「サリーの過去」カテゴリーアーカイブ

サリーの父ちゃんの靴消失事件!犯人は誰だ!


サリーである。

わんこに噛まれて化膿して長い闘病生活に耐え。

そんなでもないか。。。

ついに先生の「完治!」、「トリミングよし!」の診断を頂き、約2ヶ月ぶりにさっぱりしたのであります。

で、ですね。

迎えに行った時です。

サリーがまだカットされていたんです。

「サリーもこうして見ると大きいな。」

と思ったのですが、そのわんこは違って、サリーはおむつでうひょうひょ!歩き回っておったのです。

で、ですね。

サリーをトリミングに出している間、飼い主は部屋の掃除をしたのであります。

普段、ちゃんと掃除をしていればいいのですが根っからの、ものぐさ。

面倒くさがり。

だって、掃除しているとサリーがうるさいから。

とか理由をつけてなかなか掃除をしない飼い主なのです。

お恥ずかしい。

それで、掃除をしていると、出るわ、出るわ。

ほら、大掃除の時に昔の新聞とか本とか出てくるでしょ。

で、ふと掃除そっちのけで、読むふけってしまうとか。

あるでしょ?

で、ですね。

飼い主はベッドの下を掃除したのです。

で、出るわ、出るわ。

昔の新聞でもなく、本でもなく。

。。。

なんで靴がベッドの下にあるのか?

そういえば、「あれ?靴がないなあああ」と不思議だったのです。

「靴あったよな。」

おそらく、皆さんも、お出かけ用とか、ご近所に買い物用とか、最低2足。

そんなことないか。

何足もありますよね。

ところが、飼い主のところには買っても買っても靴がなくなるのです。

もとよりおまぬけな飼い主ですから、「あれれ?靴がないぞ。。。。」

「しょうがないから買うか。」

それで、またまた買うのです。

安いの。。。。

で、革靴とかスニーカー(ここは運動靴といいたい)がなぜか片方しか見当たりないのです。

それで、サリーをトリミングにだしている間にベッドの下を掃除したら、、、、

出るわ、出るわ。

履き物。

しかもまんべくなく、片方。。。

なんでなのか?

犯人は。。。。

もちろん。

サリー!

サリーは4年前に我が家に来たとき。

仮ママさんの、マイクママさんが帰った時、ぼーっと外を見つめていました。

翌朝、飼い主が仕事をしていて相手をしていないと玄関から飼い主の靴、運動靴、ズック。

昭和産まれの人にはなんと呼べばいいのかお国が決めて欲しいのですが。




靴を嬉しそうに咥えてぺろぺろ舐めていたのです。

靴を取り上げたら、スリッパをペロペロの写真。







そうか。

そうであったか。

あいつは、知らぬ間に飼い主の靴を咥えてベッドの下でコレクションをしていたのか。。。

可愛い奴。。。

そんなことねーよ!

で、昔の写真を探していたら。。。




サリーが来た翌朝でした。







初めて来たのに翌朝にはこれだったのです。

少しはビクビクしてくんないかな?

それで。




翌日からやっていたんだ。。。。




初めて会社に連れていった時。




もう我が家なのです。




初めてのフォークもうひょうひょ!でした。

まあとういう事で飼い主はようやくサリーの靴コレクションから靴を回収したのであります。

で、靴泥棒は。










ぐーぴゃらり♪で寝たのであります。

おしまい。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーもやっているんです。。。。


サリー、鼻を齧られる。

ご心配おかけしました。

とりあえず消毒しました。




大丈夫みたいです。

よしよし。

さて、サリーです。

サリーの散歩行きたくない!

おちっこ、うんちゃん!をさせるために仕方なく連れていきますよ。

行きます。

連れていかないとベッドの上でやっちまうから。

寝ていたサリーが起きて落ち着かないと行きますよ。

たとえ、夜中でも。

ですがね。

いいですかみなさん。

散歩から帰ってくるとサリーは布団を「こんにゃろ!こんにゃろ!」してぐるぐる回って睨むんですよ。

普通、わんこって散歩から帰ったら満足して、「ああいい散歩だった。」とか思って寝るもんじゃないのでしょうか?

ところがサリーは、「こんにゃろ!こんにゃろ!」、ぐるぐる、睨むなんですよ。

「はやく一緒に寝ろ」なんですよ。

こちらは今、朝の散歩に行ったばかりなので寝たくありませんよ。

いいですか、お客さん。

四六時中、サリーに付き合っていられないのです。

それで、サリーのご機嫌を伺ったらどうか。

こちょこちょして、サリー、サリーと話かけると安心するのではないか。

というアドバイスを頂きました。

やってみました。




なんか微妙。。。。

で、朝。







で、夜。














































こうやって、朝、夜、散歩に連れていっておちっこ、うんちゃん!させているのです。

帰ると、こちょこちょ、サリーは可愛いねえええ。

やっているんです。

やっているんですが、向こうも。。。




やっているんです。。。。

おしまい。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

おしまい。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーの「ぽよん日記」。サリーの本名は、「かつお」だった!



■働く見習い社員です。

これね。



にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

今回のお話しの最後に重大連絡がございます。

とんでもなく重大。。。

ではなくもう知ってるよ連絡なのですが。。。

サリーの父ちゃんが子供の頃。

小学生でした。

先生が、「みんなのお父さん、お母さんはみんなに将来こんな人になって欲しいと願いを込めて名前をつけたんですよ。」

「ですから宿題です。」

「今日帰ったらご両親になんで私の名前をつけたのか。」

「その理由を聞いてみましょう。」

よくある質問です。

で、サリーの父ちゃんは帰って、母親に尋ねたのです。

「ねえねえ、僕の名前をつけた理由はなに?」

すると母親はじっとサリーの父ちゃんの顔を見つめてこう言ったのです。

「母ちゃんがあ看護婦なのは知っているね。」

「母ちゃんが大阪の病院で働いていたとき、それはたいそう素敵な男性が入院していたの。」

「本当に素敵な男性だったの。」

「その男性の名前がお前の名前なの。」

少年サリーの父ちゃんは思いました。

「父ちゃんはこのことを知っているのか?」

「多分知らないであろう。」

「ということは自分の胸のなかにしまっておいたほうがいいであろう。」

幼い自分でもそのくらいの分別はあったのです。

今になって思うと、母親は自分の息子の名前を命名するときに父親になんと説明したのでしょう?

もし本当のことを言ったとしたら父親は快く許したのでしょうか。

その前に自分が若い頃に素敵と思った男性の名前を息子につける神経が今だ理解できていないのです。

それでふと思ったのです。

サリーの本当の名前はなんだったのでしょう?

サリーは仮親さんのマイクママさんがつけていただいたのです。

ディズニーの映画の登場人物?の名前なのです。

サリーが来たとき、「飼い主さんの好きな名前をつけてくださいね。」

と言われたのですが、面倒だったのでサリーのままなのです。

でももう3年以上一緒だとサリーがしっくりいっているのです。

まあ、サリぽん、サリラ、サリー先生とか別名がいっぱいあるのですが。

で、問題はサリーの最初の飼い主がいったいどんな名前をつけていたのかです。

トイプードルなので、ぷーちゃん。

でもなあ、サリーは恐らく自分が一番!

例えば、小さい子供がいても、「どけ!どけ!おいらが一番!」になるので小さな娘さんは、「ぷーちゃんじゃない!」

と両親に訴えるのです。

あるいは、小さいお嬢さんが、「ねえ、ママ。なんでうちのわんこの名前は、










かつおなの?」

するとお母さんは娘さんの顔を真剣に見つめこういうのです。

「母ちゃんがね小学生の時に大好きだった男の名前なのよ。」

そうなのです。

お母さんは婿養子をもらって、










「花沢不動産」を営んでいるのです!

あああ。

驚愕の真実なのです!

さて、毎度おなじみのサリーです。

また寝ているんです。

もう午後3時なんです。

布団の中でぐーぴゃらり♪なのです。

もう歳なのでしょうか?

ようやく起きてきたのです。

もう歳なのかと思っていたのですが、「散歩行く?」とハーネスを取り出すとまたまた大騒ぎ。

スリーピング・ちょうだい・ちょうだい!から毛布嚙み嚙みという一連のお散歩!儀式が始まってようやくお散歩なのです。

毎回疲れる。。。。

で、










我慢できずエレベーターの中でどすこい!

なんでそこまで我慢していても寝続けているのでしょう?

そうしていつもの公園にいったのですが、
















寒いのかエレベーターの中でどすこい!したのでもういいのか、




帰ろうとするのです。

でもせっかく来たのでなんとか歩かそうかと努力するのですが、






おやつをくれる人がいないか確認していないのでお散歩終了!にしたいのです。

あああ。

なんでこんなにお散歩嫌いなのでしょう?

で、ふと見ると、






アンジーに会ったのです。

サリーは、アンジーがいるとわかると一目散に駆け寄ったのです。









で、アンジーママさんからおやつをいただいたのです。

それでおやつをいただいて、アンジーのお散歩も終わりだそうで、







「おやつもらったし、寒いし、帰る!」で先頭をものすごいスピードで帰ったのでありました。

やはりサリーは散歩はおやつ!

おやつもらえればすぐ帰るなのです。。。

そうして最後の重大な御連絡なのです。

サリーの令和初めてのピクニックは、

















ぜひお時間おありの方はご参加ください!

おしまい。

 

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......