月別アーカイブ: 2015年11月

サリーの秘密

見習い社員のサリーを撮った写真を整理していたら、こんなのが。

151130a

うちに来てしばらくたって、髪が(犬の場合、髪というのでしょうか?)伸びてしまって、トリミングに行きました。

犬、飼うのも初めてなので、トリミングに行くのも初めて。

近所にトリミングのお店があるので、予約して行きました。

トリミングって時間かかるんですね。

朝の9時行って、「お昼には終わりますよ。」とトリマーさんに言われ、

「そんなかかるの?」

お値段は?

「7千円(税込み)」

なんで飼い主の床屋代より高いのだろう。。。

悲しい。。。

それで、待合室みたいなところで、座って本読んでいたのですが、犬を連れた男性が現れ「じゃあ、お願いします。3時間後に来ます。」

あ!そうなの。。。

トリマーさんに犬を預けるのか。で、後で連れに来るのか!

そういうシステムなのね。

恥ずかしい。。。

もう一時間も待合室で座っている。。。

しかも、トリマーさんが、若い女性3人で。

151130b

「まずい。ここで待っているいると、可愛い女性目当てなのね」と思われかねない。。。

どうしよう。。。。

それで、「あ!すいません。急用があって、後で来ます!」

と、店を後に。

しかし、なんで犬のトリミングでこんなに焦らなくてならんのだ!

と思いながら、公園を所在ないげに、ブラブラ。。。

それで、完成!

151130c

いい男じゃん。

それから、散歩にいく度にお店に立ち寄ります。

相当、気持ちよかったんでしょう。

151130d

まあ、朝5時じゃあ開いてないよね。

なにを言いたいかと言えば、サリーは捨てられたのかわかりませんが、毛がぼうぼうで放浪していた時に、動物保護センターに保護されたんですね。

で、ボランティア団体のアルマさんが助けていただき、このブログにリンクされている「向日葵の家」のマイクママさんが仮親になっていいただき、某大手出版社の友人になかば強制的に紹介されて(嘘。。。半分だけ)うちに来たわけです。

だから、何が言いたいかと言えば、サリーの毛がぼうぼうになった時の写真をみて、思い出したんです。

151130e

まあ、色々とご意見、ございましょうが、うちに来た時は、こうだったからいいのではないでしょうか?

top_main_photo1

マイクママさんに感謝です。

ただ、知り合いに保護された時の写真を見せたら。。。

「可哀そう。。。」

「なんで、こんなことする人がいるんだ。。」

たくさんの同情や怒りのコメントをいただきました。

ただ、一人、心無いコメントを言った人がいました。

「ロッドステュアートみたい。。。」

私は、大人です。

心が広い人間です。

だから、怒りませんでした。

なぜなら

それを言ったのは、私だからです。

サリー、すまん。。。

......

最後の散歩

151129a

朝です。

まだ暗い内から外を覗いて、「いないよなああああ。そりゃそうだよなあ。雨降っているもんなああ。」

10分後。

「でも、小雨になったら来ているんじゃない?」

でも雨は大粒。。。

「無理か。。。」

なにを言っているのかと言えば。。。

見習い社員のサリー。

犬なのに他の犬には全く興味がない、サリー。

何日も散歩に行って、遂に見つけた、唯一の友達「リク」。

151129b

引っ越しすることになったんです。

ここは東京の北区です。

福島に引っ越すそうです。

飼い主のおばちゃんのお母さんの介護のために。

それを聞いたのが昨日です。

「え?」

しばし、頭が混乱。。。

今朝がリクと会うのは最後。

だから、早朝から外を覗いていたのです。

6時になって、外はやはり雨。

「無理だよな。。。」

と思ったら、公園に人影が。。。

「あれは!!!!」

「リク!!!」

私は、パニック!

ちまちま散歩の支度してたら、リクが帰ってしまう!

私は、「水に流せるティッシュ」。。大きいほう用のね、をポケットに入れ、小さいほうを流す、ペットボトル(エビアン)。

北区でもワンコのおしっこの掃除にはパリの香りを。。。。

って、東京都の水道水を詰めただけなのですが、舛添さんが、、、とかバカな話はしていられないのです!

どうせ雨降っているのだから、水なんかどうでもいいんです。

そして、サリーにレインコートを着せようとしていたら、サリー、寝起きを襲われたので、暴れました。

151129c

もうどうでもいいい!

今朝が「リク」に会える最後なのだ!!!!

ということで、サリーのレインコートをわしずかみにし、リードもつなげず、寝ぼけまなこのサリーを、抱いて一目散に「リク」のもとえ!!!

途中、サリーは「なんなん?」

完全に寝ぼけています。

焦っていったので写真はありません。

で、「リク」と会いました。。。。

151129d

サリー、レインコー半分しか。。。

151129e

ようやく、なんとか着させて。。。

最後の散歩。

151129f

151129g

151129h

翌朝。

151129j

リクはいませんでした。。。

......

サリーの不思議な習慣(Part 2)

見習い社員のサリーですが、毛布、布団をかじります。

151128a

すごい勢いでかんで、かじります。

私が買い物から帰ってくると部屋中を駆け回り・・・・・すみません。

とても狭い部屋なので、グルグルと駆け回るのと徘徊するの途中ぐらいの勢いで走り回ります。(どうも意味が通じにくいなあ。。)

それで、ベッドに飛び乗り、毛布をかじります。

151128b

初めは、私が居ないことに怒って毛布をかじるのだと思いました。

「一人にしやがって、この野郎!」みなたいな感じです。

ところが最近わかりました。

これは、「嬉しいんです。」

151128c

だってですね。長い散歩から帰って来ても、一緒に会社から帰ってきてもベッドに飛び乗り、かじるんです。しかも、尻尾を振って。。。

ですから、私はここで声高く主張したいのです!

これは、どう考えてもこれは「嬉しい」の表現ではないでしょうか!

って、別に主張することでもないんですが。。。

ただ、すごい発見だ!と、思ったもので。。。

ですから検証してみました。

小さめのフリースのタオルを買ってきて、会社で与えてみました。

尻尾振ってすごい勢いでかじりました。

151128d

検証は見事、成功しました。

ただ、なぜ、嬉しいと毛布をかじるのか、その原因は謎です。

今後の検証が求められます。

あと

毛布や布団カバーが「よだれで」ベトベトになります。

3日に1回洗濯します。

電気代と水道代がかさみます。

ですから、もしかしたら、サリーをあまり喜ばしたらいけないのかもしれません。。。。

151128e

......