月別アーカイブ: 2019年5月

見習社員サリー、会社で大失態!


見習社員のサリーです。

久しぶりの出社なのです。












いつもの煙草屋さんのおじさん。

最近、煙草屋さんは廃業したのです。

煙草は最近売れないので、花屋さんになったのです。

とんでもない華麗な転身なのです。

なんとなしに、サリーが「助けて!」と訴えているようで笑ってしまったのです。

で、













会社に到着すると、

いつもの、













おやつ!なのです。

飼い主はテーブルでお仕事をしていたのです。

ふと見ると、

























いつものかごの中で堂々として飼い主を見ているのです。

いつものサリーの大好きな嚙み嚙み毛布。

自宅で洗濯したものを持参してきたのです。

サリーはご愛用の毛布があって、「どうだ!」みたいだったのです。

ご愛用毛布が無かった時は、













つまらならそうだったのです。

それで、しばらくすると事務所の中を探し回ったのです。













大好きな「さとこ」さんが銀行に行ってしまったのです。

しかも、社長さんも事務所の外でフォークリフトで荷物をトラックに積み込みをするためにいなくなってしまったのです。

そうなるとサリーの不安。

「みんなどこへ行った!」がマックスになってしまうのです。

























とんでもなく不安そうに飼い主を見つめるのです。

「知らんよ。」

「めんどくさい犬だな。。。」

「父ちゃんがいるだろうが!」

サリーを会社に連れていくといったい誰が飼い主なのかいつもわからなくなるのです。

で、ですね。

「さとこ」さんが帰ってきたのです。

さぞやサリーは嬉しくてかごの中で毛布を嚙み嚙みしているだろうと思って見てみたら、













床に「おっちこ」してしまいました。

あまりの嬉しさにもらしてしまったのでしょう。

飼い主はため息なのです。





































仕方ないのでカーペットをはがしたのです。













「さとこ」さんが水でお掃除。













一応、罰として「それでなくても働かない見習社員。」

「見習い社員のぶんざいで余計な手間をかけさせやがっての罰で。」

「お前がやったことをちゃんと見なさい!」

「お前が大好きな「さとこ」さんが掃除してくれているんだ!」

という意味で連れて来たのです。













見習社員は、

























逃げていきました。

おしまい。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

......

サリーの「幸せの黄色い○○○」。第7話!


「こんにちは。キャスターのサリーです。」

「約束の地への旅を続けているサリー一行です。」

「幸せの黄色い○○○を探しているのです。」

「それから、空の色はなぜ青いのか?」

「それは海の色がうつっているから。」

「ではなぜ、地べたは茶色なのか?」

「その答えがわからないと、無実の罪で裁判にかけられている、フィーユが釈放されないのです。」
















































「ということで新しいお話しがはじまったのです。」

旅を続けている一行に、

「君たちが探している黄色い○○○はこれじゃない?」

という声がしたのです。

























「ラテ」と言った。

「お前は容疑者84番のラテじゃないの?」

「あれは。。。。」

「遠い親戚だろ!」

「そう。父のおじいちゃんの。。。」

「息子だろ!」

「もう1回揉めているんだよ。家系図で。」

「違うんだよ。父のおじいちゃんの親友の子なの。」

「。。。。。。」

「君となんも関係ないじゃん!」

「まああ、細かいことはどうでもいいじゃん。」

ということで探していた「幸せの黄色い○○○」は残念なことに違ったの一行はまた旅を続けたのです。

「でもさ。あのラテ、また登場するんじゃない?」

「2度あることは3度あるからな。」

「そもそもご参加犬が少ないんだからありがたいんじゃない?」

「うーん。参加犬がいないと話が進まないからな。。。。」

「地べたはなんで茶色いの?」

という声がしたのである。

























そこには「サリー・ポッター」というわんこがいたのである。

「ほらほら参加犬が少ないから使い回しだよ。」

「地べたはなぜ茶色なのかいい加減に答えを見つけないと。。。」

「困った時の神頼み。」

「教祖様だ!」

























「え?まだ準備中だよ。。。」

一行はもうとんでもなく困ったのである。

その時、

「皆の者、どこへ行く!」

という声がしたのである。

























「あなたはルーイ殿下ではありませんか!」

「違うよ。」

「あれはイギリス王室の血を引く従兄弟で、私はアラブの王様なの。」

「え。。。。なんか毛布巻いているだけじゃないの?」

「黙りなさい。私はサリーがお世話になったマイクママさんのわんこである。」

一行は、

「申し訳ありませんでした!」

となったのである。

そこに、

「地べたはなんで茶色いの?」

という声が聞こえたのである。

























「アロエ」と言った。

「君は裁判官のアロエじゃないの?」

「遠い親戚で母ちゃんのばあちゃんか父ちゃんの友人の?」

「むにゃむにゃ。」

「アロエ」は眠ってしまったのです。

「作者、遠い親戚の話考えるの面倒になったんだね。」

地べたはなぜ茶色いのか。

その答えを知っているわんこがいるのではないか?

そういえば、「王様ルーイ」がふとつぶやいたのをサリーは思い出したのである。

「あの方が知っている。」

サリーはあの方に尋ねたのです。

























「アンジー様。地べたはなんで茶色いの?」

アンジーは言った。

























「日焼けしているからだよ。ぶひ!」

どひゃーん!

サリー一行は狂喜乱舞したのです。

「空はなんで青いのか?」

「海の青さがうつているから。」

「では、なぜ地べたはなぜ茶色いのか?」

「日焼けしているから!」

見事であった。

誰も文句言えない答えだったのである。

サリー一行は「アロエ裁判官」のところへ向かってこの真実を伝えたのある。

















































ということで「フィーユ」は無罪放免になったのあった。

「フィーユ」も晴れて一行に加わったのであった。

























というとで今回のお話しはここまで!

ご参加いただいた皆さんに感謝なのです!

つづく?

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

......

サリーの雨上がりのお散歩!


「幸せび黄色い◯◯◯」

本日はおやすみです。

もうみなさんのご協力でお話がどんどん広がっているのです。

もう収集できないのです。

でも頑張るのです。

まだまだご参加募集中なのです。

さて、サリーです。

朝、雨が降っていたのです。

サリーは睨んでいるのです。

なんでサリーは睨むのでしょう?

「雨だからもう少し待ちなさい。」

すると、布団を前足で「こんにゃろ!こんにゃろ!」をするのです。

サリーが怒ると「こんにゃろ!こんにゃろ!」なのです。

ああ、めんどくせい。

仕方ないからまた抱っこして高架下に連れていって散歩にするか。

でも面倒だしな。

しばらくして雨があがったようなので散歩に連れていくかと思ったのですが、もしまだ降っていたら目もあてられなのでとりあえず外に偵察に行ったのです。

犬のために偵察なのです。

雨、あがっていました。

「ほんじゃ行くか。」








































情けない顔なのです。








































すると、



























うれしそうにとことこ走りをしたのです。

で、満足したと思って帰ったのですが、また睨むのです。

また「こんにゃろ!こんにゃろ!」を始めたのです。

どうも飼い主が隣で寝ないと、不満みたいなのです。

ああ、めんどくさい!














おしまい。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

......