サリーの「ぽよよん日記」。「サリーの散歩か鮭定食か。。。」

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

? 広告 ?


朝か。

雨じゃん。

散歩は無理だな。。。

サリー、寝室(クローゼット)で寝ているからいいか。。。

うんじゃあ、いつもの鮭定食。納豆、生卵で食してきましょうか。。。

飼い主、うきうきと新聞抱えてでかけるのです。

しかし!

しかし!

しかーーーーし!

「晴れてる。。。。」

正確には、

「雨、上がっている。。。」

そういえば、天気予報で「今日はいつ雨が降るかわかりません。」みたいなことを言っていたのです。

飼い主、牛丼屋の前でしばし立ち尽くすのです。

「生きるべきか、死ぬべきか」、シェークスピアはハムレットで有名な台詞を書きました。

ここで飼い主はそれに勝るとも劣らない歴史に残る台詞を残すことになったのです。

「サリーの散歩か鮭定食か。。。」

ウィキペディアで検索しても出てこないので、自分で書き込みをしてしまおうかと思ったのです。

おばかペディアより、

「サリーの散歩か鮭定食か。。。」

明治3年。

東北の貧しい村に生まれた大富山佐里男。

文学の才能はあったのであるが、貧しい家に生まれたがゆえに学問の道を閉ざされ毎朝、薪を背負って家計の助けとしたのである。

しかも、家には放浪していた犬の佐里吉が飼われていたと伝えられている。

時あたかも、生類憐れみの令。(あれ?明治だったよね?)

むげに出来なかったのである。

そのため、佐里吉の餌のために薪を背負ってあるき小銭を稼ぐのが佐里男の役目だったと伝えられている。

佐里男は犬の佐里吉(わけがわからなくなったので、以下、飼い主とサリー)、あまりに背負っている薪が重く、向上心だけはあったので、歩きながら読んでいた本、「おいぬさまのきもち」を置いて地べたに座るのであった。

「だめだ。。。」

「腰が。。。」

「腰が痛い。。。。」

後に全国の小学校に、薪を背負い「おいぬさまのきもち」を、地べたに座ってなかばぼーぜんとしている、大富山佐里男(飼い主)の、「サリーの散歩より自分の鮭定食」という銅像が数カ所あったと伝えられている。。。

すいません。

ここらへ、意味がわからなくっています、、、

というようなことを牛丼屋の前で思ったのです。

で、結局、いつ雨が降るかわからないので、

慌てて散歩に連れていったのであります。

それで、いつになればたくさんの方がわんこ、にゃんこ達といつもの生活に戻れるのでしょう?

教祖様Tシャツ(別名、誰が着るんだ!)、教祖様バンダナ(風呂敷だろう!)、絶賛発売中(寄付だよん!)
















おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


サリーの「ぽよよん日記」。「サリーの散歩か鮭定食か。。。」」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください