サリーの「ぽよよん日記」。サリー恩を仇で返す。

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 



恩。

世話になった人には恩を感じるものです。

それは犬の世界でもそうでしょう。

3年以上も餌を与えてもらい。

暖かい住処も用意されてもらっているのです。

犬も恩を感じるものでしょう。

ところが恩を仇でかえす奴がいるのです。

ここに。。。

朝です。

サリー、起きてきません。

本当に起きなねーなー、こいつ。。。。

9時になってようやく起きてきました。

散歩に連れて行くか。

ヘーネスと服を着せようとしました。

いつものように、「毛布噛み噛みが終わってからね。」

仕方なく飼い主は、新聞を読むのです。

今年の世相を表す漢字ひと文字が、「災」だそうです。

災害が多いとしだったからなああ。

しかし、「災」はいかがなものかと言う人もいるようです。

さすがに「暗い。」

ニュースでも「今年の漢字は災いの災です。」と伝えています。

ではいっそのこと、「防災の災です。」と言えばいいのではないか。

うーん。

サリーの父ちゃんいい事を言うなあ。

うん?

「災?」

「災って鍋って読めないかな?」

「火の上に湯気だから、鍋!」

サリーの父ちゃんいつも変な事考えるなああ。。

ようやくサリーが毛布噛み噛みも終わったようなのでハーネスを付けようとすると抵抗するのです。

いったいこいつは散歩に行きたいのか?

ようやくハーネスを付け服を着せて「さあ行くか!」

サリー、ベッドから飛び起きて来て、床のかばんの上に、どすこい!をしました。

これでは散歩に行く意味がないではないですか。。。

もうがっくりなんです。

毛布噛み噛みに時間がかかってしまって我慢できなかったのです。

ああああ。

もうやる気がなくなったのです。

しかしヤツは嬉しそうに玄関に走って行きドアが開くのを待っているのです。

まず今朝最初の恩を仇で返されたのです。

やる気のない飼い主と一緒にやるきのあるヤツの散歩のはじまりです。












今日は散歩、楽しそうなのです。










しばらく行くとヤツは誰か発見したのです。










初めてお会いする方とわんこのジャック。

服が素敵で聞けば手作りだそうです。

ネットで購入されたそうです。










2,800円。

ジャックの飼い主さんは、保護犬の仮親さんもやられているそうです。

頭が下がるのです。

「犬や猫を平気で捨てるヤツ、許せんですよね。」

とか熱く語り合いたかったのですが、こちらは元々子猫をもらいに行く予定が何故かサリーが来てしまった手前、

「(アルマさんに行ったら)トイプードルやチワワとかペットショップで買ったらお高いわんこを平気で捨てる人がいっぱい居て。」

「もったいないですよね。」

と、腰砕けのお話しか出来なかったのです。。。

情けない。。。

するとまた初対面の方とお会いしましました。










ラブちゃん。

17歳!

ジャックとラブとサリー。

みんな大人しいのです。

で、ふと見ると、



















いつの間にかラブちゃんの飼い主さんの膝を上に登っているいるのです。










おいおい。

ラブちゃんの立場はどうなるのだ。

慌てて下ろしました。

サリーは盆姉、グレースママ、ぷーママ、会社では「さとこ」さん。

ピクニックでもお会いする女性に抱っこされるのがとんでもなく好きなのです。

膝を独占しているのが至福のときなのです。

飼い主はまったく意味がわからないです。

やはり子犬だった頃、女性に飼われていたのでしょうか。

あるいは、旦那さん子どもたちのいる家で、昼間は奥さんだけの生活をしていたのかもしれません。

それで、ラブちゃんの飼い主さんがそろそろ帰ろうとすると。




























おいおい、もういい加減にしなさい。

再び無理やり下ろしたら。



















「行かないで!」

これではまるで、サリーの飼い主が日々虐待していて、「どうか助けてください。。。」

と訴えているようではありませんか。。。。










ラブちゃんの飼い主さんをずーっと見つめているのでした。

恩を仇で返されるとはここことだったのであります。。。。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


サリーの「ぽよよん日記」。サリー恩を仇で返す。」への6件のフィードバック

  1. バックにどすこい⁉️
    そりゃ、災だわーっ🤣

    違う時間にお散歩へ行くと
    新しいお友達と出会えるね🐶
    サリーみたいに大人しくて
    懐こい子は、可愛がられるよん。
    何より何より❤️

    1. がっくりでした。。。

      ジャックもラブも大人しかった。
      ラブの飼い主さん、初対面なのにサリーが当然のように膝を独占するので、「可愛い。可愛い。連れて帰りたい。」でした。
      連れていてくれ!

      1. さては、お父ちゃんたら!
        ヤキモチを😆

        私はいつ会っても。
        やっぱりサリーは。
        お父ちゃんなんだなぁ!
        って思うけどな😍

        1. ただ、こいつなんで女の人が好きなんだろう?と不思議なんです。
          不思議だ!

  2. ふふ、教訓、バッグは床に平行に置くべからず🤣
    でもコロコロ💩ならそのままトイレで傾ければ…紙の省エネ、エコだ!😆👍
    そうそう!お外で他の飼い主さんに必要以上に甘えてると、それこそ「助けてください!」って言われてるような被害妄想する時あるある😂💦←なんか後ろめたいのか?🤣

    1. どすこい!してから「すっきり!さあ散歩行きましょう!」。。。
      もうがっくりですよ。
      そうなんです。
      ラブちゃんと飼い主さんが帰る姿を悲しそうに見送るサリー。。。
      いったいなんだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください