「トイプードル」カテゴリーアーカイブ

サリーの父ちゃんの婆さん騒動!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

まず、「サリーの幸せの黄色い〇〇◯。」

ご参加犬募集中なのです。

ご応募がないとこのお話は完結しないのです。

ぜひご参加お願いいたします!

で、本日のおばか話です。

私は怒っているのです。

もう怒りの矛先をどこに向ければいいのかまったく分からないのです。

夕方でした。

私はサリーを連れて散歩に向かったのです。

いつもの公園です。

公園の前で信号待ちをしていました。

すると、ご老人(女性)が急にしゃがんでしまたのです。

「あら?」

私は「大丈夫ですか?」と声をかけたのです。

ご老人は小さな声で、「はい。なんとか。。。」

私は「立ち上がれます?」

ご老人はとんでもなく苦しそうだったのです。

私はなんとか起こそうとするのですが、腰痛のためなかなかご老人を立ち上がらせることができなかったのです。

仕方なしに通行人に声をかけたのです。

「すいませんが手を貸してくれませんか?」

しかし、しかし、しかーーーーーし!

通行人達は怪訝な顔をして手を貸してくれなかったのです。

信号が青に変わると通行人達は道路を渡って行ってしまったのです。。。

そこに若いサラリーマンとおぼしい青年が通りかかったのです。

私は、「すまん。手を貸してくれないか?」

青年はまたまた怪訝な顔をして「電話しましょうか?」

どこに電話しようと言うのでしょう?

「いや、ちょっとこの方を立たせるので手を貸して。」

青年は渋々手を貸してくれてご老人を立たせることに成功したのです。

私は青年に礼を言いご老人を連れて公園に向かったのです。

ご老人は両肩にショッピングバッグをかついでいたのです。

私は、「それ持ちますよ。」

ご老人は「重いですよ。。。」

「大丈夫です。」

私は荷物をひとつ持ちました。

それが、




















とんでもなく重いのです!

例えるなら缶ビールひとケースくらい。。。。

「まじかよ。。。。」

ご老人は荷物ひとつなくなったのでちゃんと歩けるかと思ったらまだ、「うんうん。」いいながら歩くのに苦労しているのです。

私は仕方なく、「そっちも持ちますよ。」

ご老人は、「重いですよ。」

私はもうひとつの荷物も持ったのです。

これがまたまたとんでもなく重いのです。

缶ビールひとケースなのです。

もう「うそー!」なのです。

こんなに重い荷物をふたつも持っていたら信号のところでしゃがんでしまうのは至極当然なのです。

私はご老人に聞きました。

「この荷物なんですか?」

ご老人は答えました。

「野菜ジュース。。。。」

「はああああ?なんで野菜ジュースをこんなに大量に?」

「友達の家の玄関に置いてもらってたんだけど、邪魔だから持って行ってと言われて。。。」

なぜ友人の家の玄関に大量の野菜ジュースを置いていたのか。

なぜ、このご老人は一人で一度に野菜ジュースを持って帰ろうと決意したのかまったく理解できないのです。

それよりも腰痛のサリーの父ちゃんはなぜ缶ビールふたはこの荷物を持ってしかもご老人の手を引いて歩いているのかが理解できなかったのです。

だんだん、ご老人の敬称が、、、、、





















ばばあああ!

と思ってしまったのです。

でも私はあくまで冷静を装い、「ご自宅はどちらですか?」。

ばばああ、ではなくご老人は、

「そこの団地の2階です。。。。」

「ああそうですか。。。」

私はばばあああではなくご老人の手を引き、缶ビールふたはこの荷物を持ちながら団地まで行ったのです。

内心はとんでもない目にあった。。。。

なんで通行人達は手を貸してくれなかったのだ。

ああいゆう奴らは地獄に落ちろ!

それよりもなんでこの、婆さんはこんな重い荷物を一度に持って帰ろうと思ったのだ!

人間年取ると分別がつかんのだ。

と怒っていたのです。

で、婆さんに尋ねたのです。

「ご家族はいないんですか?」

「娘が。。。。」

「娘さんは?」




















「病気で伏せっています。。。。。」

え?

え?

なにか聞いてはいけないことを聞いてしまった気がしました。

それで団地まで来たのです。

2階。

さすがに腰痛の飼い主は、この荷物を持って階段は登れないので、ご老人(急にばばあああから変わる)に、

「ここに置いていくのでくれぐれも一度に持っていかないでね。」

「少しずつね。」

ご老人は「わかりました。」

「もう本当にご親切にありがとうございました。」

と頭を下げていただいたのです。

それでですね。

サリーです。

父ちゃんが重い荷物を持ってご老人の手を引いて歩いていた時。

サリーも一緒に歩いていたのです。

いつもは散歩の時、右へいったり左へいったり「お前よ!まっすぐ歩けよ!」と文句言っているのですが、父ちゃんがご老人の手を引いて歩いている時。

右にも行かず、左にも行かず初めての場所をゆっくりまっすぐ歩いてのであります。。。。

ときおり父ちゃんとご老人を心配するかのようにちらちと見ながら。。。

私は、サリーを誇らしく思ったのであります。。。





















おしまい。

 

