続・サリーの飼い主の大発見!人はなぜ動物を飼うのか?

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


昨日のお話の続きです。

人はなぜ動物を飼うのか。

寒くないか心配して布団をかけるためというのが昨日の結論でした。

とても説得力がある結論だと自負しています。

そんなことないか。。。

もともと捨て猫をもらいにアルマさんに行ったのに何故かサリーをもらってしまったのです。

飼い主の辞書には「初志貫徹」という文字がないのです。

まあ、来てしまったんだからどうしようもない。

臨機応変という文字はあったのです。

朝令暮改。

なるようになる。

どうにかなる。

といった言葉も浮かびました。

普通、犬を飼うときは、ペットショップやボランティア団体から保護犬を貰うのですが、猫を貰いに行って、犬を貰ってきた。

非常に珍しいケースなのです。

サリーもまさか自分が猫の代わりに貰われてきたとは思ってもいないでしょう。

もしその事実を知ったら、「ぐれて」しまうかもしれません。

昔飼っていた猫の「しろ」。

大きくなって、ふざけて「しろ。お前、捨て猫だったんだよ。」

と言うと、嫌な顔をしたのです。

猫は手がかからないのです。

一日中寝ています。

飼い主が戻ると、ゆっくり起きてきて、「今帰ったの?」。

飼い主の身体にスリスリして、餌を食べてまた寝るのです。

手間がかからないのです。

それで、人はなぜ、犬を飼うのか?

本当は猫を貰うはずが、犬が来ちゃったのサリーです。

今日も寝ていました。

むっくり起きると、水を飲みにいきます。

ごくごく飲むのです。

それで、戻ってまた寝るのです。

本当は猫を貰うはずが、犬が来ちゃったのサリー。

もしかして、猫になってきたのでしょうか?

そういえば、毛布噛み噛みの後、自分の手を嘗めるのです。

他のわんこもそうするのかは知りません。

これも猫の毛繕いなのでしょうか?

猫化しているのかもしれません。

それで、お昼になっても寝ているのです。

飼い主、買い物に行きました。

電車に乗って。

3時間後、「サリーではなく、本当は猫を貰うはずが、犬が来ちゃったのサリー。不安なんだろうな。ベッドの上でぽつんと座ってるんだろうな。」

なにか食べて帰りたかったのですが、心配で慌てて帰りました。

サリー。

本当は猫を貰うはずが、犬が来ちゃったのサリー。

寝ていました。

布団の中で、顔だけ出して。

心配になりました。

具合が悪いのか!

もしかして、死んだか!

死んでませんでした。

具合も悪くなっていませんでした。

毛布噛み噛み開始!

これから30分は飼い主離れられないのです。

もしリビングに行ってテレビでも見ようものなら、降りてきて、「こっち。こっち。」という表情をするのです。

で、飼い主が隣に座ると安心して、スリーピング・ちょうだい・ちょうだい。が始まるのです。

落ち着いた頃、デパートで買ってきた、「おやつ」をあげました。

もう大興奮で、「もっとくれ!もっとくれ!」なのです。

そして散歩に行きました。

まだ残っている雪に元気に。

今日は歩きそうです。

でも、結局、用を済ませて、

速攻で帰りました。

帰ると部屋の中を走り回るのです。

うるさいのです。

それで結論です。

飼い主としての結論。




















「だって貰っちゃったんだもん。」

「来ちゃったんだもん。」

どうでしょう?

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


続・サリーの飼い主の大発見!人はなぜ動物を飼うのか?」への6件のフィードバック

  1. お父ちゃんらしくて(笑)
    いいか〜😆
    シンプルで分かりやすくて!
    本来そうだよね!って思う。
    小難しく考えず目の前にいる
    可愛い命(面倒なとも言う)に
    当たり前に(仕方なくとも言う)
    出来る事をしちゃう😘

    そうじゃない場合、、
    捨てたりを選択する人に
    どうすれば出来るのか聞いて
    みたい。そこには仕方なくは
    ないはずだから。
    嫌いなら無理なら最初から
    近ずかなきゃいいだけな事。

    1. 仕方ないではないですか。
      来ちゃったんだから。。。
      でも、ドグフードはフランス製、無添加、お高いの。
      お店に行くと、ついついかっこいい服を買ってしまうのはなんでなんでしょう?
      捨てる?
      意味がわかりませんよね。
      猫が危篤で入院していたとき、猫がいない部屋に居たときの無力感。
      でも、捨てようとは思いませんでした。
      まったく。
      最後まで責任をでもあるのですが、もう自分の子供でしたから。
      理解できないな。

  2. さりパパさんらしい結論ですね〜(*^^*)
    私は運命だと思ってます。
    サリーちゃんは、パパさんの元に来る運命だった。
    我が家のミーヤの時、つくづくそう感じました。
    特に獣医さんに行く用事なんて無かったのに
    なぜか行かないといけない気がして、柴犬連れて獣医に行ったら
    手のひらサイズのミーヤがいて
    すでにもらってくれる人が決まっていたのに
    ミーヤが私から離れようとはせず、獣医さんに噛み付いたり引っ掻くから
    結局私と一緒にそのまま帰る事になったし
    ミミの時も、運命めいた話があるんです。
    サリーちゃんはきっと、ずっと本当の飼い主さんを探し続けていて
    そしてやっと巡り合えたんだと思いますよ。

    1. そうなんですか?
      運命ですね。
      ミミかんとの運命話も知りたいです。
      サリーの場合は、飼い主が本当の飼い主なのか、「さとこ」さんが飼い主なのかたまに疑問になりますが。。。

  3. 人との出会いも、ワンコやニャンコとの出会いも、何かの「縁」ですよね。
    さりぽんは主様と縁があったから「来ちゃった」し「もらっちゃった」んだし。
    私もまさか自分がワンコを2匹も飼うはめになるとは予想だにしていませんでした。でも来ちゃったから、時折やっかいな代物に手を焼きつつ気が付くとどっぷりはまっているのでした。

    1. 「きちゃった」んだから仕方ないでしょう?
      でも来る前はドキドキ、わくわくしていましたが。
      いたずらに、「こら!」と怒っても結局、「寒いからぬくぬく(布団)に入りなさい。」と言っているんですよね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください