月別アーカイブ: 2016年2月

サリー、作家になる?

友人が本を出版したそうです。

毎日、コツコツ原稿を書いたそうです。

私も毎日、コツコツ、ブログを書いています。

違いはないように思われます。

アマゾンで買えるそうです。

こちらも、インターネットで見ることができます。

違いはないように思われます。

「ビジネス」書だそうです。

こちらは、「サリー」です。

おなじ、カタカナです。

違いはないように思われます。

むこうは、「紙」です。

こちらも、「神」です。

違いはないように思われます。

ただ、違いがあるとしたら、向こうは「印税」がはいります。

大した問題ではありません。

いえ、大した問題です。

そこで、こちらも本を書いて、ベストセラーになって、印税生活を送りたいと思いました。

ベストセラーになるには、まず、題名です。

考えました。







「花火」

どうでしょう?

本屋で間違って買ってもらう作戦です。

ペンネームは、又良 直樹です。

吉が良です。

「よし」としましょう。

どんな内容にするか、考えないといけません。

犬の目線からみた、文学はどうでしょう?

僕は、犬です。

名前は「サリー」です。

どこで生まれたか、なんとなしに見当がつています。

犬なのに、働いています。

毎日、会社に行っています。

160226a






売れそうにありません。

推理小説はどうでしょう?

この前、どこかの山奥で、豪雪のため、旅館が孤立したというニュースを見ました。

私は、ふきんしんにも、「こいうとき、連続殺人が起きるんだよな。」

と思ってしまいました。

このブログでは、すでに登場人物が複数、登場しています。

●見習い社員のサリー
●経理の「さとこ」さん
●「社長」さん
●配車係の「まさる」青年
●侵入社員のピンク

近所のペンキ工場にお住まいで、いつも全身、ピンクのお姿で現れます。

さらに。

●帝国銀行
●日本もんぺの会(NMK)集金詐欺のため、NMKにしました。

そして。






教祖様です。

一番、「あやしい」登場人物です。

あ!

飼い主を忘れていました。

これで、推理小説を書くのです。

題名は、「花火。。。。。。。殺人事件」です。

どうしても、花火にこだわります。

副題として、2時間のサスペンスドラマであるような、「花火。。。。。殺人事件。呪われた教団。「日本もんぺの会」。無口の社長。でも話しかけると、ベラベラ話す面倒な人。サリーが好きなのに、サリーは無視する、配車係の「まさる」青年。最近、サリーがよりつかない経理の「さとこ」さん。そのため、面白くない。ピンクの姿でごはんを貰いに来る野良猫の「ピンク」、千疋屋のシャーベットが当たったのに、現物を持ってこない帝国銀行。サリーがすぐケージに入ってしまうので、ネタがない飼い主。そして、謎の教祖様。すべての謎を、サリーが解く!」






160226b






無理なような気がします。

話が複雑です。

では、ファンタジー小説はどうでしょう?

捨てられて、街をさまよっていた、トイプードルが、わけあって、魔法の学校に行って、一人前の魔法使い犬になる物語です。

題名は。












160226c

通称、「サリポタ」

本家はUSJですが、「サリポタ」は、どこか地方のうらぶれた遊園地で採用されるのです。

うーむ。

どうもいけません。

印税生活はむりなようです。


















160226d

それでは、今日の今日様のありがたい、お言葉です。


















160226e

友人の本です。
「世界の最も野心的なビジネスエリートがしている 一流の頭脳の磨き方」

よかったら、買ってください。
とても、為になる内容です。

読んでいませんが。。。。

 

 

......

サリーどうした!(Part 3)

見習い社員のサリーが、突然、まじめな見習い社員に変身したお話の第三弾です。

その前に。。。。

よく、犯罪の被害にあった、つまり、被害者の、特に女性の場合、FacebookなんかのSNSの写真とかがテレビのニュースで紹介されますよね。

いつも、思うのですが、あれって、いいのでしょうか?

肖像権とか問題ないのでしょうか?

特に、若い女性は、Vサインした写真とか、コメントも「チョ~むかつく。」とか書いていて、それがそのままニュースで紹介されてしまうわけです。

好きな音楽:「嵐」

好きな本:マンガ(詳しくないので例が思いつかない)

とかね。

すると、視聴者は被害者に対して、変な印象とか、植え付けられたりするのではないでしょうか?

別に、友達の間だけでやっているわけで、勝手にニュースで流すなよ。

それで、考えたのですが、SNSで、「友達SOS」ボタンとかの機能をつけるのです。

それで、被害にあったと聞いた友達がこの「友達SOS」ボタンを押すのです。

すると、写真が、Vサインから、履歴書に貼る写真みたいのなのに瞬時に変わるのです。

それで、好きな音楽:メンデルスゾーン

好きな本:スタンダールの「赤と黒」

コメントも、「チョ~むかつく。」から。

「わたくしは、とても鬱憤(うっぷん)がたまるおもいでございました。」

とかに変わるのです。

とても、すばらしいアイデアではないかと、思っております。

ざまーみろ。テレビニュース。

はい。

ばか話はおしまいです。

でも、瞬時にかわるのがいるのです。

サリーです。

突然、会社でいい子になった、サリーです。

今日も、会社に行きました。

すんなり、ケージに入りました。

本当に困ったやつです。

ネタができないではありませんか。

160225a

行動範囲もとても狭くなりました。

160225b

ケージに頭をいれて、お尻をだして、水を飲みます。

160225c

「だしなさい!」も控えめになってしまいました。

その後、帰り道に、いつもお世話になっている、トリミングのお店の前を通りました。

すると、サリーは、お店の前から離れませんでした。

160225d

サリーは、トリミングに行くと、本当に嬉しいのでしょう。

散歩の途中で、お店の前で立ち止まり、中に入ろうとします。

これは、以前の写真です。

160225e

朝5時には開いていないとおもいます。

それで、お店の前で、ずーと。

若い女性のトリマーさん達が、手を振ってくれました。

飼い主にではありません。

サリーにです。

残念でした。

結局、今日はこれだけでした。

ネタができませんでした。

「友達SOS」ではなく、「飼い主SOS」ボタンで、昔の暴れん坊サリーに瞬時に変わってくれないでしょうか?

それでは、今日の教祖様のありがたい、お言葉です。





















160225f

 

 

......

サリーどうした!(Part 2)

見習い社員のサリー、会社で突然、静かになったお話の続きです。

その前に、サリーは、感情をあまり表にださないとお伝えしました。

嬉しいときは、声を出さずに、毛布を噛み噛みします。

もうひとつ、感情を表に出す時がありました。

「おやつ」が欲しいときに、後ろ足で立って、前足を上下に振って、「ちょうだい。ちょうだい。」をします。

わかります?

それで、これから、散歩か出勤するときに、同じポーズをします。

ただ、バージョンが異なります。

寝ながらします。

「スリーピング・ちょうだい、ちょうだい」です。

それで、今日も出勤時にやりました。

会社に到着すると、ケージに入りました。

20224a

そのままです。

20224b

飼い主が、少しの間、事務所から出ると、ケージから出ますが、戻るとすぐケージに戻ります。

午前中、大好きな経理の「さとこ」さんは、外出中でした。

全然、関係ないみたいでした。

その後、ケージの隣のカゴに移りました。

20224c

全然、問題ないみたいでした。

20224d

あまりにも静かだったので、抱っこして、一緒に仕事してみました。

20224e

全然、全然でした。

その後、全然、全然、全然、問題なく、あっさりと帰りました。

それで、これは、全然、全然、全然、全然、問題なくないことに気が付きました。

それは。















「ネタ」が作れないということです!

「悟り」の世界から、現実世界にもどってきて欲しいです。

それで、今日の教祖様のありがたいお言葉です。















20224f

 

 

......