サリーの父ちゃんの子育てと介護。。。

— 広告 —


昔、飼っていた猫のちびこ。

手のひらに乗るくらい小さい時に拾ったのです。

いやー大変だった。

夜のミルク。

何しろ哺乳瓶でミルクをあげないといけなのですが、ほぼ1時間おきに夜泣きをするのです。

その度に起きてミルクをあげないといけないのです。

で、ティッシュでおちりを刺激させておちっこさせるのです。

もう寝られない。

独り者なのに育児ノイローゼなのです。

そうなのです。

独り者なのに育児の経験がある数少ない人間なのです。

そのちびこも18年3ヶ月生きたのです。

男手いとつで立派に育て上げたのです。

素晴らしい功労であったと言っても過言ではないでしょう。

ぜひ来年の「桜を見る会」には招待していただきたいのです。

まだこのネタ使おうとしているのです。

そして今、私は子育てならぬ介護をしているのです。

サリー、別名、有栖川サリー。

朝でした。

サリー起きました。

まずい。

昨夜、おむつをさせて寝かせたのです、おむつにおちっこしたので「まあいいでしょう。」

水戸黄門のセリフ。。。

「助さん格さん、まあいいでしょう。」

あれは、「もういいでしょう。」か。。。。

それでおむつを外したのでした。

サリーは目覚めるとベッドの上で大きく伸びをして尻尾を振って飼い主を見るのです。

「まずい。おちっこだな。」

私は慌てて靴下を履こうとしたのです。

しかし次の瞬間。

サリーはベッドから降りてきて床におちっこをしたのです。

時、既に遅し。。。。

そしてサリーはベッドに戻り嬉しそうに尻尾を振って飼い主を見つめるのです。

そして、また寝たのです。

私ははサリーの一連の行動の意味がわからないのです。

理解不能なのです。

「朝だ。飼い主さんいる!」

「お散歩だ!」

にはならないのです。

「朝だ。飼い主さんいる!」

「おちっこ!」

「寝る!」

なんでなんでしょう?

それで深夜です。

「サリー、起きるなよ。」

「絶対に起きるな。」

サリーを寝かしつけます。

サリーは飼い主が隣で寝ているので嬉しそうです。

ちらちら飼い主を見ます。

「飼い主、いるね。」

と確認なのです。

しばらくするといびきをかき出します。

飼い主は安心するのです。

しかしサリーは起きるのです。

部屋のなかを物色するのです。

「サリー!」

「うるさい!」

一喝されるとサリーは慌てるのです。

「あ!怒られた。」

「どうしよう。」

「どうしよう。」

慌ててうろうろ。

「ベッドあっち!」

するとサリーはベッドの上に行きおちりを向けて寝るのです。

「まあ、それも面白いか。。。」

などと思っていると、




サリーがまた

起きたのです。

そうなると、




飼い主はサリーをあやすのです。

「ねんねしなさい。」

「ねんねしなさい。」




「父ちゃんはここにいるよ。」




で、寝ました。

どうも寝ぼけていたようです。

子猫のちびこを子育てし、今はサリーの介護をしているのです。

ぜひ、来年の「桜を見る会」。

招待お願いしたいのです!




おしまい。

お芋仲間募集中!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

— 広告 —


2 thoughts on “サリーの父ちゃんの子育てと介護。。。

  1. 子猫のミルク🍼
    本当に大変みたいです。
    私が行くセンターの職員さん達、
    子猫がくると家へ連れて帰り
    数時間おきに授乳してます。
    無事に育ってくれたら里親探し。
    ちびこはお父ちゃんに出会えて
    本当に良かったね😸

    我が家の先代の茶吉もミルク
    から育てたよ!
    やっぱり捨てられた子。
    30キロに育ったよ🤣🤣
    ちびこは‼️
    18年寿命を全うしてサリーを
    送り込んだのだ❣️

  2. 職員の方達大変だなああ。
    頭が下がります。
    授乳は本当に大変で辛いです。
    サリーは子犬のとき絶対に母親のおっぱいを独占して顰蹙をかったのです。
    今のサリーなら容易に想像がつくのです。
    サリーはちびこには似ておりません!
    ちびこいい子だったなああ。
    それに比べ。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください