月別アーカイブ: 2017年9月

サリーの「ぽよよん日記」。サリーの飼い主、またやってしまったのです。。。

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


まず、怪盗猫だましです。

エキストラを募集中です。

怪盗猫だましの部下とかどうでしょう?

唐草の手ぬぐいで。

別に唐草でなくても構いませんが。

なんとなしに面白いような。。。

さて、サリーです。

最近は、本当に起きてこないのです。

サリーです。

布団の上で、ぐーぴゃらり♪なのです。

昔は、朝早く自分から起きて「散歩行こう!散歩いこう!」と。

あれ?

そんなことなかったな。

確か、我が家に来た翌朝です。

新しい家。

新しい飼い主。

緊張感ゼロ。

不思議な犬でございます。

それで、散歩に行きました。

トイプードル達に会いました。

「今日はトイプードルによく会うなあああ。」

と思っていて、さて帰ろうかとしたときです。

トイプードルの兄弟に会いました。

大きい。

大きいのがお兄ちゃん、9歳。

小さいのが弟、8歳。

トイプードルも大きいのいるんだ。

それでしばらく遊びました。

さて、いよいよ帰ろうかとすると、

もっとでかいトイプードルに遭遇。

まあそんなことがありましたが、部屋に戻りサリーは満足したのかベッドの上で寝ました。

そうして、飼い主、新聞を読んで、コーヒーを飲んで、さてもう一眠りと思ったのです。

なにしろ、まだ朝の6時です。

ところがスマホが鳴ったのです。

アラームです。

なんだろうと思って見ると、












「1:30。トリミング。」

え?

なに?

意味がわかりません。

トリミング?

確かついこの間、行った記憶が。。。

何故、トリミングを予約しているのだ!

わけがわかりません。

しばらく呆然としていました。

そして、寝ているサリーを無理やり起こしました。

やはりまだ行かなくてはいいよなああ。

しかし、なぜ予約したのでしょう?

酔っ払っていた?

トリミングショップは、朝、10時から5時までです。

昼間です。

昼間に酔っ払っていません。

どうしても理解できないのです。

それで、恐る恐る電話をしました。

「サリーの予約した。。。」

「はい。今日の1:30ですね。」

どひゃーーーーーん!

ついこの前行ったのに。

8,000円も払ったのに。。。。

もう意気消沈。

「なんで。なんで。」

「俺は馬鹿野郎だ。。。。」

「大馬鹿野郎だ。。。」

白がネーゼのお金持ちは、「うちのワンちゃんはトリミング、週1回ですのよ。おほほほほ!」

なのかもしれませんが、こちらは、毎日、金がネーゼなのです。

あああ!

また、8,000円!

しかし、落ち着いた飼い主は考えました。

「夕方、スーパーに行って、安くなった食パンを買う。」

「冷蔵庫には、マヨネーズがあるからそれを塗ればなんとかなる!」

いいではないですか。

こうなると貧困生活サバイバルです。

「例え水道を止められても公園にトイレにもあるし、水飲み場もある。」

「大丈夫だ。」

「生きていける。」

それで、トリミングに連れて行かました。

いつものことですが、サリーはサリーは「トリミングに行くぞ。」とも言っていないのに、どんどん進みます。

どうしてなのでしょう?

永遠の謎なのかもしれません。

それで、ふと。

「1:30ということは近所の蕎麦屋で蕎麦を食べよう。」

「ビールも飲んじゃおうかな?」

だんだん楽しくなってきました。

「お蕎麦を食べた後は。近くの魚屋さんでお刺身を買って夜、それを肴でいっぱい。」

「よろしいおつな。。。」

うひゃうひゃです。

で、サリーを預けてお蕎麦屋さんに。











「準備中」。

今、1:40分。

「普通、2時までやってるだろう!」

「もう胃が、お蕎麦、準備OK!なのに、あんたは準備中なの?」

おなじ準備でも、準備OKと準備中は大きな差があるのです。

仕方なく、魚屋さんに向いました。

やっていませんでした。

飼い主、トボトボと家に帰りました。

さて、これからが問題なのです。

突然、サリーがいない時間が出来てしまったのです。

どう過ごせばいいのでしょう?

