「サリーの過去」カテゴリーアーカイブ

サリーの「ぽよよん日記」サリーの飼い主がんばる!

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


3日前のことです。

近所のお店にサリーの服を買いに来ました。

すると、6匹のトイプードルを散歩させている女性と会いました。

6匹ですよ。

その中で1匹だけ元気のないのが。

デジカメを持っていなくて、安物のスマホで撮影したのでピンボケです。

聞けば、3日前に動物保護センターから来たそうです。

4歳。

名前、忘れました。

4年間?、ケージの中にいたそうで、今日が初めての散歩だそうです。

初めてなので、ウロウロ。

ガリガリに痩せているのです。

歩くのも大変そうなのです。

でも、人懐こくて可愛いのです。

飼い主、なんだかとても嬉しくなりました。

なりましたが、同時に怒りが。。。。

いや、新しい飼い主さんが自分の子供として迎えていただいたことに感謝なのです。

考えれば、サリーも動物保護センターから来たのです。

仮ママさんのマイクママさんにお世話になったのです。

サリーが来てから2年と4ヶ月。

サリーはマイクママさんと会っていないのです。

本来であれば、飼い主がサリーを連れてご挨拶に伺わなくてはいけないのです。

しかし、飼い主は全くそんなことに気が付かなかったのです。

しかも、マイクママさんに「会いにこない?」と言ってしまったのです。

今度の日曜。

プチピクニクをやろうかなと思ったのです。

それでサリーがお世話になったマイクママさんに、来なさい!と言ってしまったのです。

あ!冗談ですよ。

「ご参加されませんか?」とメールをしたのです。

すると、ご参加OKだそうです。

うははは!

サリー、覚えてるかな?

覚えてないと困るなあああ。

もうドキドキです。

それで、朝です。

暗いうちに起きた飼い主は、いつものように「暴れん坊将軍」を見るのです。

サリー、起きてこないのです。

困るのです。

世間体が。

最近、サリーが起きてこないので、早朝散歩に行けてないのです。

すると、いつもお会いするお散歩仲間から、「最近、サリーちゃん来ないね。」

「そうね。どうもあの飼い主、胡散臭い人だから。」

とか色々言われているのです。

「大体、あの歳で独り者でしょ。」

「もてなかったのね。」

「もてるわけないでしょ。あの顔よ。」

とか言われているのです。

すべてサリーが起きてこないのがいけないのです。

サリーが起きてくれれば、朝の散歩に行けるのです。

それで、皆さんにお会いして、名刺を配って、「こう見えても零細企業ですが経営者です。」

「それと花嫁募集中です。」

と伝えることが出来るのです。

すると、「まあ、保護犬を。しかもいつ潰れるかわからないけど経営者。」

「花嫁。いい人いるのよ。」

「ほら山田さん。向島さんの娘さんどうかしら?」

「あら、花子さん?いいんじゃない。お似合いよ。」

となるのです。

そんな妄想をしていたらサリーが起きてきました。

さっそく散歩です。

アンジーのママさんからおやつを頂きました。

アンジー、残念。ダイエット中だそうです。

サリー、これ幸いとアンジーママさんにおねだり。

しかし、

アンジーの迫力ある「だしなさい!」

アンジー凄い!

そして皆さん帰りました。

するとサリー、


















おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

......

サリーの、オドオド、ドウドウ、ウロウロの法則。

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


散歩で、「最近、サリーちゃん変わったね。」と言われました。

「他のわんこを嫌がらなくなって、笑顔が増えたね。」

そうかな?

で、我が家に来た時の散歩の写真です。

確かに、他のわんこ達を嫌がっていました。

まあ、今では嫌がらなくなったというより、「慣れた」というのが正確でしょう。

なぜなら、今でもわんこは無視で、飼い主さんの袋を狙います。

そして、笑顔が増えた。

確かに、増えたような。





何故なんでしょう?

心当たりがありません。

でも、この笑顔に騙されてはいけないのです。

来た頃は、また捨てられたのかと思ったのか、オドオドしていました。

オドオドしていましたが、今では、ドウドウとしています。

馬は興奮すると、ドウドウと落ちつかせますが、サリーの場合はドウドウと言ってもその興奮は収まりません。

落ちつかせたくて、ドウドウと言っても逆に興奮します。

これを、ドウドウめぐりと言います。

多分。

嘘です。

会社に行くときが興奮の絶頂になるのです。

布団を噛み噛み。

じーっとそのままでいます。

最近は慣れて「はやく終わんねえかよ。」と思うのですが、始めの頃は「どうしたらいいのだ。」とオタオタしました。

今度は飼い主が、オタオタしたのです。

オドオド、ドウドウ、オタオタです。

これを、オドオド、ドウドウ、オタオタの法則と呼びます。

すいません。

つい思いついてしまったのです。

それで、ようやく会社に向います。

会社へ走るように向います。

散歩では歩かない奴が、信じられない速度で歩くのです。

それで、いつもは、「さとこ」さんを見つけると大興奮したのですが、最近は何故か大人しいのです。

すぐ、ケージの中で寝ます。

しばらくすると、場所を移して「くつろいで」います。

もうすっかり、会社に落ち着いたのでしょう。

「さとこ」さんがいて、社長さんがいて、自分がいて、飼い主がいる。

「みんな揃った。よしよし。」

と思っているのかもしれません。

いつも飲んでいる面子で、一人揃わないと調子が出ないと同じことかもしれません。

違うか。

麻雀で、面子が一人足りないと調子が出ないが正確かもしれません。

あ。そもそもそも3人じゃ麻雀できないか?

えーとですね。

例えば、、、、

別に例を無理やり考えなくてもいいのです。

飼い主も、見習い社員が静かにお仕事(寝ていてくれる)をしているので嬉しいのです。

そして、アルバイトの女性がやってきました。

アルバイトの女性に「いい子。いい子。」をしてもらうと。





毛布を噛み噛みしました。

それで、抱っこもしてまらいました。

また、大興奮してしまい、ドウドウ、更に興奮のドウドウめぐりかと思ったら意外とすんなり寝てしまいました。

変わったな。

本当に変わった。

しかし、これで油断してはいけないのです。

夕方、帰ろうとすると、いつもは抵抗するのに、すんなりと会社を後にしました。

最近、素直に帰るのです。

帰りもいつもの全速力です。

もどると、また部屋の中で狂喜乱舞でございます。

「今日も会社に行けた!」

「4人じゃなくて、今日は5人も!」

なのでしょう。

嬉しさのあまり、布団を噛み噛みしているサリーを置いて飼い主、近所のスーパーへ買い物に行きました。

普段だと20分ほどで帰ってくるのですが、ふと少し遠くのショッピングセンターに行ってしまったのです。

そこのスーパーのほうが、野菜が安いということを思い出しってしまったのです。

そして、買い物は長引いてしまったのです。

なぜなら、2階に大好きな100円ショップがあるのです。

お金がないので、ふらふらとウィンドウショッピングをしたのです。

お高いブティック(死語?)とかでただ見るだけというのはわかりますが、飼い主の場合、100円ショップをなにも買わず、ただ見て回るのが唯一の趣味なのです。

どんな趣味?

サリーは今日は十分、会社で楽しんだので大丈夫です。

飼い主が、5時間以上も留守番させて帰ってきてもベッドの上で、ふて寝しているだけなのです。

今夜は、たった1時間です。

最近、他のワンコたちにも慣れ、いつも笑顔になり、会社でみんなに可愛がられ、大人しく帰るようになったのです。

飼い主、帰りました。

サリー、ベッドの上で座っていました。

飼い主が横に座ると、いつものスリーピングちょうだい・ちょうだいで出迎えてくれました。

やはり、ようやく落ち着いてくれたのです。

飼い主、少々長くなってしまった買い物を詫ました。

しかし、みなさん!

サリー。

このサリーを決して「あなどって」はならないのです。

うっかり信用してはいけないのです。

なぜなら。
























台所の流しに置いていた、洗剤、コップ、皿、ウィスキーの瓶や、様々な物が床に落ちていたのです。

サリーが飛び乗って蹴散らしていたのです。

飼い主、唖然としました。

どうやって飛び乗ることができたのでしょう?

そして呆然としている飼い主ですが、犯人のサリーは、
























自分の寝室の「なんちゃってクローゼット」のなかで、いびきをかいて寝ているのです。

そして、サリーがすっかり落ち着いたと思って安心していた飼い主です。

その落胆の度合いはいくばくか。。。

思わぬサリーの反撃にショックを受けていると思われますか?
























いえいえ、「オドオド、ドウドウ、ウロウロ、あーゼンゼン」なのでした。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

......

サリーは何故、会社に一直線なのか?そして飼い主とお医者さんとの熱い戦い。

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


サリーです。

2日ぶりに会社に行きました。

2日ぶりなので行くき満々。

いつも小走りなのに、今日はなんというのでしょう?

「ジャンプ?」するみたいに元気いっぱいです。

なんでそんなに会社に行きたいのでしょう?

到着すると、まず。








「ピンク」の餌を狙います。

無理やり事務所の中に連れていきます。

大好きな「さとこ」さん。








いません。

外出中なのです。

まいるのです。

サリーはもうそわそわして落ち着かないのです。

こうなると大変なのです。

落ち着かせるために色々とお世話しないといけないのです。








抱っこしたり。








社内探索させてあげたり。

もう大変なんです。

それで、昼過ぎ、「さとこ」さんが帰ってきました。

もうサリー大興奮。

それで飼い主、病院に行きました。

月曜に腰が痛くて歩けなかったので念のためにです。

病院の待合室混んでいました。

2時間は待つな。。

しかたないのです。

本を読んで過ごしました。

1時間ばかりしてトイレに行きたくなりました。

大きいほうです。

もしかして、水戸黄門近くに注射され、座薬、半べそで「サリーに会いたい」になってしまうかもしれないのです。

出すものは出しておかないととんでもないことになってしまうのです。

慌ててトイレに入りました。

ズボンを下ろしたところで、名前を呼ばれました。

「え!」

慌ててズボンを上げ出ました。

「はい!」

これから、お医者さんと飼い主の静かなバトルが始まったのです。

先生は案の定「注射」を主張します。

飼い主は、「お薬」を主張します。

「注射したほうがいいよ。」

「いえ、お薬でお願いします。」

「100歩譲っても座薬は嫌です。」

まさか座薬されると「出てしまうかも」とは決して言えません。

結局、薬で決着しました。

なんとなく、「俺も言う時は言うんだ!」と晴れ晴れしい気分になりました。

そして会社に戻りました。

またまた、飼い主のお間抜けな一日が過ぎっていったのです。

そして夕方、家に帰りました。

サリー、もう一直線で脇目も振らず家まで走ります。

これも不思議なんです。

会社へ一直線。

家に一直線。

家に戻ると、また大興奮するのです。

なぜなんだろう?

もしかして、
















放浪していたので、ちゃんと屋根があるところで安心できるのが嬉しいのかもしれません。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

......