サリーの「ぽよよん日記」。飼い主入院?とミスターイトウ

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


昨日の続きです。

水戸黄門に注射をされて元気になったのです。

なったのですが、ひとつとんでもないことに気がついてしまったのです。

足、まったく問題ないので、うひょひょひょ!でサリーの待つ家に歩いて帰ったのです。

ですが、腰痛生活が長く、近所のコンビニに行くのも物凄い猫背で、(腰の曲がったおばさんを想像していただけると助かります。)イタタタた。。。。

痛い。

痛い。

と言いながら歩いていたので、腰も足もよくなったのに自然に腰が曲がってしまって。

痛い。

痛い。

ああ、痛いと言ってしまうのです。

あ!と気がついて背を伸ばしゆっくりと歩くのです。

背を伸ばしてゆっくりと歩くと、もうジェントルマン。

自然と出会う人々に「ごきげんよう。」と言いそうになるのです。

もし帽子をかぶっていたら、帽子をとって、「ごきげんよう」と言ってしまうでしょう。

でも、また気が付かないうちに自然と腰が曲がり、痛い、痛い、あー痛いと言ってしまっているのです。

そうなると、「ごきげんよう」などと言ってはおられません。

腰の曲がったおばさんなので、「うちの嫁が。。。ふん!」

になっていまうのです。

人間、刷り込まれたことは簡単には直すことができないとわかりました。

そういえば、病院で先生が、「注射で良くならなければ手術だな。」と言ったような気がしたのです。

飼い主はあえて聞こえないことにしたのでした。

手術。

これほど聞きたくない言葉はこの世の中にあるのでしょうか?

手術→入院。

貧乏なので六人部屋。

ビール禁止。

夜は9時就寝。

右となりの親父のいびき。

左となりの親父は歯ぎしり。

もう絶対に避けたいのです。

「明日の病院食に下剤をいれてやる。」

あるいは、わざと独り言を言い続けるのはどうでしょう?

「悪徳ブリーダーには必ず災いが。。。。」

「悪徳ブリーダーには必ず災いが。。。。」

きっと親父たちは気味悪がるのです。

しかし、もしかしたら、「あなた!私はその意見に大賛成です!もう子供を生み続けされるだけで一生ケージの中でなんて酷すぎます!」

と言われたらどうしたらいいのでしょう。

大丈夫なのです。

その時は、手を握って。









「日本もんぺの会の信者になるのです。」

すいません。調子にのってしまいました。。。。

しかし、最も深刻な問題は、

サリーをどうするか?ということなのです。

わんこ同伴OK!

という病院はないでしょう。

ボストンバッグに忍ばせて密かに持ち込み計画。

無理だよなあああ。

一人親は困るのです。

とにかく手術しないように気をつけて生活しようと決意を新たにしたのでした。

それで、今日。

サリー、お昼になっても起きてきません。

最近、どんどん朝寝坊なのです。

実は昨夜、元気になってしまって、サリーと遊んでしまったのです。

部屋で。

寝ているサリーを起こして、「サリー!なでなで攻撃!」

サリーを猛烈になでなで、ゴシゴシ攻撃。

サリー、「やめて!やめて!」

「やめない!やめない!」

多分、2時間くらいサリーをおもちゃにして遊んでしまったのです。

いいおじさんがなにをやっているのでしょう?

人間ちゃんと歩けるようになると異常にテンションが上がるのです。

上がって犬と遊ぶのです。

深夜に。

これを学会では、「腰痛完治後のテンションマックス症候群。症状:深夜に飼い犬と遊んでしまう。」と言うそうです。

それでは皆さん、ご一緒に。












嘘で~す。

それで、遊び疲れたサリーはようやく開放されて寝ました。

いびきをかいて。

で、飼い主、小腹が空いたのでビスケットを食べはじめました。

すると、わかっていたことですが、サリー飛び起きました。

どんなに眠たくても、いい匂いがすると飛び起きるのです。

それで、飼い主ベッドに座りサリーと一緒にビスケットを食べたのです。

「犬に人間のビスケットって大丈夫なのかな?」と思いながらサリーのランランとした目、もう野生の目。

さすが元捨て犬。

さすが放浪していただけある。

いつもはおまぬけな犬なのですが、食い物があるとわかると野獣に変身するのです。

まあ、ビスケットは「ミスターイトウ」「かーさんケット」ビスケット。

というなんで、どうしてこの商品名にしたのかというビスケットなのです。

なぜこのビスケットにしたかと言えば、100%、飼い主が食べていたらサリーが、「ちょうだい!ちょうだい!」するので出来るだけチョコとか入っていない物を探したのです。

一応、サリーのことを考えているのです。

しかし、袋の裏を見ると、作っているのは、イトウ製菓株式会社だそうです。

イトウ製菓株式会社が、なぜ「ミスターイトウ」なのでしょう?

深夜にもかかわらず飼い主は想像をふくらませるのです。

隣ではサリーが「かーさんケット」ビスケットを嬉しそうのムシャムシャ。

「多分、伊藤製菓の先々代が日経2世でハワイに住んでいてお菓子やさんを経営していて、日本でもビジネス展開をしよう。会社の名前は、ミスターイトウだ!」

だったんだろう。

そうだったら夢があるよな。

「ねえサリー、そう思わない?」

「うん?ムシャムシャ。いいんじゃない。もっとちょうだい。」

という時間を過ごしたのです。

そんなことしていたらサリーも朝寝坊だわね。

あああ、なんか元気になるとブログが長くなってしまいました。

すみません。

それで、3時頃にサリー、ようやく起きてきました。

「散歩行く?」

散歩行きました。








ペットショップで偶然見かけたアロハ。

3,000円(税別)

気に入ってしまって、「清水の舞台から飛び降りたら怪我する、もしかしたら死んじゃうかもしれないから飛び降りないよの覚悟」で購入したのでした。

サリー、昨日に続き飼い主元気なので嬉しそうでした。

















やはり、飼い主が元気だと嬉しいようでした。

ところで、ミスターイトウの歴史、あっていると思うのですが。。。。












おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

返信
転送

— 広告 —


サリーの「ぽよよん日記」。飼い主入院?とミスターイトウ」への6件のフィードバック

  1. 元気で楽しいのが何より😆
    おニューのアロハ、今度は黒ベースでカッコいい感じ😍❤️
    パパがオペか〜😲
    そうなると。。日本全国の信者が1週間交代でさりぽんを預かる〜とかどうでしょう😆✨信者もさりぽんも(オヤツ貰えて)うひょうひょ❤️
    いかがでしょう😁

    1. 高かった!
      セールのドッグウェアを買いに行ったのに、つい。。。。
      ふと入院すると犬飼っていると困るんだなあ。
      と思いました。
      切実な問題なんですね。
      いざという時は信者の皆様よろしゅうお願いもうしあげます。。。

  2. だんだん、アロエを着たサリーちゃんが、ハワイのさとうきび王、ミスターイトウに見えてきました‼️

    1. ははは!
      お上手!
      梅雨が開けたらアロハの写真たくさん撮りますよ!

  3. サリーが朝寝坊なのは、、、
    お父ちゃんが夜中に遊んで貰って
    いるから!!?😆
    入院してら仲良くビスケット🍪
    出来なくなるからねー
    体調管理頑張ってー😉

    新作アロハ✨
    お高いアロハ❗️
    サリーに凄く似合ってる❣️

    1. 毎晩遊んでいるわけではないんですよ。
      飼い主が早寝早起き、健康な生活を送ればいいのかな?
      それが出来ればね。。。
      アロハ、意外と似合ってましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください