月別アーカイブ: 2018年6月

サリーの「ぽよよん日記」。サリーの深夜の無言の圧力。。。

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


夜です。

サリー、ベッドの上です。

大きなあくびをして、








寝ました。

しばらくして見ると。








起きてなにかを探します。








飼い主を探していたのです。

睨むのです。

怖いのです。

「サリー、もう遅いから寝なさい。」

理解したのかわかりませんが、飼い主がパソコンでブログのお話を作っているので当分、一緒に寝られないことを理解したのか寝ました。

しかし、しばらくして見ると。








見ているのです。

「だから寝なさい。」

あきらめたのか、今度は枕がある方に移動して、








つまらなそうです。








なんでこういつもいつも監視しているのでしょう?

で、再びパソコンに向かいます。

なんとなしに気になって振り向きます。








え?








「なんで自分の相手をしないんだ。。。。」

と言っているような気がします。

見なかったことにしよう。。。

でもしばらくして見てしまうのです。








寝た。。。








寝ている姿は可愛いのです。








薄目を開けているのですが、寝ているのです。








完全に寝た。。。。

飼い主はため息をつきパソコンにまたまた向かうのです。

30分ほど過ぎて殺気を感じたのです。








怖いのです。

無言の圧力なのです。

毎晩、同じことをするのです。

それで圧力に負けて一緒に寝たのです。

サリー、枕元で飼い主が背中を撫でてあげると嬉しそうに、ブヒ、ブヒなのです。

しかし、しかし、

すぐベッドから降りてクローゼットの中に入るのです。

入って寝るのです。

それで、お昼。

サリー、クローゼットから出てこないのです。

意味がわからないのです。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

......

サリーの「ぽよよん日記」。サリーは、のんきだね。とワンコ同伴可。

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


サリーは「のんき」なわんこです。

昨日でした。

乳母車、発注したのですが会社にいかなくてはならないので宅配会社のサイトで金曜に変更したのです。

ところが、来たのです。
 
来ちゃったのです。

おいおい、どうした黒いねこ!

ちゃんと変更したとメールも来ていたのです。

「仕方ないからサリーを乗せていくか。。。」

「あれ?これ組み立てるの?」

面倒なので週末に組み立てることにして、サリーの乳母車デビューはお預け。。。

会社。

サリーどうしようかな。。。

暑いし。

乳母車で通勤は断念したし。

留守番だな。

しかし、サリーは許してくれません。

会社だ!

会社に行けるぞ!

もうおはしゃぎなのです。

「お前腰悪かっただろう。留守番していたほうがいいよ。」

毛布、ではなく(暑くなってきたので毛布は洗濯)布団を噛み噛み。

仕方ないので、キャリーバッグに入れました。

タクシー拾って行くか。

しかし、待っても待ってもタクシー、来ないのです。

炎天下で待っていると飼い主が倒れそうなので、そのまま背負って歩きました。








サリー、なぜかとても嬉しそうなのです。








自分が歩かないのに動いているのが楽しいようです。








会社到着。

飼い主、速攻で自販機で水を買ってがぶ飲み。

「やべー!熱中症で死んじゃうところだったよ。」

「この炎天下で犬を背負って歩く奴なんて自分だけだろう。」

しかし、サリーは、















楽しいんだなあ。

その後、涼しい事務所の中を歩き回りました。

のんきな犬なのです。

それから飼い主、銀行に行きました。

歩いて。。。。

人間用の乳母車が欲しい。

で、だれか押して欲しい。

「やはり自転車買おうかなああ。。。」

「自転車買ったら、乳母車が無駄になるか。。。」

「つくずくサリーが羨ましい。。。」

銀行でうちの担当の鈴木青年に会いました。

真っ黒に日焼けしているのです。

「あれ?どうしたの?海に行ったの?」

「行ってませんよ。毎日、毎日、自転車で走り回っているので、ご近所焼けです!」









「自転車、いらないか。。。」

「歳だし、日焼けは避けないと。。。」

「乳母車。。。日傘も必要か。。。」

しかし、犬の乗せた乳母車を押しているおじさんの姿も恥ずかしいのに、日傘までしていたらご近所で噂になってしまうのです。

小学校の前は通れないでしょう。

で、戻りました。

「さてと。」

飼い主、折角、サリーを会社に連れていくのだから、ある計画を立てていたのです。








猫用ネクタイ。

今日はアロハに合わせて赤!

