サリーの「ぽよよん日記」。深夜の「キャン!」飼い主の一晩の心配のうろうろ。。。

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


昨日のブログが急遽お休みでした。

日曜でした。

サリーが夜、床で寝ているので抱っこしてベッドに乗せようと抱っこしたら、「キャン!」

「え!優しく抱っこしただろう。」

おかしいなあ。

さっき公園でワールドカップネタの撮影をしたのです。

しかし、サリー落ち着きがなく、

断念。

でも元気だったのに。

それからが悪夢の始まりでした。

ベッドの上でうろうろするのです。

枕元に来て寝るのですが、すぐに起き上がってうろうろ。

これの繰り返し。

「どうしたのだ。」

「ぼけたか?」

「そんな急にぼけるのか?」

「もしかして白内障が悪化して見えなくなったのか?」

もうどうしていいかわからないのです。

夜だから動物病院やっていないし。。。

気がつくとサリーの寝室のクローゼットに移動していました。

懐中電灯で中を照らすと奥で寝ていました。

照らすと「なにすんだよ?」

しばらくすると、いびきが。。。

よかった。

いびきをかく犬でよかった。。。。

で翌朝。

サリー起きてきません。

クローゼットの中を覗こうかな?

いやだなあああ。

冷たくなっていたらどうしよう。

すると、鈴の音が。。。。

サリーの首輪というか、蝶ネクタイ。

猫用ので鈴がついているのです。

よかった。

猫用の蝶ネクタイで。。。

それで、わんこドクターのぷーママさんにメールで状況を説明しました。

忙しいのに色々とアドバイスをいただきました。

それで病院に連れていこうと思いましたが、問題が。。。

どうやって連れていけばいいのでしょう?

もう暑いし、歩かせるわけにはいきません。

タクシーで行くか。

それで、サリーのキャリーバッグ。

抱っこして入れようとすると、「キャン!」

だめだ。。。

犬用の乳母車?買うか。。。。

電車に乗って買いに行くか。。。

ああ、自転車買っておけばよかった。

それでひとつの結論に達したのです。















様子を見よう。。。。

でも、やはり乳母車買いに行こうかな。

しかし、そこで飼い主の妄想が始まるのです。

終戦です。

典子。

12歳。

なんとか戦災から立ち上がろうとしていた日本。

出生していた兄のただしがなんとか無事に戻ってきたのです。

「あんちゃん!」

ただしは、「米が。。。米が食いたい。。。」

典子はなけなしの金を握りしめ闇米を、わずかばりの米を買ってくるのです。

「あんちゃん!お米、買ってきたよ!」

しかし、典子の目の前には戦地の過酷な戦いをしいられたただしの息絶えた姿が。。。

あああ。

書いていて号泣なのです。

そうなのです!

汗だくになって乳母車を買ってきた飼い主。

「サリー!買ってきたよ!病院に行こう!」

しかし、そこには。。。。

ね?

嫌でしょ?

見たくないでしょ?

まあ仕事もしなくてはならないので冷房を付けて仕事をしました。

しかし、なかなか集中できません。

最後は飼い主が看取るという決意なのです。

決して一人じゃ死なせないよ。

それで、ふと。

そういえば朝からなにも食べていなかったなああ。

なにか食べてくるか。。。

堅い決意のわりには。。。

いかん。

戻ってきてクローゼットを覗いたら。。。

結局、なにも食べず一晩を過ごしたのです。

で火曜の早朝。

ためしに散歩に行きました。

歩くじゃない。

歩く。歩く。

なんだ心配して損した。

急に疲れがでて横になりました。

サリー、枕元にきました。

「お前も疲れたらだろう。ちょっと寝よう。」

腰を触りました。















「キャン!」

病院行こう!

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


サリーの「ぽよよん日記」。深夜の「キャン!」飼い主の一晩の心配のうろうろ。。。」への21件のフィードバック

  1. お願いだから病院に行ってくれ~😢

    ワンコドクター ムツ…ぷーママは本当に頼りになる。
    私もココの事でたくさんアドバイス頂き、
    未だに心配してもらってる💧

    カートがないなら段ボール抱えて行きなさい❗
    縦抱っこはいかんよ。

    お大事に。

    1. わんこドクターぷーママにはお世話になっております。
      サリーは寝ています。

  2. 今度はサリーちゃんが調子が悪かったのですね。
    うちもたまに似たような症状になります。レントゲンも撮りましたが、痛み止と安静でうまく付き合っています。
    一度病院でみてもらうと安心ですよ☺

    1. ありがとうございます。
      乳母車を注文したので明日、連れていく予定です。
      まあ元気に歩いているから大丈夫かな?