会社に行って、怪盗猫だましの写真を撮影しようかと思いました。

「サリーがいないと無理。」

とうことに気が付きました。

「いっそのこと、ビール飲んじゃおうかな!」

駄目です。

サリーをトリミングに出して、その間、酔っ払ってしまった「サリー置き去り事件」の再現をしてはいけないのです。

仕方ないので、部屋で仕事をしました。

そして夕方。

サリーを連れに行きました。

8,000円払いました。

前回のトリミングから1ヶ月たっていなので、500円安くしていただきました。

おやつもいただきました。

しかし、飼い主の暗い感情は晴れないのです。

これからしばらく、値下げ食パンとマユネーズ生活なのです。






















おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

......

サリーと一緒に差しつ差されつ。大失敗。

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


朝でございます。

飼い主はベッドの中で「行きたくなーな。」、「行けないだろう。」と天井を見つめているのでございます。

散歩です。

散歩に行きたくないのです。

行きたくないと言うより、行けないのです。

腰が痛いのではありません。

頭が痛いのです。

飲みすぎたのです。

サリーが来てから飲みに行ったことがほとんどないのです。

それで昨晩、ベッドの上で寝ているサリーの横に座りビールを飲んだのです。

ふと、なにを思ったのか、サリーを起こして座らせ、「君はどう思うのかね。」と言ったのです。

サリーはキョトンとしていましたが、飼い主がナデナデするので徐々に嬉しそうになりました。

「意外と面白いかもしれない。」

飼い主、あぐらをかいて、「そんでさあ。岡部さん。え?誰って?あれだよ、元営業3課の。今は新潟支店の支店長。」

「あいつが嫌な奴でさ。」

サリーとの疑似宴会です。

酔ってきたので、どんどんエスカレートしていきます。

「なんであいつが支店長なんだよ。俺と同期だぜ。」

自分だけ話していても面白くないので、サリーのアテレコもします。

「そうなんですか。たまりませんね。」

どうやらサリーは後輩のようです。

「お前もそう思うだろう。」

こりゃたまらんは。

飼い主はサリーを抱っこして冷蔵庫に向い、新たにビールを持ってきました。

サリーを抱っこしたのは、飼い主がベッドを立つと、やってられないとクローゼットに避難してしまうかもしれないからです。

せっかくの飲み仲間を逃してはいけないのです。

「それで、お前、結婚しないの?」

疑似宴会の再開です。

「先輩。なかなか出会いがなくて。」

「出会いって、そのなんて言うの。合コン?そんなの参加しないの?」

自分で始めたのに経験がない世界に話が進むのでこれからの展開がわからず、シチュエーションを帰る必要に気が付きました。

いやーこれは面白い。

楽しい。

酒の肴にビーフジャーキーを取り出しました。

今まで飼い主の強制飲み中にされたサリーですが、突然、目を輝かせ「ちょうだい。ちょうだい。」です。

頭のいい飼い主はこんなこともあろうかと、犬用の天然ビーフジャーキーも用意していたのです。

それで、サリーには犬用、自分には人間用ジャーキーを食べながら、疑似宴会を続けたのです。

しかし、酔っぱらってきて途中でどっちがどっちのジャーキーかわからなくなってしまいました。

長くなりました。

それで飲みすぎて翌朝、天井を見上げているのです。

どこの世界に「昨夜、飼い犬と一緒に飲んで飲みすぎて二日酔いだよ。」という人がいるのでしょう?

サリーは、横で寝ています。

「寝ているけど、ここでトイレに行こうと立ち上がると、起きてしまって散歩!散歩!」なんだよなあああ。

しかし、仕方ないのです。

トイレに行きました。

当然、サリーついてきました。

「う。気持ち悪い。」

水を飲みます。

コーヒーを飲みます。

久しぶりに、昆布茶まで飲みました。

なんとか酔をさませたいのです。

効果はあまり感じられません。

それで、「行きたくない。、「でも、連れていかなくては。」、「でも行かなくては。」の葛藤があり、結局、立ち上がり散歩に連れていきました。

理由は至極簡単。

「●んこさせないと。」

散歩、行きました。

おしっこさせて、●んこしたら速攻で帰ろうと思っていたのです。

いたのですが、サリー、近所のバーガー屋さんの前で、いつも可愛がってくれる方々を見つけると走っていきました。

ワンコの「ちび」と挨拶。

そして、おじさんにも「いい子、いい子」してもらいました。

しかし、サリーはおじさんが食べているトーストが気になるのです。

頂きました。

パンの耳。

そして、食べると速攻で帰りました。

おしっこも●んこもしませんでした。

気持ち悪いのにサリーのために頑張った飼い主の立場はどうなるのでしょう?


















おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

......

サリーは、喜びも悲しみもベッド上で。。。

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


サリーは、最近、朝起きるとベッドに上に乗ってきます。

それまでは、寝室のクローゼットの中かベッドの下の洗濯の山で寝ています。

洗濯の山と言っても洗濯済の物です。

畳む前にサリーが気に入ってしまって寝床にしたので、それ以来、洗濯済みの洗濯物(ややこしい)はベッドの下に置いておくことになったのです。

ですから、山の中から着なくてはならいないものがあると、サリーを「よっこいしょ」とどかして、引っ張り出さないといけないのです。

それで、朝、サリーはベッドの上に乗ってきます。

飼い主の枕元で寝ます。

寝ますが、すぐ足元に移動します。

意味があまりよくわかりません。

まあ、目が覚めて飼い主が居ることを確認して、嬉しくて枕元に来て「よかった、よかった」と思っているのかもしれません。

それで、朝の散歩を終え、部屋で細々とした用事を済ませました。

さて、これから外出しなくてはいけないのです。

そうです。

サリーはお留守番なのです。

仕方ないのです。

サリーは、会社にいけると思って、布団を噛み噛み。

「すまんな。3時間くらいで帰るからいい子していてね。」

と言って外出しました。

外出する前、玄関に飼い主を追ってきてドアの前で、スリーピング・ちょうだい・ちょうだいではなく、ちょうだい・ちょうだいをしました。

とても嬉しい時にするのです。

連れて行きたいのですが、無理なのです。

飼い主、都会に出ました。

凄い人並みです。

丁度、秋分の日、と言っても土曜日ですが、なかなか進むことが出来ないのです。

こちらは、一刻も早く用事を済ませて帰りたいのです。

サリーが心配なのです。

それなのに人々は三々五々です。

えーい!邪魔なんだよ!

こちとら江戸っ子でー!

火事と喧嘩は江戸の華なんだよ!

こちらは、四四六六。

いえ、八八十十くらいのスピードを人をかき分け進みました。

しばらくして、冷静になっって。







「大阪産まれだった。。。」

そんなことはいいのです。

とにかく、一刻も早く用事を済ませなくてはならないのです。

そして用事も済ませ、やれ嬉しやと家路を急ごうとしたとき、魔が差してしまったのです。

さされてしまったのです。

魔に。

大きな本屋の前を通ってしまったのです。

飼い主にとって、大きな本屋は禁断の場所なのです。

悪の巣窟と呼んでも過言ではございません。

大きな本屋で過ごす時間が至福のときなのです。

そしてつい、フラフラと入ってしまったのです。

しかし、サリーのことは決して忘れてはいませんでした。

とにかく、早足。

八八十十です。

本屋の中を歩きまわりました。

結局、7冊購入しました。

大人買いです。

しかし、重い。

そして、駅に向いました。

JRの切符を買おうとしました。

最近は、改札をなにやらピット!カザスだけで通れる魔法のカードがあるようですが、飼い主、まったくわかりません。

なので、今でも昔ながらの切符購入なのです。

で、切符を買おうとした瞬間。

大事なことを忘れていたのです。

しかも、2つ。

① ペットショップ
② デパ地下。

ペットショップは、サリーになにか買おうと思っていたのです。

都会のペットショップでないと売っていないような、おしゃれな服。

慌ててデパートのペットショプに行きました。

8階でした。

何故、ペットショップは8階とか高いフロアにあるのでしょう?