ここら辺が飼い主のこだわりなのです。

こだわっちゃたのです。

嫌がるサリー、着替えさせました。

で、








インスタグラム用のワールドカップ応援バージョン。

恥ずかしいので飼い主のデスクの上で四苦八苦しながら撮影したのですが、途中、

「サリー、大人しくしろよ!」

「動くなよ!」

「頼むから、動くな!」

「兜が落ちるだろう!」

と言っていたのですが、なにも知らない「さとこ」さんは「うちの経営者、大丈夫なのかしら?暑さでね。。。。」

と思っていたはずなのです。

無事撮影終了。

しばらくして、ふと見ると。








いびきをかいて寝ていました。

つくづくサリーは、のんきなのです。

で、またしばらくすると、








かごに移動。

飼い主は、ハローワークに載せる求人募集の案を考えたのです。

「さとこ」さんが色々調べてくれて、会社の魅力を詳しく書いた方がいいということなのです。

「会社の経営者が厳しくて、社員をよく叱る会社とかは駄目みたいですよ。」

「厳しい?そもそも経営者、会社に出てこないじゃない。」

(経営者、会社に来ません!)

(社員は皆、のびのびと仕事しています!)

「経営者、会社に来ないはまずいか。。。」

悩むのです。

会社の魅力。。。

なやんでいると。。。

「サリー、のんきだなああ。」

「サリーがのんきだと、イライラがどっかに行くなああ。」

それで、考えました。








(わんこを飼っている君!)
















(連れて来なさい!)








普通、ないでしょう。

「わんこ同伴出勤可!」

だめかなああ。

まあ、そういうわけで、夕方、涼しくなったので、

















サリーは元気に歩いて帰ったのでした。

















おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

......

サリーの「ぽよよん日記」。サリーは動物病院に行った? サリー、うひょうひょ?

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


サリーの「キャン!」のお話に、たくさんの方から心配のコメントを頂きました。

本来であればひとつひとつコメントをお返ししなくてはいけないのですが、返信の内容がほぼ同じになりそうなので、サリーの「キャン!」完結編?としてご報告させていただきます。

サリーを連れて行きました。

動物病院。

行く前、サリー、いつものように毛布噛み噛みの儀式。

飼い主、ため息。

それで、病院。

先生の診断。

これは飼い主が記念に撮影しました。

診断は特に問題はないとのことでした。

そういえば、病院まで元気いっぱいで歩いてきたもんな。

で、痛み止めの注射だそうです。

飼い主、サリーの頭を押さえて、先生、注射。

キャン!とも言いませんでした。

あのキャン!とウロウロはなんだったんでしょう?

その後、先生に「サリーの耳の中なんですが、すぐ汚くなるんですよ。」

なんとかというカビなんですって。

ですってって、犬を飼っている方は知っているんでしょう。

しかし、飼い主は知りませんでした。

先生、サリーの耳に薬をさしてくれました。

それから、


















「右目の白内障進んでいるね。右目は角膜が傷ついているから視力弱くなっているね。」

それで、精算して、飼い主の長い一日を終えようとすると、





















































































いつものことですが、わけがわからない犬。

サリーなのです。

で、無理やり連れて帰りました。

途中。

「サリー、視力弱っているのか。。。。」

「キャン!で皆さんに心配していただいて。」

「あああ、飼い主、サリーを飼う資格ないよなああ。」

「もう少し、犬の飼い主として勉強しないといかんなあああ。」

物凄く落ちこんだのでございます。

家に戻りました。

今夜は静かにサリーを抱きしめ、「お父ちゃん、これからもっと勉強するからね。」

サリー、「お父ちゃん。。。。」

となるはずだったのですが。



































どなたか、動物病院に連れていかれて注射を打たれたのに、「帰りたくない!」

うひょうひょ!部屋の中を走りまわる犬の飼育方法、ご存知の方おられませんか?

あと、皆さんご心配おかけしました。

たくさんのコメント、アドバイスありがとうございました!

サリーは元気です!


















うひょうひょ!祭りした後は疲れて爆睡しています。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

......