  3. おはよう♪
    え~サリーちゃんが、キャンと痛がってるのですか^汗!
    病院へ行ってくださいね!
    全国のサリーファンが、心配してるので。

    1. びっくりしました。
      徹夜で看病。ではなく監視していました。
      眠たいのです。

  4. ドクターじゃないからぁ😓
    これかな?の原因が分かったから
    正規の獣医師に診て貰ってー!

    しつこくしつこく説明してね。
    腰と股関節、特に右後ろ!
    念の為、お腹も張ってないか
    診て貰って下さい。

    盆ねぇ、ちゃんと行ったか
    点検頼む!!

  5. 病院に行きましょう!
    わんこが「キャン!」と鳴くのは余程痛い時だけです。
    声を出すというのは野生で危険が迫っても我慢できないくらい
    痛いからだって聞いたことがあります><
    抱っこは4脚で立っている時やお座りと同じような姿勢になるように
    横向きで首下から腕を差し込んでもう片腕でお尻から首元を支え身体を
    自分の胸に密着させてあげるのがいいようですよ。
    どうかお大事になさってくださいm(__)m

  6. タクシー会社に、小型犬を病院に連れて行きたいが痛がってバッグに入れなれない旨を話せば、大きな布等で包めば大丈夫だと言ってくれるかもしれませんよ。
    うちもそうしました。
    あと、ペットタクシーとゆうのもあるので利用しては如何でしょうか?
    なるべく早く連れて行って下さい🙏

    あと、ゲホゲホも診てもらうと安心ですよ

  7. これは…心配です。
    食欲どうですか?
    明日病院に行くとの事ですが、
    今日は休診日なんですか?
    早く診て頂いて下さい❗️何かお手伝いする事がありますか⁉️

  8. サリーパパ、サリーちゃんを病院へ連れて行ってあげて下さい。

    元気にお散歩したり、ご飯を食べると大丈夫かも?と思ってしまいますが、ワンちゃんが「キャン!」と鳴くのはよっぽどかもしれません。(グレースのお兄ちゃんがそうでした)
    心臓の方も診て頂いてくださいね。

    暑くて大変ですが、出来るだけ早くにお願いします。
    お手伝いできる事がありましたら、遠慮なくご連絡下さい。

  9. 早く獣医さんに連れて行ってあげて!
    犬も猫も、余程で無いと体調悪い素振りは見せないし
    キャンってなくって事は、かなり痛いって事ですよ
    人より悪化するのも早いですよ〜
    人の1日と犬の1日は、長さが違います。
    出来るだけ早く獣医さんに診せて、痛みを和らげてあげて下さい。

  10. パパのつぎはさりぽんが。。😭
    ヘルニア❓股関節❓膝❓
    いずれにしても、よほど痛いのは確かのようですね😭😭
    原因がわかって痛みから早く解放してあげてください😢
    パパもさりぽんもガンバレ❗️

  11. お願いだから、早く病院に行って〜〜💦💦

    先代犬が具合悪くなった時、様子を見て病院に行ったからか既に手遅れで手術も出来ない状態でした💧
    犬は人間よりも急変しちゃったらすぐ死んじゃうんです😭
    後悔するよりも、安心のためにも早く病院行ってください🙏💦💦
    お願いします💦

  12. 心配です💦病院で診てもらってください。
    何かお手伝いできることがあれば ご連絡ください。

  13. 心配ですね❗サリーちゃんも、徹夜のパパさんも。 夜間診療通院で必要な時は、オランダまで30分のルドルフ号に、gmailで出動指令をください。サリーちゃんなら、寝たままで移動出来るキャリーで、お迎え参ります。ご遠慮なきようお願いいたします❗

  14. 心配ですね…鳴き声をあげるのは余程のことだと思います。ロコがヘルニアの時は、飲まず食わずで丸まってました。
    必ず必ず診察していただいてくださいね。そして、ひと通り健康診断していただいてくださいませ。お願いいたします。

  15. 皆さんが仰る通り早めに病院に行って下さいね!
    うちの犬も少し元気がなかったので念の為に病院を連れて行ったら、即手術でした。
    手術しないと死ぬって言われました。
    手術の為に病院に預けて容態が急変するかもしれないので家族全員の携帯番号も聞かれました。
    手術は先週の木曜日でした。
    病院に連れて行って良かったと思ってます。
    行かなかったら凄く後悔していると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください