「サリーの過去」カテゴリーアーカイブ

サリーの「ぽよん日記」。サリーの本名は、「かつお」だった!



■働く見習い社員です。

これね。



にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

今回のお話しの最後に重大連絡がございます。

とんでもなく重大。。。

ではなくもう知ってるよ連絡なのですが。。。

サリーの父ちゃんが子供の頃。

小学生でした。

先生が、「みんなのお父さん、お母さんはみんなに将来こんな人になって欲しいと願いを込めて名前をつけたんですよ。」

「ですから宿題です。」

「今日帰ったらご両親になんで私の名前をつけたのか。」

「その理由を聞いてみましょう。」

よくある質問です。

で、サリーの父ちゃんは帰って、母親に尋ねたのです。

「ねえねえ、僕の名前をつけた理由はなに?」

すると母親はじっとサリーの父ちゃんの顔を見つめてこう言ったのです。

「母ちゃんがあ看護婦なのは知っているね。」

「母ちゃんが大阪の病院で働いていたとき、それはたいそう素敵な男性が入院していたの。」

「本当に素敵な男性だったの。」

「その男性の名前がお前の名前なの。」

少年サリーの父ちゃんは思いました。

「父ちゃんはこのことを知っているのか?」

「多分知らないであろう。」

「ということは自分の胸のなかにしまっておいたほうがいいであろう。」

幼い自分でもそのくらいの分別はあったのです。

今になって思うと、母親は自分の息子の名前を命名するときに父親になんと説明したのでしょう?

もし本当のことを言ったとしたら父親は快く許したのでしょうか。

その前に自分が若い頃に素敵と思った男性の名前を息子につける神経が今だ理解できていないのです。

それでふと思ったのです。

サリーの本当の名前はなんだったのでしょう?

サリーは仮親さんのマイクママさんがつけていただいたのです。

ディズニーの映画の登場人物?の名前なのです。

サリーが来たとき、「飼い主さんの好きな名前をつけてくださいね。」

と言われたのですが、面倒だったのでサリーのままなのです。

でももう3年以上一緒だとサリーがしっくりいっているのです。

まあ、サリぽん、サリラ、サリー先生とか別名がいっぱいあるのですが。

で、問題はサリーの最初の飼い主がいったいどんな名前をつけていたのかです。

トイプードルなので、ぷーちゃん。

でもなあ、サリーは恐らく自分が一番!

例えば、小さい子供がいても、「どけ!どけ!おいらが一番!」になるので小さな娘さんは、「ぷーちゃんじゃない!」

と両親に訴えるのです。

あるいは、小さいお嬢さんが、「ねえ、ママ。なんでうちのわんこの名前は、










かつおなの?」

するとお母さんは娘さんの顔を真剣に見つめこういうのです。

「母ちゃんがね小学生の時に大好きだった男の名前なのよ。」

そうなのです。

お母さんは婿養子をもらって、










「花沢不動産」を営んでいるのです!

あああ。

驚愕の真実なのです!

さて、毎度おなじみのサリーです。

また寝ているんです。

もう午後3時なんです。

布団の中でぐーぴゃらり♪なのです。

もう歳なのでしょうか?

ようやく起きてきたのです。

もう歳なのかと思っていたのですが、「散歩行く?」とハーネスを取り出すとまたまた大騒ぎ。

スリーピング・ちょうだい・ちょうだい!から毛布嚙み嚙みという一連のお散歩!儀式が始まってようやくお散歩なのです。

毎回疲れる。。。。

で、










我慢できずエレベーターの中でどすこい!

なんでそこまで我慢していても寝続けているのでしょう?

そうしていつもの公園にいったのですが、
















寒いのかエレベーターの中でどすこい!したのでもういいのか、




帰ろうとするのです。

でもせっかく来たのでなんとか歩かそうかと努力するのですが、






おやつをくれる人がいないか確認していないのでお散歩終了!にしたいのです。

あああ。

なんでこんなにお散歩嫌いなのでしょう?

で、ふと見ると、






アンジーに会ったのです。

サリーは、アンジーがいるとわかると一目散に駆け寄ったのです。









で、アンジーママさんからおやつをいただいたのです。

それでおやつをいただいて、アンジーのお散歩も終わりだそうで、







「おやつもらったし、寒いし、帰る!」で先頭をものすごいスピードで帰ったのでありました。

やはりサリーは散歩はおやつ!

おやつもらえればすぐ帰るなのです。。。

そうして最後の重大な御連絡なのです。

サリーの令和初めてのピクニックは、

















ぜひお時間おありの方はご参加ください!

おしまい。

 

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーの「ぽよよん日記」。サリー反省する!

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


見習い社員は今年一年を振り返り反省したのである。

まず。

動物病院で注射を打たれたのだが、打たれている時も尻尾を振っていて、あまつさえ、帰るのを拒否したのあった。

先生から、「変わったわんこだね。」と言われ、飼い主は恥ずかしかったのである。

トリミングに行っても帰るのを拒否するのである。

トリマーさんたちから「不思議なわんこですね。」

でも会社には元気に通勤したのである。

しかし、会社では「さとこ」さんに甘えるか、

おやつを貰うか、

寝ているかなのである。

お仕事をしない見習い社員なのである。

しかし、いちばん恥ずかしかったのが、

仮親のマイクママさんのことを覚えていなかったことなのである。

こんな見習い社員であるが、

おやつを貰う時だけは真剣なのである。

まあそいうことで、















おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

......

サリーの「ぽよよん日記」今日は、仮ママさんと再会だよ!その前に飼い主、再会してしまいました。

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


予知能力。

第六感。

科学では解明できていない、大きな謎。

飼い主にも備わっていたのです。

いつものは間抜けな飼い主です。

サリーの服を買いに行って、ハンバーグ屋さんがあって、「この前も行ったな。」と思い出し、フラフラと入ったのです。

「ハンバーグと目玉焼きランチ」を注文しました。

「この前来たよな。美味かったんだっけ?」

注文して持参した本を読み出しました。

「あれ?どうも遅いな。」

20ページは読んでしまいました。

「そうだ。前回来た時も、遅いと思ったんだ。」

それにBGM。

よくわかりませんが、「一生いてくれや♪」という曲とそっち系の音楽が流れているのです。

一応、洋食屋さんなだから、クラシックとまではいいませんが、ジャズとかにしてもらえないでしょうか。

ということも前回、感じたのです。

それで、「二度と来ない!」と思ったのでした。

それが、二度と来てしまったのです。

なんというお間抜けなのでしょう。

で、ようやく「ハンバーグと目玉焼きランチ」来ました。

「あんまりうまくないね。」

前回もそう思ったのです。

それで、2時ころ、ようやく食べ終え、コーヒーを頂いたのです。

ところが、お店のおそらく奥さんでしょう。

店内の掃除を始めるのです。

テーブルを隅に追いやり、ほうきで床掃除を始めるのです。

こちらは、食後のコーヒーを飲みながら、あと少しで終わる小説を読了したかったのです。

ですが、こんな環境ではそんなことはできません。

コーヒー、半分残っているのに、ソソクサとお勘定を払って店を後にしたのです。

で、なんのお話でしたっけ?

そうそう、予知能力です。

お間抜けな飼い主です。

明日のピクニックの準備のために、買い物に行ったのです。

サリーは、相変わらず電気毛布から出てきません。

散歩に行かなくていいのかな?

もう、お昼です。

こんなことはしていられない。

明日は、皆さんとお会い出来るのです。

しかも、サリーの仮ママさんのマイクママさんとも。

落語や時代劇なら、「仮母様。仮母様のおけがで、沙莉ーはこんな立派なわんこに育ちました。」

「ほら見てくだせい。抱っこして上げてくだせい。。。」

落語のお客さん、そっとハンカチを目にあてるのです。

あら?

また話が変な方向に。。。

それで、なんの話かと言えば、サリーと一緒に布団の中でぐだぐだしていた飼い主ですが、

「うん?なんとなしに会えるのではないか?」と思ったのです。

それで、慌ててピクニックのために買い物に向かったのです。

サリーを置いて。

で、お店に向う大きな橋をえっちこっちら歩いていると。

「あれ?」

どこかで見たような。。。。

この前、会った、動物保護センター、正確には、動物保護センターから、ボランティア団体に救出?されたそうです。サリーと一緒!のわんこ。

この前、会った時は、散歩が初めてで見るものが驚きだったわんこ。

「また会った!」

これを予知能力と言わずなんと言うのでしょう!

「たんる、偶然。」

そういう人は友達、少ないと思います。

多分、結婚もしていないと思います。

あ!

ちょっとまずい方向に向かってしまったので、軌道修正。

名前、伺ったのですが失念しました。

アルムだったような気がします。

飼い主を見ると近寄ってくるのです。

覚えてくれていたのでしょうか?

なんとなしに、以前より元気みたいです。

でも、後ろ足を見ると、まだガリガリです。

それで、ワンコたちのリーダー。

名前、また忘れました。

○○○隊長とのことです。

しかし、○○○隊長、白内障が悪化して見えないそうです。

え!

それでも、リーダーとして、部下を従えているのです。

素晴らしいのです。

どこかの国のミサイル飛ばすぞとか言っている人も、○○○隊長の爪の垢を煎じて飲んで欲しいものです。

それで、お腹壊しなさい!

そしたら、少しだけだけど、痩せますよ。

またまた、お話が。。。。

それで、色々、買い物に行きました。

といっても、100円ショップのはしごですが。

なにしろ、アンディ家、ルドルフ家、ぷーママ、盆姉、そして、マイクママさんにお会い出来るのです。

サリーに可愛いおべべを着せなくては。

もう混乱しているのです。

それで、帰りました。

ふと気が付きました。

アルムが着ている服。

サリーも持っているのです。

で、もう暗いのですが散歩に連れて行きました。

まあ、そういうことで、プチピクニック、どうなるのでしょう?

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

......