昔は屋上にあったような気がします。

デパートは100%、1階は化粧品売り場です。

そして、2階、3階と婦人服売り場です。

お店によれば、4階まで婦人服売り場です。

紳士服は必ずワンフロアです。

そうそう。

不況になるとまず売れなくなるのが紳士服だそうです。

そして次に子供服。

つまり、奥さんが家計のために、まず「とーちゃん」の衣料費を削減するのです。

それでもキツイと子供に手をだすのです。

しかし、婦人服は永遠に不滅なのです。

というようなことを聞いたことがあります。

閑話休題。

ペットショップ着きました。

「え!」

凄い人だかりです。

なんでこんなに?

先程の、①とーちゃん→②おこちゃん→③おかーちゃんは不滅説は。

①とーちゃん→②おこちゃん→③おかーちゃん→④でもペットは不滅なのかもしれません。

かっこいい犬用の服があったのですが、4,500円(税別)。

高い。

でも、かっこいい。

欲しい。

ぜひ、サリーに着せたい。

でも、高い。

さっき、本、7冊買わなければよかった。

返品ってできるのかな?

ペットショップで躊躇、30分。

結局、あきらめて店を後にしました。

後ろ髪を引かれる思いで切符売り場に。

そして、再び思い出したのです。

②のデパ地下です。

別に、デパ地下で美味しいものをいっぱい買おうというわけではありません。

目的は。


















●陽軒のシュウマイ弁当を買いたかったのです。

なぜか、これがお気に入りなのです。

でも、大きなデパートでないと売っていないのです。

冷えていても、美味しいのです。

別に、●陽軒のまわし者ではありません。

うーん。

でも、誰か●陽軒の人、ブログ見ていてくれないかなあああ?

●陽軒の社長さんとか。

せめて、広報の人とか。

そして、「社長。このブログを見てください!」

「なに?」

「おばかブログですが、捨て犬、捨て猫のために頑張っているようです。」

「皆まで言うな。」

そして、飼い主に●陽軒のシューマイ弁当1年分が届くとの連絡がくるのです。

しかし、飼い主、「それはいけません。それより、里親さんを必要としている犬、猫。そして、日夜、そのために頑張っているボランティア団体の方々のためになにか、ご尽力をお願いいたします。」

と答えるのです。

うーん。

かっこいい!

「でも、1年分は頂きますけど。。。えへへへ。」

妄想をいたしました。

大変失礼いたしました。

それで、無事、シューマイ弁当購入。

帰りの車中。

帰ったら、お風呂入って、シューマイ弁当と冷えたビールね。

うふふふ。

でございました。

さて、これからが本題。

長い時間、留守番だったサリーです。

ドアを開けました。

そーっと部屋の中に入りました。

また、そーっと寝室を覗きました。


















サリー、ベッドの上で座って、ジーっとしていました。

この世の終わりと言うより、「思考停止」。

うーん。そうですね。

10秒ほどして飼い主を見つけると、それは、それは、とんでもない大喜び。

飼い主、横に座ります。

飼い主の身体にスリスリ。

スリスリという程度ではありません。

「てめー、どこ行ってたんだよー!ふざけんなよ!」

の10倍くらいのスリスリをするのです。

「すまん。すまん。これでも一所懸命に早く帰ってきたんだよ。」

本屋に寄ったとか、シューマイ弁当を買ったとかは言いませんでした。

しかし、よくわかりませんが、ワンコって飼い主が帰ってきて嬉しい時は、ワンワン吠えたり飼い主に抱きついてくるのではないでしょうか?

サリーは、最強、スリスリ、スリーピングちょうだい・ちょうだいの間、全く無言です。

不思議です。

それで、しばらく隣に座って落ち着かせて、布団噛み噛みしたので、移動してテレビを見ました。

サリー、降りて来ました。

ナデナデして欲しいのかと思い、手をのばすと戻ります。

戻って布団を噛み噛みします。

これを繰り返します。

降りる→手を伸ばす→戻る。

仕方ないので、ベッドに戻り横に座ります。

「てめー、どこ行ってたんだよー!ふざけんなよ!」

が始まるのです。

そして、布団噛み噛み。

それで、結論。


















サリー、嬉しいときも悲しい時も、全てベッドの上なのです。

どなたか、理由を教えてください。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

......