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーの「幸せの黄色い○○○」。第一話!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

本日のおばか話です。

その犬はサリーと名乗った。















高倉健似の犬であった。

散歩に行こうとしたところ喜びのあまり部屋の中で「どすこい!」をしてしまい、しかも玄関の前で「おちっこ」までしまって、飼い主が「これじゃあ散歩に行く意味なんじゃん!」という、飼い主のやる気を奪った罪で服役していたのである。















そしてある日である。

看守に呼ばれたのである。
















出所の日を迎えたのである。

その犬、サリーはある思いがある場所をてくてくとめざしたのである。















するとある、ラーメン屋に入ったのである。

ある、あるが続くがこれからもあるあるは続くのである。

そこには、
















無愛想なアルバイトがいたのである。

———————————————–
幸せの黄色い◯◯◯ 応募したいです!

中華店 「聘珍楼桜」でバイトをしている ルー男
まかない食はいつも ラーメンを3杯 ペロッと食べる役で、、、

———————————————–

サリーの仮ママさんのマイクママさんからのご参加なのである。

名前を尋ねると「ルーイ」と応えたのである。

「なに食うの?」

無愛想な「ルーイ」は尋ねた。

高倉健似のサリーは言った。

「カリカリ。」

「それと、おやつ。。。」

ということで今回のお話しはここまでなのである。

なぜなら、ご参加希望犬がまだ「ルーイ」だけなのである。

ということでご参加犬募集中なのである。

どうもサリーの父ちゃんは思いつきでお話しを始めるのであるが、いつか忘れてしまってお話しが中途半端になってしまうのである。

「怪盗猫だまし対サリー警部」も中断しているのである。































もう誰も覚えていないだろうが。。。。

ということでご参加よろしくお願いいたします。

ご参加がないと「幸せの黄色い○○○。」

ラストシーンの感動がお伝えできないのである。
















つづく?

 

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......

サリーと飼い主の絆は深まっているのか?



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

本日のおばか話です。

昨晩でした。

盆姉からメールが来て「テレビを見ているか?」。

私は返信しました。

「見てないよ。」

するとなんで見ていないとか急に怒られ出したのです。


















これは「嘘です!」

見てほうがいいという連絡でした。

なになに?と思い、テレビをつけると犬のことをやっていました。

もう番組の最後だったのでよくわからかったのですが、どうも犬は飼い主と見つめあうと絆を深める唯一の動物なのだそうです。

なるほどだからサリーはいつも飼い主を見ているのか。。。

でも飼い主は出来るだけ見ないようにしているのです。。。

なぜなら怖いから。

だって怖いでしょ?

デスクに向かってパソコンしていると、仁王座りで睨んでいるんですよ。

深夜にいびきかいてようやく寝たと思ってリビングでそーっとテレビを見ていているとベッドの上でまたまた仁王座りで「あいつどこへ行った!」なんですよ。

で、試しにサリーを抱っこして見つめました。


















視線をそらしました。

これはいったいどういうことなのでしょう?

見つめ合ったら絆が深まるのではなかったのか!

どうも気になってしまい、何回も何回も見つめました。

サリーは、何回も何回も、視線をそらしました。

絆を深めたくないようです。

サリーは我が家に来たと時から飼い主の顔をぺろぺろ舐めません。

よく飼い主さんが帰宅するとわんこは大喜びでぺろぺろ舐めます。

サリーは飼い主がしつこく顔を近づけるとたまに、ごくたまに「お義理」で1回、ぺろっと舐めます。

それでわかるようにサリーと飼い主の絆は深まっていないのです。

見つめ合う。

多分無理なんだろうなああ。

何しろサリーは左目が白内障で右目の眼球は傷がついているのでよく見えないようなのです。

そのせいか最近は散歩に行ってもいつもの公園ではない方向にむかうのす。




















































インスタグラムでも投稿しましたが、モス、松屋、コンビニ、居酒屋という新たなコース。

居酒屋の先には焼き鳥屋があるのでそこまで行ってくれれば焼き鳥とビールなのですが、どうもサリーはもうちょっと行けば焼き鳥屋なのに、その直前で、「ここどこだっけ?」と止まるのです。

残念でなりません。

今日も、モス、松屋、コンビニ、居酒屋コースでした。

もうちょっと行けば焼き鳥屋の直前で、「はたしてここはどこだ?」でした。

白内障は進行していて毎日目薬を差してしているのです。

ですが先日、目薬を見てびっくりしたのです。

「1日3回」。。。。

やべー!

知らなかった。。。。

1日1回しか差していなかったのです。

あああ。

だめな飼い主なのです。

この先、サリーの視界は悪化するかもしれません。

でも飼い主は深刻ではないのです。

なぜなら、サリーには。





















































素晴らしいではないですか!

こんな装備があるのです!

ただ、問題は飼い主の腰なのですが。。。。

で、抱っこして公園に連れて行きました。


















サリーは元気にいつもの電柱にむかいました。


















で、いつものベンチから離れないので、




































こいつ意外と見えてるんじゃない?


















意外とサリーと飼い主の絆は深まっているのかもしれません。。。

おしまい。

 

——-お知らせ——-
■掲載希望応募ページ

教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/
■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan
■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

......