外出。

でも、立ち止まるのです。




歩けよサリー!




再び歩きだしました。

でも。




また立ち止まって。。。。

なんで外出かと言うと。。。。




病院です。

わんこに噛まれた傷が悪化して化膿し、瘡蓋(かさぶた)。。

毎日の父ちゃんの塗り薬でなんとかよくなって来ているのです。

で、本日はサリー、別名、おまけ犬を連れて病院に行ったのです。

いつもお世話になる動物病院。

注射をされても、しっぽブンブンで、「うひょうひょ!」。

他のわんこは怖くて震えるのに。。。

まあ今回も「うひょうひょ!」だろうなと思ったのです。




とんでもなく怖がったのです。




父ちゃんに助けを求めたのか?

で、ですね。

かさぶた。

先生が取っていただきました。










見事回復!

それで、先生に「トリミング大丈夫ですか?」

「大丈夫です。」




「うはははは!」

サリー、長かったな。

飼い主の喜びをよそに、、、、




おまぬけ犬は病院の中をうろうろして、あまつさえ「先生ー!」とうろうろしていたのであります。

で、




無理やり連行すると、一目散に帰ったのあります。

おしまい。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーは家族の一員ではありません!


皆さんはこんなことありませんか?

夜、信号待ちをしています。

押しぼたんがあります。

赤い字で「おまちください。」、あるいは、「おしてください。」

私は、「おやつください。」に見えてしまうのです。

その度に、「え!」と思ってしまうのです。

よく、「この子(わんこ、にゃんこ)は家族の一員よ。」といいます。

私は決してサリーが家族の一員と思ったことはありません。

なぜなら、家族の一員とは他に家族がいてその一員という論理だからです。

繰り返しますが、サリーは家族の一員ではありません。

家族でもありません。

犬です。

なぜかうちにいる犬です。

ここを勘違いしてはいけないのです。

もともと、子猫をもらいに行ったのに、何故か犬をもらってしまったのです。

スーパーのチラシで、「牛肉大特価」とあり勇んでスーパーに行ったものの、「豚こま」がタイムセールで思わず、「豚こま」を買ってしまったようなものと言えばおわかりになるでしょう。

違うか?

またサリーには感受性といものがありません。

昔、飼っていた野良の猫の「ちびこ。」

いたずらした時に、「お前は元野良でさ。死にそうな時に拾ってやったんだぜ。」と悪意を持って言うと、とてつもなく、嫌ーな表情をしたものです。

ですが、サリーに、「お前は元捨て犬でな、父ちゃんのおかげでご飯食べていられるんだぜ。」と言っても、「はやく一緒に寝よう。」と睨みます。

昨夜、7時でした。

サリーを動物病院に連れて行こうと思いました。

いつもお世話になっている病院は夜7時からもやっているのです。

ところがサリーは、外に行くと微動だにしません。

歩くのを拒否します。

恐らく、暗いので見えないのでしょう。

抱っこして連れて行こうかと思いましたが重いので断念しました。

病院でトリミングOKであれば、トリミングを予約したかったのですが、それは明日に持ち越しとなりました。

トリミング代もばかになりません。

飼い主のトリミング代は、3,500円です。

サリーのは倍以上します。

犬を飼う前に、トリミングが必要とは夢にも思いませんでした。

犬を買うには金がかかるのです。

サリーのご飯(カリカリ)は純国産、無添加。

高い。。。

飼い主は、朝は鮭定食(500円)。

ところが、玉子定食は、290円だといことに気がついたのです。

もうまったく意味がわからないのです。

それで、サリーを散歩に連れて行きました。







元気!

ところが。。。




また立ち止まる。




で。




いつも外灯。

それで。




飼い主確認。
















誰もいないのに、かならずベンチ確認。

で、




飼い主確認。




で、いつもの「おやつ!」

あああ。

で、ですね。

近所の美容室のオーナーにお会いしました。

「サリー、元気だった?」

私は、「こいつうるさくて。」

「歩かないし。」

すると、「しょうがないじゃない。」

「家族の一員なんだから。。」

私はきっぱりと言ったのです。

「こいつは家族の一員ではありません!」

「じゃあなんなの?」

「社会奉仕です!」

もうなんだよ。

信号の押しぼたんが、「おやつください」に見えるし、トリミング代高いし、いつも「一緒に寝よう。」だし。。。

少しでも外出して帰ると「もうどこ行ってたんだよ!」だし。

で、ですね。

ふと、美容室のオーナーに訪ねたのです。

「お店って男性客も大丈夫なんですか?」

「大丈夫よ。男性のお客さん多いわよ。」

「へー。」

そういえば、お店でもわんこがいたのです。




「でも高いんでしょ?」

「うん?3,000円。」

どひゃーん!

「で、で、ですね。。。」

「サリー連れていってもいいんですか?」

「全然OKよ。」

ど、ど、ど、どひゃーん!




おしまい。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......