サリーの「ぽよよん日記」。わたしはこれで人間の言葉を学びました。

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 



飼い主は思ったのです。

「茶碗」。。。

なんで「茶碗なんでしょう?」

もちろん、お茶を飲む椀だから茶碗でしょう。

しかし、ではなぜ、ごはんを食べる椀も茶碗なんのか?

「ごはん茶碗でしょ。」

それはそうなのですが、ではなぜ、最後に茶がつくのでしょう?

「ごはん椀」でもいいのではないか?

「それだと、ごはんワン!とかに聞こえてしまって、わんこのごはん皿みたになってしまうでしょう。」

うーむ。

そういえばそうか。。。

「でもお茶を飲むのは、湯飲み茶碗という別名もあるのはなぜなのかと私は指摘したい!」

「外国の方に、湯飲み。湯飲み。と言うと、知ってるよ。だから知ってるって。」

「あなたのことは知っているって。」と怒られるのです。

湯飲み=you know me?

ああ、くだらねー。

で、よく英語の教材のCM.

「この教材のおかげで道に迷っていた外国人の方に案内することができました。。」

とかよくあるでしょ?

しかし、よく考えてくださいよ。

どこの世界に、自腹で外国人観光客のために外国語を勉強する国民がいるのでしょう?

海外に行って現地の人が「あなた日本人?わたし日本人大好き。いい店あるよ。」

と言われて怪しい店に連れていかれて身ぐるみ剥がされるのがせきのやまなのです。

そんなどうでもいいことを考えている飼い主なのです。

なのですが、ふと気がついたのです。

気がついてしまったのです。

世の中にはまったく自腹も切らず、外国の方、いえ生き物の垣根を超えた間で言葉通じているケースが存在するのです!

もうおわかりでしょう。

人と犬、あるいは猫、あるいはその他の生き物です。

ここでは例として犬を引き合いに出しましょう。

人間は我が子(犬)に話しかけるのです。

「○○ちゃん。おはよー。散歩行く!」

○○ちゃん、もう大興奮。

散歩!散歩!

犬が、CD、「これで、あたなも人間の言葉を学べます」とかいうのを聞いている姿を見たことありますか?

「最初はこの年で人間の言葉の学習なって無理だと思っていました。でも、ある日、飼い主さんが、サリー、なんで廊下でおっしこした!」

「と怒られてすぐクローゼットの中に逃げ込むことができたんです!」

「という喜びに声もいただいております。」

「はい。それで本日はこの、これで、あなたも人間の言葉を学べます。の試聴用CDを無料でお送りいたします!」

「お電話。0120-1129-1129-111。イイニク・イイニク・ワン・ワン・ワン!お待ちしています!」

あああ。

くだらないなああ。。

朝、4時なのです。

散歩に行きたくないなああ。

毎日、毎日、散歩。。。。

ラジオのニュースでもう27度。。。

ああ、早く行かんと。。。

行かんと後悔して、行かんかったことを遺憾に思うんだよなああ。

それで、仕方なく散歩に。























































おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —